■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宇宙をかける少女 第26話 あしもとに宇宙(最終回)
[レオバルドに宿ったプリンス・オブ・ダークネスを殺すため、獅子堂風音の指揮下、カークウッドは総力を挙げてこれに立ち向かう。神楽はナミを救いに、そして秋葉はレオパルドへとつっこんでいく。]

最終回。
あらかじめ、先行地域の「gdgdだった」というのを聞いていたので、すごく楽しめました。(笑)
近来珍しい投げっぱなしぶりでしたね。

過去をさかのぼれば、もっと伏線を回収しなかったアニメとか、打ち切りでもないのに中途半端に終わった作品、というのもあるにはありましたけど、21世紀になってからは、1クール、2クールといった短い周期の作品が主流になって、ソフトのセールス路線の事前確定、起承転結、もしくは原作連載ものとかですとどこらへんまで、というのがあらかじめ決まってたりしますので、まとめ方のうまいヘタはあっても、投げっぱなし、というのは昔に比べると少なくなってきてましたので、ある意味斬新でした。

某匿名掲示板にあった書きこみなんですが、それを借りながら、つらつら感想を残しておきます。

以下、引用。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神楽のメモ→特に意味はなかったぜ!
箱の人の不審死→特に意味はなかったぜ!
ネルヴァル→最後の最後でギャグ顔だぜ!
宇宙人→特に意味はなかったぜ!
第三勢力→凍りついたままだぜ!
第三勢力に捕まった人→同じく凍りついたままだぜ!誰も心配してないぜ!
生徒会→いなくても問題なかったぜ!
同級生二人→映りもしなかったぜ!
ナミ→ふてくされたままだぜ!
いつきの親→箱の素材になったとあきらめたぜ!
宇宙をかける少女→向いてないかもだぜ!
神楽→ごめんね☆

結論→意味わかんないぜ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
うん、だいたいこんな感じでしたかね。(笑)

一番ひっかかるのが、ナミの扱いで、なんかもう全然みんなフォローしてないんですよね。
作品の組み立てから言っても、ナミを勧誘した神楽が、一応アレイダとしての行動だった、ということはあったのにしても「ごめんね☆」ですましている上に、出撃前、
「私のせいだからなんとかしてあげなくちゃ」とか言ってたのに、相手の武器を折って無力化した後は勝手にしなさい、だし、つつじが助けた後も姉妹誰も来ないし心配もしてないし、助けたつつじにしても、内心はともかく全然フォロー入れてないし。
そもそもナミがああいう立場になったのも、彼女自身の考え方があったにせよ、姉妹の無言の軋轢もあったのですから、なんらかのフォローが入るのは、別段流れに逆らうわけでもないですしね。
結局つつじに助けられても、まだ世をすねた表情のままでしたし、この件に関しては、もっと深い溝を作っただけ、みたいな感じさえします。
SorakakeGirl26-03.jpg
ドラマCDとか聴いてますと、桜がフォローに入ってくれても良かったんですが・・・。

やっぱりこのスタッフでは、百合っぽいのはできない、もしくは感性としてわからない、ってことなんでしょうね。
『舞HiME』でもそうでしたけど、肉体は女の子なのに、中身はヤローでしたし、ある意味精神的BLでしたからなぁ、静流さんとか。
あそこまで極端ではないにしても、やりようによっては、もっとうまくゆりんゆりんなSFにできたのに、とかなり残念です。
もっとも、男性視点の百合の方がセールスはいいので、そっちを目論んだけど、収拾がつかなくなった、みたいなところもあったのかも・・・。

ただ、誤解のないように書いておきますと、じゃあナミとか神楽とかが嫌いだったか、というと、そんなことはまったくなく、もうナミも神楽も大好きです。(笑)
男性視点の百合に関しても、たしかにときどきイラッとくることはありますが、嫌いではないですし、なによりエロ主体になりますから、どちらかといえば好きですしね。(^_^;

おさめ方としては、理解できない、ということもないんですが、技術的にもう少しなんとかならんかったのかなぁ、といったところです。

ということで、今回のお気に入り。
やっぱり「ゴメンね☆」と、躊躇せずに撃つレオパルドに白化するネルヴァルかなぁ。(笑)
SorakakeGirl26-01.jpg
この辺、良いギャグになってました。
ちゃんと本筋がまともにしめてくれてたら、かなり生きたギャグになってたと思うのですが。(^_^;

つうことで、簡単に総括。
前半はすごく面白かったです。
とはいっても、『Rideback』には負けてたように思いますが、それでも1月期の作品としては、かなり面白い部類で、レオパルドの繊細なんだかあつかましいんだかわかんないキャラクターと、秋葉のボケボケっぷりはすごく楽しかったです。
バトルとか入れずに、あのままガールズSFとして処理してくれてたら、屈指の名作になってたんじゃないかなぁ、とか思ったりするくらいです。

ナミが連れ去られて、ハコちゃんがでてきたあたりから色合いが変わってきて、ちょっと「あれ?」な感じ。
そして最終回で大爆笑・・・なんで、トータルとしては面白かった部類です。

作画は言うことはないですね、さすがはサンライズ。
問題はデザインセンスがあうかどうか、だけでしたけど、これならバッチリです。
乳も尻もエロくてたいへん良かったんですが、個人的には本作は、美尻アニメでした。(笑)
秋葉もいつきもほのかもナミも、みんな尻が丸くてきれいで、悦痴で、たいへん良かったです。
SorakakeGirl26-02.jpg

CVもかなり良い線そろってたんですが、ワタクシが聞きほれていたのは、風音のゆかりん、ナミの南里さん、神楽の中原麻衣さん、クサンチッペの田中理恵さん、レオバルドの福山さん、てあたりかなぁ、もちろんそれ以外にもすきな人がたくさん出てくれてましたが。
とりわけ、後半のクサンチッペはたいへん好み。(^_^)
あのキンキンした感じ、理恵さんの芸をしっかり聞かせていただきました。ありがとうございました。

こんなとこかなぁ・・・、何の予備知識もなく最終回を見てたら、違う感想になってたかもしれませんが、あらかじめきいてたので、むしろ楽しかったです。
スポンサーサイト


テーマ:宇宙をかける少女 - ジャンル:アニメ・コミック

宇宙をかける少女 | 01:40:32 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
 実は最後の方は見れたのですが…面白かったです…(^_^;)

 ・・・白石様も、楽しめた・・・ようで良かったです♪
私は一話から見るのが楽しみです☆

 ふぇ、私ねとっても打たれ弱いの(^_^;)
だからできるなら、優しくしてくれると嬉しいなぁ☆
 お・ね・が・い・します♪
(^_^;)
2009-07-07 火 21:58:44 | URL | 犬塚志乃 [編集]
若干の注釈、補足
誤解を招きかねない書き方になってしまってますが、わたしは本作、かなり好きですよ。
他人に、今年のベスト、とかっていう形では薦めにくいですけど(笑)、私個人の好みとしては、とっても好きな部類です。

ただ、あれだけ素人目にもはっきりわかるくらいの、解決放棄な最終回でしたので、やはりそのことにはなんらかの形で触れといた方がいいんだろうなぁ、ということで、上のように書きました。(^_^;

基本、作画より、キャラよりの人間ですし、あれだけ魅力的に少女キャラを動かしてくれてたら、それだけでひかれるところです。
デザインも好みにバッチリ合いましたしね。

好きなところで言うと、まず秋葉。本記事ではあんまり言及してませんでしたけど、声も可愛いし、少女っぽさはしっかり残ってるしで、良い主人公でした。
・・・後半、お隠れになってることが多かったですが。

エロ担当のいつき、高嶺も大好きです。
高嶺もかなりお隠れモードでしたけど。(^_^;
前半のコンプレックス抱えてうじうじしてた頃のナミなんかも大好きですし。
後半ギャグ担当だった、つつじもたいへん好きなキャラでした。(笑)

脇役陣では、ブーミンコンビよりも、エリカとリリーをもっと出してほしかったですが、これは私が矢作スキーだったりするからかもしれません。(^_^;
キタエリも『BLOOD+』の頃は全然でしたけど、最近の演技とかは大好きですし。
あと、クサンチッペ。
これは完全に中の人の魅力ですが。(^_^)

男声キャラも魅力満載で、レオパルドとネルヴァルは当然として、ベテラン内田さんのベンケイなんかも、つつじに振り回されるところとか、とっても良かったです。

上にも少し書きましたが、前半、ナミが拉致されちゃうあたりまでは、ドラマ部分もすごく面白かったです。
あのまま、バトルモードに行くんじゃなくて、秋葉とレオパルドの交流、そこに恋のライバルとしてほのかとかナミとか神楽とかがからんできてくれたら、かなり秀逸なガールズSFになったのになぁ・・・と思っていたり。(笑)
2009-07-08 水 08:48:36 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

◎宇宙をかける少女第26話「あしもとに宇宙(そら)」
プリンス・オブ・ダークネスになったレオパルドを倒すために、レオパルドルームに向かうアタシたち。ブーミンさんたちの助けもあって、なんとかレオパルドコロニー内部には侵入できたんだけど、プリンス・オブ・ダークネスは超空間断層とかいうバリアみたいなのを張り巡ら... 2009-10-17 Sat 19:00:54 | ぺろぺろキャンディー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。