FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第12話
[ジル達残存の11人は、塔の地形を利用してドルアーガとの最終決戦へと挑む。ジルは自ら囮となってドルアーガを誘導し、カーヤがドルアーガの防壁を封じ、メルト、ファティナ、ケルブ達がいっせいに攻撃をしかける。ニーバの援護もあり、ジルがアーメイの残した矛でドルアーガを刺し、魔物は地に屈し、消滅する。塔からこぼれた魔物達も次々に消滅し、ついにブルークリスタルロッドが現れた、と思われた刹那、ニーバが、そしてカーヤがジルを裏切り、その現れた宝玉を手にする。それはブルー・クリスタル・ロッドなどではなく、「幻の塔」を呼び出す鍵に過ぎなかった。]

うわーーーー、ひっくり返りました。
てっきり最終回だと思ってましたのが、OPにあった「2009年・夏・公開」までも含めた壮大な釣りだったとは。(^_^;
・・・いや、釣り、っていうのとはちょっと違いますね、続編の告知を効果的に示した、と言うべきなのかなぁ、ともかく驚きました。
Doruaga12-01.jpg

正直、かなり複雑な気分です。
これだけの多人数の個性を過不足なく描いてくれて、しかもそこにRPGの真髄ともいえる主人公ジルの成長を描いてくれた物語、としては、1クールで終了してしまうのにはあまりにもったいない、作画水準もすこぶる高いですし、できることならもっと見たい、もっと続けてもらいたい、という願望はかなりありました。
それゆえこの「来年に続く」というのは、嬉しい側面でもあります。
それに対して、続編告知の情報をしっかりもってなかったので、「決着が近い」と見せ付けられて、実はそうでなかった、という裏切られた気持ちも少し・・・。
まぁ、でも、作品的に、面白い回、面白くない回というのはありましたけど、作画水準は総じて高い水準で維持されてましたし、ここは制作側の意図に乗っかって、続いてくれるのが嬉しい、とポジティブに考えておきます。

遅れましたが、毎回書いているテンプレ、原作未プレイ組です。

全体感想としてはそんなところでしたので、以下、個別に気になったところを回顧しておきます。
・生き残った11人。
「11人いる!」・・・いや、なんでもないです。(^_^;
ニーバは入ってなかった、ということかな。そしてウトゥが無事でした。散ったかと思ってましたよ。

・ジルとカーヤ。
Doruaga12-02.jpg

「女」を利用して裏切った2人の登頂者、ニーバとカーヤ。
ニーバはファティナの「女の心」の部分を操り、欺いての裏切り。
カーヤは「女の身」を使っての、ジルへの裏切り。
ただ、カーヤの時に見せる悲しげな表情、アーメイの死に臨んでの涙、なんかは本物だと思います。
なにかはわかりませんが、そういったもの全てを犠牲にしてでもなしとげなければいけない使命、でもその重さに、その非情さにくじけてしまいそうな心、そういったものの発露だと思いたいです。

・メルトとクーパ
立ち位置としては、永久に脇役だったんですが、いい脇役でした。
「来世でもメルトさまの身の回りのお世話をいたしとうございます」
Doruaga12-03.jpg

ええ娘やねぇ、クーパ。本作、ほとんど唯一といっていい清涼剤でした。
死を予感させるセリフがいたるところにでてきた今回でしたので、かなり不安でしたけど、一応生き延びることはできたようです。

・サッキュバスの真意
Doruaga12-04.jpg
Doruaga12-15.jpg

サッキュバスの封印を解いたのがニーバ。
それゆえニーバに協力していた、とのことでしたけど・・・協力していたと言うより、欺きつつ誘導していた、という感じがビンビンきたんですが、カイとの会話の中で、ジルを認めつつあるような発言もありましたし、その重さはどんどん増してきているようでした。
どうなるのかなぁ、第2期での立場。
実体はなさそうなんですが、ニーバと交わってしまったような絵がでてきましたので、ニーバを軸にしての、カーヤとの関係なんかも興味深いです。

・ニーバの裏切り。
予言でしめされた 3つの裏切り、そのうちの2つ、カーヤとニーバが示されました。
カーヤの裏切りは、挙動から予想できていた人は多かったと思います。
でも裏切りそれ自体の意外感はなかったものの、ニーバと結託するとは思いませんでした。
Doruaga12-08.jpg

それにしてもニーバ、サッキュバスと関係をもち、ファティマを玩具のように弄び、そして黒髪のカーヤまでも篭絡。
ヒロイン級を総なめ、総食い、入れ食い状態です。なんちゅー、うらやましい。
ただ、「ろ」属性、熟女属性はなかったらしく、クーパとか、エタナとかは食っていなかったようです。
しかしこの3人を見てますと、ニーバって、かなりのおっぱい星人?(笑)

・ファティナの戦い
前半の見所の一つ、ファティナ、大奮闘。
Doruaga12-05.jpg
Doruaga12-06.jpg
Doruaga12-07.jpg

女メイジですが、なにげに肉弾炸裂のバトルもやってくれますので、可憐なボディのワクワク躍動には、いつも心奪われてしまいます。
しかし、カーヤから治癒の魔法を受けていたときの様子とかを見てますと、魔術的力量はカーヤの方が上みたいです。

そして、ニーバにポイ捨てにされてました。哀れ。
実際はファティナの意思を聞いたうえてのパートナー・チェンジではありましたが、「ああでも言わないと協力しなかっただろう」と本心をチラ見せするニーバに大きな衝撃。
「正妻になれなくてもいい、愛人ででもそばにいられるのなら」という想いまでもふみにじられたかっこうで、ファティナの心はどちらへ行くんでしょう。
Doruaga12-09.jpg

・ニーバとファティナ、メスキアへ
第2部はここから、かな?
水辺へ飛ばされてしまったジルとファティナ。
ファティナをお姫さまだっこしてましたけど・・・、この絵を見る限り、はてしなくヒロインカップルなんですが・・・。
Doruaga12-10.jpg
Doruaga12-11.jpg
Doruaga12-12.jpg

しかしファティナをお姫さまだっこって、すげーうらやましいなぁ、ということで、アップしておきます。(笑)
Doruaga12-13.jpg

これはヒロイン・チェンンジ、ってことでいいのかなぁ、それとも第2部ではカーヤが戻ってくるのかどうか。
ジル視線ですと、第1話の妄想夢みたいなのもありましたから、ファティナでもいいのかも知れませんけど、なんとなくニーバの「中古」感がなくもない、というのが、視聴者的にはどうかなぁ、という気がしなくもないですが・・・。
あ、ワタクシはファティナでしたら、全然おっけーです。ルックス的にはファティナの方がいいですしね。(笑)
ファティナの気持ちの方はそんなに単純ではないと思いますが。

・ギルガメス王とかいろいろ
なんか「ぼく」とか言ってましたけど・・・。
真の人格がそのうち現れて、戦いに参戦してくるのでしょうか。
そういや、ギルガメス王の謎ってまだ解明されてませんでしたし。むむむ。

なにげに、ツインテっぽいシルエットが気になりました。(^_^)
Doruaga12-14.jpg

こ、これは第2期の目玉キャラとして期待していいのかな?

いずれにせよ、来年以降になるようですから、それまだおあずけですね。
終了じゃないので、総括は簡単にしておきますが、後半の面白さ、深さはすばらしかったです。
短い時間の中での人物の書き分け、物語の奥行き、主人公の成長、そのどれもがわかりやすくかつ面白く見せてくれてましたので、物語は、次回回しで解決しなかった部分が多い、という点をさっぴいても相当良かったと思います。
作画については、ときにメーターさんの個性が勝ちすぎていて、バランスを崩しているときもないではなかったですけど、総じて高い水準を維持してくれてましたので、これも満足度は高かったです。
エピソードとしては、バカ話炸裂の、5、7、8話、クーパの魅力満載の第3話、エピソードとしてすばらしい完成度を見せてくれた前回の第11話、てあたりが好みかな。

ちょっと次までの期間が長いですけど、今回なみの水準を維持するためでしたら、静かに待ち続けたいと思います。
スポンサーサイト





テーマ:ドルアーガの塔 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:03:22 | Trackback(7) | Comments(2)
コメント
 白石さま、の言う通り「3つの裏切り」様々な解釈がありますね^ ^;
終わった、とか終わっていない、とか。

 ニーバとカーヤの裏切りですが、ややジルという狭そうな視点
からの見方でもありますが(笑)
 
 ニーバとカーヤは驚きましたが、納得はできるんですよ^ ^;
2人とも、使える人は使う、みたいな合理的な考えの持ち主
ですし、それでいて良心は捨てきれないところも同じですし。
 でもニーバはカーヤの方が魔法力が上、だからみたいな
感じなんでしょうけど、ヒドイ奴ですよねw

 ニーバは相手が男でも♀でも能力でしか見ないかもしれません
がファティナは♀として見て欲しいんですよね^ ^;
 ファティナには、私の元へおいで♪と言いたいですよ☆


>ニーバはファティナの「女の心」の部分を操り、欺いての裏切り。
カーヤは「女の身」を使っての
 
 まさに、そうですね。
自分の武器(?)を知っていて、それを上手く使うところも
同じですね。

>ツインテっぽいシルエット
 チワチワ声ですね♪楽しみです♪
触手がからんでチワチワ声で「らめぇ☆」とかなりませんかね♪
2009-02-05 木 21:26:01 | URL | 犬塚志乃 [編集]
>ファティナは♀として見て欲しいんですよね

第2期見てますと、これを引きずっているのがよくわかって、面白いですね。
「もう忘れた」といいながら、しっかりと残ってますし。
そういう「女」の部分が見え隠れする、実在感の濃いキャラに仕上がってると思います。
ルックスとか特性とかは、いかにもファンタジーなんですけどね。

ニーバの立ち位置がどうなるのか、というのは、第2期の見所のひとつでもあるような気がします。
ジルにとって赤の他人なら簡単なんですが、兄弟ですしね。

新キャラに関しては、今のところ、花澤さんくらいしか目だった動きがないので、今後の登場が楽しみです。(^_^)
2009-02-06 金 20:43:14 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話 「the Aegis of URUK」 
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ドルアーガを倒すには、ファティナやケルブらと力を合わせる必要があると察したジルは、面々を前に塔の地形をうまく利用した作戦を説明していく。僅かな勝機を作り出す為、ガーディアンとしての本懐でもある囮役を買って出る... 2008-06-25 Wed 08:29:44 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話 「the Aegis of URUK」 
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ドルアーガを倒すには、ファティナやケルブらと力を合わせる必要があると察したジルは、面々を前に塔の地形をうまく利用した作戦を説明していく。僅かな勝機を作り出す為、ガーディアンとしての本懐でもある囮役を買って出る... 2008-06-25 Wed 08:30:03 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ドルアーガの塔第12話「最終回」
 打倒ドルアーガを目指し、別々に戦った登頂者達。しかし積極的に挑んだアーメイが、弱点を 見抜いたが、背後から一突きされてしまった。最期の願いである、亡き婚約者に対するプロポーズの返答をして、その若い命を散らせた。結果アーメイの死は、残された登頂者達に絶... 2008-06-26 Thu 11:35:59 | アニメのストーリーと感想
(感想) アニメ 『ドルアーガの塔』 《最終回》
ドルアーガの障壁は一度だけ消すことができる。 なので、地形を利用した作戦を考えるジル{/roket/} チャンスは1度だけ{/kaminari/} さらにジルは自分から囮となることをかってでる{/kaeru_shock2/} ニーバはサキュバスと一緒にいた。 サキュバスはもともとドルアーガの地... 2008-06-27 Fri 00:12:52 | ★一喜一遊★
ドルアーガの塔 第12話 最終回 感想
 ドルアーガの塔   第12話 YOU ZAPPED TO…  マジかよこの終わり方・・・。  そして次章へ    -キャスト-  ジル:KENN  カーヤ... 2008-06-27 Fri 19:08:00 | 荒野の出来事
ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第12話(最終回)
最終回はドルアーガを倒したと思ったらまた別の塔が現れるという話。 最後の最後でまさかの展開、折角倒したと思ったら実は中ボスでしたって(笑)。 とはいえジルは格好良かったですしアーメイが残していた武器を使う展開が熱すぎましたし大満足ですよ。 書こう書こ... 2008-07-04 Fri 17:38:08 | パズライズ日記
「ドルアーガの塔」最終回のおはなし
前言撤回!やっぱり最後まで見ちゃいましたー。 やっぱし私、ファンタジーって好きなんだー。 とゆーわけで「ドルアーガの塔」最終回(... 2008-07-06 Sun 21:48:10 | コママコ日和