■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔法少女リリカルなのはA's 第6話
[闇の書について調査を進めるクロノ達。騎士達が闇の書による人格であるところまでは見抜くのだったが、プログラムであり、人格をもっていないはずの騎士達に「心」があるように見える点が未だ解明できないでいた。一方、シグナムとシャマルは、ありし日、発動した闇の書とともに、はやての下に現れた日のこと、はやてが今までの主とは違っていたことを回想していた。]

あー、ちょっと感動しました。
今までいろいろと闇の書について、そして騎士達について限定要因を設けてきて、うまく整合性のあるストーリィに進展できるのだろうか、と思ってたのですが、実にうまく縫合した感じです。
ドラマトゥルギーとしては、まずはやてと闇の書の設定があり、そこから外堀を埋めるような感じで限定要因を付託していったと思うのですが、視聴させる側には、その限定要因から見せておいて、はやてと闇の書の関係を語る。
よく練られていると思います。
このシノプシスだと、はやてを、凶悪な別人格がひそむ二重人格に設定しなくてもいいし、騎士達がはやてに隠れて戦っていたことや、にもかかわらず「はやてのために」と思っていたこととの辻褄もあうし、うまい見せ方だと思います。

しかも、語られたのは、その両者の関係だけであって、闇の書そのものの正体とか目的とかは依然として隠されているわけで、物語進行の上での、興味も続きます。

それをふまえた上で考えてみますと、いろいろ面白い材料がまだまだありますね。

一応、クロノ君側の闇の書に対する認識が正しいという前提のもとで、「破壊しかもたらさない」闇の書。
その書を埋めることが、書の完成というよりも、はやての命をこれ以上削らないことにあった、ということ。
しかし、書の完成が破壊しかもたらさない、としたら、命をつなぎとめる、ということとは、おいおい矛盾してきますよね。
たぶん、もう一つそこにドラマを用意してると思うのですが、今回の鮮やかな手並みを見てますと、そこいらへんの解決、もしくは発展を楽しみに待ちたいところです。

解決だけではないですね、ひょっとしたら、その矛盾が破綻というか、悲劇を産むかもしれない、そういう進展もあるでしょうから。

見終わってまず感じたことは、この大局的な流れのうまさ、でした。以下、個々に見ていきます。

まず、はやてと闇の書。
Nanoha06-01.jpg

闇の書が所有者をランダムに選ぶ、ということがいまひとつピンと来なかったのですが(因果律がそれほど希薄ではないように思えたので)、認定した所有者からなにがしかのものをえる、まぁ、魔力とか言ってましたが、そういう関係で縛られていたわけですね。
前回までで、はやて自身がはたして「主」なのかどうか、ちょっとよく見えなかったのですけど、こういう経緯なら納得できるところです。

召還された、騎士達。
Nanoha06-02.jpg

擬似人格がどうのこうの、っていう事でしたけど、擬似人格といっても、規則性を関数的にブレさせてみると、かなり人格に近いものが出てきます。

昔のOVAで「冥王計画ゼオライマー」というのに、ヒロインの人格が、ファジー制御と推論型コンピューターによる人格、という設定が出てきてましたけど、あれ、かなり納得できるんですよね。
外見的なものさえ類似させれば、心というのは、家族でさえ短期間では気が付かないほどの、人間的なふるまいがでてきますし、実際シミュレーション工学ではある程度のところまでいってます。まして、この作品中に描かれているのは、魔法科学なんですから、そこまで意識してるかどうかわかりませんけど、あの変化は今後別の理屈をつけなくても、かなり納得できてしまいます。
でもまぁ、更なる理由づけは用意されてるとは思いますけどね。(^_^)

とりたてて強調されているわけではなかったですけど、騎士達の中に「心」のようなものが芽生えてきている、と感じられるところもありました。
ファンタジーとしては、その方がいいですね。

問題はその、人に類似した肢体なんですが・・・。
Nanoha06-03.jpg

エロすぎ。(笑) ・・・いや、好きだからいいですけど。

うーん、シャマルの方がデカいと思ってたんだけどなぁ、設定かなぁ、それとも原画の人の趣味?
一般論ですけど、メーターさんは巨乳好きが圧倒的に多いですからなぁ。幼女スキーはそこそこいると思うけど、成人・貧乳スキーはかなり少数派だったはずなので。まぁ、描きやすい、ってこともありますけどね。
あ、単にシグナムが身をかがめているからそう見えた、とも言えますか。

はやてとの関係では、ヴィータのそれが一番はっきり出てて、面白かったです。
Nanoha06-04.jpg

スーパーお風呂タイムや、食事のときの描写、実に細かい表情を繊細に拾っていて、ヴィータの心、というものを浮かび上がらせてくれますね。あ、擬似人格かもしれませんけど。
Nanoha06-05.jpg
Nanoha06-06.jpg

シグナムとシャマルが比較的ことばで語ってくれたのに大して、ヴィータは行動と表情で語っているみたいで、けっこう胸にキュンとくるものがありました。

特に、最初のちょっとはすに構えたようなところと、やがて、はやてに心底忠誠を尽くして、必死に戦っているところを見ると、もう『魔法少女マジカルヴィータ』にしか見えません。
Nanoha06-07.jpg
Nanoha06-08.jpg

今までが、女性視聴者なんか(まぁいたと仮定して)、暗黒時空のかなたへ置き去りにしてしまったくらいの、サイキックバトルだったのですが、やっと魔法少女らしい、ウェットな側面が出てきたように思います。
どっちかってういうと、こっちのスタイルの方が好きですけどね。

前作でも、なのはがけっこう狂言まわしみたいに使われてたところがあって、ヒロインがかなりフェイトに見えてしまった、というところがありました。
それゆえ、ヴィータを軸にしたヴォルケンリッターの描写が濃く、叙情的になっているのは、シリーズの流れとして納得できますし、没入していけるところでもありますね。

そんななのはのアイキャッチ。普通に面白かったです。(^_^)
Nanoha06-09.jpg

シリアスなままつめていくのか、と思ったら、ギャグでおとしてくるし、ほんとメリハリのついた良い回でした。作画もかなり良かったし。

管理局側の追加要員、グレアム提督の使い魔、リーゼアリアとリーゼロッテ。
Nanoha06-10.jpg

クロノ君もユーノ君も、いぢられてしまいました。

ほんとに面白かったし、キュンと来るところもあったのですが、苦言も少し。
はやての車椅子、これ最初の頃から気になってたんですけど、あんな動きはたぶんしないと思う。乗ってみて操ってみるとわかりますけど、自力で動かすのって、かなり大変です。まして子供だし。
もう少し、そこいらへん、取材してほしかったかな、と思います。

次回、またまたバトルモードですか。
でも、こういう背景がわかってからだと、また見方が変わってくると思うので、十分楽しめそうです。

公式設定に付いて、少し。。。本編鑑賞とはほとんど関係のないことですが。


本編と関係ないですが、公式HPのデバイスの説明のところ。
シュベルトフォルム、はまあいいとして(もっとも発音としてはシュヴェァトと聞こえると思いますけど)、シュランゲフォルムっていうのはちょっとねぇ。。。
たぶん、Schwertform、Schlangeform、という綴りをあてたつもりなんだろうけど、Schlange(蛇)が造語になる場合は、Schlangen-の形態をとるので、正しくは「シュランゲンフォルム(Schlangenform)」だと思います。
大学なんかでは、造語法までは教えないだろうから、しかたないとは思いますが。
別作品ですが、メル、っていうのも、おかしな言葉で、メルヒェンの縮小詞chenを取った古形は、メーレ(Maere)なんですけどね。まぁ、メルヘブン、なんて英独混血語になった段階で、もうそんな言及も意味はなさないんですが。(^_^;
ちょっと重箱のスミっぽいですけど、せっかくここまで練れているのだから、もう少しふみこんでほしかった、とは思います。
まぁ、本編鑑賞には、それほど、というか、まったく影響ないからいいんですけどね。(^_^;
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはA’s - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女リリカルなのは | 21:08:16 | Trackback(8) | Comments(2)
コメント
擬似人格でも、そんなに人格に近いものができるんですね。
全然知りませんでした。
しかもシュミレーション工学である程度までいっているとは・・・。

>おいおい矛盾してきます
そうなんですよね。
まぁ真のマスターになることで病気の進行がとまることと破壊の力を手にすることは別なような気もしますが、そもそもヴォルケンリッターの闇の書の力に対する認識がどの程度なのかわかりません。
現在は闇の書の力で病気を治そうと思ってやっているわけではなく、単に真のマスターにすることで進行を止めるつもりのようですが、はやてと約束するシーンでは脚も治せるみたいなことを言ってましたよね。
ここが管理局の認識と違うところで、普通に考えれば闇の書そのものから作られている4人の方が正しそうですが、闇の書には4人も知らない何かがまだまだ隠されていそうで、それが何なのか楽しみです。

>成人・貧乳スキーはかなり少数派だったはず
なんでそんなこと知ってるんですか(笑)。
まぁ一般論からいってもそうなので、おかしくはないですけど。

>大学なんかでは、造語法までは教えない
私は一応今大学でドイツ語習ってるんですが、複合名詞になるときにnがつくことがある、というのは教えられました。
そんなしっかりしたものではないんでしょうけど、これを知らないと辞書で調べられないですから。
2005-11-10 木 12:46:15 | URL | halogen [編集]
擬似人格、っていうことば自体がかなりSFの領域なんですよね。どこまで考えて、というかつっこんいでいいのか、正直わからないところもあるのですが・・・。

>そもそもヴォルケンリッターの闇の書の力に対する認識がどの程度なのかわかりません。
そうなんですよね、しかも4人が1枚岩なのかどうかも、少し怪しい気がします。はやてに対する気持ちは1枚岩だと思うのですが、第3話あたりのヴィータとその他3人とのやりとりを見てると、少し違うのかな、っていう気になるのですよね。
闇の書の存在意義とか、意思というかそういったものと、書から生まれた4人の騎士との関係も、まだ確定したようにも見えませんし。4人の騎士達の誕生に関して、もうひとひねりあるのかな、って思います。
ここいらへんの設定とか、楽しみですね、ほんと、面白いです。

>なんでそんなこと知ってるんですか(笑)。
えーとえーと・・・学生時代にちょっとバイトでスタジオとかに・・・その・・・。すぐやめましたけど、まぁ、知り合いとかでいろいろと・・・。(^_^;

2005-11-10 木 18:56:13 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

魔法少女リリカルなのはA’s ♯6「それは小さな願いなの(後編) 」
魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページアニメ・パプリカ泣かせるぜこの野郎っ!!全てははやての為に!!『私はすッげえ幸せなんだっ!!』byヴィータ ←泣けました。何でこう…『なのは』の登場人物って人が良いんだぁ!!心配するのが馬鹿らしくなるよ.... 2005-11-10 Thu 00:20:58 | パプリカのアニメ鑑賞よた話
(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」
ああ、なんかこのアニメ見るのがだんだんつらくなってきました。だって切ないんだもの、前回のハヤテのオープニングにはぐっとくるものがありました。これからさらに戦いは激しくなり、鬱展開になっていくでしょうけど最終的にはハヤテの小さな願いが叶うことを祈っています 2005-11-10 Thu 09:47:26 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
魔法少女リリカルなのはA’s #6
それは、小さな願いでした何事も無い穏やかな日々ただ静かに過ぎていく日々何よりもいとおしかったその日々に暗く、静かに落ちた影運命という名の鎖を断ち切る力この手に得ることが出来るのなら全てを捨ててもかまわないと誓いは夜天の星のもとこ.... 2005-11-10 Thu 12:46:12 | パズライズ日記
なのはA's 第6話
今までの展開から、はやてはヴォルケンリッターたちが闇の書関連の人たちってこと自体知らないんだと思ってましたorzよく考えると1話で闇の書起動シーンでてきてましたもんね… 2005-11-11 Fri 08:28:34 | 海の蒼、空の青
それは小さな願いなの(後編)
 せ、切ないよ~・゚・(ノД`;)・゚・ なのはで泣きそうになるとは思ってなかった…。とりあえず順番に感想を。 「それは小さな願いでした。 2005-11-11 Fri 17:28:21 | 萌え日記
[魔法少女リリカルなのはA's]第6話 それは小さな願いなの(後編)
「魔法少女リリカルなのはA's」第6話です。基本的にはアニメを見ながら記事を書いていますが今回はまったく指が動かせませんでしたw完全に見入っていたわけです^^;だって、初っ端からフェイトちゃんがバカな事を言い出すから・・w前回のラストでヴォルケンリッターたち 2005-11-12 Sat 08:13:39 | もえろぐ
魔法少女リリカルなのはA's 第06話「それは小さな願いなの(後編)」
(公式サイト)これが2クールだとしたら、こうもおもろくはなかっただろうなぁ。ヴォルケンリッター側のお話で事情を説明してくれた回。はやての足が不自由(麻痺)+悪化に「闇の書」が絡んでたとは~・・・。麻痺の悪化を食い止める(直る?)為に闇の書を完成させて.... 2005-11-12 Sat 21:31:50 | 布達の橋
魔法少女リリカルなのはA's第06話「それは小さな願いなの(後編)」...
まずは、ミーティングからスタートです。そこで、擬似生命の話の時、クロノがフェイトに本気で怒っていたのが印象的でした。本当の兄弟になった感じです。それとも恋心?何にしてもクロノがフェイトのことを気にしてるは事実ですから・・・。それにしても今回は、はやてを.. 2005-11-12 Sat 21:58:46 | Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。