FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
WORKING 第7話 久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)
[久しぶりに帰ってきた音尾さん。ところが今度はなにやら素性の知れない女の子を連れていた。山田葵と名乗るその少女、挙動不審で言動にも怪しいところがあり、しかも姓も偽名くさく、小鳥遊は不信感をわきたたせるが、音尾は彼女の身の上話を信用してしまい、ワグナリアでバイトさせる、と決めてしまう。一方、土産を期待して、音尾の帰りを待っていた杏子はすこぶる機嫌が悪かった。]

本作一番の問題児、山田葵登場、だったんですが、第1、2話ときの伊波のようなしつこい描写、痛い描写はひかえてくれていたので、割と普通に面白かったし、可愛いかったです。
WORKING07-01.jpg
中の人が広橋涼さんでしたので、なんか黒いタマちゃんを聞いているような錯覚に・・・。(^_^;

この「山田」も偽名らしい、という展開になったとき、いったいどうすんだ、これから、と思ったものでしたが、ずっとこのままです。(笑)
本作は、この山田登場以前と以後で、ガラッと作品の雰囲気が変わってくる、というか、かきまわしてきますので、ここからが本作の本領ですね。
さっそく今回、ドジっ娘ぶりとか、八千代や佐藤の心の中にどんどん入っていったりとか、トラブルを起こしてました。
普通、これだけルックスが可愛いい女の子のドジっ娘ぶりですと、可愛いらしさが倍増するもんなんですが、山田の場合、かわいらしさと同時に、イライラ感も倍増する、という不思議な効果があります。
作中キャラに思いいれが激しいほど、イライラさせられますね。
ただ、そのイライラ感がけっこう乾いたものですので、不快感にはならず、むしろかきまわされた面白さにつながってきますので、決して悪くはないです。
加えて、声がつく、という効果、ここまではポプラドンとなずなに顕著に出てたんですが、この山田にも、声がつくことによて、実在感みたいなのが良い方向で付加されてきだしてますので、見てて楽しいドタバタ、イライラでしたかね。

皿は割るし、店の備品は使い込むし、住み着いて勝手に調味料くすねるし、ワグナリア公認の秘密状態だった佐藤の気持ちを堂々とバラして雰囲気悪くしちゃうし、とんでもねーヤツですけどね、山田。(笑)

被害者その1、八千代さん。
WORKING07-02.jpg
杏子さんへのアプローチと勘違いしてしまい、キレてました。
でもまぁ、この辺まではいつもの八千代さんだったんですが・・・。

被害者その2、佐藤くん。
隠してた想いをバレされて、仕方なく、男らしい(?)告白、みたいなことをして、「好きな人」をビシィッと名指ししたというのに。
WORKING07-03.jpg
八千代さん、頭悪いからなぁ。(笑)

被害者その3、相馬さん。
佐藤くんが気分を害してしまい早退、おかげでキッチンは相馬さんが一人でまわすことに。(^_^;

八千代さんがらみに関しては、1回目が杏子のフォロー。
「八千代は私のだ、誰にもやらん」でいったんは解決。
佐藤くんの気持ち問題は、佐藤くん自身が、これまた男らしく(?)指差した方角に幽霊が見える、とか言ってごまかしてました。(^_^;
・・・八千代さん、ほんとに頭(ry

落ち込んだ佐藤に、額に「ちびっこ」と落書きされたまま、仲裁に入る種島ぽぷら。
WORKING07-04.jpg
あ、なんかやけに可愛い。(^_^)

これからどんどん山田がかかきまわしてくれることでしょう。

次回、温泉!温泉!

スポンサーサイト



テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:56:47 | Trackback(1) | Comments(0)
薄桜鬼 第7話 桎梏の運命
[闇から現れた風間が、天霧九寿、不知火匡とともに千鶴をどこかへ連れていこうとする。だが千鶴は、「おんなおに」といい「同胞」という彼らの言動に戸惑うばかり。そこへ、土方、斎藤、そして原田左之助が駆けつけ、敵対する風間たちと剣を交える。なんとかその場は逃れたものの、千鶴の心にその言葉が深くのしかかる。やがて健康診断の日が来て、千鶴は父の知り合いでもあった松本良順医師と再開し、父がなそうとしていた研究の一部を聞くのだった。]

健康診断の場面・・・かなりつらかったんですが、なんでも原作にしっかりあるんですね。
じゃあ仕方ないかなぁ、かなりダウナーな衝撃でしたけど。(^_^;

毎回毎回、とにかく千鶴が可愛いのと、キャラ絵があまりに美麗なのとで、ときどきフッと忘れてしまいますが、基本的には女子のための作品なんですね。
今回のこの健康診断は、その辺のことをまざまざと思い出させてくれました。

ということで、作画はいつも通り優秀で、話もダークサイドな方向に進展していったにも関わらず、気分は少し落ち込み気味、ということで、以下、簡単に。(^_^;

「おんなおに」と言われ、さらに同胞と言われ動揺する千鶴。
後で何を言われたか、と問われても返す言葉もなく・・・。
Hakuouki07-01.jpg
Hakuouki07-02.jpg

心の動きが繊細に反映している、素晴らしい表情画なんですが、こういうとき黙ってると、男ってゲスい方に勘違いするから、ちゃんと言った方が良かったんですけどね。(^_^;

で、おんなおに、同胞、と言われていたことから、異能のジンガイたることがほぼ確定ですね。
伝奇ものって大好物ですので、伝奇ものの流れになると、すげー嬉しいです。

おんなおにが貴重・・・とか言われてました。
繁殖させるためですね、わかります。(笑)
古来、鬼、土蜘蛛、佐伯は、高位の子女をさらってきて、というのがよくありまして、まぁ、女性の人権が低かった時代でしたから、というのもありますが、こういう域外の「まつろわぬモノ」は圧倒的に男の記録が多かったので、女が貴重、というのは、伝奇の伝統にのっとってますね。
能「紅葉狩り」では、信州のおんなおに、紅葉、というのが登場しまして、末尾では鬼の本性を出しますが、中段まで、美女紅葉、というのが舞台を彩ってくれます。
それ以外にも、江州・鈴鹿山の鈴鹿御前、なんてのもいますし、古代から中世になってくると、女性の怪、鬼女、なんてのも増えてきます。

千鶴が町で出あった少女、千姫。
Hakuouki07-03.jpg
Hakuouki07-04.jpg

以前、少しだけ顔出ししてた少女ですね。
警邏中に助ける、出会う、というのが2例目ですけど、こっちは別に助けてもらわなくても、なんとかできる、と言ってましたので、けっこう強いのかも。
しかし、デコ、広いですな。(^_^;

千姫、というから豊家の因縁・・・かと思ったら、なんか鈴鹿御前に関係あるらしいですけど、はてさて。

健康診断は思い出したくもないので、スルーするとして(笑)、松本良順が出てきたり、ようやく沖田の結核が判明したり、綱道の研究が語られたり。
沖田が労咳と知って、ショックを受ける千鶴ちゃん。
Hakuouki07-05.jpg
このポーズ、女の子らしくて、すげー良いです。

しかし、沖田の労咳というのは有名なので、新撰組関連では、誰にスポットをあてるにしても、必ず出てくるネタですけど、感染しなかったんですかね?
労咳は、感染して、即発症、即死病、というわけでもないので(作中で死病とは言ってましたが、これは当時、発症した場合)感染はかなりしてたけど、発症しなかった、あるいは発症する前に死んだ、ということなんかなぁ。
ただ、空気感染する、という知識は当時あったので、良順があんな指示を出してる、というのがけっこうひっかかったりするところではあります。

良順に関してもう一つ、千鶴の父・綱道の研究を聞き、これまたショックの千鶴ちゃん。
Hakuouki07-06.jpg
「羅刹」計画だそうですが、後で鬼が「人を鬼にする薬」とか言ってましたので、鬼の力が、あの羅刹の力そのもの、ということになるんでしょう。まだ羅刹の力そのものはそほどはっきりとは描かれてませんが。

しかしそれにしても、千鶴ちゃんの和装ポニテ、かわええのう。
Hakuouki07-07.jpg
可愛い中にも、ほんのりと清冽な艶っ気が漂ってまして、中島敦子デザインの真髄がこんなところにも現れている、という感じ。

ところで戻ってきた平助君と親しげに話していたり、ラストのところでは守ってもらったりしてたんですが、なんか仲良いですね。
Hakuouki07-09.jpg
Hakuouki07-10.jpg

史実通りですと、この後隊を脱退し、伊東と一緒に油小路で切られる顛末なんですが、山南がひっそり生きていたように、なんか別のシナリオが用意されてるのかしらん。
前にも書きましたけど、もし万一、千鶴ちゃんが誰かとひっつくようにことがあるなら、現時点ではワタクシ的には平助くんとひっついてほしいです。
つうか、平助君との繁殖場面を妄想して、ちょっといけない気分になっていたことは内緒なんですが。(笑)

ともかく父が鬼の側=攘夷派にいると知って、衝撃の千鶴ちゃん、といったあたりで、幕。
Hakuouki07-08.jpg
そろそろ史実の部分から離れてきそうですね、ワクワク。

テーマ:薄桜鬼 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:00:23 | Trackback(0) | Comments(2)
あにゃまる探偵キルミンずぅ 第32話 羽ばたけ!タマオの萌ゆる想い!?
[なかなかまともに変身できないタマオは、変身できないのは人間としてまだ未熟だからではないか、リムさんに告白さえできないようではいけないと思い、鳥の求愛を研究。その頃、神浜動物園の雄ライオン・アーサーのたてがみが、一夜のうちになくなる事件が起こる。リコたちは、キルミンの力で動物に変身し、アーサーに事情を尋ねようとする]

タマオ君の勘違いコスチュームが痛すぎて、なんかうしろめたいような乾いた笑いになってしまった今回。
・・・いや、面白いことは面白かったんですが、なんかあまりにタマオ君が可哀想というか、バカ丸出しというか・・・。
何より仲間の「唖然」「ぽかーん」「頼むからこっち来んな」の表情がすべてを物語ってますな。(笑)
KiruminZoo32-01.jpg
KiruminZoo32-02.jpg

タマオ君、なんか食い倒れ太郎、みたいでした。(^_^;

鳥の求愛を研究してもムダだぁ、と悟るところで、タマオの妄想の中で、リムが
「ぴょーん」と言ってるとこ、すげー可愛いかった。

ストーリィ的には、メインでタマオ君が変身できるようになったり、シシヤマ君がバリカンでアーサーのタテガミを刈ってしまったり、といったところでしたけど、裏ではシリーズに直接関わってきそうなたいせつなことがいくつか・・・。

・アニマリアンたちの方針変更。
方針変更が語られただでしたけど、ミサが陣頭指揮をとって、ということでしたので、けっこう動きのある戦略になってくるのかしら。

・羽鳥シロー代表代行。
カノンの「羽鳥」姓って、偽名ではなくほんものだったようで、父親、つまりミサの夫が羽鳥シローという人物らしい、ということでした。
カノンちゃん、みごとな金髪ですので思いつきませんでしたけど、日本とヴラドニアの混血、ということになるんですね。
この辺、以前ミサが御子神ハルカと対峙したときに言っていた、過去のいきさつと密接にからんでくるんでしょう。
たいへん気になるところですね。

こんなところかな。。。

予告で映ってたぺたんこ先生が、冒頭の1場面だけだったのは、ちょっと悲しかったです。
KiruminZoo32-03.jpg
一応事件の発端を作る役割にはなってたんですけどね。

それに対して、今回はカノンちゃん、けっこう人当たりが柔らかかったですね。
タマオ君に「恋はとことん押すものだ」と言われて、柳に風、だったのが、ケンがやってくると、いきなり、どすこい!・・・とばかりに押すところ、唐突でしたけど、笑わせてもらいました。
こういうズレたところのカノンちゃんもかわええなぁ。
KiruminZoo32-04.jpg

次回もまだこんな感じみたいです。

テーマ:あにゃまる探偵キルミンずぅ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:09:32 | Trackback(1) | Comments(0)
鋼の錬金術師FA 第57話 永遠の暇
[エド、ロイ達は、地下道でキング・ブラッドレイをつくった男と自己紹介をする、金の差し歯をした医者と出会う。彼はロイがいると知るや「ブラッドレイになっていたかもしれない」男たちを呼び出し、ロイと戦うよう仕向ける。一方、中央司令部入り口でブラッドレイと戦うグリードとフーだが、2人がかりでもブラッドレイを倒せずにいた。]

フーとグリードがブラッドレイと対決するも、てんで歯が立たず、ついにフーが倒され、その刹那、バッカニアがフーのからだを幕として、「陰裏の術」を仕掛け、ブラッドレイに一矢報いようとしたところで、次回、だったんですが、こういう場面を見ると、白土忍術マンガの影響の深さを痛感させてくれますな。
戦いの技の中で、往年の忍術戦闘を思わせるものはいままでもいくつか垣間見えてはいましたけど、今回のはかなり決定的。
もちろん、こういうのは伝統芸の一つだと思いますので、肯定的にに評価していますが。

地下道での対決も、仕込みの人物が次々と現れた、違う相で対決してくる、というのも、忍者マンガ的、こっちはどちらかというと、横山忍法帳っぽかったかな。

このあたりのバトルモティーフの出仕入れは見てて軽快で面白かったんですが、司令部から脱出しようとしていたイズミ、そして苦境を打開せんとするアームストロング少将の下りは、やや鼻白むところがありまして、戦争や国家論を「家族関係」で考えてしまう、という女性っぽさが少しひっかかったところ。

まあ本筋ではないので、ちょっと気になった、という程度にとどめておきます。
「ひとばしら」の意味が明示され、それが金歯の男の錬金術によってとりこまれてしまったところまで。
そろそろランファンをちゃんと素顔つきで出してほしいものなんですが・・・。

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 05:10:42 | Trackback(2) | Comments(0)