■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バジリスク 第12話「追想幻燈」
そろそろ折り返し点。
[豹馬の瞳術により、強襲した念鬼は倒したものの、蛍火には逃げられてしまう。後を追う左衛門であったが、胡蝶の幻術により、見失ってしまう。ひとたび宿に返り、豹馬の助言を得た左衛門は、念鬼の顔を写してふたたび追跡する。一方で蛍火は傷を受けた足をひきずりながら、夜叉丸との思い出にとらわれてしまう。一方伊賀方の宿では、傷を受けた小四郎が、自らの弱さを呪うのだが、朱絹によって癒される。しかし、戦力にならぬ朧をみて、天膳は腹にひとつの決意をいだくのであった。]
不戦の約定が解かれてから、あまり凄惨な忍法合戦は影をひそめるようになり、残った忍者達の心の内を描いていく。これ、風太郎原作にはあまりなくて、せがわまさきの漫画版で拡張されているところですね。今回は蛍火の回想シーンを主に構成されてましたが、たぶん次回あたりで、左衛門・お胡夷の兄妹の思い出なんかも出てくるんでしょうなぁ。このあたりに多少の時代の変化を感じるのですが、こういうウェットな描写が加わると、かつてはスピード感や猟奇性が損なわれるため、あまり1重視されなかったきらいもありますが、最近は、時間が許せばこういった脇キャラの背景もしっかり描写していくことで「物語の厚み」を語っていくようになったので、こういうのも、十分にありだと思う。たしかに忍法合戦の異様さはうすれるんだけど、忍者たちの「人間」がしっかり描かれるので、いいと思う。ま、ここいらへんは好みの領域なんで、賛否別れるところではあるでしょうが。
今回のスポットは、蛍火で、思い出の中で、笑ったり、驚いたり、膨れてみせたりと、いろいろな表情が見られてよかったです。朧をたとえに出されて、ふくれるところとかね。せがわ原作では、夜叉丸が「任務よりも色恋」を優先させたがるような、そんな現代っ子的な側面も描いてあったのですが、そこまでは踏み込まなかったですな。けっこういいにいちゃん、みたいなとこまででとどめていたように思います。
次回、蛍火に追いついた、念鬼に化けた左衛門と蛍火との対決。そして、天膳の野望のあたりまで、かな?

スポンサーサイト


バジリスク | 23:29:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
 薬師寺天膳って伊賀の影丸の邪鬼に似ていますね。
(逆!!)
 冗談は置いときまして、
(邪鬼のモデルって天膳ぽいですが^ ^;)
 影丸、正雪、邪鬼の三者がからむ由比正雪編は
私も好きです。
2009-04-21 火 23:15:38 | URL | 犬塚志乃 [編集]
伊賀影・・・
伊賀影について語り始めると、ちょっとワタクシ、止まらなくなったりしてしまいますが。〈笑〉

邪鬼はあきらかに『甲賀忍法帳』の天膳ですね。
第1部「若葉城」で敵方の主役というか頭目だったわけですが、この第1部は、全作の中で一番風太郎色が強く、伊賀影のスタートが風太郎忍法帳だったことをうかがわせます。
第4部「七つの影法師」も、物語の枠組自体は風太郎忍法帳なんですが、個々の忍者戦は、既にすっかり横山マンガになってました。
そこへいくと、「若葉城」はまだ牧歌的ですし、忍者戦のアイデアそのものも風太郎忍法帳から拝借してきているのが目立ちますね。
「若葉城」と「由比正雪」の間には約9ヶ月のブランクがあって、「若葉城」と「由比正雪」以降とでは、絵柄も少し違ってますよね。
ただ、どうしても忍者モノをやりたかった横山先生が、若葉城での失敗を踏まえ、満を持して出してきたのが「由比正雪」でしたので、忍者戦の面白さは伊賀影だけでなく、すべての忍者漫画の中で群を抜いていると思います。

伊賀影はその後、忍者戦の面白さから、剣豪対決の面白さに少しずつスライドしていきまますが、忍者戦そのものの面白さは最後まで色あせることはありませんでした。

ただ女忍者が全編を通じて、「飛騨隠し金山編」の短筒の桔梗、ただ一人ですので、今の目で見ると、色香という点では皆無だったりするのが、やや欠点かな。〈笑〉
もちろん、その辺も、スピード感を重視した横山先生が、意図的にいれてなかった、というのもあるんですけどね。

・・・際限なくなりそうですので、この辺で。〈笑〉
昔のアニメ、漫画ネタなんかも、そのうち書こうかな、とは思っているんですが・・・。
2009-04-22 水 04:28:02 | URL | 白石みかげ [編集]
 若葉城は第一部だったんですか!
飛騨忍群だったと思っていました^^;
 新版によってちがうんですかね?私が読んだ一巻は
70ページぐらい影丸が出てこない話です。

>「若葉城」と「由比正雪」の間には約9ヶ月のブランク
 ああ、それだけ間が空いていたんですか!
じゃあ、邪鬼も含めての再スタートだったんですね!
いえ、私の新版だと、続いていないんですよ^^;

 残党の土蜘蛛5人衆とか、村雨兄弟の話とか気に入って
います。

 
 絵は…若葉城の頃は「片目猿」で、だんだん「水滸伝」
ぽくなりますよね?(この例えでいいのか^^;)

 風太郎、というと○人VS○人の構図、とか特殊能力、で
しょうか?
 動物的な力とか、忍法帖などのマクガフィンも、それっぽい
でしょうかね。

>剣豪対決
 そうですよね、拳法や兵法者の浪人たちと戦っていましたよね。
その究極が土鬼VSムサシなんでしょう。
 もっと行き着いた感じが「兵馬地獄旅」でしょうか?
影丸は、ああやって兵馬や土鬼みたいに土に埋められて、
から産まれたところを拾われた、ぽいですかね?

>桔梗
 ええ、1人しかいないんですよね、なんて色気のない^^;
でも兵馬の楓みたいに印象に残るくのいち、も産まれまいたが。
 横山先生は描けるんですよね。
2009-04-29 水 22:57:33 | URL | 犬塚志乃 [編集]
伊賀影・順番
伊賀影の順番は以下のとおり。括弧内はサンデー連載開始年です。
第一部・若葉城(1961)
第二部・由比正雪(1962)
第三部・闇一族(1963)
第四部・七つの影法師(1963)
第五部・半蔵暗殺帳(1964)
第六部・地獄谷金山(1965)・・・新春第1号からなので、実質64年の年末。
第七部・邪鬼秘帳(1965)
第八部・土蜘蛛五人衆(1965)
第九部・影丸旅日記(1966)・・・予告時は「剣鬼」

だいたいこんな感じで、後年いくつか復活版で短編がありますが、それは煩雑なんで略。
ただし、第四部連載中に、別冊マーガレットに16P短編「影丸と胡蝶」というのが描かれてまして、同時期ですので、通常はこれもカウントします。
掲載雑誌は少年サンデーでしたが、最初の予告は雑誌「日の丸」に『忍者・影丸』というのが連載予告されたのですが、これは日の目を見ることはありませんでした。
影丸のデザインもかなり違うのですが、背景に描かれている甲賀七忍衆が若葉城と同じデザインですので、構想としては、1960年頃から既にあったようです。

>残党の土蜘蛛5人衆とか、村雨兄弟の話とか気に入っています。

村雨兄弟の話は、第三部・闇一族ですね。
横山先生は忍者戦のスピードをあげるために、物語的なものをかなりそぎおとしていってるんですが、その中にあって、「闇一族」と「半蔵暗殺帳」はかなり物語性の中にふみこんだ構成になってました。
ふつうあれくらい、情の部分をとりこんでいくと、スピード感が落ちるものなんですが、さすがは横山先生、ギリギリのところでバランスをとってます。
忍者戦の面白さと、忍者側の情、ほとんど神がかり的にからまってきていると思います。
特に、長兄右門が数馬の死を受けて、弟たちに冷たくあたる部分。 この場面だけでなく、最後の右門の死と実にすばらしく結びついているんですよね。
正直なところ、初読時、私も右門の死のシーンでは胸がつまる想いでした。

個人的に好きな忍者は、「由比正雪」の霧雨鏡月、如月文兵衛、「闇一族」のかげろう、村雨霧丸、「影法師」の死神、幽鬼、「半蔵暗殺帳」の梟の陣内、「地獄谷金山」の土蜘蛛、桔梗、月之助・・・てあたりかなぁ、書き出すとキリがないですけど。

>剣豪対決

「邪鬼秘帳」で、その辺、実に鮮やかに描かれてますよね。
一流の剣客と忍者が戦ったらどうなるか。しかもその剣客の中には、槍の達人や、鎖鎌の使い手もいる、忍者側は、それまでの個々に名前があるわけではなく、集団戦を展開してくる、という、凝った味付けになってました。
確かに『兵馬地獄旅』や『血笑鴉』あたりにもそのテイストは受け継がれてるんですが、どちらかというと、伊賀影は『魔界衆』や『時の行者』みたいなSF時代劇に近かったんじゃないかなぁ、と思ってます。
『兵馬地獄旅』や『血笑鴉』なんかはむしろ、『暗殺道場』『闇の土鬼』の流れかな、と。

・・・伊賀影については、まとめて書こう、とは思ってるんですが、なかなかその時間がなくて。(^_^;
2009-04-30 木 17:43:18 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。