■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うみものがたり 第11話 光の心 闇の心
[闇の力にとらわれたワリン、サム、そして市川が、夏音、マリン、松本を襲う。夏音と力を重ねるマリンの力が闇を祓う。家に戻り、みやこまでもがセドナの影響を受けていたことを知る2人は、ウリンのいた海底神殿へと向かう。だがウリンの心は、闇に染められたままだった。]

島の人たちが石に託して海に流してきた悲しみの心、それがセドナの正体。
なんかゾクゾクする解決です。
まだ最終回前ですが、物語を物語としてまとめていく,佐藤監督の手腕の片鱗、物語構成のうまさを実感させてくれます。
そっかー、前回の祠の話はここにつながってくるのか・・・。

ピュアであればあるほど、闇に染められやすい、という、一種、反語めいた真理。
純粋な人ほど、カルト宗教に染まりやすい、というのと似てますね。
反面、今回はそれほど強調されていませんでしたが、心に闇を持つがゆえに、邪悪さや、黒い心に耐えていける、という夏音の心の強さ。
これも一面真理。
心に闇を持っている人ほど、強いものです。

とまあ、いろんなテーマ性を鮮やかな切り口で見せてくれるんですが、それと同じくらいに魅力的な、作画の力、絵のセンス。
まずは、前半の嬉しい半裸美少女のキャットファイト。
ムダにかっこいいい、市川と松本。(笑)
Umimonogatari11-01.jpg
提供絵にもなってました。(^_^;

サムに太い棒上のもので襲われる夏音。表情もエロいです。
Umimonogatari11-02.jpg
Umimonogatari11-03.jpg

海での戦闘時、変身前の基本フォーマットがスク水、としいうのが、たまらなく良いですね。

先に巫女に変身したものの、ワリン相手に苦戦のマリン。
Umimonogatari11-04.jpg
ここからキャットファイトのスタート。ドキワクです。

変身してサムを倒し、マリンにあたる夏音、なんですが、すばらしいアングル、すばらしい戦いでした。
Umimonogatari11-05.jpg
Umimonogatari11-06.jpg
Umimonogatari11-07.jpg

思わず停止して、しばしの鑑賞でございました。
でも、今回、こういう途中でとめてじっくり鑑賞、という箇所が多くて、ちょっとカラダがもちません。(笑)

2人の力で闇を祓い、ここでの3人はなんとかおとなしくさせられました。
Umimonogatari11-08.jpg
しかしキャットファイトになったといっても、泥レスみたいな汚いシーンにはならず、きれいな場面で見せてくれまして、そういった意味でも鑑賞価値の高かった場面でした。
海中とか水際の戦い、というのがいい効果になってますね。

家で安静にされるワリン。
Umimonogatari11-09.jpg
ここで、みやこさんもセドナの影響下におかれ、目に怪しい光が宿ってたんですが、松本の一言。
「意外とピュアじゃった」・・・さりげなくバカにしてませんか?(^_^;

海底神殿へと向かう2人の巫女・・・だったんですが。
Umimonogatari11-10.jpg
ここでもすばらしいアングルでした。(^_^)
臀部と大腿部の肉付きの良さもさることながら、下半身の魅力が存分に語られてますね。
尻は夏音ちゃんが一番だろう、と思ってたのですが、マリンちゃんもなかなかです。(^_^)

やっと発見したウリン、なんですが・・・。
Umimonogatari11-11.jpg
Umimonogatari11-12.jpg

ここでもマリンのローアングルが堪能できました。

Aパートでの浄化で、ウリンも浄化できたのか?・・・と思ったのも束の間。
Umimonogatari11-13.jpg
Umimonogatari11-14.jpg
Umimonogatari11-15.jpg

2人にしみこむ悲しみの力。
島の人たちの悲しみが、セドナの正体、というすごい展開に。
さすがの2人もこの力の前に倒れてしまったところで、次回、最終回。
Umimonogatari11-16.jpg
Umimonogatari11-17.jpg

大まかな流れとしては予想できますし、意外性ってほどでもないんですが、個々のしかけ、味付けといったところに、意外性というか、物語的なギミックがいろいろとあるので、退屈させてくれませんね。
次回のサブタイ「島の心 人の心」へもつながっていきそうな感じです。

ウリンの黒い姿で、しめ。
Umimonogatari11-18.jpg
作画も一流ですが、お話も一級品、。最後まで楽しみです。
スポンサーサイト


TVアニメ2009(下期) | 00:16:57 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
>なんかゾクゾクする解決です。
>作画も一流ですが、お話も一級品、。最後まで楽しみです。
 
 本当に本当に、そうですよね!!



>前半の嬉しい半裸美少女のキャットファイト
 
 はい!同感です!
 それだけでなく、この絵も素晴らしかったですv-238v-238
 もう市川の、ぱんちゅが見える程激しい格闘娘のような
アクションv-238
 ワリンの成熟する一歩前の肉体でのマリンとの組み合うような
バトルも素敵でしたv-238v-238
 
 
 それだけでなく、
 
 ワリン「光がなければ、こんなに悲しむことはないのに。

いくぶん、ワリンの悲しみや本音もかいま見えました。
 ワリンはマリンが好きだったのにウリンや夏音に奪われて
しまい悲しかったんですね、え?そうでしょう?
 

>ウリンも浄化できたのか?
 
 と見せかけてEDのマリン、ウリンの家へ。
 さりげなく、ここへ舞台を移すのも上手すぎです!!
 
 「お姉ちゃんが空人と出っちゃう夢を見たの」
 「ねぇ、空人が来たら一緒にやっつけてくれる?」
 
 なんて残酷な問い、子供ならではのv-399
 蝶の羽の効果もあってウリンの妖しい色香が素晴らしすぎですv-238
 なんてウリンに蝶の羽が合うのでしょうv-238v-238
 
 
 ウリンはマリンを奪う様な形になった(と思い込んでいる)
空人である夏音を憎む心がいつの間にか光
そのものを憎むようになってしまったのでしょうv-409
 ウリン!ウリンv-406
 
 

>前回の祠の話はここにつながってくるのか・・・
 
 謎の巫女さん、が見事につながりましたv-354
 巫女さんの、
「光を知らない闇と闇を知らない光が交わる日も来る。
悲しむな」
 深い!
 しかもこれがマリンや夏音、そのもののことを
表しているなんて!
 深い!!
 しかもこの後の展開にもからむんですよねv-363
 深い!!!
 
 
>島の人たちの悲しみが、セドナの正体、というすごい展開に
 
 セドナは消えることを恐れているようにも見えますかね?
 おたがい相手を知らないからこそ。
 それが後のマリンの「怖くないね」につながるのだとしたら
すごい!!
 
 セドナの正体はマリン、夏音、島の人たちの悲しみ
(ここでさりげなくママさんの過去を出すなんてスゴイ!)
 ここで謎の巫女さんが言った「光と闇が交わる時も来る」
が来て、
 「だったら怖くないね」
 セドナの悲しみと交わることにより、知るマリンと夏音。
 これでセドナと分かり合うみたいになったら、もうすごいv-354 


 なんかCANAANのマリアちゃん、みたいに「すごい!」を連発
していますが、確かにすぎと言うしかないからですv-392


 次回予告の「み~んな愛してる♪」
 次回予告でまで計算していたんですね!
 
 つまり、
 マリンの光の心は八方美人的ではなく全てを愛する
ことのできる広い心なんですね。


 いやぁ、興奮した文になってしまい申し訳ありません、が
それだけすごい作品でしたv-410

 あと1話、白石様お付き合いしてくださりますか?
(照)
v-402
2009-11-04 水 21:50:19 | URL | 犬塚志乃 [編集]
いやまぁ、字数制限は設けてないので、別に良いんですが、こんだけ長いとさすがに・・・。(^_^;

ただ良い作品ですよね、これ。
スポンサーの問題で、食わず嫌いになってる人もかなりいるみたいですが、出資者と作品は、本作に関してはそれほどリンケージしてませんし、作品がよければ、どこから金がでてるかとか、そういうことはかなり忘れられる良作でした。

私は、心の中を描いている、それも二面性、多面性の視点で描いている、という点でこの作品を評価しています。
『プリンセス・チュチュ』にもこういう側面は色濃くあって、感動させられたんですが、そのときより、良い方向で進化してくれている、という気持ちです。
舞台が幻想世界ではなく、リアルワールドになっているのも、たぶんいいんでしょう。
2009-11-04 水 22:53:33 | URL | 白石みかげ [編集]
 …「!」v-12
こんなに長かったなんて!e-451

 とんでもなく長くなってしまい申し訳ありませんでしたv-402

 …それだけ良作だったということですかv-10
2009-11-04 水 23:38:42 | URL | 犬塚志乃 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。