fc2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
キミキス 第24話 and meet again
[学園祭も終わりに近づいてきた。一輝は瑛理子に連絡をしようとするが、携帯はつながらず、約束の場所にも来ていなかった。校内を必死で探す一輝。公園のブランコで放心したように座っている瑛理子を見つけた明日夏は、一輝との約束を問い質すと、瑛理子の口から、好きになっていくことの怖さが語られ始めた。一方光一は、甲斐に出会って「摩央と同じ顔をしている」と指摘される。ついに自分の気持ちに気づいた光一は、結美に謝り、摩央に自分の気持ちを伝えに行くのだった。]

「ぼくは摩央ねーちゃんが好きなんだ」
光一、サイテー。(^_^;

第2クールに入って、第1クールのときとは見違えるばかりの、若い男女の心の機微、全身を使って表現される、時に本人さえも気づいていないいろんな所作、そういった心の襞が実に繊細に描かれてまして、恋心の切なさ、悲しさ、不安、喜び、ときめき等、すばらしい演出で見せてくれてたと思ってましたが・・・ラストに来てあれはなぁ。。。
結局、結美一人が泣いて、皆、幸せになりました、みたいにも見えなくなかっただけに、かなり残酷なラストでもあったと思います。
「もう摩央ねーちゃんを傷つけたくないんだ」
それで、結美ちゃんを思いっきり傷つけたわけですか・・・なんだかなぁ。
その一点以外は、今回もいいデキだったんですけどねぇ・・・。

そんなわけで、まずその光一の裏切り行為から。(笑)

摩央とであった結美、摩央から、
「おねーちゃん卒業」
「バトンタッチ」と言われ、握手して、しっかりと抱きしめられます。
Kimikiss24-02.jpg
Kimikiss24-01.jpg

これで、儀式が終了・・・だと思ったんですが・・・。
肝心の光一が、摩央の方にいってしまうという、裏切り行為。(笑)

ここで決着をつけて、光一も摩央も、幼年期から新しい道へと踏み出していく、そういう歩みを示してくれてもよかったのになぁ。。。。
子供の頃のピュアな気持ちを大切にしよう、というメッセージも理解できなくはないのですが、同時に人は成長もするわけで、そこでこの摩央の「おねーちゃん卒業」というセリフがしっかりと生きてくる、と思ったんですけどね。

もっとも、この段階ではあの結末になるとは知らなかったので、
「ああ、摩央ねーちゃんは実は光一ではなく、結美ちゃんを狙ってたのかー」とか能天気なことを考えてたりしてたのは内緒です。(^_^;

キャンプファイヤーで、摩央の姿を見つけて突然立ち上がる光一。
それを見てすべてを悟ってしまう結美。
Kimikiss24-03.jpg

そして呼び出して告白。
「ごめん、やっぱり摩央ねーちゃんの方が好き」・・・なんかひどすぎるなぁ、ここまでひきずってきて。
仮にここで結美に行ってしまったことによってできる摩央の心の傷より、ここで生まれた結美ちゃんの心の傷の方がよっぽど大きいと思います。
でも、健気な結美ちゃん、バトンタッチ、と、摩央から渡されて手で、光一に握手を求めました。
摩央に返す、という意味だったのでしょう。
・・・・こんなときにまで、そんないい子にならなくてもいいのにね、結美ちゃん。泣いてもいい場面だったと思うよ。

光一と付き合い始める以前の、雑務を押しつけられてたりしてた弱さを思うと、結美のこの失恋は、今後の人生の上でも尾をひきそうに感じさせるだけに、傷ではすまないくらいに、悲しく痛々しいものがあったりします。
まぁ、ことさら全部丸くおさまるハッピーエンドにしてくれなくてもいいんですが、その割には、結美にとって悲劇だ、というのが、きれいきれいに隠されすぎ、みたいなのが、気に入りません。

その結美を捨てて、自分の前にやってきた光一を見て、摩央・・・。
Kimikiss24-05.jpg

ここで叱らない、ということが、光一に対しての気持ちが本当だったこと、身のうちにある女の気持ちが、結美ちゃんへの不実よりもまさってしまっていたことを露見させてしまいましたけど・・・。
まぁ、摩央はまだいいかな、光一ほどにはひどくないと思います。一応自分の中で清算はするつもりでしたからね。
Kimikiss24-04.jpg

光一の行動にイマイチ納得できないのが、摩央の告白を受けてから大きく気持ちが変わってきてしまってたことで、あの辺に自主性のなさ、みたいなのも感じてしまうからなんですが・・・、まぁ、とにかく、結美ちゃん、可哀想、でございました。
あんな思いやりのねーヤツなんかスパッと切って、新しい恋を見つけてほしい・・・とは思うのですが、明日夏にはいいエールになるでしょうけど、結美ちゃんの性格考えたら、・・・やっぱりかわいそうです。
勇気をもらった、といって、いい思い出にはしようとしてましたけど。

とまぁ、この一点に不満はありましたが、それ以外はなかなか良いエンディングでした。まずは、もうひとつの柱、一輝の恋から。
突然約束を破ってしまい、逃げてしまう、瑛理子。
明日夏の気持ちを知ってしまい、自分が同じ人を好きになってしまう恐怖・・・。
好きになる、というその気持ち自体への不安、そしてその好きな人に自分がどう投影されているのか、という思い。
そういったもろもろすべてのことが
「こわい」・・・の一言で表されていました。
うん、瑛理子の触れるだけで壊れてしまいそうなくらい、繊細な、切ない恋心・・・けっこうグッときたところ。
ブランコに乗っていたところを明日夏に見つかってしまうのですが・・・。
Kimikiss24-06.jpg
Kimikiss24-07.jpg

このときの、膝から脛にかけての肌の柔らかさが、とっても感動的でございました。
瑛理子は、胸のヴォリュームでは明日夏に完敗ですけど、その繊細な心とよくまわる頭、そしてこの脚部の魅力は、明日夏以上ですね。

明日夏の方は、しっかりと友人として一輝を見れるようになっていたようで、こっちの3人は、しっかりと成長していますね。

というわけで、光一ルートがかなり納得できないものになってたこともありまして、こっちの一輝ルートの方はうまくまとまったように思います。
ようやく屋上に瑛理子を発見した一輝は、
「逃げても逃げても追いかけるから」と、ステディ関係になってなかったら、かなりあぶないストーカー発言ではありましたが、瑛理子に足りない、関係を力でひっぱっていってくれる行動力、それがしっかりと見える発言でもありました。
好きあっていれば、この発言も、想いの深さですから、かえって頼もしく、逞しく感じているのではないかなぁ、男性視点かも知れませんが。
そんなわけで、こっちのキスシーンは、良かったなぁ、と思いつつ見てました。(^_^)
Kimikiss24-09.jpg
Kimikiss24-10.jpg

というわけで、ワタクシの脳内ヒロインは最後にきて、瑛理子さんに決まりました。
一輝くん、大事にしてやろうね。
強い物言いとは裏腹に、その内部にはとってもデリケートな感受性をたたえてるんですから。

さて、それ以外の気に入ったシーンなんかを落穂拾い的に拾ってあきますと、まず一輝・妹、菜々。
Kimikiss24-11.jpg

大好きなおにいちゃんが、どうやら真剣に瑛理子とつきあっているらしい、と察知して、この表情。(笑)
えーと、本当に兄に恋していたんですかね、この娘は。(^_^;
まぁ、スポーツマンだしなぁ、それに近い目で見ちゃうのは仕方ないかなぁ、原画のささやか暴走みたいに見えなくもなかったですけど。

祇条深月お嬢さま。
Kimikiss24-12.jpg

可愛い化け猫になって耳をピコピコ動かしてましたけど・・・全然怖ないやん、これやったら。
むしろ抱きつかれてしまうんじゃないかなぁ、なんて思ってしまったり。
どうでもいいですけど、ホラーハウスに訪ねにいくシーン・・・横にいた半魚人みたいなのって、ダゴンですか?(^_^;

前回、突然のフラグ立ちを見せてくれた恵と柊・・・まさかこうなるとは思いませんでした。(笑)
もう絵に描いたようなツンデレ発動でした、栗生恵嬢。
Kimikiss24-13.jpg
Kimikiss24-14.jpg

規律規律といってますけど、この娘も、情は深そうな感じです。
木津千里さんというより、銭形巡に近いのかな、とか思ってしまったり。

さて、ラストを飾るのは、もちろん、メイドな川田先生。
Kimikiss24-15.jpg

まさか今回もやってくれているとは思わなかったので、感動いたしました。(^_^)
それにしても、高校2年生の教え子の前でくるくるっと回って見せたり、完全に勘違いしているようです、この先生。
うれしいのでもっとやれ、といいたいところですが、最終回なんですよねぇ、残念なことに。
とはいえ、ラスト2話でとんでもないプレゼントを用意していただけましたので、嬉しゅうございました。(^_^)

ということで、簡単に総括。
ラストの光一ルートで若干の不満はありましたけど、第2クールに入ってからの、心の機微を些細にすくいとってみせる、芝居の数々、コンテ、演出のデリケートな見せ方、そのあたりには大いに満足しています。
学園モノなので、それほど派手な展開はなかったですけど、心の動きを人物の動作でどう表現するか、という点では、おそらく今期放映作品中、最高のものだったと思います。
残念なことに、作画がついていってないことが多かったので、トータルで見て一番、とはいえませんが、佳作だったのは間違いないと思います。
ということで、学園モノの正統派に近い感覚で楽しませていただきました。
スポンサーサイト





テーマ:キミキス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:13:44 | Trackback(5) | Comments(2)
コメント
最終回によせて
こんにちは。
レビューをアップした時には怒りが収まらず、いろんなブロガー様のコメントで怒りをぶちまけてしまったのらりんはうすです。ちょっと反省…

悪い作品ではなかっただけに結美がバッドエンドとは驚きました。結美はゲームの「顔」でもあったわけですから、何のフォローもなかったのはやっぱり残念ですね。

アニメキミキス最終回、レビュー記事はこれまでで最高の数でした。
手厳しい意見から寛大な意見まで様々。
その中でもかなり共通していたのが
「公園で一人の結美」
のシーンの記述。
正直私も一番こたえたシーンでして、よりによって思い出の公園に一人はあまりに切なすぎるラスト。
だって次の日転校ですからね。何にもフォローがないまま終わってしまいましたしね。
これに「忘れないで」が流れるんですからキツイのなんの…

アニメより切なかったのがアニメHPでのキャストコメント。
日野君と涼ちゃん、あみっけに同情してしまいました。

P.S
TSさんが記事で実に鋭いご指摘をされてます。(http://hibizakkan.blog.shinobi.jp/Entry/329/
SIZさんは24話レビューのほか総括記事も掲載されてます。
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-974.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-975.html
2008-03-26 水 20:13:28 | URL | のらりんはうす [編集]
公式サイトのCVコメント
のらりんはうすさん、こんにちは。
TB、コメントありがとうございます。TBの方はいつも送り返しているんですが、どうもFC2とAmebroは相性が悪いのか、反映しませんが、読ませてもらっています。

公式サイトでの声優さん達のコメントは事前に読んでましたので、見る前にだいたいの見当はついてたので、それほどはらわたが煮えくり返る怒り、とまではいきませんでしたけど、ドラマトゥルギーとして見た場合、あきらかに一貫性が欠けてた、というのは感じたところです。
というのも、一輝サイドの話からでも、妹の菜々のストーリィからでも、幼馴染ではなく、新しい出会いを選び取っていく、みたいなテーマが見えてましたからね。
その意味で、摩央が光一でもなく、甲斐くんでもない方向へむかっていく、というのはテーマに沿ってたように思いましたし、甲斐くんが失恋をひきずるでもなく、自分の未来を選択していく、というのもそのひとつだと思えましたし。
一人、光一だけが逆流しちゃったんですよね。

思うに、この展開は途中で変更があったのかな、と思っています。あきらかにここだけ浮いてますしね。
シナリオ制作時期と逆算される時期に、多方面のメディアミックスが展開されだして、現時点では違いますが、そこでの一番人気がその頃瑛理子と摩央ねーちゃんっぽかったこと、それで、変更が行われたのかな、という推測しています。

私自身は上にも少し書きましたが、全て丸くおさまるハッピーエンドでなくても、ドラマとしてのテーマ、あるいは一貫性があれば悲恋で終ろうが、ヤンデレ殺戮エンドで終ろうが、わりと納得する方なんですが、この最終回の光一ルートに限定しては、それがなかったですから、ちょっとどうだったかなぁ、と思ってしまうところです。

ただまぁ、このルートが強烈でしたので、目を奪われてしまいますけど、それ以外の細やかな描写は、秀逸なものが多かったですから、たしかに光一ルートは欠陥だったような視聴感になってしまいましたが、映像表現としては、むしろ肯定的にとらえている方です。
2008-03-26 水 22:04:02 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

キミキス pure rouge 第24話 「……and meet again」
キミキス pure rouge 第24話 「……and meet again」 見ました。 最終回です。寂しくなっちゃうね。 結美にとっては、最後の学園祭だ... 2008-03-25 Tue 00:57:23 | れ~な♪の日記
キミキス pure rouge #24 「・・・・・・and meet again」(最終話)
【あらすじ】 明日夏たちの試合、なるみたちのうどん、映画研究部の映画…… それぞれの目標が学園祭で実を結んでいく。 一緒に過ごす... 2008-03-25 Tue 12:15:35 | Shooting Stars☆
キミキス pure rouge #24 「……and meet again」
遂に学園祭の当日。二見瑛理子を探す一輝。しかし、見つからず。一方、光一と星乃結美は、メイド服の知ちゃんの喫茶店へ。 2008-03-25 Tue 21:31:37 | ゼロから
「キミキス pure rouge」 24話と総括
#24 「……and meet again」。 キミキスも遂に最終回。一輝の男らしさと、光一の優柔不断っぷりが対照的に映った 終わり方になったと思います。敢... 2008-03-26 Wed 01:08:51 | さすらい旅日記
キミキス -pure rouge- 第24話「…and meet again」(最終話)
納得いかねえええええええええええええ!!!!!!!!!! もう光一はほっときますか。 あの公園での決意は何だったんだ。 しかも結美フォローなし。 これはひどいんじゃね? ゲームの主役がバッドエンドとは… ニコニコでも非難轟々。 いつのまにか手はつながな... 2008-03-26 Wed 20:10:59 | のらりんクロッキー