FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
シゴフミ 第9話 サイカイ
[文歌の病床に来たフミカ、要、夏香。未だ眠り続ける文歌に語りかけていた3人の前にチアキが現れる。暇だから、遊ぼう、と誘いをかけてきたのだが、仕事があるはずのフミカは、仕事ついでに、と了承する。要、夏香も誘って、フミカはとある南の島を指定。そしてそこへ同じようにやってきた少女と出会うことになる。少女は祖父の墓参りに来ていた。そしてフミカのシゴフミの相手とは・・・。]

枠内での死がからまなかった、ということもありましたけど、いい話でしたねぇ、なんか酷似したプロットが戦前のフランス映画にあったような気もするんですが、それはひとまず置いといて、第4話を境にして、だいぶ良くなってきている感じですね。

本筋はチアキの話でしたので、まずはここから。
忘れちゃいけない、おフロのシーン。(笑)
Shigofumi09-01.jpg

今回、配達人が2人ともお帽子をとって、頭をすっぽり出してるシーンが多かったのですが、頭頂部が見えると2人も可愛いですね。

冒頭、示された50年前の事故。
そこでとまってしまったチアキの時間。
でも、将来を誓いかけていた青年はなんとか一命をとりとめて、その後の人生を歩んでいく・・・というのが暗示されたのが、旅館で知り合った少女・白河塔子。
恋仲だった青年の孫・・・と聞いて、結婚したことを知るチアキ。
ここでの仕込みが良かったですね。

その間、要や夏香達に、既に自分が死人であることを明かして、南の島のバカンスを楽しむ姿。
いつもそうですけど、今回は特にそのくるくる変わる表情が、ひとつ見所でした。
Shigofumi09-02.jpg
Shigofumi09-03.jpg
Shigofumi09-04.jpg

肉体は成長しない・・・でも心はどうなんでしょうね。
チアキの最後まで明るい姿は、生前からのものが大半ではあったんでしょうけど、配達人となってからの経験によっても得られたものもある程度はあったのか、清澄青年との思い出をしのぶ姿なんかと重ねてみますと、いろいろ想像できそうです。

50年前のチアキが千章だったときの姿。
Shigofumi09-05.jpg

交通事故のとき以外は、生命の躍動を感じさせる若々しい姿が映ってました。
でも50年前で20過ぎてる・・・ようには見えませんでしたけどね。(^_^;

最後に語られる、清澄青年の純潔の気持ち・・・。
1950年代ならありそうですね、当時の映画なんか見てましても、けっこうそういう純情が大切にされていた時代でもありましたし。
ミステリアスなフミカの方の事情と違って、チアキの方はそんなに枝葉の多い過去ではありませんでしたけど、けっこううまく人生を拾い上げていってくれてました。
たぶん、必要以上に清澄青年を露出させなかったことも効いてるかな、と思ったところ。

この大きな流れに比べると、今回に関しては割りと軽かった主筋の方。
簡単に回顧しておきますと、まず、キラメキの編集担当になった春乃は捨てゴマにならずに、うまく機能し始めていたこと。
もっとも、こっちはそれほど長く筋として引っ張るのかどうかはわかりませんが。

次に、要の告白を受けたり、夏香と話をしていたのが、文歌の中のフミちゃんの方だったのか、ミカの方だったのか。
決め手は「ボク」という1人称だったようでした。
なんか要くん、脈あり、みたいな流れですけど・・・だとすると、ハッピーエンド(があるとして)の方向としては、回復した文歌と要くん、てことなんかなぁ。。。
だとしたら、フミカの存在理由みたいなものも、少し気にはなってくるところですが・・・。
こういう処理があんまりうまそうな文芸じゃないだけに、あまり期待せずにお話をおいかけていきますか。(^_^;

孫娘塔子は・・・一応ゲストキャラみたいでしたけど、それにしては、あまり目だった動きはなかったので、単なる顔出しかな?
そんなに後に続くようなキャラとも思えなかったのですが。

カナカは、最初の頃のような、一人でお話を支えてくれてた頃のような、軽快なノリが戻ってきて嬉しかったです。
南の島へ、遊びに誘うチアキに対して、
カナカ「フミカは忙しいのだ!」
フミカ「いいよ」
カナカ「ええぇぇ!」
このやりとり、この勢いこそがカナカですね。
こんなカナカ、大好きです。(^_^)

少し気になるのが「わたしは人間になるのよ」というカナカのセリフ。
単に性格づけの一端としてだけ出てきた、というには、やや突飛でしたので、やはりそれに関するエピソードが用意されてるのかなぁ、ちょっと気になるセリフでした。
杖達の由来とか、そういうのはまだあまり語られてませんからね、充電ノイメージとかはありましたけど。

チアキ・・・本筋以外でも盗聴したり、恋の相談とか言ってみたりと、いい味出してました。
「フミカも好きな人いるんでしょ」という問いかけに、フミカ、肯定の答え
「フミちゃん」・・・チアキ、ずてーん。
こういうやりとりも面白かったですね。

そして夏香。
はっきりと、要くんが好きなんでしょ、と恋の熟練者(? )チアキに見ぬかれてました。
この娘も、チアキ同様、豊かな表情が魅力的ですね。
Shigofumi09-06.jpg

キャラの表情に関しては、マスクを持たないカナカも含めて、実に豊かで、柔軟です。こういうところは間違いなく本作の強烈な魅力のひとつになってますね。
問題は文芸かな。(笑)

今回も、物語技法として、粗、みたいな箇所もあるにはあったんですが、キャラの表情と、CVさんの力演にかなり助けられていたと思います。
短所、欠陥を挙げるより、良かったところを見ていく方が生産的ですので、だんだんよくなってきている、くらいは言ってもいいかな。
次回、シリアス話になりそうなんで、また少し心配ではあるんですが・・・。(^_^;
スポンサーサイト





テーマ:シゴフミ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:59:59 | Trackback(3) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) シゴフミ 第9話 「サイカイ」
シゴフミ 一通目 病室で眠る文歌を見舞いに来たフミカと要と夏香。文歌に話しかけるフミカであったが、相変わらず文歌は無反応。そこに噂を聞きつけたチアキが現れ、ヒマだからとフミカたちを遊びに誘う。配達の仕事があるにもかかわらず、行き先を決めることを条件に 2008-03-06 Thu 18:52:20 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
シゴフミ  第9話
さて今回は息抜き回と思ってたんですが普通にいい話でしたなんというかこの作品相変わらず雰囲気の振れ幅が大きいですねいろんなお話が展開できていいのかもしれませんけど今回クローズアップされたのはチアキの過去死人な彼女ですが50年も前の人物だったんですね車の正面... 2008-03-06 Thu 23:45:51 | にき☆ろぐ
シゴフミ 第09話 感想
 シゴフミ   第09話 『サイカイ』  文伽:植田佳奈  カナカ:松岡由貴  野島要:寺島拓篤  野島辰巳:野島昭生  チアキ:... 2008-03-08 Sat 23:58:41 | 荒野の出来事