■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
機動戦士ガンダム00 第2期・第25話 最終回
[リボンズキャノンに乗り込んだリボンズと、刹那の戦いが始まる。加勢するヒリングとリヴァイブ、そしてライルとアレルヤ。リボンズはGNドライブのひとつをもぎとり、0ガンダムにつけて乗り込み、最後の決戦を挑む。対する刹那はもうひとつのドライブをエクシアにつけて戦う。リボンズは破れ、刹那が勝つ。そして世界連邦はまたあらたな歴史を踏み出す。]

最終回、というか、続きは劇場版で、ということなんですが、一応のしめくくりにはなりました。
最後に変なパロディを入れるまでは、今回のMS戦は動きが有機的で少し面白かったです。
ただ、MSがごく普通に空を飛び回っている、というのは、ガンダムスピリットとしてどうなんかなぁ、というのが常にありますので、モロ手を上げて面白かった、というところまではいきませんが。
それとギミックの出し方が、ボックス空洞説を地でいってる感じなんで、CGA技術はあがってるけど、コンテやロボットバトルの思想という点では先祖帰りしてるかな、といた気持ち、かな。
かつて富野さんは、ロボットバトルのコンテのありよう、というのを30分の中でどう見せて、どう展開して、どう盛り上げて、どうクールダウンさせるのか、というのを熱く語ってくれてたんですが、今の人たちにはあまりそういった、バトルを見せる技術は継承されてない感じかなぁ・・・。
そのときしっかりと聞いて、実践していた人も、今回のダブルオーには参加しているんですけどね。
まぁ、CGAとか作画技術が格段に進化してるんで、それでもなんとか見られることは見られるんですが。

あと、結末、後日譚についていくつか気づいたことを。

・ヒリングとリヴァイヴ。
この2機が参戦してきて、散るまでのプロセスが第2期全体を通じて一番ましだったように思います。
散ってしまったことは仕方ないんですが、どうでもいいのも生き残ってたりしてたので、そりゃーねーでしょ、という感も少しあったかなりました。

・切腹する誰かさん。
介錯人もいないなんて、作法がなってねーなー。(笑)
だいたいふとんの上でするなよ、汚ねーなぁ。

・コーラサワーの幸せいっぱいな結末。
第1期でギャグキャラ化してから、こいつだけは最後まで確実に生き残って良い目するんだろうなぁ、と思ってましたら案の定です。
ただつかんだ相手がアレなんで、そんなに勝ち組って感じもしませんが。(笑)

・どこがヒロインだ姫。
ボンビーな状態はたいして変わってなさそうなのに、戦後復興という面倒なことだけ押し付けられた感のある三十路姫。
ある意味、一番扱いの悪かったキャラかも。
心なしか、最後だというのに、原画がえらく老けた絵になってたのも、涙を誘います。(^_^;

・イノベイドがいっぱいいるよ。
ラストの木星ともども伏線ですかね。
しかし2010年公開って、それまでもつのかなぁ・・・。

・ルイスと沙慈。
バカップルに逆戻り。
こういう落としどころはいいかな。
ただ個人的に好みとしては、ルイスには発狂していてほしかったですが。(^_^;

・ライルが墓参り。

・childhood of humankind ends
はっはっはっ。(笑)

・フェルトも木星へ。
つまり刹那もさすがに三十路は相手にしてられなくなって、若い方に乗り換える、ということでしょうか。
第2期で、まともに女子キャラしてたのフェルトだけだったからなぁ。

簡単に第2期の好きなキャラだけ、あげておきます。ただしルックス優先。
ティエリア>マリナ>王留美>ニーナ>フェルト>ルイス>マリー・・・後はどうでもいいです。(笑)
ティエリアが一番なのは、本編というより、MADを見すぎたからかもしれません。(^_^;

後日譚としては、『ドルアーガ』や『アビス』のよく目の行き届いたものを見た直後でしたので、かなり見劣りしましたが、劇場版へのつなぎ、という点ではこんなとこですかね。
木星へ行くわけですから、木星帰りの男が出てくるんでしょう。(笑)
劇場版を見に行くかどうかは、もう少し情報が出揃ってから考えようと思っています。
スポンサーサイト


テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 00:45:11 | Trackback(3) | Comments(4)
コメント
>childhood of humankind ends
 幼年期の終わり、ですか?
 
 じゃあ映画はマリナ姫が地球外生命体オーバーロー●を
迎えるところから始まるんですねw
(イオリアがらしい事言ってたような気が?) 

 で、マリナ姫「今日は一番長い日です」
とか言うんですかねw

 なんかアニメのSFは『2001年宇宙の旅』とか同じところを
グルグル回っているような気がします。


>切腹する誰かさん。
 戦国時代は解釈人は付けなかったみたいですしね、
ふとんの上ですれば畳も汚れませんからね。
 あとは丸めればOKな訳ですし。


>木星帰りの男が出てくるんでしょう。
 女性が統治するべきです、とか血判状を書いたり
するんでしょうねw
 木星トカゲ、でも良いですね^ ^


 あと情報の小出しぶりがすごいですよね、ニ期のリボンズの立ち位置、
って一期のアレハンドロと同じでイオリアがラスボス(?)を隠す
ための存在なんですよね。


 白石さま、継承云々と書かれましたが正直、
創り手側で、それなりの知名度のある人でも全然物を
知らない人いますからね…。
2009-04-12 日 00:16:19 | URL | 犬塚志乃 [編集]
SFとして、バトルとして
正直言って、第1期はそれなりに面白かったんですよ、いくつか揚げ足取りみたいなことも書いてましたけど。
でもこの第2期はねぇ、もうあんまり思い出したくもないといいますか。(笑)

>なんかアニメのSFは『2001年宇宙の旅』とか同じところを
グルグル回っているような気がします。

よーくわかります。つまり引き出しが少ないんですよね、アイドルとか萌えキャラとかのことはよく知ってるらしいですけど。
素材はちゃんと集めているのに料理ができない、あるいはテーマということなると、とたんに語れなくなる。
SFとしての料理、バトルとしての見せ方、そのヴァリエーション、そういったものが、語る技術として消化されていない、そう感じました。
もちろんそんな大上段に構えなくてもいいアニメや娯楽作品の方が多いのですけど、これだけ人が死ぬ作品ですからね、そういったところは、一線級の技術で語ってほしい、と思ってしまうわけなのです。

第1期でSFかもしれない、という期待があったからで、萌えキャラだけのアニメ、と考えれば、そう腹もたたないんですけどね。
作画水準も、第1期に比べるとイマイチ感はあるものの、他作品と比べると、かなり良い方でしたし。
2009-04-12 日 06:07:55 | URL | 白石みかげ [編集]
 これ終わって、まだ半年くらいなんですねぇ~。

 ギリギリ大丈夫でしょうか(^_^;)

 
 設定が、そこまで考えられていない、というのは同感ですが、
感覚や価値観が考え方が、やたら半島的だったり中華的だったり
するのはトップが、そうだからでしょうかね。

 確かに、そう思える演出があるのは事実です。
 
 
>ロックオン
 ある人が死んだら、そっくりの兄弟が出てくる、のは
「男たちの挽歌」や「マグナカルタ」等中国では
よくある設定ですよね。


 あと、やたら種、F、コードギアスなどなど
官僚国家じみているところも似ている気がします。
(中華は官僚国家)
 まともな軍人が、ほとんどいないのも似ていますかね。

 
 ことわざ
「いい鉄は釘にしない(まともな人は軍人にならない)」
2009-11-22 日 13:54:06 | URL | 犬塚志乃 [編集]
本文にも書きましたけど、第1期はそれなりに面白かったです。つっこみいれて楽しかったですし。
でも第2期はねぇ・・・。(笑)

国家体制が、中韓みたい、というのは、たぶんそれも引き出しが少ないんだろう、ということにつながっていると思います。
ある程度意図的なところはあるにせよ、それ以外のパターンを知らないんじゃないかな、という気がします。
まともな議会が描かれてなかったでしょ?

官僚国家を中華的に描くのは、視覚的にわかりやすい、という効果もありますしね。共和制時代のローマ的な官僚国家なんかは視覚的に伝わりにくいと思いますし。
血統が体制をリードする、という構造を簡単に見せるには、中世欧州か、支那、ということになってしまうんでしょう。

正直、この作品に関しては、どうでもいいです。特にこの第2期。
2009-11-22 日 17:25:11 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第25話 「再生」
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/26更新>前回(第24話 「BEYOND」)の感想をポットキャストにて収録! 「GN粒子が便利設定過ぎる」、「ビリーの自己欺瞞」、「最終回はどうなる?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語... 2009-04-01 Wed 21:52:15 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第25話「再生」
 ソレスタルビーイングに近づこうとするダブルオーライザーは、レグナントと対峙した。これ以上パイロットのルイスと戦いたくない沙慈は、未来は戦いから産み出されないと訴えた。しかしその訴えは届かず逆に未来や家族を奪ったのが、ソレスタルビーイングだと更なる敵意... 2009-04-02 Thu 22:21:33 | アニメのストーリーと感想
さあ~ってと、少しデンジャラスな意味を込めた動画を貼っちゃいます!!まあ、終わり方が終わり方だから、必然的なチョイスになったけど。 ガンダムOO 2nd 第25話『再生』
 リボンズ VS 刹那  いわば、蒼月 昇 VS 宮野真守の代理戦争!!  やっとの事で、ガンダムOO2期にわたっての最後の戦いがスタートしました…。 ... 2009-04-04 Sat 16:08:47 | シュージローのマイルーム2号店

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。