■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青い花 第3話 朝目覚めては
[杉本先輩からデートに誘われ舞い上がるふみ。図書室で二人はキスを交わす。あきらは同級生の井汲京子とその許婚から、合コンに誘われる。ところが妹の身を案じた兄・忍の尾行によって、台無しに。]

衛星組。

杉本先輩、ふみがバスケ部辞退のお話をもってくると、
「残念だな、これで縁が切れると思うと。」
「私、本気で言ってるよ」
・・・杉本先輩、井汲さんとの間で何があったか、この時点では明瞭には描かれていませんが、相手を見て言いましょう。
ふみみたいなタイプには、そういうことを軽く言うのはよくありません。
どんどん自滅的に入ってきますよ。
こういう、傍から見てて破局がわかっているのにのめりこんでいってしまっている情景、というのは、女の子同士の場合ですと、特にドキドキしてしまいますね。

一方のあきら。
初めての合コンだったのに、兄がつけてきてしまい、ぶちこわし。
怒り爆発のあきらに、兄「おまえが心配で」
「キモいこと言うなー」
世の「おにーちゃん」願望族の夢をぶちこわすひとことでしたが、あれこそが本当の兄妹で、むしろ逆にあきらが可愛いくなってしまうところですな。(^_^)

戯れのように見える杉本先輩の「ふみちゃん・・・ふみ・・・」
それに抗えないふみの憧れの心。
このあたりの「ひかれる心」の見せ方は、かなり好みっつうか、良かったです。

『青い花』と聞いて、まず連想するのが、ノヴァーリスの『青い花』だったりするんですが、これ、原題は『ハインリッヒ・フォン・オフターディンゲン』
ところが、憧れの象徴としての「青い花」のインパクトがあまりに強烈なので、こういう邦題になってしまっているわけで、けっこう日本語以外にもこの題名をとっているところはあったりします。
そしてまた、パロディにおいても、この「青い花」の象徴は、浪漫派の夢幻的哲学観として文芸思潮なんかでは引き合いにだされるところで、今回のふみやあきら、井汲の熱っぽい様子なんかと、イメージとして重なるところが多いですね。もっとも、ノヴァーリスの方はもっと哲学的、観念論的ですが。

学園祭、近親者と許婚以外の男子は入場不可。
そこで、毎年変わる許婚を連れてくる女子生徒。
なかなか面白かったです。(^_^;

先行地域はもう学園祭やってんでしょうか?
衛星は次回、1週とぶみたいなんで、さらに開きそうです。
スポンサーサイト


テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 23:44:45 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 図書館でキス…でも『青い花』ってすごいことをわりとさらっと
やっている気がします(〃∇〃)

千津ちゃん、と肉体関係まであって未だに引きずっているふみちゃん。
など。 

 女の子同士の恋を正面から扱っているのに、百合をわりと当たり前
(?)のように受けとめている感じがします。
 そこがすごい、です☆
 キャラがドキドキしたり照れたりはしていますが♪(〃∇〃)
 
 杉本4姉妹、あーちゃん、大野さん、京子さん、百合には理解はある
っぽい…んですよね(〃∇〃)



 男性視点だと…百合を描くと…背徳感前提(?)で描いているように
思うので…(^_^;)
2010-03-09 火 21:05:38 | URL | 犬塚志乃 [編集]
図書館でのキスは、実在感がかなり希薄に描かれてますよね、なんか自分がそこにいるのに、何か物語の中の世界をのぞいているような。
秘めたる想い、という描写には、こういう、外枠から眺めている、という感覚はけっこう重要だと思います。
衝動に落ちていく自分、それを冷静に眺めている自分、でもどうすることもできない自分。
十代少女の繊細さ、というのは、こういう描写の中にも潜んでいると思います。

私が百合ものが好きなのは、そういう繊細な感情を描くのに、一番適している題材だからだ、というのも一つあったりします。

外の世界、というのは、それに対して投影であったり、自分に無関心な粗い世界であったり、ゴツゴツしていたり。
外枠を、あるいは外の世界をしっかり描く、ということは、内面の繊細さのために、必要なことだと考えています。
2010-03-09 火 23:06:19 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。