■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青い花 第1話 花物語
[背は高いのに、内向的で泣き虫な文学少女・万城目ふみは、高校進学初日、通学途中で痴漢にあってしまうが、そこを同じ鎌倉にある別のお嬢様高校に通う奥平あきらに助けられる。転校してしばらくこの地を離れていたふみは、母親の友人宅に招かれ、そこであきらが昔の幼馴染だったことを思い出す。]

衛星組。
あまりの良さにしばし呆然。
なんでこれを関西地上波でやってくれんのかなぁ・・・、まぁ、衛星で見られるからいいですけど。
AoiHana01-01.jpg
AoiHana01-03.jpg
AoiHana01-02.jpg

初期『マリみて』以来、久しぶりに体験する正統派百合もの。
『マリみて』第1学年時、『制服の処女』、『クララ白書』、なんかを読んだときに感じた、あの目くるめく少女達のひそやかな息吹が眼前に再現されたようで、ちょっと感激しています。
もちろん、作者も時代も感性も違いますので、『マリみて』や『クララ白書』なんかと似ている、というわけでは決してないのですが、ひかれあう心、感じあう心、というのが、この第1話だけでも、実にヴィヴィッド、かつ繊細に描かれていて、もうモニターの前で転がりまくり。
キャラ絵ではなく、お話で転がりまくれるのっていつ以来かなぁ・・・、『ひとひら』以来のような気がします。もちろん『ひとひら』ともまた違う手触り感ですけどね。

というわけで、たぶん地上波先行地域からは大幅に遅れますが、あまりに良かったので、どんなに遅れてもしっかり感想記録はつけていく予定です。

思いつくところを適当に書いていきますが、まず第一に、ふみ、あきらの人となり、家庭環境の描写が実に丁寧。
情景だけではなく、どう思っているか、あきらが兄や母に対して、ふみがいとこのちづや母に対して、級友に対して。
特に望んだわけでもないのに孤独になっていきがちなふみの心が、ちづやあきらに触れて、驚き、迷い、踏み出していく姿、そして傷つきやすい心、といったあたりの描き方が秀逸で、もうお話の中にひきずりこまれまくりでした。

そして大事なこと。
男の姿がしっかりと描かれていること。
百合ものに限ったことではないですが、同性もの、友情ものに登場する異性の影、というのは、ともすると作り手の性的嗜好を反映して、極端にオミットされてしまうか、性的な記号化を施されてしまうのですが、優秀な同性もの作品は、そのあたりの日常の異性描写が過不足なく自然です。
『クララ白書』や『アグネス白書』なんかでも普通に読んでる限りは、あれを百合ものといわれても「はあ?」・・・という感覚になる人も多いと思います。男性の影は多いですし、色恋事っぽい描写もありますし。
でも、大切なのは、そこに描かれた心の動き、感じ方、なんですよね、その辺が実に丁寧かつ細やかで、そういった環境にあるふみが、ちづやあきらに対して、いろんな思いを抱えている、というのが、しみこむように伝わってきます。

7月期は不作だと思ってたら、最後に来てとんでもない大当たりが出て、かなり嬉しいです。(^_^)

今、プライベートがとんでもなく多忙なんで、詳細に細かく書ききれないもどかしさはあるんですが、とにかくたいへん気に入りました。
もう第2話が待ち遠しくてたまりません。

その他。個々の場面で気に入ったところだけ、簡単に回顧しておきます。
まず、2人のヒロイン、ふみとあきら。
AoiHana01-04.jpg
AoiHana01-05.jpg
AoiHana01-06.jpg

絵ヅラだけ見てますと、ふみの方がお嬢様高校っぽい印象です。
「万城目」なんて姓を聞きますと、『ウルトラQ』の星川航空パイロットを思い出してしまいますなぁ。
元気いっぱいのあきらと、文学少女ふみの対比。
久しぶりの再会で、痴漢騒動のときの人、とわかって、びっくり仰天のシークエンスも、変に会話を入れてなかっただけに効果的でした。

そして2人の幼女時代。
AoiHana01-07.jpg
AoiHana01-08.jpg

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」
このことばの中にこもった、あきらの優しい表情が良かったですね。
それを聞いて、一瞬で時が戻ってきてしまった感覚になるふみ。このあたりもたいそうよろしゅうございました。

クラスメイトとかはまたそのうち出てくるでしょうから、第1話のスポットとしては、現役幼女と、ふみの従姉のちづだけ回顧しておきます。
AoiHana01-09.jpg
AoiHana01-10.jpg

過去のヒロイン幼女も良いですが、現役幼女もよいものですな。(^_^)

ということで、激しく遅れますけど、こんな良作、記録しとかないと絶対後悔しそうなので、しっかり追いかけていく予定です。(^_^;
スポンサーサイト


テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:58:46 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
向こうの「ふみ」さんも星乃さんのころを思い出して欲しいぜ(無茶)
 小生には珍しく原作に目を通したことのある(第1巻だけだけど)アニメで軽い驚きを感じつつ第1話の視聴を終えました。原作を読んだ時は「共感しづらい人物ばかり(だから第2巻以降に手をのばさなかった)」といった印象だったのですが、放映を観たところ、少なくとも二人の主人公には思い入れ出来そうでひと安心しました。ひきあいに出しては何ですが、例の天文部アニメ(十代を〔今は亡き〕五島プラネタリウムの星の会会員として過ごした小生にとって狂喜する作品、のはずだったのに、うぅ)の騒騒しさに堪えかねている身からすると、「この細やかさこそ『宙のまにまに』に期待していたのになあ」と、残念な想いが一入深まっちゃいますよ。
 話変わって、江ノ電のある風景、というと《恋風》を思い起こしてしまって……「鎌倉を舞台にしたアニメ=背徳の香り」の法則が出来つつあるのだろうか?
2009-07-26 日 09:20:42 | URL | 石蕗始終郎 [編集]
激しく遅行地域なんで、現在の進行がどうなっているのかさっぱりなんですが、この第1話を見る限り、すばらしい当り籤を引いた感覚です。
人物像の描き方、水彩調の背景が人物ととけあうような美術、セリフの進行と動作での話の見せ方のうまさ、そしてなにより感じあう心の優しさ、が心地よいです。

『宙まに』は・・・ワタクシ的にははじめさんのデザインと、かな恵さんの声を鑑賞する作品かなぁ。(^_^;
騒々しい、というか、女の子が騒ぎまくって男の子が振り回される、というのはそう嫌いではないので、そこそこ楽しんでいます。
ただ、プラネタリウムを含めて、天体描写について、ややぞんざいな印象がありますね・・・、あのあたりを『GA』の美術解説みたいにかっちりとやってくれてたらもう少し雰囲気でたのになぁ、という気持ちです。

『恋風』・・・そういえば鎌倉ロケでしたね。
正直、あまりあれと比べてほしくないかなぁ。(笑)
2009-07-26 日 17:44:15 | URL | 白石みかげ [編集]
 今、見ていますが本当に本当に良い作品ですよねv-238

 マリみて、だけでなく丘の家のミッキーも
思い出してしまいます♪

 舞台が鎌倉で2つの学校が出てきますしv-238
2010-03-08 月 00:20:42 | URL | 犬塚志乃 [編集]
今思い出しても、アニメ版限定では、最高級の百合ものだったと思います。
心がちゃんと描かれていて、なおかつモティーフの描写が繊細です。
「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」
このセリフなんかもそう頻繁にでてきたわけではないですが、作品の通奏低音と言って良いくらいに、しっかりと物語に彩りを与えてくれてます。

デザインがかなり人を選ぶと思うのですが、お話の優秀性は疑うべくもなかったです。
2010-03-08 月 01:24:10 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。