■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うみものがたり 第7話 離れゆく心
[一人海に戻ってしまったウリン。だが、去り際にウリンの指にあったあざのようなものに気づいていた夏音の報告で、どうやらウリンがセドナの力の支配下に入ってしまったらしいことを松本に告げられ、マリンは矢も盾もたまらず、海へ戻ろうとする。松本は夏音に、海で活動できるように「オルテウスリング」を探すように指示し、自分の娘・市川を夏音につける。夏音が家の中を探していると、そこに小島がやってくる。海では、ウリンがセドナの半身の封印を解いてしまっていた。]

暗黒ウリンの赤く輝く目がデモーニッシュでとってもステキな回でした。
ヴィジュアル的には、海の底で邪神に心奪われながら、マリン達を待ち受けるウリンの魔的な瞳がゾクゾクするくらい良かったんですが、お話としては、夏音の小島くんへの気持ちでしたので、そのあたりから回顧しておきまする。

まず、オルテウスリングを探す夏音ちゃんなんですが、「海の中で活動できるアイテム」ということなので、いちいち確認のためにもぐります。そこでスク水装着。(笑)
Umimonogatari07-01.jpg
Umimonogatari07-02.jpg
Umimonogatari07-03.jpg

理にかなったスク水チェンジ、よかよか。(^_^;
巨乳のマリンに対して、スレンダーなボディが引き立つのですが、貧乳とかっていうより、スレンダーというか、滑らかさの方を感じますね。
まぁ、マリンもお乳はデカいですが、体形そのものはかなりスレンダーですけど。

で、そのスク水仕様を小島くんに見られてしまって云々、というのがありましたけど、小島くんの方は夏音に未練たっぷり。
「ふられた」というのは、夏音の側からの一方的な思い込みのようですね。
そしてその小島くんにアプローチする大島。「女」を全開にして、接近中。(笑)
Umimonogatari07-04.jpg
Umimonogatari07-05.jpg
Umimonogatari07-06.jpg

ふとももんや、おっぱいんを、これでもか、というくらい強調して、ビッチ臭さがあふれかえってるんですが、これ、たぶん夏音とか、マリンの側からの描写なんでこうなってるわけですけど、仮に大島の側からの描写ですと、けなげに女の子してるなぁ、ってとこなんでしょう。
恋心が下心みたいになってますので、「いやな女」っぽくはなってますけど、自分の魅力で、自分の方をふりむかせたい気持ち、というのは、恋に対して真摯・・・と受け取れなくもないですね。
もっとも、夏音に対してのいままでの言動を考えると・・・やっぱりいやな女、かなぁ。(笑)

しかし大島の想いはからまわり。おまけに、海中を行く夏音まで見つけてしまい、かなり欝になってしまう・・・ということだったんですが、この「orz」・・・微妙にからだっぽくデザインしてたので、ちょびっとエロかったですね、特に「Z」の下の方。(笑)
Umimonogatari07-07.jpg
Umimonogatari07-08.jpg

大島も、夏音以上に邪悪オーラ全開なんですが、人というのはそういうものなんだ、というメッセージ性も感じますね。
正義の側であれ、悪の側であれ、シンプルで感じやすい海の民に対して、空の民、人間は、いろいろ複雑に悩みます。夏音しかり、大島しかり。
でも、こういう描写を入れた、ということは、そのうち大島もセドナの影響を受けちゃうのかなぁ。。。

ともかく、ぬかどこの中からオルテウスリングを見つけ、市川とともに、マリンのもとへ急ぐ、スク水・夏音。
Umimonogatari07-09.jpg
Umimonogatari07-10.jpg

ぬか床をさがしにいくところもそうでしたけど、今回のスク水・夏音、ローアングルが多くて、悦痴なカットが多かったてす。
とっても嬉しい!・・・というのは、言うまでもありません。(笑)

さて、海の底では、ワリンやサムと合流したマリンでしたが、セドナの支配を受けた、大王イカ、実は犬の万次郎の前に大苦戦。
Umimonogatari07-11.jpg
Umimonogatari07-12.jpg

ウリンの身を案ずるあまり、マリンちゃん、もう周りが見えてない感じ。
光の巫女で、ピュア100%だったはずのマリンが、平静を失ってしまい、邪悪オーラをもっていた空の巫女・夏音が、冷静に事態の打開を図る。
なかなか面白いですね、このあたりの、キャラもよう、人間の書き分け。

ようやく夏音が到着して、空の巫女として、参戦・・・。
Umimonogatari07-13.jpg
Umimonogatari07-14.jpg

ところがマリンちゃん、
「私が行く!夏音がいると、ウリンが帰ってきてくれない!」
よくできた話です。この微妙になにかが狂っていく感覚。

本来のマリンからは考えられないようなセリフがでてくる・・・これも、彼ら海の民の、ひとつのことを真剣に想いすぎてしまう心のなせるわざなんでしょう。
ピュア、ということが、諸刃の剣になる、といったところですね。

そして、セドナの力を受けて、闇に沈んでしまったウリンの暗い心。
Umimonogatari07-15.jpg
Umimonogatari07-16.jpg
Umimonogatari07-17.jpg

今まで、マリンに対する一途な想い、それゆえに夏音に対する敵対心なんかが、丁寧に丁寧に描かれてましたので、マリンの破綻同様、実に自然に、なめらかに、そして劇的に迫ってくる感じです。

原案が原案でしたので、かなり軽く見てたんですが、さすがはサトジュン・アニメ。
実にうまく、少女達の心、そしてその立場を繊細に描いてくれてます。
ストーリィ描写のうまさでは、今期、頭ひとつ抜けてる感じですね。
スポンサーサイト


テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:02:49 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
 後で真相がわかりますがマリンのウリンへのハンパない
依存的な関係が大好きだったりします♪
 うん、そこまでウリンが好きだったんですね♪


>「私が行く!夏音がいると、ウリンが帰ってきてくれない!」

 間違ってはいないんですよね(^_^;)

 ウリンとマリンの間に巫女の夏音が来て、ウリンは自分に力が
ない、と思っているから力を手に入れようとして、そこを
セドナに魅入られて…
 
 なので
 
 マリン「ウリン、わたしウリンが大好きだよ♪」
 ウリン「お姉ちゃん♪」

 とこの時点での解決は2人だけで話し合うしかないんですよね、
残念ながら夏音がいるとややこしくなりそうですし(^_^;)
 ただマリンも説明不足でしたが…。

 ウリンの事を一番理解していたのはマリンだった、と
見ていいのでしょうね♪


>スク水・夏音、ローアングルが多くて

 そうです♪マリンもそうですが夏音ちゃんの
このアングルも良いですよね♪

 ちょうど、この頃からピュアなウリン&マリンが落ち始めて
逆に夏音&大島さんの邪悪組(笑)がクローズアップされて
魅力が出てきたころでしたよね♪

 いえ、私は夏音ちゃん、と大島さんも好きですよ♪

>「女」を全開にして、接近中。(笑)

 大島さん、の胸やふともも若さがあって良いですよね♪
 
 全キャラそうですが『良い一面と悪い一面』両方描いて
いますよね♪
 これがピュアと邪悪の対比で上手いですよね。
 
  ビッチっぽくても大島さん可愛いですが♪

>ぬか床

 なんでここにリングがw
 市川さん、がぬか漬を好きという伏線もあったしw
 匂いとれるんでしょうか?長い年月漬けてるみたいですしw
2009-10-02 金 05:02:13 | URL | 犬塚志乃 [編集]
細部まで実によくできていた作品だったと思います。
一番ひかれるのが、心の多様性ですね。
その意味では、主人公は夏音だったかな、と。

心に闇を抱えるがゆえに強い、ピュアな心を認識できる。
抽象的に言ってしまうのは簡単ですけど、物語の上に反映させるのはなかなか難しいと思います。

本作、そのテーマにおいて『プリンセス・チュチュ』との共通項を強く感じるんですよね。
2009-10-02 金 20:34:41 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

◎うみものがたりあなたがいてくれたコト第7話「離れゆく心」
ウリンは海に帰ってしまう。松本の娘の市原さんが現れる。ママさん「松本の娘なのに市原」ってとつっこむ。マリンちゃんは、ウリンを連れ戻しに行こうとするが、カノンが蝶のアザがウリンについてたことを話す。松本は、ウリンがセドナに洗脳されてしまったという。カノン... 2009-10-16 Fri 10:12:53 | ぺろぺろキャンディー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。