■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
電脳コイル 第26話 最終回
[4423の意味が、メガバアによって語られる。その空間は、イサコの心の傷を癒すための治療空間だった。だが、そこへ乗り込んでいったオジジ=小此木博士はオトナゆえにその空間に耐え切れず命を落とす。治療道具の一環として託されていたデンスケの導きにより、一端現実世界に戻ってこれたヤサコだったが、イサコに迫り来る危機を知り、急遽大黒市にとって返す。そして病室で再びイサコに呼びかけるヤサコは、そこにミチコさんを生み出してしまったものを知るのだった。]

すばらしい最終回でした。
伏線を回収したとか、謎を解明してくれた、とかっていうことより、一つの物語の環がキレイにつながった、という印象。

物語作品に興味がある人は来週から同枠で再放送があるので、ぜひ見るべきでしょう。
これを見ないと人生の損失だと言ってもいいと思います。

あまりに物語が秀逸でしたので、最終回ということもあり、筋を追いかけるよりも、むしろ感想主体で記録していこうと思います、っていつものことですが。(^_^;

まずヤサコ。
少女の見つめるものの、過去から未来へという通時的側面、イサコとの心を共有する共時的側面のリンケージがなかなか面白かったところで、ミチコを生み出した2つの心と、ノブヒコを通じて持っていた想いとの重ね方、並行の仕方、ここいらへんが実に立体的。
それが現在の時点から、横に(共時的)、縦に(通時的)繋がっていくさまが無理がなく自然。
それゆえドラマとしてのふくらみが感じられるわけです。

物語視点がヤサコ中心でしたのでヤサコの方がはっきり見えますけど、イサコについても、後半やや駆け足気味だったとはいえ、それはしっかりと描かれてますし、微弱ではあるけれど、フミエと京子にもそれはあったと思います。

最後の着地点、ヤサコがイサコに呼びかけることば
「勇子のユウは勇ましいのユウ」
「かえってきなさいイサコ」に帰結してますし、またイサコの感じた
(そっちには痛みと苦しみしかない)「だから行かなくてはならない」にも帰結してます。
実際このイサコ帰還のシーンは人生訓とさえ取れそうな深くて大事なものを含んでいるように感じられます。
ある種の胎内願望のような、ミチコさんの世界、そこから痛みと苦しみに出てこなくてはならない、それが人の世、人の道。
「幼いままでいてはいけない」というシグナル、現実とむきあう勇気をもたなくてはいけないという覚悟。
そういったもろもろのものがここに帰結しているわけで、しかもイサコとヤサコとの間にその帰結に至るズレがある、ってところまで描いてくれとりました。

それだけでもいい加減すごいのに、ここからさらに、触れ合った2つの心がまたある距離をとって、それぞれの道を生きていく今後まで描いてくれてました。
ヤサコは中学生になり、イサコは金沢へと向かう。

時間の道を歩むヤサコに感じられたデンスケの存在、これも胎内への郷愁としてきわめて暗示的でしたし、決して忘れることなく、それでも前へ進んでいく姿、なんかいい感じです。

このま本筋以外にもいくつか並行して描かれていたモティーフがありました。気になるところをいくつか拾っておきますと、探偵団・会員番号。
これって最初の頃の設定で、ある程度話が進んできてからそれほど示唆的には語られてませんでした。でもヤサコ父、猫目までもがそのメンバーでした、っていうのは容易に想像がついてたところではありましたが、ちゃんと律儀に最後に回収してくれてたのは楽しかったところです。
現時点で、4番、6番が不明・・・なのかな。

・ミチコさんの顔。
ある人格を持ち続けていて、しかも誰かわからない、という相貌だったのも当然で、それはヤサコとイサコの想いが反映されていたから。
デザインを非常にシンプルにしている効果がここに出てましたね。

・タケルの奮戦と、フミエ、ダイチの中学生姿。
タケルが最後に猫目の呪縛から逃れて自分の足で立って判断して、というのは、本作のテーマと合致しますね。
そして、2人の学生服姿は可愛いかったですな。(^_^)

・猫目の真意。
結局黒幕・・・てほどではなかったですが、最後まで対立する相手としての猫目、という存在にはなってましたけど・・・ここがちょっと風呂敷を広げすぎてた、と感じる点かな。
すべてがコトバでの説明でしたからね。
でもまぁ、筋としては通った結末でしたので、欠点というほどでもなかったかな。

・デザイン。
はっきりいって好みではありません。
でも、これくらい完成度も高く、凝集力の強い物語でしたら、あんまり気にならなかったかな。
作画自体はかなり優秀だったとは思うのですが、その好みの分ではイマイチでした。
まぁ、好みの問題ですから、正直に記録しておきまする。(笑)

・イサコとヤサコの重なりあい。
あれを百合だといわれると少し抵抗がありますが、純化した心がそっと触れ合う姿、としては、けっこう胸に来るところでした。
あ、もちろん病室でイサコが呼び戻されたシーンですね。

・女の子である、ということ。
胸の痛み、外の世界、成長、12歳前後・・・そういった観点で考えると、どうしても肉体の変化を連想してしまうところで、この作品が少年ではなく少女を主人公にして展開されていた、ということの意味をいささか下衆っぽい感情にはなりますが、見てしまうところです。
作中にそういう描写がまったくなかっただけにかえって、ね。

・小此木博士とその世界。
「わしはこの間死んだんじゃ」
シュールな会話です。(^_^;
なんとなく、貸本時代の『河童の三平』を思い出してしまったところ。

死んでなお生き残るイメージ、という彼岸の描写は、回を進めるにしたがってかなり輪郭がボケてきてしまったようではありますが、この小此木博士のとぼけたセリフで、割と許せてしまうところだったかな。

まとめ・・・というほどでもないですが。
とにかく、内面世界というか、インナースペースとの接触、描写がすばらしくて、その世界、古い空間の演出に酔わされた作品でした。
適度にちりばめられていたSF的な小ネタも面白かったですし、キャラクターの魅力、とりわけイサコの魅力たるやすばらしかったですな。
物語作品としては、今期出色のデキだったのは間違いないでしょう。

ヤサコの心の闇の部分とか、マユミとヤサコの話とか、アキラとガチャギリのキャラクターとか、ミゼットのヴァリエーションとか、ヤサコ父とメガバアとの接触エピソードとか、尺があればもう少し見てみたい部分もありますが、テーマ性という点では概ねうまく収束したと思います。
スポンサーサイト


テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(下期) | 23:34:03 | Trackback(7) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

電脳コイル 第26話「ヤサコとイサコ」
サヨナラが言えたよ――。ひとの心の痛みから生まれた影が、イリーガルだったのか知れない。さよならできなくて…そんな思いが生み出した存在たち。それでも子供たちは、明日に歩いていかなくてはいけない。痛み 2007-12-03 Mon 09:29:29 | SeRa@らくblog
電脳コイル 第26話「ヤサコとイサコ」…まとめきれぬわ!w
まずは世界設定についてとか(`・ω・´)  ヤサコとイサコのつながりは両者の記憶の混線(っぽい様子)からある程度予想していたのだけど、デリケートな部分を含む部分だけに、もう少し尺が欲しかっ 2007-12-04 Tue 04:39:14 | ■■テラニム日記2■■
電脳コイル 第26話
「ヤサコとイサコ」 電脳コイル 第4巻 限定版折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉藤梨絵.鈴木れい子.野田順子.小林由美子.梅田貴公美 磯光雄 バンダイビジュアル 2007-12-21売り上げランキング : 129Amazonで詳しく見る by G-Tools 電脳コイルもいよい最終 2007-12-04 Tue 21:24:44 | 本を読みながら日記をつけるBlog
電脳コイル 最終回「ヤサコとイサコ」(感想)
こちらは感想です。内容は前半・後半。思いついたままに書き連ねます。落ち着いたらまとめたいと思います。まだ訂正・追記するかもしれません。4423はイサコの患者ナンバー。そしてイサコの病室。兄の死を知らされたショックで心を閉ざしたイサコの治療のため設置された実.. 2007-12-05 Wed 04:00:49 | からまつそう
電脳コイル 26話(最終回) ヤサコとイサコ
都市伝説によると、電脳ペットは死んだ後、ある場所に移り住むそうです。電脳コイル 第6巻 限定版折笠富美子 桑島法子 矢島晶子 バンダイビジュアル 2008-02-22売り上げランキング : 402Amazonで詳しく見る by G-Tools先に言いましょう。「電脳コイル」は2007年... 2007-12-06 Thu 21:09:27 | 焼きプリン定食(2個目
【電脳コイル】ヤサコとイサコと4423のillustと26話〔ヤサコとイ...
〔電脳コイル〕26話〔ヤサコとイサコ〕。若し2人の出会いがこうだったらと云う願望のillust。あのヌルはオジジでした。もう、冒頭から号泣です。しかも、もう出てこないと思っていたデンスケ迄もが登場。此れで泣くなと云う方が無理。亡くなった人やもう会う事の出来ない... 2007-12-08 Sat 15:18:06 | くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】
人の心が作り出した存在
イマーゴが生み出したミチコさんは、誰しもが持っている強い独占欲を電脳空間に強烈に反映した存在かもしれない 2007-12-08 Sat 16:14:33 | 電脳コイル調査報告書

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。