FC2ブログ
 
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
乙女はお姉さまに恋してる 第9話
[演劇部に続いて、生徒会でも生徒の総意による要請で演劇をすることになった。エルダーである瑞穂も当然出演してほしいと、生徒会長・厳島貴子がやってくる。奏とともに、不安を分かちあおう、という決意で、受けることにした瑞穂。演目はロミオとジュリエット、瑞穂がロミオで貴子がジュリエットだった。だが、そんな中、クラスでプラネタリウムをすることになっていたまりやは、瑞穂と日に日によそよそしくなっていくのだった。]

いやぁ、前回に続きよい話ですなぁ、作画もほとんど落ちませんし。

一応サブタイにもなってますから、まりやが瑞穂の成長、あたらしい一面にどう接していいかとまどってしまう姿がメインでしたけど、貴子の方でも、知らず知らずのうちに瑞穂にひかれていき、その胸のうちの感情が自分でも理解できず、「敵か味方か」で単純化して逃れようとする姿が、実にデリケートに描かれてまして、1話で2度おいしい構成でした。

まず、まりや。
幼年期の絵がこれまたすばらしく可愛いかったんですが、
OtoBoku09-02.jpg

この瑞穂の水着・・・。(^_^;
まりやは子供の頃から、瑞穂の長いものをペロペロしたかったんだねー、とかヒワイな妄想を抱いてしまいました。すみません。(^_^;
それはともかく、昔の思い出では、いつも前に出ていたまりや。
OtoBoku09-01.jpg
OtoBoku09-03.jpg
OtoBoku09-04.jpg

元気一杯、爆発幼女のまりやちゃん。むちゃくちゃ可愛いです。
普通に考えても、同年齢だったら、女の子の方が成長は早いですから、当然なんですが、ほとんど姉妹同然ですごしてきた身としては、その瑞穂の成長にとまどってしまうのも無理からぬことです。

そしてそのことをまりや自身がわかってるんですよね、そこがやりきれないというか、わりきれないというか、瑞穂に対する感情の揺れを自分で制御できなくなっていく感じです。
「成長するのは良いことだ」

そしてついついよそよそしい態度をとってしまうのも、揺れる女心ですなぁ。。。

「いつも私の後を歩いていた瑞穂ちゃんだったのに」
「いつのまにか皆に優しい瑞穂ちゃんになっていた」
成長を喜んでいたいのに、なぜか心揺れる瑞穂。
好き、って方向に気持ちを振り切れないもどかしさが、いっぱいに伝わってきます。
また、そういう態度になっても、優しく接する瑞穂の大きさがこれまた画面いっぱいに伝わってくるんですよね。

必死で走ることで、なんとか迷いや揺れをふっきろうとするまりやでしたが・・・。
OtoBoku09-05.jpg

別のところが、激しく揺れてました。(笑)
そういや、まりやって、第1話で巨乳設定、っていうのが、これでもか、っていうくらい出してくれてましたね、ちょっと失念しておりました。(^_^;

さて、悩みの中にもサーヴィスカットも忘れない、すばらしいまりやちゃんのクラスはプラネタリウム。
学園祭というと、いまや猫も杓子もメイド喫茶、って風潮ですが、本作では少なくともメインには出てこないようです。(たぶん、脇筋で出てくるだろうとは思いますが)これはなかなか個性的になって良いですね。

あと、細かいところですが、貴子に「まるで自分の手柄のようにはしゃぐ必要はないのではありませんか」って言われて、グッとなり言い返せなかったところ、ここも良かったですね。
OtoBoku09-06.jpg

「なんで言い返せなかったんだろう」
・・・それは、心の中にあった、瑞穂の成長、瑞穂が自分の前を行ってしまっている、っていうことを別の側面から、よりにもよってライバルである貴子に指摘されてしまったから。
勝ったのはまりやじゃない、まりやよりも前にいる瑞穂。
前半で瑞穂の成長はしっかりと自覚していたというまりやでしたが、心の中ではいつまでも昔の関係は存在している、と思い込んでいたところへあびせかけられた冷水。
「もう瑞穂ちゃんは、私の前にいる」・・・という現実。
いいプロットです。しかも、まりやは瑞穂が嫌いなんじゃない、それだけに気持ちの整理がつきにくいわけですよね。

一方、違う方向から、瑞穂にひかれていく貴子。
こちらは瑞穂が男の子だとか、過去とかはまったく知らないわけですから、自覚のほどはまりやよりもっとありませんけれど、しかし確実に心ひかれている、という感情が自分でもわからなくなってるんですね。そんな描写がすばらしかったです。

まりやほどの深刻さはまだありませんでしたけど、その分、演劇でのコミカルさが加わってこれまたすばらしいシーンでした。

演劇部部長・小鳥遊圭の陰謀による、ロミオとジュリエット。
いたるところにキスシーンがあり、ベッドシーンまで用意されているとのこと。
生徒会長という役職から、やむなく受けてしまった貴子さん。
瑞穂に「それでジュリエットは誰なんです?」
と聞かれて小さな声で「私です・・・」
しかし貴子さんも勇ましいですねぇ、負けるとわかっている戦いに出陣していくわけですから。しかもその敗北っぷりがもう可愛いというか、すばらしすぎといいますか。

お芝居の台本あわせ。いよいよキスシーンです。
OtoBoku09-07.jpg

ググッと瑞穂の顔が迫ってきて・・・チュッ。
OtoBoku09-08.jpg

貴子さん、ひゅうぅぅぅ・・・・。
OtoBoku09-10.jpg
OtoBoku09-09.jpg

・・・・・・ぽてちん。
OtoBoku09-11.jpg
OtoBoku09-12.jpg

この貴子さんの可愛いらしさに、爆萌えでした。(^_^;
こりゃあベッドシーンが楽しみでしかたありませんね。
こんな素晴らしい作品が、1クール12話、っていうのは、ほんとに残念ですが、残りの3話、心して味わいたいと思います。
スポンサーサイト





テーマ:乙女はお姉さまに恋してる - ジャンル:アニメ・コミック

乙女はお姉さまに恋してる | 12:53:28 | Trackback(4) | Comments(2)
コメント
どうもです^^

いや~、幼まりや可愛かったですねぇ。
昔も今と変わらないくらい元気だったんですね・・・。
私としては、冬の写真がお気に入りになりました^^
っていうか、瑞穂も昔から女の子だったんですねwww

そして、今回は貴子さんが素晴らしすぎましたね。
全国の貴子ファンは悶えたでしょう・・・(私もその一人ですw

>1クール
ああ、やはり1クールなのですか・・・。
まぁ、確かにもともと原作も長いお話でもないから丁度良いのかもしれませんが^^;
2006-12-07 木 17:40:45 | URL | アス [編集]
一応、一子派なんですが・・・(^_^;
幼いまりやと真っ赤になって倒れる貴子さんが可愛いすぎた今回でしたよね。

幼まりや・・・すごかったです。
一応写真なんで動きはないんですが、画面いっぱいに元気のかたまりがあふれて飛び出してきそうと言いますか、強烈でした。
回想シーンとかで、動いているところとかをもっと見たかったところでした。(^_^)
瑞穂が昔っから骨の髄まで女の子だった、には激しく同意です。(笑)

貴子さん・・・、あの赤面失神の破壊力、これも強烈。(^_^;
あんなに可愛いかったとは・・・。
2006-12-07 木 21:04:45 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おとボク 第9話「まりやの気持ち」
にゃ~、更新が遅れてしまったわぁ(  ̄3 ̄)今回の話は誰が何と言おうと貴子が主の話なり♪ 2006-12-07 Thu 21:01:07 | 神音の萌え源泉
乙女はお姉さまに恋してる第09話「まりやの気持ち」感想
うわ~い!!おとボクだ~!!処女を全キャラクリア、後はおまけストーリーだけという状態なんで、やっとアニメではどの内容をやっているのかわかるようになりました~。【ご予約受付中】3月4日発売!DVD乙女はお姉さまに恋してる3【限定版】早速感想。ってことで原作やっ.. 2006-12-08 Fri 10:37:32 | accessのweb飛行機写真館
乙女はお姉さまに恋してる 。。。。 第9話 まりやの気持ち 。。。。 実は 一番 感想が書きにくいキャラが まりや なんですよ
この唇でKISSされては。。。。それは 悩殺されるでしょう(笑)貴子キラー・・・・ 瑞穂ちゃん だな。いつも 後を歩んでいた その人は いつの間にか 全ての人から慕われる大きな存在となり 自分だけの瑞穂ちゃんでは なくなっていました。そして ついに 貴子さんまで... 2006-12-08 Fri 14:16:16 | 幻影現実 私的工廠 ブログ
乙女はお姉さまに恋してる! 第9話「まりやの気持ち」
 文化祭まであとわずか。奏や由佳里の件も終了してあとは当日の成功を祈るのみ……のはずだったが、今度はまりやの様子がおかしくなってきた。 2006-12-08 Fri 23:53:45 | 移り気な実況民の日々