fc2ブログ
 
■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
大正野球娘。 第7話 麻布八景娘戯
[近隣中学野球部のピッチャーが夜道でバットをもった何者かに一球勝負を挑まれ、打ち返されるという「辻打ち」事件が続発。うわさが一人歩きし始め、桜花会でも話題になるが、その招待は、実は巴と小梅。実践不測を嘆く巴が、小梅を捕手役として強引に頼み込んでいたのだった。だが、小梅に耳打ちする巴を見て、晶子は2人の間になにかあることを感づき始める。その頃アンナ先生は晶子に魔球を習得させようとし、乃枝は記子を朝香中の試合を偵察させに言っていた。]

メインは辻打ちでしたけど、ネタとしては、変化今日の習得とスコブックの方でしたね。

まず、魔球。
変化球登場初期にこう呼ばれたことはあったようですが、日米ともにきわめて短期間で、日本でのこの用例の定着は、野球漫画によるところが大きかったと思います。
野球漫画以前ですと、本編でも語られてましたが、カーブとドロップですね。
もっとも、この2つは今日ではどちらも「カーブ」扱いですが、戦前、そして戦後かなりの時期まで、落ちるカーブは「ドロップ」と呼ばれてました。
さらに、大きく割れるように落ちてくるドロップを「懸河のドロップ」(沢村栄治が有名)、内角に落ちるのをインドロ(和製英語イン・ドロップをさらに縮めたもの)、外角に落ちるのをアウドロ(アウト・ドロップ)と言ってました。
長い間、変化球=カーブの時代があって、日本では戦後、フォークとシュートがあらたに登場しますが、シュートは今日ではストレート系に分類されることもありますね。

晶子さんが投げたのは、中3本の指を握ってましたので、握りを見る限り、ナックルでしたが・・・十代前半女子の握力で、ナックルはたぶん無理だと思います。(^_^;
それに、あの泥棒にぶつけるために自然にできた投げ方としては、ナックルよりも、むしろパームボールの方が自然だったように思うのですが・・・。

1950年代に国鉄の金田投手が投げていた、カネ・ボール、これは当初まっすぐにおちるカーブと言われてましたが、金田引退後、親指と人差し指にはさんで投げていた、という証言とかがありますので、たぶん抜き指の違うフォークみたいなのだったのでしょう。(フォークは人差し指と中指の間にはさむ)
1980年代の阪急・佐藤義則投手も似た様なストンと落ちる球を投げてまして「ヨシボール」とか言われてましたが、これも金田式フォークに近いものだったようです。
フォークだと、杉下(中日)の魔球フォーク、村山(阪神)の逃げるフォークが有名ですな。

尾張記子のスコアブック。
乃枝に頼まれて朝香中学の試合を見てきたのに「これは観戦記だから役に立たない」といわれて突っ返された記子さん。
そこでもう一度観戦に行って、記録をつけたものを発見、聞けばスコアブックというものらしい、と聞かされ、その情報を持ち帰ってました。
以前にも書きましたが、公式サイトに上がってた「名前の秘密」・・・ほぼ間違いなく、南海ホークスのスコアラーだった尾張さんの「尾張メモ」が元ネタなんでしょう。
1959年の日本シリーズ、シーズン38勝4敗の杉浦を擁する南海ホークスが、日本シリーズで対戦すること5度目にして、初めて読売に勝ったシリーズでしたが、このとき杉浦とともに注目されたのが大沢外野手の絶妙の守備で、当時スコアラーだった尾張氏のデータが有効に働いた、それで尾張メモ、データ野球として引き継がれていく、というエピソードで有名ですね。
もっとも、このときの尾張メモは、今日の戦略的データとは違って、ちょっと詳しい程度、だったらしく、大沢外野手(後の日ハム監督)も、あの守備は自分の工夫だ、みたいなことを言ってるようですけどね。
ただ当時の捕手・野村氏(現・楽天監督)は、この尾張メモの持つ意味にかなり明確に気づいていたようでしたが。

そんなこんなで、野球ネタのあたりはいろいろ面白いですな。

辻打ち騒動の方も、突如暗闇から現れた覆面女子に対して、勝負を受ける男子中学生のノリの良さもけっこう楽しかったところです。(^_^)

そして、小梅をとりあう、巴と晶子さん・・・なんですが、なんかあんまり百合っぽく見えませんね。
たぶん、悩むくらいに切実な心の動き、みたいなのが重点的に描かれていなていからだと思います。どっちかっていうと、女学生コメディみたいな感じですかね。
個人的には明るい百合よりも、鬱屈した感情が出口を持たずにドロドロになっていく、みたいなのが好きなんですが、それは本作のイメージとは少し違いますね、残念。
ただ、時代設定が大正末なんですから、もう少し吉屋信子的なものも入れてくれてもいいのになぁ、と思ったり思わなかったり。(^_^;

遅行地域なんで、このへんで。(^_^;
スポンサーサイト





テーマ:大正野球娘。 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 03:29:25 | Trackback(2) | Comments(2)
コメント
 スタッフも記子さん、はデータ収集の係として描いているそうです、
でそれを乃枝が生かす、と。
 地味だけど必要な蕭何の才。
 
 
 朝香中がかなり強くてビックリ!!
 試合を観戦していた記子が朝香中のスコアブックを見せてもらい、
それを元にして、データ収集する訳ですが…。
 
 後半朝香中にリベンジすると思いますが、練習や魔球の開発だけでな
く、データなどの細かい積み重ねも実に上手くできていますね。


 
 巴と胡蝶の身体能力が高くてビックリ!!(^_^;)
 巴、普通にスゴイですやん。

 鏡子と静の「鏡子ちゃん普通の人には無理よ」が
可愛い(笑)



 辻打ちが実像と違いだんだんウワサが一人歩きしたり、
模倣犯(笑)が増えて桜花会が、ほとんど集合して、どろぼうの
捕り物をして、学院長の一言で締める、のは上手い流れ、と
いいますか♪


>巴×小梅×晶子
 晶子様と巴さん、では小梅に対する思いの温度差が
ありますしね(^_^;)
 
 
 巴さん、は打ちたい気持ちがあるけど小梅と居たい気持ちも
ある。
 
 晶子様は魔球を開発したい思いと、小梅にはパートナー的な
信頼関係がある。

 
 百合というより、やはりコメディな感じで見れば良い感じです♪

 大岡裁き、状態でオタオタする小梅ちゃん♪
小梅ちゃん、晶子さんに「うわき♪」と喩えて言われましたが
小梅ちゃん、に責任はないやん(^_^;)


 晶子様、怒った顔が多いけれど、それが気になりません、不思議♪
小梅ちゃん、ともバツ&テリーとして言い合う仲になってますね♪
2009-11-23 月 22:52:14 | URL | 犬塚志乃 [編集]
記子さんの描写は、なかなか良かったですね、全編通じて。
アニメオリジナルらしいですけど、そういうのって、本作みたいな、細かなネタを仕込むのには向いていたんでしょう。
たぶん大和球士さんの「プロ野球三国志」なんかも読んでたんだろうなぁ、と思える箇所がいくつかありましたしね。

小梅ちゃんが、どっちつかずの態度をとっているうちに、どんどん外堀が埋められていって、晶子をとるか、巴をとるか、みたいな進展になっていくのは、ニヤニヤできる面白さでした。
小梅が結論を出さなかったのは、優柔不断とかっていうことではなくて、ことの深刻さを理解してなかったんでしょうね、それだけ晶子さんと巴さんが前向きというか、攻撃的というか、だったんでしよう。
どっちも我が強そうですしね。(^_^;
でも巴は熱しやすいけどさめやすそうですから、やっぱり晶子とのカップルが似合っていると思いますね、わたしゃ。

その晶子さんなんですが、怒って眉根を寄せているときの方が、美しいといいますか、魅力的といいますか。
デザイン、ルックスが良かった、というのももちろんありますけど、中原さんが実に魅力的な「怒れるお嬢さま」を作り上げてくれていたのが大きかったと思います。
2009-11-24 火 01:31:22 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

辻斬りならぬ辻打ち出現!乙女の大暴走が始まっちゃいました(≧▽≦) 大正野球娘。第7話『麻布八景娘戯(あざぶばっけいむすめのたわむれ)』
 今宵の虎徹は血に飢えている…。  突然、練習が終わって帰宅する男子野球部員に辻斬りならぬ辻打ちをする謎の二人組。  その話題でもち... 2009-09-20 Sun 03:26:16 | シュージローのマイルーム2号店
◎大正野球娘。第7話「麻布八景娘戯」
トモエさんとコウメさんは、夜中に男子野球部員に戦いを挑む。そして翌日、アンナ先生は、カーブの特訓をするようにいう。そして、その夜も辻撃ちしてた。コウメさんはこんなこと止めようという。しかし、トモエさんはコウメさんとデートしたいため止めさせない。そして、... 2009-10-18 Sun 12:14:13 | ぺろぺろキャンディー