■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大正野球娘 第1話
[大正十四年四月、東京市麻布区。洋食屋「すず川」の娘・鈴川小梅は14歳の女学生。流行のセーラー服を両親にねだるも買ってもらえず、和装で登校する少女だった。そんな彼女に、同級生の令嬢・小笠原晶子が「一緒に野球やりましょう」といきなり勧誘してきた。その勢いに押されてうなずいてしまう小梅だったが、古風な家庭、男子野球のあまりにハードな練習、晶子自身があまり野球に詳しくないこと、9人集めなければいけないこと等、難問は山積だった。]

なんかあむちゃんが「東京節」を歌っているらしい、と聞かされて、かなり早い段階で友人のツテでこの第1話だけは見ていましたが、一応関西は遅行地域で、ようやく9日深夜にスタート。

第1話の肝は、冒頭歌われるあの東京節ですね、もうそれに尽きる、といいますか。
元歌、というか旋律の元ネタは米国・南北戦争時の行進曲「ジョージアを越えて」なんですが、
♪ラーメチャンタラ ギッチョンチョンデ パーイノパーイノパイ
の意味不明のリフレインがあまりに有名で、ここのところがいろいろと替え歌にされて、戦後にも何ヴァージョンかでています。
有名なところですと、
♪花ちゃんたら別嬪さんで やーいのやーいのやい
♪奈美ちゃんたらぎっちょっちょっで ぱーいのぱーいのぱーい
♪ナベちゃんたらギッチョンチョンで、バーイのバーイのバーイ
とかっていうのがありますが、私も長いこと「奈美ちゃんたら」が元歌だと勘違いしてた口です。(笑)

ただいずれにせよ、一番最初の大正流行歌の時代から、芸人さんを中心にして、中年男性が歌ってたことが多くて、今回みたいに、伊藤かな恵さんのような、少女声で明るく可愛いく歌われてたことがなかったので、ものすごく斬新、かつ可愛いものになってました。
両議院を紹介するときに両手のポーズとか、帝劇、警視庁前を後進する姿とか、絵面もすごく可愛いかったですし、一級の街ガイダンスにもなってました。
あのシーンだけで、今年のTVアニメ・名場面の一つに入るんじゃないかなぁ、と思ってしまった次第。

ただ、歴史設定というか、時代描写というかが、かなりぞんざいで、そのあたりが相当ひっかかったところでもあります。
まず、大正十四年。
関東大震災が大正十二年ですから、これの二年前、ということですので、まだこんなに復興はしてなかったはずですし、紹介されてた建物なんかも、この段階ではまだ仮普請だったものも多いんじゃないかなぁ。
谷崎潤一郎を初め、著名な文化人、学者、なんかも関西等に多く移住しまして、あまり都市としての賑わいには欠けていた頃だと思います。

野球見学にしても、麻布から見て慶応の三田は確かに近いですけど、三田がダメなら感覚的に本郷の帝大じゃないんですかね。早稲田は心理的にも遠いです。

とまぁ、いろいろ気になる点はありましたけど、小梅、晶子らが抜群に可愛いので、異世界ファンタジーとしても楽しめますから、それはそれで、かな。(笑)
現実の女子野球にしても、『クロスゲーム』を見てますと全然美しいものじゃない、というのが非常によくわかる、というかバレてしまっているんですが、野球ファンタジーということなら、適度にゆりんゆりんな雰囲気もありますし、十分面白そうです。
感覚的には『プリンセスナイン』があるべき姿に発展していった、といったところでしょうか。(^_^)

小梅の「東京節」があまりに可愛いかったのと、その声がまた実にチャーミングでしたので、小梅にかなりひきつけられましたけど、お嬢さまっぽい晶子もすこぶる良いですね。
先行地域からはるかに遅れますが、こういう絵は大好きですので、しっかりと視聴録画していく予定です。
スポンサーサイト


テーマ:大正野球娘。 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 23:59:09 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
「MAJOR」の主人公みたいなのがいたら一寸やだ
 例の如く途中(第3話)から放映を試聴しはじめたので待とうかな、とも思ったのですが、とりあえず本文に便乗させてもらいますね。

>大正十四年
   「むらぎも」(中野重治)に当時の本郷の帝大構内の様子が描写されていますが、震災に遭って住まいを失った地方出身の学生のために学内に仮設住宅を設けたものの、校舎再建用地確保のためとり壊そうとする大学当局と、延期を求める学生側との折衝が続いていた、とありますから、市内のあちこちに地震の痕跡が残っていたのは間違いなさそうです。
>野球見学
   ここは本郷より駒場の一高のほうがより自然な気がします。この時期の一高の強さについては知識不足で自信はありませんけど。
2009-07-20 月 00:47:34 | URL | 石蕗始終郎 [編集]
>>大正十四年

ですよね、この時代設定はちょっとどうなんかなぁ、という気は少ししたところで、震災のことがすっぽりと抜け落ちてたのかな、という感じですね。
大正ロマンチシズムの息吹を取り込むのなら、もう少し前、震災前に設定しても良かったんでしょうけど、あんまり遡りすぎると、全国中等野球大会開始当時になってしまい、野球熱という点でさすがに無理があったのかもしれず・・・。

>ここは本郷より駒場の一高のほうがより自然な気がします。

あー、そうですね、言われてみればその通りですね。
ただ彼女達の頭の中に、野球の強いところ、ということで、慶應、早稲田、といったあたりが思いついたのかもしれません。
ちょっと調べたみたら、帝大はこの年、6大学に参加してますね。
同時に、早慶戦が復活した年でもあったようで、震災のことがすっぽり抜け落ちてる点を除けば、この時点に設定しているのは無理のない感じなんですが、震災から1年半後の設定ですからねぇ、さすがにあの風景はちょっと・・・と思ったところです。(^_^;
2009-07-20 月 02:18:38 | URL | 白石みかげ [編集]
おジャンでございます
 最初、伊藤かな恵さん、や中原麻衣さん、とは
わかりませんでした、上手いなぁ(^_^;)

 晶子様が大好きです、気の強そうなところや、
思いつめて泣くところとか、可愛い♪
 思い始めたら即行動で野球を知らないのに
まずメンバー集めから始めるのも良い♪

 百合的には、
 小梅は最初は晶子に流されていたり同情だったり
するんですが、でも泣いてる晶子をぎゅっ、と抱きしめたり
して優しい子♪とも思いますv-238
 ここから2人の仲が始まるんですねv-238
 
 
 晶子様は素敵ですv-238小梅ちゃん可愛いv-238 

 それから…
 巴さん、でしたか?
 あの人の小梅ちゃんへの視線が気になります♪
まさか小梅ちゃんの事が好きなんじゃあv-238 

 
 小梅ちゃん、セーラー服を着ていましたが夢だったんですね(^_^;)
セーラー服も可愛いですが袴姿も可愛いと思いますよv-238
 
 
 メリケンの女教師さん、もいるので、この人を上手く使えば
「あの時代でどうやって女性が活躍するのでしょう?」
という問題もクリアできるでしょう♪
 
 
 手紙のやり取りで気持ちを確認だなんて奥ゆかしい時代
なんですねぇ(^_^;)
2009-11-16 月 00:11:05 | URL | 犬塚志乃 [編集]
ええ、かな恵さん、うまかったですよね。
中原さんはこれまでのキャリアとか、『タクティカル・ロア』と『陰マモ』のときのように、同時期にかなり違うキャラクターを、ちゃんと個々のキャラとして描き出してくれていたりしましたので、これくらいはやってくれて当然、みたいな認識でしたけど、かな恵さんに関しては。ほとんど『しゅごキャラ』しか知らなかったので、かなり関心させられました。
・・・まぁ、『QB』でもその片鱗は見せてはくれてましたけど。

個性、という点で、晶子さん、出色でしたね。
黒髪ロング、絶世の美少女風で、名門資産家のお嬢様・・・なのに怒ってばっかりで、眉根を寄せている表情がデフォではないか、と思えるくらい。
でも容貌の美しさは、おそらく本作中ピカイチで、決して「怒ってばっかりいる」表情が欠点にならない、という資質。
そんな晶子とは対照的な天真爛漫・庶民派の小梅。
キャラ配置、うまいですよね。

百合的には、そういう内面になにかをくすぶらせている晶子さんの方に強い要素を感じます。
巴が参戦してきたあたりの描写に、もう少し鬱々としたものがほしかったかなぁ、というのも、なくはないですが。(^_^;

セーラー服に関しては、当時の感覚、どうだったんでしょうね。
セーラー服の歴史自体は、最近の「可愛い制服」ブームと相俟って知られてきましたけど、70年安保以前は、かなり「権力側」の象徴みたいに見られていた時代もありましたし、そこからさらに戦争をはさんで以前、と言う時代設定ですから、庶民感覚、女学生気質としてどうだったんかなぁ、という興味はすごくありますね。
2009-11-16 月 08:41:58 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いきなりのサクラ大戦ミュージカルもどきな東京節にフイタ(≧▽≦)なぜ、放送しなかったんだ、RKB! 大正野球娘。第1話『男子がすなるという、あれ』
 こちらはけいおん!が終了して……と思いきや、なんと放送エリア外!  そんな訳で、CLANNAD第2期開始前の9ヶ月少々前の状況に戻ってしまった... 2009-08-20 Thu 18:43:09 | シュージローのマイルーム2号店

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。