■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宙のまにまに 第7話 月とキンモクセイ
[文化祭を控えて、文芸部の手伝いをすると宣言してしまった朔。だが、無理に明るくふるまう美星を見て、自責と後悔の念に包まれる。だが、はずみとはいえ、文芸部に行くと歓迎され、合宿で知り合った女子にも歓待され、どんどん仕事にのめりこまされていく。一方天文部は手製のプラネタリウムに悪戦苦闘しつつも充実した時間を送っているように見えたが、強がる美星の心には、どこかさびしさが漂っていた。]

提供のところ・・・・なんですが。
Soramani07-01.jpg
「最近はやりのひらがな4文字ではありません」
・・・えーと、ひょっとしてああいうひらがな4文字作品をライバル視してるんですか?
全然土俵が違うと思うんですけどねぇ・・・。
「宙は「ちゅう」でも「ひろし」でもありません」
「ちゅう」はともかく、「ひろし」って・・・、鋼鉄ジーグ?(笑)

アバンでは、草間先生と美星が出会った頃の挿話がはさまれてましたけど、今回分に関しては、まだ筋立てとつながるところまではきてませんでした。
あれはたぶん、朔くんと一緒になってケガをして、朔君が引っ越した後、なんでしょう。
それで父の教授を訪ねてきた、といったところですか、状況としてはすごくわかりやすいですね。
話の展開が、それほど後回しにせず、含みを大げさにやっていないので、ことさら説明セリフを入れなくてもよくわかるし、伝わる、本作の長所のひとつでもありますな。
文芸部の女の子2人にしても、合宿での描写が印象深くちゃんと入ってたので、スムーズに見ていられますし、本来学園もの、ってこうあるべきなんですよね。
最近SFでもない普通の学園ものでも、やたら変なギミックを仕込んでくることが多いですから。(^_^;

本編の方は、朔ちゃんの、引くに引けない感情と、自責の念がライトに描かれてまして、これも高校生っぽくてよかったですな。
琴塚先輩に対して、恋情とかではないけど、妙に惹かれてしまう、というのも、よくわかりますしね、胸デカいし。(笑)
反面、自分に心配かけまいとして、いつも以上に明るく見せている美星の気持ちもわかるだけに、うしろめたい気持ちにもなって・・・。
まだ朔の中では恋人対象にまでは成長していないけど、その芽はしっかり出ていて、それを本人が意識するかしないかの境目のところにいる・・・。
初々しいですなぁ。
この年代って、性的対象としての異性と、恋愛対象としての異性との間で、分裂や、先後があったりして、自分でも自分の気持ちがよくわからなかったりする、そういう側面も見せてくれているようです。
そこへ行くと姫ちゃんなんてのは、すごくわかりやすいんですが、たぶんこれは姫ちゃん視点ではないからでしょう。
朔君が、モテモテなのに、そんなにいやみには見えない、というのもこの辺のディテールをちゃんと描いてくれているからなんでしょう。変にプレイボーイしてるわけでもないですしね。

作画的にはいつも通り、かな。
お話的には脇でしたけど、けなげにがんばる姫ちゃんが可愛いかったですな。(^_^)
Soramani07-02.jpg
Soramani07-03.jpg

部活動は成り行きで来たとはいえ、精一杯やってますし、朔くんの好みをリサーチしようとしたり。
ラストのノートの場面は、胸キュンものなんですが・・・悲しいことに、ヒロインではありません。(^_^;
それにしても、ノートのキャラ人形、可愛いかったですね。

文芸部での本格的な活動、だったんですが、朗読会かぁ・・・、妙に郷愁を誘いますね。
最近はこういう朗読会をしてるところって少なそうですが、日本文学って、あまり韻律作品の純化、という方向性をとらなかったので、こういうことって年配になるとあんまりしなくなりますからね。
欧州のサロンとか行くと、今でもときどき詩人の自作朗読会ってありますし、ギムナジウムやリセなんかでもごく普通に、というか、気軽にやって楽しんでたりします。
日本にもそういった「韻律」を楽しむ文化はあったんですが、最近はかなり廃れてしまっているような印象でしたので。
詩とは違いますけど、アニメなんかでもプロセスを見ずに、「結局どうなった」という結論しか見ない層(エンドレスエイト騒動なんかそれに近いかな)が増えてますので、仕方ないのかな、という気もしますが。

それはともかく、本性としては天文部よりも文芸部に近かった朔くん、いざ始めると、文芸部にべったりのめりこみ、しかも転校を繰り返して、その分書物の中にのめりこんでいったであろう文学少年ですから、普通に「本が好き」って程度の文芸部員なんかよりは、よほど深かったりするんでしょうね。
同級生のはずなのに、合宿で知り合った2人にはすっかり信頼されてました。
文芸誌つくりかぁ・・・これも懐かしい感じがしますね。

一方、目新しい感じ、というか、単に私が知らなかっただけなんですが、自作プラネタリウムの作成・・・面白かったです。あんな風にして作るのかぁ・・・。
その成果は次回、ということのようですが、専門の顧問の先生がきましたので、かっちりと仕上げてくれるのでしょう。
メイド喫茶とか学園ライブみたいな方に主眼がいくのではなく、天文部とか文芸部とかっていう方を主に描いているので、地に足がついた感じで、学生時代を学生時代として、魅力的に見せてくれてますね。
次回も楽しみにしています。
スポンサーサイト


テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:54:44 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宙のまにまに 第7話 「月とキンモクセイ」
君はボクのマイエンジェル! 草間先生がただのロリコンに見えますw ちび美星、かわいいですね(*´∀`*) 文芸部の手伝いを引き受けた朔... 2009-08-25 Tue 14:42:37 | 空色きゃんでぃ
宙のまにまに 第7話
朔ちゃ~~~~ん!! どうしたいんだぁ~~~~いっ?! まさにラブコメ的展開。 腐腐腐……ホントに普段はラブコメって大嫌いなんだけ... 2009-08-26 Wed 14:47:43 | こじこ脳内

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。