fc2ブログ
 
■カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
しおんの王 第17話 読心
[善戦むなしく、久谷は羽仁名人に敗れる。そして、紫音も悟との対局を目前に控えていた。その背後では、8年前の事件に新たな事実が浮かび上がったり、悟の提案で、トーナメント優勝者を4段にしてプロ棋士として認めさせることなどが連盟に提案されてした。かくして、悟との決戦当日。悟の盤外戦術で心乱される紫音は、少しずつ事件の時の記憶がよみがえってくるのだった。]

データベースの利用が普通等を受けて、プロ間での情報格差が縮まってきたこともありまして、一番強い層は、10代半ばから20歳前後の若手、ということが言われて久しいですし、実際、一番強いのは3段リーグ、みたいなニュアンスのことを言う人もいますが、チャイルドブランド登場の頃ならともかく、現在は、さすがに最強ゾーンとまではいかないでしよう。
十代の3段リーグ上位者ですと、たしかにB2くらいの実力はあるのかなぁ、という気もしたりはしますが、それでもタイトルホルダーとかA級の棋士とはまだ開きがあるだろう、というのが傍目の感覚です。
林葉さんが頭角を現していた頃って、羽生、森内、佐藤(康)、村山っていうあたり、いわゆる当時のチャイルドブランドが次々とプロになってきた頃でしたから、あの時代ですと、ひょっとしたらA級くらいの力はあったのかも、という気がしなくもなかったですが、現在の奨励会上位者は、そこまでではないと思います。
しかも久谷くん、20過ぎてますしね。普通に考えれば、名人はおろか、C1程度でも苦戦しそうです。

そういう意味では、善戦、と言っていいと思いますが・・・涙を流したり、感想戦をしなかったりと、ちょっと自意識過剰かなぁ、という気も少し。(^_^;

優勝者に4段を認める、というのは・・・かなり苦しいと思います。背景でお金が動いていたとしても。
まずこのトーナメントが全棋士参加の公式戦ではないこと。
実際の棋戦を見ても、公式戦の銀河戦で健闘した瀬川4段が対局試験を受けてプロになった例がありましたけど、それにしても、対局試験があったこと、順位戦C級2組ではなくさらにその下のフリークラスからの参加だったこと、などから考えると、さすがに無理じゃないかなぁ、という気はします。
いいとこ、瀬川さんのときのようなプロ試験を特例で設けてもらえる、くらいじゃないかなぁ。
これが公式戦なら、けっこう現実味は感じるんですけどね。
さすがに、公式タイトル戦でタイトルを取れば無試験でプロ4段も可能だと思いますが・・・これは可能性としては、限りなくゼロに近いでしょうし。
まぁでも、まったく無名のアマが、突如アマ棋戦で優勝し、招待された竜王戦とか王座戦とかで何連勝もしてタイトルをとってしまったら、なんていうのは、妄想したことはありましたけどね。
数字としては可能ですけど、現実味としてはまず不可能かな。(笑)

さて、今回はかなり明確に棋譜を映してくれた、紫音-悟戦。
初手・5八王!・・・うっひゃー。(笑)
コマ落ち戦なんかではまれにありますけど、平手戦でこれはすごいですね。
ただ、戦法として、先手なら5八に、後手なら5二に王を立たせる、というのはなくもなくて、例えば金開きの中住まいなんかでは、この位置は普通です。
ただ、初手ってことはまずないですし、たいてい角換わりか、相がかり、いずれにせよ居飛車戦での戦法。
紫音は受け将棋、ということでしたので、振り飛車戦法に対する習熟はかなりあるでしょうから、その意味でも、この初手は、挑発しているニュアンスがビリビリ伝わりますね。
たださされてみて、以前のような角頭歩みたいに、相手が激怒してしまうような挑発戦法でもないとは思いますが。

対する紫音、2手目、5二飛。
これもなぁ・・・。むしろ、こっちが挑発?(^_^;
平手戦でこんな戦いは、ヘボ相手を含めても経験がないのでよくわかりませんが、玉頭に飛車を振っているわけなんで、棋理にはかなってるのかな?

中盤で悟がさした、王で飛車を受ける手筋、いわゆる「顔面受け」と言いますが、あれは急戦もよう、相がかりなんかではよく、ってこともないですが、まぁ、ある戦いです。
ああいう仕掛けあいになってくれば経験はありますが、初手の5八王は、少し強烈でしたね。

悟の盤外戦術が炸裂して、動揺しきりの紫音ですが、どうなるんでしょうか。
漏れ聞くころによりますと、原作とは違うラストを用意している、みたいなことも聞きましたので、もしそうだとすると、この犯人について、なにか意外な展開でもあるのかな。
今回の紫音の記憶がよみがえってくるシーンを見てましたら、なんか一瞬、安岡八段が真犯人に見えてしまいましたよ。(笑)

子供ができない八段が、若紫計画で紫音を養育し、適当な年齢になったときおいしくいただく壮大な計画か?・・・とかっていうのが脳裏をかけめぐったんですが、安岡八段との思い出だと思っていたのが、実はそうではなかった、ということでしたので、それは当然ないでしょう。(笑)

それにしても、今回の絵、濃かったですな。
アニメ版の個性として、この濃い沼田誠也デザインがありますが、作監の人によっては、その濃いデザインが薄れてしまうことの方が多かったようでした。
今回は、その沼田デザインのいいところをかなり出してくれていたと思います。
アクが強かったので、賛否両論だとは思いますが。(^_^;

お昼休みで、対局は中断。
紫音が動揺したまま、次回へ、という流れでしたが、はてさて。
スポンサーサイト





TVアニメ2008(上期) | 23:56:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する