FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ジュエルペット てぃんくる☆ 第7話 月夜の魔法でドッキ☆ドキ!
[学校で、人気モノの姉のサインを頼まれ困っていたところを同級生の祐馬くんに助けられたあかり。だが、引っ込み思案のため「ありがとう」のひとことが言えなかった。ジュエルランドに来て、引っ込み思案を直すハーブティーがあることを知るが、原料の千夜一夜草が見つからないため品切れ中。そこでルビーが、千夜一夜草を持っているかもしれない、西の洞窟のおばばの下へ出かけるが・・・。]

学園生活がようやく出てきて、ジュエルランドがあかりちゃんの病んだ妄想でなくて一安心。
しかしそうなると、学園での極度に内向的なあかりと、ジュエルランドでの明るいあかりとの対比がますます際立ってきますな。
結果としては、少しずつ距離は縮まってきましたし、一歩ずつ自分を変えていけるように踏み出してはきています。
「できっこない」という言葉をつっこまれて、ルビーと仲たがいしてしまいましたが、それもうまく解決しました。

学園生活・・・だったんですが、名もなきクラスメートでさえこのグレード。
JP_Tinkle07-01.jpg
やはりこの第2シリーズに入って格段にグレードアップしてる感じがしますね。

今回、特に主人公あかりちゃんが可愛いかったんですが、学園生活でひっそりと息を潜めて棲息しているようなところとか、ルビーと仲たがいしてしまったところとかの、表情とかが実に可愛らしかったです。
JP_Tinkle07-02.jpg

ジュエルランドは、昼の週と夜の週があって、今は夜の週とのこと。
こうしてみてますと、現世では時間がとまっているのではなくて、現世の1日が、ジュエルランドの1週間、て感じですね。
第1話でルビーが「こちらの世界では時間がとまっているようにゆっくりとしか動かない」と言ってましたし。
もっとも、第2話以降では「時間がとまっている」という表現に切り替わってましたので、あんまり深い設定があるわけでもなさそうですけどね。(^_^;

そんな月夜の下の、あかりちゃんの太腿。(笑)
JP_Tinkle07-03.jpg
JP_Tinkle07-04.jpg

本作、太腿スキー、脚フェチにとっても、なかなかおいしい作品でして、今回のあかりちゃんも、良い太腿を披露とてくれとりました。
ただ、基本デザインに原因があると思われますが、ジュエルペットの寸借が、人間の寸借を考慮に入れていないので、こういうロマンテッィクな場面になると、ジュエルペットの方が絵が浮いちゃうんですよね、ギャグシーンのときは全然問題ないんですけど。
特に今回、ジュエルペットにあまりアルな影がつけられてなかったので、なんかコナン・ドイルの妖精写真みたいな不自然さが少し出てたのが残念でした。
キャラ絵そのものはたいへん良かったんですけどね。

今回、あかりちゃんがたいへん可愛いらしく描かれてたんですが、空気を全然読めないミリアが橋の上でからんでくるあたりも、可愛いかったですね。
JP_Tinkle07-05.jpg
JP_Tinkle07-06.jpg
JP_Tinkle07-07.jpg

空気を読めない・・・ていうのは、言いすぎかな、ただタイミングが見事なまでにはずれてしまった、ということでしょうかね。
ミリア自身も「あ・・・、あれ?」みたいな感覚はあったようでしたから。

あかり達を影から見ている黒い陰、だんだんはっきりとわかってきたのですが、なんか祐馬くんによく似てましたね。
まさか祐馬くんが来ているとも思えないのですが、あの人物のエピソード、だんだん近づいている感じです。

現世に戻って、「ありがとう」が言えたあかりちゃん。
ようやく第7話にして、ジュエルランドでの経験が、現世に反映してきました。これで一安心です。

2つの月がある月明かりの世界、というロマンテッィクな情景の中で、一歩、自分を高めていく冒険に踏み出せたあかりちゃん。
良いエピソードでした。

小さい方の月には、なにやら秘密があるらしいので、黒髪の少年ともども、しっかりと覚えておきましょう。
次回、新キャラ登場。

スポンサーサイト



テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 23:57:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ハートキャッチプリキュア! 第15話 なんと!生徒会長がキュートな服着ちゃいます!!
[えりかからファッション部へ誘われていた生徒会長いつきだったが、実家で祖父の厳太郎が師範を務める「明堂院流古武道」との兼ね合いに苦悩する。そんなところへ、道場破りが現れる。以前、反則技を使って破門された、ヒロトという少年が挑んできたのだ。明堂院の看板をかけていつきが対戦するが、卑怯な手によっていつきは敗れてしまう。だが看板を奪っていったヒロトの心にも悩みがあった。]

予告の感じから、今回のターゲットは祖父・厳太郎になるのかと思ってたら、以前の門下生、ヒロトくんでした。

まず、厳太郎じーさん。
今回の注目ポイントはいつきよりもむしろ、このヒロトくんと祖父厳太郎。
このじーさん、物分りが良いといいますか、一昔前の、伝統のためなら家族の気持ちを踏みにじってでも、という古風で一本気なじじいとはかなり違ってました。
本作の個性、あるいはプリキュアシリーズの基本テーマ、といったあたりに落ち着かせても良いんですが、強引に、世代の問題として感想を残しておきます。
まず、むかしの武道マンガ、バトルマンガでよく見かけた、めっぽう強いがガンコなじじい、という図式なんですが、そういったコミックが、50年代から70年代に登場していたことを考えると、そこにでてきたガンコじじいは明治生まれで、大戦中既に成人していて、従軍していたり、あるいはおとなとして銃後の世界に関わっていた、という背景が、描かれていなくても連想できる時代でした。

現在だとどうでしょう。
たぶん、この祖父厳太郎の世代、古くても大正生まれ、いつき君の父方ではなく母方、ということを考えたら、むしろ昭和ヒトケタか戦中生まれ、くらいで、青年期に皇民教育を受けている、とはちょっと考えにくいですよね。
反面、戦後の混乱期、貧しかった頃の日本をしっかりと体験している、団塊よりも少しだけ上の世代。
信念をもって愚直に生きていくことが美徳である、という価値観はしっかりとまだ継承していても、家族の大切さ、というのが、明治世代とは違う感覚でしょう。

そういう祖父であったればこそ、いつきの気持ちをいち早く悟り、継承していくものも大切だけど、それ以上に、家族に対する愛情、なんかも、表現こそヘタでも、現代の若者に通用する面がしっかりとあったんだろうなぁ、と思ってしまった次第。
明治世代が頑迷、っていうのではなく、アプローチの仕方が違う、ということですね。

そして破門されたヒロトくん。
HeartCatchPrecure15-01.jpg
今回、為我井さんが入ってたからか、オトコノコがなんかむちゃくちゃ可愛いかったんですが、それれはともかく、彼も「叱ってほしかった」という動機のあたりが、なんとも現代的ですな。
もちろん、現代でも、こういったさかうらみ的な闇の深さはとんでもなく深いものがありますが、女児むけ作品としては「家族」というものをしっかりと感じさせるつくりになっていたのではないか、と。

前回ほどストレートが涙腺を直撃するエピソードではなかったですが、登場人物の世代が広かった分、家族っていうものをしっかり考えさせてくれる良いエピソードになってました。

いつきの女友達が来た、と言ってケーキを出してくれる母親、こっそり見に来たけど別に文句を言うためじゃなく、むしろ可愛い孫娘の友達を見守っているような視線のじいさん、そして優しい兄。
厳しさの中に優しさが漂ってる、いい家族じゃございませんか、明堂院家。

さりげなく、えりかのファッションデザイナー能力の高さも出てました。
いくら実家がブティックだからって、中学2年生で、デザイン起こしから、型取り、裁断、縫製の手順、スピードが早すぎ。
えりか一人で、十分ファッション部は回るんじゃないか、とさえ思ってしまいますね。
ファッション部、前回のなみなみもちゃんと参加してて、6人になってましたし、あたりまえのこととは言え、さりげなくいい感じでした。

次回、えりかが演劇部との対決。
次回の娘も可愛い感じですな。(^_^)

テーマ:ハートキャッチプリキュア! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 02:34:21 | Trackback(0) | Comments(0)
バトルスピリッツ少年激覇ダン 第35話 復讐のスカルピオーネ 来たれ!魔界七将アスモディオス
[ようやくナミーの居室にたどりついたはずのダンだったが、そこにはナミーも、魔ゐの姿もなかった。2人は紫の戦士として戦ってたのだ。ナミーはかつて魔ゐと対戦し、ヴァイオレット号、セルジュ、Xレアカードを奪われたことをうらみに思い、魔ゐと再戦していたのだった。涼子の見せる映像の中で、マギサたちは2人の対戦を観戦する。]

予告でかなり見せてくれてましたけど、ナミーが豹変しすぎ。
大原さん、最近こういう悪女、妖女役多いですね。(^_^;

過去の恨みを抱いて戦うナミーの背景に鳴るBGMがレトロな演歌調。
ナミーが自身で語るときの韻文のような語りも演歌調。
つうことで、かなり当事者にとってはシリアスなバトルだったにも関わらず、視聴している側では面白かったですな。

ともかく、女の戦いです。
BS_ShonenGekiha_Dan35-01.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan35-02.jpg

美少女vs熟女。
視聴者としては、どんなに熟女がばいんばいんでも、美少女の方に肩入れしてしまいます。仕方ないですね!(笑)

自分で「可愛いらしさ倍増」と言ってしまう、そんな魔ゐたん表情あれこれ。
BS_ShonenGekiha_Dan35-03.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan35-05.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan35-04.jpg

この肩口が常に見えてる、という衣装、平素でも色っぺーのに、バトルとなると一段と、ですね。

ナミーが過去の恨みつらみを語りだし、それを涼子の画面中継で見ていた剣蔵くん。
「女の人ってそうなんですか?」と、虫愛づる姫君に訪ねたところ、2000年の魔女が割って入ってきて、
「ショウゾウ、キミが知るのはまだまだ早すぎじゃけん」とおっしっゃておられました。
BS_ShonenGekiha_Dan35-06.jpg
剣蔵くん、姫君と話したかったはずなのになァ。(笑)
こっちにも熟女に手を焼く若者の姿が。
こうして見ると、この場での勝ち組は、ダメ亭主とはいえ、一応家庭をもってる涼子なのかなぁ・・・、まぁ、ナミーは家庭を求めてはいないようなので、ナミーに対して勝ってるかどうかはともかくとして。

ナミーの通り名が「スコルピオン・ナミー」ということで、バトル・スピリッツ版サソリーナ、ということですね。
今回、けっこう柳眉を逆立てて、というか、ほとんど目をひんむいてるような怖い顔がいくつか映ってたんですが、個人的にはナミーさんは激怒しているところより、お乳の方が魅力的だと思うので、熟女2人を回顧しておきませう。
BS_ShonenGekiha_Dan35-07.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan35-08.jpg

マギサの下腹部の、崩れる寸前のようなぷにぷに感も実によろしいですな。

戦いの勝敗よりも、人間でも異界王のやろうとしていること糾そうとしているものがいる、ダンのように!
という魔ゐのことばに感じるところがあって、笑顔を取り戻したナミー。それをしっかりと見る魔ゐ。
BS_ShonenGekiha_Dan35-09.jpg
・・・というとこで、この一件はおしまい。
そして新たなステージへ。

みんながズングリーのカレーを食べる中、一人、スイーツをほおばる姫君が
「にいさまが来る!」
BS_ShonenGekiha_Dan35-10.jpg
と言って、ヴァイオレット号上空に勇貴が現れるところまで。

本作、対戦相手のヒエラルキーが一応あるもののそれに縛られず、個性ある人物が入れ替わり立ち代り挑んでくる、というのも魅力の一つですね。
つうことで、次回、勇貴との対決!・・・かと思ったら、予告を見ると、その勇貴を破った硯くんとの対戦みたいですが、はてさて。

テーマ:バトルスピリッツ 少年激覇ダン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 01:43:01 | Trackback(1) | Comments(0)
聖痕のクェイサー 第19話 秘密の花園
[サーシャと弼の対決は、弼が鉄使いではなく、強力な磁力を操るネオジム使いだと見破ったサーシャが勝ち、その場は収まる。一方、六実が襲撃したまふゆのからだにサーキットが浮かび上がり、剣の生神が宿っていたことが知られる。その頃、連れ去られた燈は、海に臨むアトスの秘密基地で、アトス12使徒らと対面していた。]

新キャラ続々登場で、組織間の戦いがわかりやすくなってきたり、幼女がでてきたり、ガスマスクが出てきたりと、規制がややうざい側面は相変わらずあったものの、バトル前の人物のふくらみとしてはなかなか良かったなぁ、と余韻に浸ろうとしていたら、ラストの提供絵でひっくり返りました。
みさくらなんこつ画伯でした。
Qwaser19-01.jpg
なんか藤村さんの声で「らめぇ」とか言うのが聞こえてきそうでございます。(^_^;

さて、まふゆちゃんのカラダに現れた文様を見て、驚く六実。
Qwaser19-02.jpg
Qwaser19-03.jpg
Qwaser19-04.jpg

「剣のマリア」のサーキット。
まふゆにも燈と同じように、運命の刻印が刻み込まれていたことが判明。
二人がひかれあうのは運命だったんですね。

そんなまふゆが、燈を思っていけない妄想にふけっていた頃。。。
Qwaser19-05.jpg
Qwaser19-06.jpg

燈はバター犬で、ひーひー喜んでました。(・・・違イマス)
Qwaser19-07.jpg
Qwaser19-08.jpg
Qwaser19-09.jpg

下半身じゃなく、上半身に寄っているようですから、バター犬じゃないんですが、連続したカットで入ってましたので、なんかそういう連想をさせてくれますな。まぁ、確信犯だろうと思いますが。(笑)

まふゆが「剣」で、燈が「聖母」・・・ということで、かなり潜在的にいろいろなモティーフがこめられてますし、内奥に沈殿するエロティシズム、という効果もかなり秘められてますな、この2人の関係。
宿命によって結びつき、ひきよせあう剣と鞘。いい暗示です。

燈の元にあらわれた少女、ジータ。
Qwaser19-13.jpg
ジョシャアが語っていた妹の一人、なんですが、こちらは既に12使徒に入っているもよう。
中の人は大浦冬華さんで、こういう中性的な少女、というのは適任ですね。
炭素使いだそうで、この後、コバルト使いのゲオルクさんと仲間割れ。
このとき、燈に触れたために、いつのまにかパワーアップしてた、ということなんですが・・・。
もうソーマがもれまくってんですね、燈。(笑)

そして犬を追って現れた幼女、アスタルテ。
Qwaser19-10.jpg
Qwaser19-11.jpg
Qwaser19-12.jpg

こっちもあとで、マリアの頂点、教母さま、ということがわかりますが、外見は美幼女。
中の人は後藤麻衣さん、ということで、すばらしい人選です。(^_^)

この後、アスタルテのお守りドーカンとかが現れたり、ゲオルクがジータを挑発して戦いになったりしてたんですが、この場にもう一人、異形のガスマスクが。
Qwaser19-14.jpg
たぶん水素使いだと思うのですが、ピンク髪と一緒に出てくると、なんかすごいインパクトですな。(^_^;

先に手を出した、ということて制裁されかかるジータを庇って、その前に立つ燈。
Qwaser19-15.jpg
ぽわわーん、としてますが、なかなかこういうところでは勇気あります。
たぶん、自分には手が出せないはず、とかっていう計算ではなく、とっさに身が動いてしまったんでしょうね。

そんな燈に祝福の接吻をするアスタルテ。
2人はすっかりお友達。
Qwaser19-16.jpg
Qwaser19-17.jpg
Qwaser19-18.jpg

塔から落ちかかるアスタルテを助けた場面のアングル・・・なかなか辺ですごかったですな。
燈の垂れ下がるどでかい双乳の下に横たわる幼女。
こういうダメな方向にすごいコンセプト、大好きです。

アスタルテという名前とか、けっこうつっこみどころも多かったんですが、世界観の広がり、ということで、好意的に見ておきたいと思います。
分析しようとすると、そういった東方正教素材をどこまで真剣に解釈していいのか、という問題にもぶちあたりそうですしね。

次回「ハリボテ皇女」ということで、カーチャの素性というか血筋をやるみたいなんですが・・・、アニメでは触れないと思ってたので、どこまでやってくれるか、ですね。
カーチャの血筋問題が出てくるなら、ゲオルクの血筋問題にも当然入ってくるでしょうし・・・2クールで収拾つくのかなぁ、という不安も少しでてきますが。(^_^;

テーマ:聖痕のクェイサー - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:17:07 | Trackback(1) | Comments(0)