FC2ブログ
 
■カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
狼と香辛料 原作とアニメ化
今月からアニメ化される『狼と香辛料』、原作つき作品としては、たぶん『涼宮ハルヒの憂鬱』以来の大型作品の登場だと思います。
いや、大型、というのとはちょっと違うかな、耳目を集める作品、と言い換えておきます。
どちらも「このライトノベルがすごい」で、年度1位をとった作品。
「このライトノベルがすごい」・・・はけっこうクセも強いので、あの雑誌をもって注目作品、と決め付けるのもちょっとアレですが、個性的であること、ストーリィのギミックの練度、という点ではあまり類を見ない作品です。
したがって、けっこう好みが別れる作品だと思うのですが、非常によくできた作品、くらいは言ってもいいかと思います。

そんなわけで、アニメが始まる前に、簡単に原作の感想をネタバレにならない程度に残しておこうと思います。といっても、まだ最新刊の6巻は読んでなかったりするのですが。(^_^;
第1巻から第3巻までは昨年の2月、入院時に読み、4と5は退院後の読了。

舞台は中世ヨーロッパを思わせる世界。
適度に地方分権が進み、教会勢力と、世俗諸侯が並存し、しかも貨幣経済がようやく出始めだした頃、現実に中世ヨーロッパにあてはめてみると、ルネッサンスのちょっと前、くらいの感覚かな。

主人公は行商人のロレンスで、物語開始時点で25歳。商人としての経験はだいたい7年くらいで、ようやく初心者を抜け出しかけた頃。
とある広域商業組合には属しているものの、ほとんど自力で荷を仕入れ、運び、時には投機もやったりする、商業初期のほとんどなんでも屋に近い商人。

このロレンスが旅の途中、小麦の仕入れの過程で、豊饒の神・ホロと知り合うところからこの物語はスタートします。
何百年も生きている狼の精霊、賢狼のホロ・・ですが、人間変身時の見た目は十五、六の少女で、犬耳と豊かな尻尾をもつ姿。
本来の姿、巨大な狼に戻ることもありますが、ほぼ全編、このケモノ耳つき少女で通します。

このホロのキャラクターがなかなか強烈で、1人称が「わっち」、2人称が「ぬし」、語尾に「ありんす」がついたりする独特のゃべり口調もさることながら、相手のちょっとした視線の動き、表情の変化から心を読み、事物の真偽をかなりの精度で見分ける術をもっています。
あるきっかけから、ロレンスと旅をするようになりますが、「恋のさやあて」というよりは、もしろ恋のゲームのような感覚で会話が進んでいきます。

今回のアニメ化にあたって、この会話の妙味、心を読んだり、騙したり、騙されたり、が、どの程度再現されるか、というのが注目の一つでもあったりします。

巻を進めていくと、ホロの目的が、はるか遠い時代に去ってしまい、自分自身の記憶も朧となってしまった故郷ヨイツを目指す、ということになるのですが、旅の途中で出くわすのは、ロレンスによる、儲け話、投機、仕入れと運搬、それに伴って出会うさまざまな人、階級、などから構成されていきます。

第1巻が貨幣の流通と、その価値観について。
第2巻が関税と密輸。
第3巻が中世都市の権威構造と、投機。
第4巻が異教との接点で展開される都市間契約と教会。
第5巻が政治の介在する投機と教会。

だいたいこんなあたりがテーマになって、金融や商業の基本みたいなのが展開されていきます。・・・とこう書くと、なんか小難しそうですが、文体はかなり平易で読みやすいですし、個々の流通や金融、投機に、例外とか不確定要素みたいなのはほとんど入れてませんし、普通に物語を追いながらそういった仕組みがわかるように仕組まれてます。その意味で、よくできた「入門・経済小説」といえるかも知れません。

物語は、そういうかなり変わった分野を扱っている、ということとも関係しているかもしれませんが、実によくできていて、面白いです。
変化にも飛んでますし、情景描写の情緒なんかもありますし、事件のメリハリ、起伏なんかにも富んでますし、にもかかわらず、文体が平易なこと、ロレンスのホロに対する気持ちの微細な変化で進展していくことなどから、かなり読みやすく作られています。

ところが、これのアニメ化、となると、不安な気持ちの方が強くなります。
それは「こんな傑作がむちゃくちゃにされるんじゃないだろうか」というようなおきまりの不安ではなく、この手の込んだ小説をアニメにするのは相当困難だろうなぁ、と思うからです。

「経済」を扱っている、というテーマの特異性は、スタッフにまともな頭があれば、割と簡単に物語背景として処理できると思います。
問題は、ロレンスとホロの「恋のかけひき」「手練手管」
特に、心を読んだり読まれたり、また場合によってはわざと読ませたりする、そんな微妙な出し入れが、絵による表現でどこまでできるのか、という不安。
そしてもう一つは、事件に潜む金融や投機といった事象から来る面白さを、誰か悪人にしたてあげて、単純化の方にいってしまうのではないか、という不安。
・・・このあたりに起因しています。

正直なところ、この作品は、アニメとして成功するにせよ、失敗するにせよ、かなり別作品になってしまうんじゃないか、という気がしているところです。
さっそく原作にはいなかった少女を追加してレギュラー化しようとしていますし、第2巻だけに登場の羊飼いノーラをレギュラー化してしまいそうなキャラ発表でしたし。
まぁ、2巻までで終わるのでしたら、別に問題はなかろうとも思わなくもないですが。

そんなわけで、できれば放映開始前に読んでいた方がいいと思います。
もっとも、既に累計で60万部も売れてるらしいですから、杞憂かな、という気もしなくもないですが。(^_^;

あと、原作の挿絵について少しばかり。
あの挿絵は、かなりはずしている、と思うんですが、どうでしょう。(^_^;
どういうアニメになるのかはまだわかりませんけど、キャラ絵、ということに限定すれば、黒田さんのアニメデザインの方が、かなり秀逸、かつ物語にはあっていると思います。



というわけで、正月につき、ほとんどレギュラーの放映もないので、気になるラノベ作品について、とりあげてみました。
アニメは黒田さんのキャラデということで、作画についてはそれなりに楽しみにはしているのですが、はてさて、どうなりますか。(^_^)
スポンサーサイト





テーマ:狼と香辛料 - ジャンル:アニメ・コミック

狼と香辛料 | 23:00:00 | Trackback(2) | Comments(6)
コメント
 この作品舞台中世っぽい世界観なんですか?
服装から現代かと思っていました^^;
 経済とか貨幣とか、ずいぶん、かわったテーマですね。
 
 「このラノベ」にクセがあるのは同意します。
ただ波長があうんですよね。いいんだか、悪いんだかw
 あの人たちに持ち上げられても一般の評価とはやや違う?、とは
思います。
 
 荒川さん、なので「恋のかけひき」はどうですかね?
ラブコメは得意そうですがw
 オリキャラを出すというと十二国記ぽいですかね。
間や会話の問題でしょうか?

 支倉先生が数ページですが二ノ宮くん、を執筆した
そうです。
 麗華お嬢様や真由ちゃんが「ぬし」や「わっち」とか
言ってたりw(封仙娘娘みたいですね)
 ホロ、は観察力が鋭いみたいですね。
萌え、ますねw
2008-01-04 金 22:05:15 | URL | 犬塚志乃 [編集]
舞台設定は、中世盛期、というような気がします。
異教弾圧、十字軍や東方殖民のような、有無を言わさぬ暴力的布教シーンが少ないこと、にもかかわらず、そこそこ商業組合が発達していること、なんかから、十字軍時代を経てルネッサンスに入る少し前、みたいな感じです。ただ東方殖民を暗示するような描写が少しだけありますので、十字軍後のやや安定した時代、かな。

制作スタッフの発表を見てますと、割と軽めの話を得意としている感じなんですよねぇ。
荒川さんは、『エレメンタル・ジェレイド』みたいな作品で脚本もやってましたので、まったくの畑違い、というわけでもなそさうなんですが・・・。
あの恋のかけひき、みたいな、ホロとロレンスの絶妙の会話、腹と腹の探り合い、みたいな会話は、かなりおとなの恋、という印象なのです。そこらへんがうまく消化できるのかなぁ、という気持ちがかなりあります。

>あの人たちに持ち上げられても一般の評価とはやや違う?、とは思います。

ですね。
ただの売り上げ比較とか、出版社の意向だけでできている、というわけでもないこと、そこそこ外部のライターもいれてること等から、けっこう「視点」の参考になることは多いです。
もっとも、今回の『フルメタ』はそれでよかったんかなぁ、という気はかなりしています。いや、『フルメタ』もどちらかというと、好きな部類ではあるんですが。(^_^;

>支倉先生が数ページですが二ノ宮くん、を執筆したそうです。

これは知りませんでした。情報感謝です。
目にとまればあたってみようかと思います。(^_^)
2008-01-04 金 23:28:44 | URL | 白石みかげ [編集]
 というか十字軍の頃東方へ殖民していたんですか^^;
十字軍は「キングダム・オブ・へヴン」を見て、『十字軍にも
いろいろあるんだなぁ」と思ったくらいわからんです、はい。
 ですが異世界として設定したのは無難かもしれませんね。
異教とかあまり触れない方がいいテーマですし。

 支倉先生が書いた二ノ宮くん、はこのブログです
http://ameblo.jp/hasekura2/entry-10058651187.html
 書いたことはまちがいありませんが発表されてはいません。
説明不足ですいませんでした^^;
 麗華が「わっち」とか言うのもこの記事を見て思いついたネタです。
 でも、そんな麗華お嬢様見てみたいかもしれませんw

 「狼と香辛料」ですが一年で11刷というと、3年で27刷のハルヒ
並なのでは?と思いました。
 すげ。
 「狼と香辛料」は連載が始まって2年、というと「鋼殻のレギオス」を
思い出します。
 来年はレギオスが来るかもしれません、のでチェキですぅw
このラノベ系もすごい注目していますし書店によってはシャナやゼロの
使い魔よりも売れています(汗
2008-01-06 日 16:17:08 | URL | 犬塚志乃 [編集]
東方殖民は、広義の十字軍の一つで、北方十字軍とも言われてます。
ゲルマン-スラブ抗争史の端緒になっているものですが、宗教的に見ると、対イスラムではなく、対ロシア正教(東方教会)という点で、かなり対イスラム戦争と違いますね。フランス内部でおこった、対アルビジョワ派十字軍なんかも、対イスラムとは性格が違いますから、狭義の十字軍、というときにはどちらもはずされることの方が多いようですが。
『狼と香辛料』に出てくる異教は、その信仰スタイルとか、商圏とかについて少しだけ触れられてまして、かなりこの東方殖民時の異教との接触を参照にしている、と思えるところがありました。
まぁ、ファンタジーですから、あんまりそういうことに注目する必要もないですけど、素材としては、けっこうとられているように感じます。

支倉版・二ノ宮くん・・・そういう経緯でしたか。(^_^;
ブログを読む限り、ちょっと日の目は見そうにありませんね。出てくるとしたら、なんかの付録とか、特集とかに追加・・・かな。

本作、アニメ化のプロセス、原作の優秀さなんかから、『ハルヒ』アニメ化の頃とかなりダブって見えるんですけど、制作しているスタジオが違いすぎますからねぇ、不安もかなり大きいところ。

『鋼殻のレギオス』・・・は未読です。すいません。(^_^;
2008-01-06 日 21:46:36 | URL | 白石みかげ [編集]
 鋼殻のレギオスがアニメ化するそうです。
このラノベ、で一位取れるかもしれない程注目作品
なので要チェキでございます。
2008-03-16 日 13:55:17 | URL | 犬塚志乃 [編集]
時間があればチェックしておきます。
2008-03-17 月 04:17:49 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

がんばれ!ホロ(小清水)。全国の微乳ファンがついてるぞ。「狼と香辛料」
小清水さんは相変わらずです。巨乳キャラより微乳キャラがお似合い。嵌まり役です。 牝狼神ホロと行商人ロレンスの中世ファンタジー。 史... 2008-01-12 Sat 09:18:57 | Anime in my life 1号店
狼と香辛料 第1話 「狼と一張羅」
狼と香辛料 第1話 「狼と一張羅」 見ました。 原作は、ラノベだよね。 本屋さんで見たことがあります。(読んだことありません) そう... 2008-01-12 Sat 13:33:07 | れ~な♪の日記