fc2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ひとひら 第6話 ・・・変われますか?
[麦に決断を迫る野乃の態度にキレた理咲は練習をボイコット。他の部員達も野乃の頑なな態度が恐くて近づけず、部員の心はバラバラになってしまった。一人で朝の稽古に入る野乃。鏡の中で、かつての自分を思い出し、また美麗のことも思い出す。一方飛び出してしまった麦は、今までのことを思い出し、野乃の元へ戻るのだった。]

今回も面白かったです。
部員の心が離れてしまう憂鬱な気分、沈滞した空気が、生き生きと描かれてましたし、なにより、麦を突き放す野乃の、陰剣ともとれかねない意地の張り方に、かなりのリアリティを感じてしまったところ。
ああいう風にしか気持ちを表現できない子、っていますよね。
回想によって解決する下りがやや強引な感がなくもなかったですが、概ね良い解決方法でしたし、鏡の中に見る美麗の姿が、次回への「切ない」仕掛けにもなってますし、展開としても申し分ないです。

まず、野乃の片意地なところに、キレる理咲。
Hitohira06-01.jpg

ほんとに理咲は漢らしいですなぁ。
ポニテが可愛いし、胸もデカいですが。(笑)

桂木クンと理咲は当事者ではなかったわけですが、それでも重苦しい雰囲気に耐え切れず、甲斐くんともども練習ボイコット。
砂の城に人間関係をたとえる青臭さも、良い表現なんでしょうけど、良い表現になりきれていない、幼さが隠れていて、学生っぽさが充満してました。

「麻井さん、なんでここにいるの?」
野乃に突き放されて、飛び出してしまった麦ちゃん・・・なんですが、妙にボディラインが女子高生していて良かったところ。(笑)
Hitohira06-02.jpg
Hitohira06-03.jpg

下半身の繊細さはかなり予想できたんですが・・・上半身はそこそこ発育していたようです。(^_^)
まぁ、あとで証明されてましたが。

さて、ロッジに残って一人稽古の野乃。
作画的にはこの後のお風呂がハイライトでしたが、お話としては今回のハイライト。
Hitohira06-04.jpg

麦が野乃に「なんでもできる先輩に私の気持ちなんてわからない」と言ったコトバ。
同時にそれは、野乃が美麗に感じていた劣等感と同じようなものでした。
「いつもキラキラ輝いているあなたに、私の気持ちなんかわからない」
でも、野乃が美麗と違っていたように、麦も美麗と違う。・・・このあたりに考え方も、「演劇フィルター」だけで押し通してしまわない、人間関係で展開していく面白さがありました。

強引に麦を研究会に入れてしまった野乃、その意味を考える麦でしたけど、こっちは物語の補完っぽくはありました。
補完っぽかったんですけど、一度舞台を踏み、部員達の気持ちもある程度わかってきていた麦に、そういうことを考えるだけの進歩があった、そんなことを伝えてくれるヒトコマでした。
実際、こういう麦の少しずつ変わっていくところ、それがこの作品の魅力の一つでもありますしね。
「少しずつやれなかったことができるようになって」
この作品の面白いところは、このことが、万能のハッピーエンドにまではつながっていない、っていうリアリティですね。
まぁ、ネタバレになりかねないので控えますが、進歩する、っていうのが、とっても地味だけど、ありそうな進歩。
そういう魅力だと思います。

さて、後半はお持ちかね、おフロと良いつぶれる野乃。(≧∇≦)/
Hitohira06-06.jpg
Hitohira06-05.jpg

やはり理咲はデカかった!
巨乳とかっていうより、所謂モデル体形ですよね。
5人の中では、一番舞台映えしそうなタイプです。長身ですしね。
ただ、こういう姉がいると、甲斐くんの苦労たるや、生半可なにもんじゃなかろう、とは思ってしまいますが。
実際えらい目にあってますし。

お背中流しましょう、をどもりどもり言う麦ちゃん。
ソフトフォーカスで入ったので、一瞬、また妄想モードかと思ってしまいました。(^_^;
Hitohira06-07.jpg
Hitohira06-08.jpg

「おらもお背中流してーだ」と思ってしまったのは・・・まぁ、普通の感覚ですよね。
背中だけでなく、スミからスミまで洗いっこしてあげたくなったりしてたところですが。(笑)

そして花火大会。
やっと夏休みイベントっぽくなってきましたが、理咲にあぶなっかしいドリンクを飲まされて、野乃ダウン。
麦ちゃんの膝枕の上に抱きつくようにして沈没しておりました。
Hitohira06-09.jpg
Hitohira06-10.jpg

前回のラストもそうでしたけどね実に死んだフリのうまい野乃さんでございました。
ここでは、「おらも麦ちゃんに膝枕してほしい」っていうのと、
「野乃さんに膝枕してやりてー」の2つでしょうな。(^_^)

合宿終了して帰ってきてみると、親友・佳代ちゃんの鋭い観察。
佳代ちゃん、いい眼をしておりました。(笑)
Hitohira06-11.jpg

麦の変化、というか成長を見抜いたつもりでしたが、動揺する甲斐くんによって、違うものまで吊り上げてしまったようでした。
佳代ちゃんにまで「青春発見」されてしまったもよう。(^_^)

一方、毎回確実に登場して、視聴者に違う潤いを与えてくれる、オリナル。今回もかなり強引に登場。
Hitohira06-12.jpg

麦「・・・嘘ついちゃった」
いいギャグでしめてくれました。

人間関係のこじれがあまりにリアル、かつ丁寧に描写されてるので、原作の存在を忘れてしまいますけど、あの原作があったればこそ、っていう感ももちろんしています。
今回も良いデキでした。
作画的には、若干落ちてるかな、という個所も感じましたけど、普段が優秀なんで、あくまでそれと比較して、ってことですけどね。

さて、次回、ワクワクドキドキの野乃-美麗話。
スポンサーサイト





ひとひら | 09:34:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する