FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
鋼の錬金術師FA 第58話 ひとばしら
[フーとバッカニアの命懸けの連携、そしてランファンやブリッグズ兵らの手助けで、グリードはブラッドレイを城壁からたたき落とすことに成功する。そのころ、無数の影の手に捕まれ、真理の目の中へと引きずり込まれたエドは、アルやイズミらとともに、ホーエンハイムをとりこみかけのフラスコの間へ放り出される。]

戦闘ものなんで仕方ないとは言え、キャラが死ぬ場面、というのは痛々しいものですな。

ブラッドレイは、脅威としてしりぞけただけで、依然健在。
フーとバッカニアが事実上の戦死。
バッカニア、いまわのきわの願いを聞いて、グリードがブリッグズ側に協力し、正門の死守。

こういう流れでしたけど、依然としてランファン、仮面をとってくれません。
爺様との別れのときくらい、拝見したかったですな。

一方、ひとばしらとして取り込まれた、エド、アル、イズミ。
ひとばしらは5人必要とかで、4人目としてつれてこられたのが、ホーエンハイム。
そして5人目の候補として、地上に残った金歯が選んだのが、ロイ。
その脅迫の材料として、重傷を負わされるリザ、というところまで。

進んでますし、それぞれに心理をからめた見せ場は用意されてるんですが、キャラが人として死んでいったり、リザが斬られて血がドバドバ出たりと、見ててあんまり気持ちに良いエピソードではございませんでした。
来るべきカタルシス効果のためだとしても、です。

ということで、今回はこの程度で。
よくできた作画、エピソードだとは思いますが、ちょっと性にあいませんでした。

スポンサーサイト



テーマ:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:02:52 | Trackback(2) | Comments(0)
ジュエルペット てぃんくる☆ 第8話 ディンドンベルにドッキ☆ドキ!
[魔法学校で始業と終業を告げる鐘が、突然故障してしまった。モルダヴァイト校長によると、鐘は特別製で修理不可能らしい。そのころ、学校の裏庭で魔法の練習をしていたあかりは、ジュディという少女と出会う。魔法が下手で練習していたという彼女に、あかりは親近感を覚える。ところが鐘つき番だと言うジュディについて鐘楼へ登ると、壊れていたはずの鐘が元に戻っている。ジュディが鐘をつきはじめると、あかりの意識は遠のいていき・・・。]

憧れのジュエルスターの座を勝ち取った12年前の少女が、実は自分と同じように、最初は魔法がヘタで、でもそれでも一生懸命努力している生徒でした、というのを時の位相を越えて体験するあかりのお話。
第2シリーズになって、良い話が続きますね。

ようやくクラスの男の子に声をかけることができるようになっても、それだけで逃げてしまう内気で恥ずかしがり屋の女の子。
皆がジュエルスターへの夢や希望を語っていても、そんな人は最初から天才だったんだ、とハナからあきらめていた頃、出会う少女。
実は後のジュエルスターも、最初はヘタクソで、でもそれでもあきらめずに、毎日毎日努力していました。
そしてそれを知って励まされる現世の女の子。

構造はたいへんシンプルでしたが、それだけにわかりやすいハートフルなお話に仕上がってました。

練習中にぶつかったジュディ。
JP_Tinkle08-01.jpg
見えそで見えないガードスキルでしたけど、それだけに萌えますな。

鐘つき番になって、いつも練習して、というジュディ。
ここでその時の変化が尾頃わけですが、あかりちゃんが体験したのは、
1. ジュディ、初めての鐘つき。
2. 雨の中。
3. 熱い夏の日。
4. テストの前夜。
5. 12年に一度、壊れてしまう鐘楼の鐘。それを直す役割を得たジュディ。・・・の5回。
ジュディの「続けていく」という姿勢、夢をあきらめない心。
そういったものが、一生懸命かかさずに鐘をつく、という行為の中にしっかりとこめられていました。
JP_Tinkle08-02.jpg
JP_Tinkle08-03.jpg

現世に戻ってきたあかりが知る、その後のジュディ。
そして今度は自分に回ってきた、壊れた鐘を直す魔法。
そしてジェエルスターになったその後のジュディ。
JP_Tinkle08-04.jpg

別世界のことのように感じていたジュエルスター。
あかりちゃんも目指してみようかな、と思ったところで幕。

テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 22:10:58 | Trackback(0) | Comments(0)
ハートキャッチプリキュア! 第16話 ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!
[舞台衣装をめぐり、友人の演劇部部長・高岸あずさと口論になったえりかは、ファッション部の方が素敵な衣装を作れることを示すため、来月行なわれる演劇コンクールの衣装制作を引き受ける。だが部員達と和気藹々楽しむえりかに対して、部員たちを厳しく指導するあずさに対して、演劇部員達の心はいつしか離れていく。]

残酷なまでの、えりかとあずさの対比。
今回は、あの場面にすべて集約できると思います。
作劇術は相変わらずうまいですね、ベタな、といえなくもないですけど。

自分の才能が一番突出している、というのはしっかりと主観でだけでなくある程度客観ででもわかっているのに、しっかりとみんなの意見を聞き、参加できる喜びを皆とわかちあおうとするファッション部・部長えりか。
自分の理想のために部員をビシビシしごきあげ、気持ちを斟酌することなく厳しく叱咤するだけの演劇部部長・高岸あずさ。
これだけなら、才能ある者が、他人の気持ちをちゃんと聞いてやれるかどうか、というところに帰結していく話なんですけど、その見せ方がすごかったですね。

デザインをしながら、皆に自分のデザインを見せ、感想を聞くえりか。
とし子が意見を出すと、それに対して自分の主張はしっかりとしながらも、皆の感想を元に取り入れるところは取り入れて、とし子をたてるえりか。
自分の思うように演技してくれない部員に対して、指導、そしてそれが熱を帯びてしかりつける言動になっていくあずさ。
HeartCatchPreCure16-01.jpg
HeartCatchPreCure16-02.jpg
HeartCatchPreCure16-03.jpg
HeartCatchPreCure16-04.jpg

ファッション部の部員達が「活動する愉しさ」を全身にあふれさしているのに対して、演劇部員たちが、少しずつやるせない不満をかかえていく姿。
これがフラッシュバックのように切り替えられ、積み重なっていきます。

楽しそうなファッション部と、ひとりぼっちで発声練習をするあずさ。
涙を流すその姿の痛々しさ、対照年齢を考えたら、ヘタするとトラウマになるんじゃないか、とさえ思ってしまいます。

で、ここまで書いてきて思いだしたんですが、えりかも最初の頃、ファッション部の部員に逃げられて、みたいな話をしてましたよね。
あれって今回のあずさみたいなことをえりか自身もやってた、ってことなんでしょう。
だからこそときどき不安になって、つぼみに「楽しい?」て聞いてみたり、同じような性格のあずさにもひかれていっているんでしょうね。

そのあずさが、自分と同じような道を歩みだしている。
そしてそれに対してどう手を差し伸べるか、ということもわかっている。
プリキュアという物語上、ここでデザトリアンがでてきて戦いになって、あずさの気持ちが皆に伝わる、という流れでしたけど、たぶんあれがなくても、えりかがちゃんとまとめてくれたような感覚にはさせてくれますね。

ということで、今回、このあずさとえりかの対比がものすごくて、画面に釘付けになてしまいました。

それ以外、気に入ったところを簡単に落穂拾い。
冒頭、なんかあたりまえのように、シフレ、コフレと戯れるナミナミの妹、るみ。
HeartCatchPreCure16-05.jpg
なんで中学校にいるんだ・・・というのはともかく、秘密にしなくていいんですか?(^_^;
まさかるみが第3のプリキュア、とかじゃないでしょうなぁ・・・。

ファション部打ち合わせで、ロボットアニメな構図がでてきてました。
HeartCatchPreCure16-06.jpg
思わず脳裏に、
♪ガンガンガンガン!若い命が真っ赤に燃えて~
と鳴り響いてしまったのは内緒です。(^_^;
しかしナミナミ、ファッション部に入ってもひときわ可愛いですのう。

CVさんなんですが、演劇部部長のあずささんが折笠冨美子さんだったんですが、この部長に造反して、演劇をやめてしまう名も無き演劇部員を小林沙苗さんがやってくださってまして、聞いた瞬間「え・・・、まさか」と思ってしまいました。
HeartCatchPreCure16-07.jpg
いやぁ、さすがにうまいです。なんかもったいないくらい。
折笠さんもすばらしかったんですが、この沙苗さんの演劇部員もすごく良かったです。

演劇の練習について、異化効果とか叙事的演劇とかについて少し書いてみようか、という欲望もあったんですが、中学演劇でそういうことをいうのもなんかアレなんで控えておきます。
今回のポイントはそこではなかったですしね。

次回、オトメユリの話らしいんですが・・・。
一応絶滅危惧種なんですけど、そのあたり、ちゃんとフォローしてくれるのかなぁ・・・。

テーマ:ハートキャッチプリキュア - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:34:48 | Trackback(0) | Comments(0)