FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
WORKING 第8話 伊波、はじめて?の、お・で・か・け!
[近くの水道管が破裂したため、営業ができなくなり、ワグナリアが1日だけ臨時休業することになった。種島の提案で、温泉へ日帰りで行くことになるが、伊波が無事におでかけできるか心配になり、最初行く予定がなかった小鳥遊もやむなく同行する羽目に。]

温泉って、足湯だけかい、といささかはぐらかされた感じでしたけど、このデザインなら、別に入浴場面がなくても・・・あ、でもポプラドンのボディラインは、たとえ湯気越しでもかなり興味あるかな。(^_^;
相馬が「八千代さんの湯上りの姿」とかなんか言って砂佐藤君をあおってましたので、視聴者側も、過重な期待をしてしまったのでした。(笑)

ということで、今回の感想。
・足湯だけかい!(上述)
・佐藤君がとことん可哀想。
・なずなはええ娘やねぇ。
・伊波かわゆい・・・でも今回作画にちょっと癖あり。
・ケータイを使えない八千代さん、アフォで可愛い。
・・・こんなとこかな。(^_^;

場面としてはまず、とことんかわいそうな佐藤くんの妄想する、湯上り八千代さん。
WORKING08-01.jpg
湯上りでついてきてしまう・・・よっぽど好きなんですな。

友達の少ない伊波のために、温泉旅行を提案する種島と、便乗する山田。
WORKING08-02.jpg
ポプラドンの制服姿をもっと見たかったんですが・・・。

そして山田、なんですが、今回も店の電話を私用で使って小鳥遊のところにかけてきたり、佐藤くんの車のフロントに顔面をおしつけてみたり、ウザさ炸裂。
原作よりかなりデザインはかわいいくなってるんですが、原作の、うさんくさいけど微妙に可愛い、というところのバランスが、かなりあやうい感じですかね。
やっぱりあの原作山田をアニメで画面の中に見せる、というのはかなり難しいんでしょうなぁ。

なずながせっせと小鳥遊のフォローをしている背後で酔いつぶれる三姉・梢。
WORKING08-03.jpg
姉の中では生活能力が皆無の泉が一番好みだったりしますが、梢もエロくてなかなか良いですな。

そして足湯の場面。
せめて腿がもう少し色っぽかったらよかったんたですけどねぇ。。。
WORKING08-04.jpg
山田のレッグラインは、かなり脂肪美を感じさせてはくれますが。

ということで、入浴シーンがなかったので、こんなところで。(笑)

スポンサーサイト



テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:57:29 | Trackback(0) | Comments(0)
薄桜鬼 第8話 あさきゆめみし
[風間から父・綱道について立場を聞かされ、悩む千鶴。明けて慶應元年。京で制札を引き抜く事件が相次いだため、新選組は制札警護の任を命じられる。だが、隊の内部では、伊東一派への優遇に対して、古参隊士らから不満の声が上がり始めていた。土方は彼らに詫び、原田が賊を蹴散らした報奨金での酒宴に同行する。そこで、原田は賊と切り結んだとき、浪士を陰で指揮する千鶴そっくりの女について語る。]

千鶴ちゃんがいつも以上に画面に露出し、いろなんな表情を見せてくれた上に、エピソードの展開もやや軽めの印象。
個人的にはとっても良かったんですが、これ原作が乙女ゲームらしいことを考えると、本来の対象層からネガティブに受け止められやしないかと、そのあたりが少し心配だったりします・・・。
まぁ、地上波アニメになった段階で、女子むけ、男子むけ、ということはあんまり考えなくてもよかろうと思いますので、今回は千鶴ちゃんのコスチュームチェンジやいろんな表情、千姫や君菊らが物語りに関わってきたこと、なんかを、いつも通りのたいへんきれいな策がで見せていただけましたので、素直にそれを喜んでおこう、と思います。

ということで、今回は千鶴ちゃんのいろんな表情がいつもより5割り増しで楽しめました。
おつむをなでなでだったり、聞き耳をコソーリだったり、だめだあ、だったり。
Hakuouki08-01.jpg
Hakuouki08-02.jpg
Hakuouki08-03.jpg

個人的には、表情集の次に嬉しかったのが、お掃除お尻だったりしましたが。(笑)
Hakuouki08-08.jpg
・・・まぁ、それはともかく。

コソーリ聞き耳のところは、原田が土方に切腹覚悟の直談判に及び、土方の謝罪を引き出す場面だったんですが、今風の処理だとあそこで、土方がガラッと戸をあけて、3人がダダダ、と中に転げ落ちる、みたいな場面がはさまれると思うのですが、そういうベタなことはしませんでしたね。(^_^;

一応原田の報奨金で、ということでしたが、酒席で原田が見た千鶴そっくりの女の検証が始まり、そこで千鶴を女装させてみよう、という展開で、コスチュームチェンジがはかられてました。
Hakuouki08-04.jpg
うむ、普通に美しい!

やっぱしディーンはこういうあたりの作画、美しく仕上げるツボみたいなものを心得てますね。
どこに力を傾注すればいいか、みたいなことがしっかりわかっている感じです。大切なことですね。

しかし場面としては、この後、土方とツーショットになってましたので・・・土方とひっついちゃうのかなぁ。。。
Hakuouki08-05.jpg
今まであんまりそういう描写がなかったので、土方と、という流れなら、構成としてやや不満があります。
この後、もう少し運命的、もしくは致命的な事件がはさまれないと、納得しづらいですな。
ワタクシは以前から書いてますように、もし誰か隊士とラブラブなエンデになるとするなら平助くんが第一希望です。
もちろん誰かとのラブラブエンドでなくてもいいですけどね。

冒頭とラストで出てきた千姫。
千鶴との友情を確かめる仲むつまじく、という表の表情と、ときどき「キッ」し見せる鋭い視線、そしてラストの君菊との会話。
Hakuouki08-06.jpg
Hakuouki08-07.jpg

こちも千鶴ほどではないにせよ、良い感じです。

しかし立ち位置とかを思いますと、千鶴より年上設定だと思うのですが、言動がボーイッシュなこととか、さっぱりした明るさとか、なんか千鶴より年下っぽい雰囲気もありますね。

次回、伊東になにやら動きがあるみたいですので、伊東と同門の平助君にもなにか影響がでてくるのかなぁ。。。
隊士の中では平助と斉藤がけっこう気に入ってますのて、できれば暗殺以外の顛末にしてほしいなぁ、と思ったり思わなかったり。(^_^;

テーマ:薄桜鬼 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:12:38 | Trackback(0) | Comments(0)
あにゃまる探偵キルミンずぅ 第33話 特ダネ!水面に沈む黒いヤツ!?
[リコたちの同級生・ミツルがペットのユキと散歩していたところ、川から突如飛び出た大きな影に襲われ、気絶してしまったという。本人からその話を聞いたリムは、影の正体を突き止めて、学内新聞のスクープ記事にしようと思いつくが、ミツルの話とユキから聞き出したイメージがどうにも一致しない。そこでリムはリコをとともに川へ調査にいく。その頃ケンとタマオはミサに招かれて河船の船上にいた。カノンがぞっこんのケンを見定めるためだったが・・・。]

今回の牙組はカバヤ君。
しかしポイントは、ミサ・ママによる、娘のボーイフレンド品定めでした。

戦略的には、市長の息子・タマオを支配下においてほしいと思いつつも、カノンがぞっこんのケンも見ておこう、というかなり消極的というか、否定的な観点で見ていましたが、より肉食獣に近いケンの意外な一面を見て少し混乱、といったあたりがよろしかったです。

血筋的な意味で利用価値はすこぶる高いものの、草食系で、柔弱な体質のタマオ。
マナーもなにもあったもんじゃない、鼻をほじりながら話を聞く下品なケン。
知性のカケラも感じなかったのが、肉食でガツガツ喰うその食欲を見て、少し頼もしく思ってしまったりするミサ。
ケン・・・草食動物の代名詞と言っていいネズミなんですけどね。(笑)

野獣に近いアニマリアンたちにとって、人間として社会的に上位に位置しそうなタマオよりも、人間社会の枠組みの中では下等に見えても、動物的な生命力では秀でているケンに近親間を感じる、というのは、当然ありえることなんでしょう。
これ昨今の「草食系男子」みたいなコトバとも関係していて、いろいろ深読みができて面白そうですな。
肉食系男子は、男性的な魅力、セックスアピール、性的快感においては優れているけど、安定せず収入も一定せず、浮気っぽい。
草食系男子は家族を大切にして安定志向、収入も良いだろうけど、性的魅力でいまひとつ。
なんとなくそういった暗示にも見えてしまいますな。(^_^;

それにしても、このミサがいろいろとカノンの将来を妄想する中ででてきた、チビキャラ・カノン、可愛いかったですね。
KiruminZoo33-03.jpg
KiruminZoo33-04.jpg

カプッ、チュー、なところが、某学園吸血鬼ラブコメを思い出してしまったりしましたが。(^_^;

その船の外では、リム、リコが2人で調査、だったんですが、渦中の人、カノンに遭遇。
ところがカノン、日傘の中にカラスが飛び込んできて、大慌て状態。
そこで、リコが「フシャァァァァァ」と追っ払ってましたが・・・リコは、本性も変身も、肉食系女子ですね。(^_^;
KiruminZoo33-01.jpg
変身してないのにときどき猫っぽくなる、というよりむしろ豹みたいになるリコもなかなかよろしいでおじゃりますな。

思わずキョトン、のカノン。
KiruminZoo33-02.jpg
カノンはコウモリなんで、一応肉食系・・・かな。
まぁ、フルーツばっかり食べるオオコウモリというのもいますけど。

カノンの側でも、御子神パパと接触してまして、これが以前リコに訪ねていた家族の中でのやりとりへと発展していく可能性を感じさせてくれますね。
そしてリムの変身、なんとウサギとはほとんど関係のない、カモノハシ。
なんかいろいろと後でタマオ君が跡付けの説明をしてくれてましたけど、かなり苦しいですね。
あそこはカワウソみたいなので良かったんじゃないか、という気はしますが・・・。
それともあとで、産卵する、みたいなエピソードと関係してくるのかしらん。
いや、まさかそんな鬼畜・触手系みたいな展開はないと思いますが。(^_^;
ちなみにカモノハシは、有毒生物です。

転覆した船から逃れて、陸にあがったミサが水をはらう場面とか、警察署長・七瀬ミユキがハルカにアニマル課への助力を依頼したりと、全体的な進行もしっかりと見られました。

次回、またまたポチ姉のステージのもよう。

テーマ:あにゃまる探偵キルミンずぅ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 06:44:26 | Trackback(1) | Comments(0)