FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
初恋限定 第12話 ハツコイリミテッド
[逃避行の旅を続ける楠田、財津衛、曽我部の3人は、海辺へ出た。疲れたからだで、海に向かって思いのたけを叫ぶ3人。「大好きなんだー、江ノ本」「千倉さーん」「サキ姉ぇ」・・・だがちょうど追いついた慧たちがそれを聞いてしまい、驚く3人は思わず逃げ出してしまう。千倉が曽我部に追いつき、あゆみが財津衛に、そして慧が楠田に追いついて、語り合う。そしてそこに別所、有原、財津操もやってきて・・・。]

なんかもうこっぱずかしくなるような、甘い十代の青春像、うまくまとめてくれました。
スタートした頃は、『ナイトウィザード』の下谷さんがキャラデをされるから『いちご100%』みたいなことにはならないだろうけど、少し不安・・・だったんですが、始まってみると、作画の魅力が思ってた以上に充溢してて、まずそれだけでかなりの満足感。
そして進行するに従って、十代の感じやすさ、見栄、強がり、願望、初めて体験するいろんな気持ち、そういったものがヴィヴィッドに描かれて、とってもセンチメンタルな、良い青春物語になっていました。
見た人の多くが「昔に返りたい」「こんな十代を送りたい」と思えれば、十分に成功だったと思います。
特に、第9話の千倉エピソードから、逃避行へといたるラスト4話は秀逸でした。
今期、エンディングを迎える作品の中では、染み入るような余韻、飛びぬけて優秀な〆方だったと思います。

さて、今回の最終回、とりあえず、逃避行の男子を後目に、女子は優雅に温泉旅館を利用しての追撃、というサーヴィスショットから。
HatsukoiGentei12-01.jpg
HatsukoiGentei12-02.jpg

男子が飢えと寒さにふるえていた頃、追いかける側は別に家出ではないので、優雅に旅を満喫しておりました。
男子達の「なかなかうまくいかない思惑」もこの世代のフィーリングをうまくすくいあげてますね。
曽我部がだらしなかったり、楠田が意外と一番しっかりしてたり、衛が愚痴ってばっかりだったり。

一方温泉では、女子4人の中では慧の発育が一番良いので、さっそくおこちゃま2人、小宵とあゆみに狙われてました。いいぞ、もっとやれ。(笑)
HatsukoiGentei12-03.jpg
HatsukoiGentei12-05.jpg

そんな3人のじゃれあう姿の傍で、自分のちっぱいを気にして、そっと胸を押さえる千倉が、萌え転がれる可愛さでございました。
HatsukoiGentei12-04.jpg
千倉が一番「女の子」してるよね。(^_^;

楠田たちを追う女子4人、それをさらに追う、あゆみ兄、財津兄、小宵兄らの描写をはさんで海岸へ。
そこで往年の青春ドラマよろしく叫んでしまいのですが、そこへ追いついた女子に聞かれてしまい、バツの悪さが頂点に。
慧の驚き、楠田の気まずさ、理想どおりにはいかない告白シーンの稚拙さが、これまた幼い青春を実にうまく活写してくれてました。

おいかける4人・・・でもお相手のいない小宵は、荷物番。(笑)

まずダウンした曽我部に追いついた千倉、そして衛をつかまえるあゆみ。
HatsukoiGentei12-06.jpg
HatsukoiGentei12-07.jpg

千倉さん、優しいなぁ。(^_^)
今回のいろんなカップルを見て、男子視点だと、曽我部が一番の勝ち組かなぁ、と思ってしまったところで、こんなに可愛いくて優しくて、「女の子」が全身から薫りたっている千倉といい仲になれる、って、もうそれだけでバラ色じゃんか、と思ってしまった次第。
まぁ、それ以外のカップルもそれなりに楽しそうではありましたけどね。

衛くんの場合は・・・恋というより性欲に近かったような描写ですから、その意味ではまだ他の男子のような恋とは少し違うかな。
後で楠田が操を指して、「俺たちはダメモト側の人間」と言ってましたけど、ルックス面で言えば、レギュラー陣ではイケメン側の人間なんで、ちょっと感覚も違うんでしょう。もっとも、旅で見せたいろんな顔は、とっても中学生してて良かったですけどね。(^_^)

さて、後半の本命、慧と楠田。
足も長くて、走るのも早い慧が、逃避行で疲れ果てた楠田においつき、肉弾タックル。
HatsukoiGentei12-08.jpg
HatsukoiGentei12-09.jpg

始まった頃、こんな中学生いねーよ、とか思ってたんですが、最近のローティーンの発育の良さとか、慧がクォーターだったこととかを考えると、それなりにありえるのかな、という気も。
一応、絶世の美少女設定ですし、そう見えますし。
まぁ、エロッパイなことは良いことです。(笑)
HatsukoiGentei12-10.jpg
HatsukoiGentei12-11.jpg

慧も岬同様フェロモン・むんむん系なんですが、楠田とのいがみあいのプロセス、2人っきりになってしまったときのドキドキ感、すれ違いの寂しさなんかが、丁寧に描かれてましたので、楠田の気持ちが衛とはかなり違ったものに見えるのも、いい描き分けでした。
衛も岬と幼馴染でしたし、憧れのプロセスもあったので、エロ一本やり、というわけでもなかったんですが、見た印象としては、ね。(^_^;

この4人とは別行動で、デート中だった土橋の方でも、熱い想いが進行中。
HatsukoiGentei12-12.jpg
寺井君からのアプローチでカップル成立だったのに、今では土橋の方が夢中、って感じですね。
寺井くん、いろいろコンプレックスも見せてくれましたけど、誠実さはかなり強いですからね。

岬と有原兄の問題も、少しだけ進展していましたけど、メインは「初恋世代」ということで、再び中学生の方へ。
カップルが成立しなかったあゆみちゃん、いろいろと慧たちに聞きに行くのですが、ここでの慧とか土橋とかの反応が面白かったですね。
「顔じゃないのよ、中身なのよ!」
「江ノ本、変わったなぁ・・・」
HatsukoiGentei12-13.jpg
海岸のシーンでも、楠田に対して、その変貌ぶりを存分に見せ付けてくれてましたけど、「恋をすれば人は変わる」というのをまさに地でいってるわけでして、その意味では土橋同様、深い恋に夢中になってる、といったところでしょうかね。
その土橋のぎこちないけれど、可愛いのろけを聞いて、それに乗っかる慧の可愛いらしさもまた、ななかよろしいものでした。
ニヤニヤがとまりませんな、このあたり。(笑)
HatsukoiGentei12-14.jpg
HatsukoiGentei12-15.jpg

いろいろ相談を受けて、あゆみが出した結論。
あえて書かないでおきます。いい笑顔でした。
HatsukoiGentei12-16.jpg

ということで、始まった当初のぱんつ満載の悦痴い作画の魅力、でも物語が進むうちに、ミドルティーンの幼くぎこちないけれど、とっても初々しい様子、背伸びしたり、自分の感情にとまどったり、いろんな姿を繊細に描きだしてくれて、良い青春グラフィティになっていたと思います。
最終回の作監さんが、下谷、中山、佐野の主力のお3方ということもあって、申し分のない、きれいな画面でした。

最後のエンドロール、いろいろとその後が描かれてましたけど、特にこの2枚が好きです。
HatsukoiGentei12-17.jpg
HatsukoiGentei12-18.jpg

唯一恋愛にはいたらなかったあゆみちゃんなんですが、依然としてブラコン進行中。
全員がカップルにはいたっていない、というのも、らしくていいですね。

そして、曽我部と千倉。
千倉の可愛いらしさが半端しゃないので、曽我部が一番うまくやったような気分になってしまいます。
第9話の千倉はとっても良かったですし、今回のさわやかさが満面にでてるこのカップル成立もきれいにまとまってよかったです。
そういや、イケメンの千倉兄は出てきませんでしたね。別にいらんけど。(^_^;

ということで、終わってみれば、今期を代表する1本になったんじゃないかなぁ、と思える秀作でした。
作画の魅力もそうですけど、演出の魅力もいっぱいありましたしね。
ともかく、下谷さん以下、良い作品をありがとうございました。
スポンサーサイト





テーマ:初恋限定。 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 03:17:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する