FC2ブログ
 
■カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
アイドルマスターXenoglossia 第26話
[ヌービアムを取り込んだアウリンは地上にさまざまな影響を与え始める。地球の危機!そんな時iDOL同士の回線がつながり、残り3体のiDOLとテンペスターズのコアをアウリンに送り込め、と指示してきた。iDOLの意思を察したMKJは調整を始め、ついに出撃のときとなった。だが、iDOLを起動させた後、春香、伊織、真の3人は降りることなくiDOL達とともにアウリンへと向かった。]

『Strikers』同様、実質的な戦闘は前回で終了、どっちかというと後始末的な最終回・・・と見えて、実は最後の最後でしぼりきったテーマを、もう見ていてひっくりかえるくらいのベタベタ甘甘で示してくれまして、強烈なエンディングでした。
おしいなぁ、こういうエンディングが用意できるなら、アイマスキャラとか使わずに、オリジナルの美少女ロボットものでも十分成立してたと思うだけに。
全体を通してみると、部分的な不満はけっこうありましたけど、この最終回でほとんど帳消し、と言っていいくらいのすばらしいデキ。
最終回限定で言えば、今年のトップランクかなぁ、って気がしてるところ。(某鮮血作品のように、地上波未放映ものは除く)

さて、その最終回を回顧しておきます。
一連のトゥリアビータ関係の話、千早、あずさの顛末には一応の決着を見たものの、残る「月の代わり」アウリンの暴走。
それを鎮めるために、残りのコアが結集しておさえにいく、しかし同時にそれはコアの不在をも意味することになる・・・という流れ。

ここまでにいたる各人の思いは
春香・・・インベルの意志をしっかりと自覚。
雪歩・・・昏睡状態。
真・・・・あずさの意思を継ぐ形で、前向きに。
伊織・・・熱血路線変わらず。
亜美・・・悲しみの中で状況の把握。
真美・・・テンペスターズの喪失につながるため、最初は悲しみを抑えきれないものの、やがて同意。

春香からアイドルマスターだ、ということを聞かされてはるばるやってきたやよいの前で、春香、ついにカミングアウト。
「うん、(これが)私のカレシ」・・・うわ。(^_^;

そして春香、伊織、真が、起動させた後、いろいろあって、アウリンの放つドロップ攻撃を防いでいくわけなんですが、ここがもうメインの戦いが終わっているというのにムダに熱い。熱くて焦げそうでした。ちょっと笑っちゃいましたけど。(^_^;
「後ろには無防備な地球!」
「もちろん全部たたいて壊す!」
「そう、それがぼくたちの!」
「アイドルマスターのお仕事!」
画面の中に3人が畳み込まれるようにインしてきて、次々とドロップ撃破。
もう鳥肌立っちゃいましたがな、よすぎ。(^_^)

ドロップ粉砕後、ヒエムスとネーブラがこじ開けたアウリン内部へインベル突入。
このヒエムスとネーブラが「道は私たちがつくるから、おまえはそこを行け!」もう男前すぎて、ひっくり返りましたわい。
伊織はラストに来て熱血一直線だったんですが、真の男前っぷりといったらもう・・・。
脱衣所で強制的に着替えさせられて、ボーイッシュな女の子の魅力もちょっと見せてくれてただけに、この本領発揮シーンには感銘いたしました。
ただ、感覚的にちょっと古いのかなぁ、っていう気もしたことは確かなんですが、個人的に、こういう纏め上げは大好きなので、桶桶ということにしておきます。

アウリンの中にとびこんだインベルと春香のラブラブシーンがまたもや炸裂で、春香、インベルにチュウしてるんですが、これって愛機に自分を投影するキスとかじゃなくて、もう心身をささげたキスでしたな。
春香ってかなりストーカー女の素養があると思うのですが、成就したときのこの盲目的熱愛ぶりの強烈さを見てますと、ドラマとしての面白さが深々と伝わってきますので、これはこれで良いかな、と思っています。
リアル世界では絶対にお近づきにはなりたくないですが。(^_^;

リボンをあずかって、イジェクトさせるインベルは、春香を脱出した後、リボンをグッと握り締め。。。
このあたりも、倒錯風味満点で面白かったですわ。

そしてラスト、イジェクトされた春香の手に残ったキーから立ち上がる、「ダ・イ・ス・キ」の光の文字。
もう何度めかわかりませんが、ここでもひっくり返りました。
Xenoglossia26-01.jpg
Xenoglossia26-02.jpg

ロボットと少女の交流とかっていう次元じゃなくて、肉体的交情を伴わない性愛的交情・・・でしたからなぁ。
でもこういう無機質へ傾斜する倒錯っていうのはけっこう好きなので、うなずいてしまったところではありますが。

ということで、ラストの〆がすごかったので、かなり好きな作品になりました。
正直なところ、最初の頃はイマイチだったんですけどね、デザインとかコンセプトとか構図とか。
しかも特に好きなキャラ、っていうのもなかったですし。(笑)

構成の上での不満点もけっこうあります。ドロップ撃退用途の飛行機械が高度な戦闘力を有していたり、モンデンキントやグランドロッジの猫の設定が、アニメ内部でちゃんと語られてなかったり、クローンの定義がかなりあやふやだったり。
しかし今回のラストはそれを補ってあまりある力、テーマに対する執着みたいなものが感じ取れて、この〆なら良作だった、と言えると思います。
どうも知り合いのブログとか掲示板とか見てますと、あんまり評判よくないみたいなんですが、私はかなり気に入ってます。

今回のラスト以外ですと、春香がヒキコモリになって醜態をさらすシーンと、倒錯したいのに最後の一歩が踏み出せない千早と、ほんとに壊れてた雪歩の対象がすばらしかった第24話なんかも好きな話でした。

ラストまで官能肉体要員だった雪歩は一応記録しとかんといかんような気がしたので、記念パピコ。(笑)
Xenoglossia26-03.jpg
Xenoglossia26-04.jpg

真が強制的に着替えさせられて、アイマス衣装に身を包んでいるところも良かったんですが、全身が映る絵がイマイチでしたので、これは見送ります。

つうことで、最終回としては、今期出色のデキだったと思います。
スポンサーサイト





TVアニメ2007(下期) | 23:14:56 | Trackback(5) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」
アイドルマスター XENOGLOSSIA (4 )静かだ・・・世界の崩壊が近づいていると言うのに、ひたすら静かであった。ヌービアムが吸収され、アウリンが開きつつある現状・・・そして、アイドル達は囁き始める。自分達をアウリンへと送り込めと・・・。 2007-09-29 Sat 03:41:30 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」
ダイスキ――。アウリンへの扉が開かれ、地球に滅びの時が迫る…。インベルたちはその身を犠牲にアウリンを止めるようとする。iDOLとの別れを受け入れられない春香たち…。十六夜寮跡でたたずむ春香の前にやよい 2007-09-30 Sun 14:40:48 | SERA@らくblog
アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話(最終回)「月とペンギン」 感想です。
アイドルマスター XENOGLOSSIAアイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話(最終回)「月とペンギン」 2007/09/30 01:00 TVK 感想です。あらすじ:ヌービアムを取り込んだアウリンは不安定に。地球に滅びの時が迫る…。 インベルたちはその身を犠牲にアウリンを止めるようとする 2007-09-30 Sun 23:13:44 | 詩音の枝折り
アイドルマスター XENOGLOSSIA 26(最終)話
アイドルマスターXENOGLOSSIAの26話…最終回です。各iDOLと春香達の別れです。ゲームのTHE IDOLM@STERファンとしても少し書かせていただきます。 2007-10-02 Tue 00:56:45 | ホビーに萌える魂
「アイドルマスター XENOGLOSSIA」最終話。
第26話「月とペンギン」一応全話見たんですけど、後半は各話感想書けなかったので、まとめも兼ねて…。ぶっちゃけ、まあまあ面白かったけど、それゆえの物足りなさも感じてしまった、というのがのが正直なところ 2007-10-06 Sat 00:11:12 | salty blog