■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青い花 第5話 嵐が丘(前編)
[藤が谷女学院では演劇祭を目前に控え、ポスターも仕上がり、学内も色めき立っていた。かつて藤が谷にいた杉本のファンも多く、杉本来校のたびに皆夢中になっていく。そんな杉本を見ながら、杉本には好きな人がいるのではないか・・・とふみは感じはじめる。]

衛星組。

杉本先輩の、藤が谷、松岡女子を含んでの大人気がエスカレート、ついにはついてこなくなったふみを見て、あきらの一言。
「このもてっぷり、そりゃふみちゃんが来たがらないはずだ」

ふみの杉本先輩に対する心情、好きなればこそ、いろんなことがわかってしまう、強さ、やさしさ、そして破綻の芽。
相手を知れば知るほど不安になる、という、一方的なふみの恋情がやさしく描かれると同時にに、外側からの、このあきらの観察。
いいバランスで組み立てられてますねぇ。。。

今まで割りと、ふみサイドの視点で組み立てられてましたので、このあきらの目を通して語られる一連の騒動、少し明るさがさしてきたようでもありました。
もてまくる杉本先輩に対して、どんどん疑念がでてくるふみ。
そんなふみに、「ところかまわずもてないでくださいって言えばいいのに」とつっこむあきら。
さすがにそれは・・・と返すふみに、あきら、
「それがいいんじゃん、乙女じゃん」
ここ、すっごく好みでした。(^_^)
AoiHana05-01.jpg

ふみの内向的なところ、あきらの外交的なところ、行動というより、セリフまわしで語られているんですが、情緒としての見せ方が行き届いているので、対話劇一辺倒、という感じにはなってませんね。
肌触りのやさしさみたいなものも感じます。

いきなり家にやってきちゃった杉本先輩を見て、階段でずっこけてしまうふみ。
あのあたり、歳相応の若さ、感性があるんですが、普段の描写がその想いの方を重点的にしていますので、人物の幅になってますね、そういったところもいい感じです。

ともかく、今回は、あーちゃんが良かったです。(^_^)

そして忘れちゃいけない、初等部のリハーサル。
演目は「星の王子さま」だったんですが、シンプルな舞台は池で、王子の花の会話・・・。
すごい緊張感だったんですが、ああいうセッティング、小学生ってことを考えると、かなりキケンな気もしますが、やり終えたときの成長は相当なもんなんでしょう。
AoiHana05-02.jpg
AoiHana05-03.jpg

王子様が花澤さんで、花がMAKOさんでした。
スポンサーサイト


テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:49:16 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 京子さん、も大好きです(=^・^=)
なかなか本心がわかりませんが(^_^;)
 
 京子さんは一番、強い人、で優しい人かもしれません。
 そして一番思いを秘めている人かもしれません。
 京子さんの杉本先輩への恋は献身的な見返りを求めない恋
ですよね(^_^;)
 
 あえて前に進もうとしていない…と考えるのは穿ちすぎでしょうか?

 しっかりしてるけど、好きな人の前ではドキドキしてペースが崩れるのは杉本先輩と同じですよね♪
 
 京子さんが先輩のことを思って先生につめよったり、
ふみちゃんの前で泣いてしまう、そんな意外な一面を見せる
京子さん、が好きです♪


 原作では京子さんが進級して後輩ができたりして、やっぱり京子さんは
しっかりした強い人だなぁ、と思っています。
 それと、もう少し京子さんがわかってきたなぁ、とも思いました♪
2010-03-09 火 21:29:13 | URL | 犬塚志乃 [編集]
京子さんはわかりやすいですよね、ある意味描きやすいし、それゆえ一般的な感性にも近かったようですし。

異常な感情、趣味、属性の中で、こういう存在は不可欠です。まぁ、ポンちゃんとかもいますけど。

これって、ザラザラした外の世界と、ビロードのように優しい内面の世界との対比、という観点でも転用できますし。
どうしても、物語がふみのサイドなので、ふみの心から、京子の関係性が遠くなるのは仕方ない、といった側面もあったかな。

京子の可愛いらしさ、というのは、近くに居ても、関係が遠くても、はっきりわかります。
その辺が彼女の長所でしょうね。
ふみこんでいいのか、ひいた方がいいのか、迷うところとかもしっかり描かれてますし、ふみの単純さ、それゆえの深さと比べると、似ているところと違うところがくっきりわかれるのも面白いところですね。
2010-03-09 火 23:17:09 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。