fc2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
喰霊 -零- 第8話 復讐行方
[養父・奈落の葬儀を経て、諌山家・分家会議にて、奈落の弟・幽が家督を相続し、冥がその実務にあたることが宣せられる。異議を唱える黄泉だったが、奈落死亡時の行動をとがめられて、言い返せなかった。そして黄泉は部屋を移り、神楽は諌山家を出ていくことに。そんな折、強力な霊気圧反応が感知され、黄泉にも出動がかかる。]

・黄泉が家督を相続できず冥に獅子王をわたすこと。
・冥が先の戦いで殺生石というものを胸に埋め込まれていたこと。
・その冥が黄泉に討たれたこと。
・黄泉もまた青い蝶の少年に打たれたこと。

・・・大きく話が進みました。
これでようやく、第2話の、神楽と黄泉が戦う、という展開に結びつくんでしょう。
第3話からつながってきた過去編がようやくクライマックス。
第2話で黄泉が神楽の敵として現れてますから、当然あれで退場となるのではなく、殺生石を埋め込まれるかなにかで戻ってくるのだと思いますが、悲しい話が淡々と進んでいました。

やっと原作に近くなるのかなぁ、まさかこの時点で弐村くんがでてきて、とかってことは・・・あるのかな?(^_^;
原作云々を言うと、最初の頃の黄泉はまんまバケモノでしたし、紀之は軽佻浮薄を絵に描いたような感じでしたから、まったくの別物としてとらえるべきなんでしょうね、第1話の時点でわかっていたとはいえ。

今回の見所。
冥の殺生石のシーン。
苦しむ冥が、胸をはだけて、谷間を見せながら悶えてくれてたんですが、冥だとそんなに嬉しくなかったです。(^_^;
・・・絵はすごくきれいだったんですけどね。(^_^;

むしろ、黄泉と神楽の別れのシーンの方が良かったですね。

黄泉と神楽については、ベッドの上に座っているときに、冥がでていくように言い渡すあたりが、好みです。
ならんだ若い太腿4本が実においしそうでしたので。(^_^)
Garei08-01.jpg

黄泉のアクションは、スカート+太腿の魅力爆裂でしたけど、そこばっかり回顧するのもアレなんで、この辺で。
冥の劇的なやられ方に対して、黄泉のほうがえらくあっけなかった感じでした。
それだけあの蝶の少年がすごかった、ということなんでしょうけど。
次回、どの程度黄泉の復活があるのかな。
スポンサーサイト





テーマ:喰霊-零- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(下期) | 03:52:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 ターニングポイントな回でしたね。

 
 冥は『殺生石に操られた』『退魔師としてのプライドがある』
等の理由から意外とファンがいます、私も冥は家長タイプといいますか、
冥が指示を出して黄泉、神楽がそれに合わせて動く、みたいな
展開も見たかったですかね。

 冥は「私は…私はなんてことを」と正気に返る場面と殺生石で
堕ちた顔を行き来するのが良かったです。
 退魔師としてのプライドもあるけれど本音の部分で
黄泉が許せない、この二面性が素敵でしたv-238
  

 幽はムカつく、という意見しかありませんでした。
 あの親父は劣等感の塊、加えて人間のクズですね。
バッフクランは、どうしようもないなぁ、と思います(違)


>ならんだ若い太腿4本が実においしそうでしたので。(^_^)
 
 そこなんですか?(^_^;)確かにさわさわしたいですよねv-238

 私が印象に残ったのは、
 
 黄泉「あなただけよ神楽、あなたが私の最後の宝物」
と言い、そのまま黄泉が神楽にキスをし、そのまま
ベッドに押し倒し…の箇所ですv-238v-238
 
 はい?ないシーンがある?
それは気のせいです(笑)



>黄泉のアクションは、スカート+太腿の魅力爆裂
 
 私も、黄泉のふとももv-238ぱんちゅが
見えそうで見えない!でもそこがv-238
と思いましたv-238
 
 シリアスなシーンなのに…(^_^;)

 
 
 正気に戻った冥に引導を渡してしまう黄泉ですが…あれが
黄泉のダーク化の第一歩なのでしょう。
 何がどうあろうと「人を、義姉をその手にかけた」様な状況に
なりました(←鬼な考え)
 「それを望んでいたんだろう?だから叶えてあげた」
とでも言いたそうです。
 
 スタッフは鬼ですね(←お前も充分鬼だ)

 何か、この作品はドMな気分や嗜虐的な快感を
感じてしまう危険な作品ですね……(^_^;)

 
 
 はっきり書きますが、黄泉や冥を徹底的に良く描こうとしていない
のは好感が持てます。
(逆に某恋愛モノやSF作品は徹底的に良く描こうとしてハナにつきました
、良く描いても構わないと思う方なんですがコレはダメでした)

 
 
 冥姉さん、は殺生石に堕ちましたが黄泉は(冥姉さんとは違い)
耐えることができた、みたいな展開に行くのでしょうか?
 もちろん神楽絡みでv-238v-238

 
 
 黄泉が欲望のままに動いても良いかもしれませんがv-238

黄泉「ああ、神楽v-238神楽v-238アンタが
欲しいv-238v-238欲しくてたまらないv-238
神楽「黄泉なら…いいよv-238v-238

という感じでv-238
おいおい(^_^;)
2009-10-28 水 22:48:55 | URL | 犬塚志乃 [編集]
>はっきり書きますが、黄泉や冥を徹底的に良く描こうとしていないのは好感が持てます。

この点に関しては、そうですね、一貫していますし。
効果として、その方が悲劇性がま増しますしね。
神楽にしても、心を開く時期までが早かったので、最初からあの黄泉を慕うような性格と錯覚していますが、最初は不完全で未完成な人間性を引きずっていたわけで、そういう心の明暗をそれぞれにしっかり描いてくれている、というのが、作品としての、そして人物描写としての深みを与えてくれたと思います。

冥に関しては、描写不足なのと、特性が描ききれてなかった、といううらみはやや感じるところで、ドラマの中心軸が神楽と黄泉でしたので、まぁ、仕方ないともいえますが、その想いの深さや、使命感、みたいなものが、暗示にとどまってしまった、というのが、少し気になりました。
ただ、そういったことも含めて、各人物間の描写バランスはよかったとは思いますけどね。
2009-10-29 木 00:39:32 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する