■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦場のヴァルキュリア 第26話 最終回
[とらわれたアリシアを救出するため、陸上戦艦に潜入した第7小隊。マクシミリアンは甲板に出て、人造ヴァルキュリア・システムを装着し、アリシアを撃とうとする。そこへやってきたウェルキンと、アリシアがそのシステムを逆用して、マクシミリアンを倒す。かくして帝国とガリアとの間に休戦協定が結ばれた。]

最終回。
ガリア側の上層部腐敗、帝国側の世継ぎ問題、そのあたりはさっくり省略して、強引にラスボス対決にして終了。
なんだかなぁ・・・。

前半、というか、セルベリアが盾と槍で武装するまでは、ものすごく良かったんですが、ヴァルキュリア人のSFサイキックバトルになってからが、、正視に堪えない展開になってしまいました。
作画は最後まで良かっただけに(とはいえ、初期の頃とはかなり感性が変わってしまってはいましたが)、物語部分の不備によってラストで大コケした、って感じかなぁ・・・。
あんまり否定的なことは書きたくないのですが、それでも気になるあたりを箇条書きに抜き出しておきます。

・帝国の世継ぎ問題。
・ガリア上層部の腐敗。
・ガリアと連邦の関係。
・ダルクス人の人種問題の広がりと背景。
・コーデリアがダルクス人だった、ということに対するフォローのなさ。
・ほとんどムダ死だったカール。
・顔見せでしかなく、背景が描かれなかったイーディとアイシャ。

SF展開以外にも、これくらいあります。あと、イサラの死も、あの展開ですとムダ死と見えなくもないですし、ファルディオの死にしても、あの局地戦でのことだけなんで、物語の役割の上ではかなり矮小化された印象です。

ただし、ラストはこんなことになってしまいましたけど、前半、というか、第17話くらいまでは、間違いなく名作でした
その点は十分認めているつもりですので、舞踏会でコーデリアとアリシアがさらわれる、サガとロージーによって語られる人種問題、あのあたりまで、細かなところの不備はあったものの、たいへん良かった、と感想記録しておきます。

さて最終回。
作画は最後まである一定水準は維持してくれてましたので、そのあたりだけ簡単に回顧しておきます。

まず、囚われのアリシア。
マクシミリアンの前に、後ろ手に縛られて引き出され、ビンタ。
ValkyriaChronicles26-01.jpg
ValkyriaChronicles26-02.jpg
ValkyriaChronicles26-03.jpg

この辺、ちょっと身を乗り出してしまって、「おおっ!」となってしまったのは内緒です。(笑)

期待がワクテカでふくらんでいくと、甲板に出てついに吊るされてしまいました。いいぞ、アリシア

ValkyriaChronicles26-04.jpg
しかしこの後、簡単に縄を切ってしまうマクシミリアン・・・キミは何もわかっていない!
おっぱいの大きなかわゆいミニスカ少女兵士を捕らえて、後ろでに縛り上げたり、吊るしたりしてたら、もっと他にすることがあるだろ、常識的に考えて。(笑)
上着のボタンをひとつずつ聖槍でとばしながら、「ほーらほら」とか言いながら、追い詰めるとか、服をひっちゃぶいて、ぼろん、と飛び出してくるのを縛られていて隠せなくなり赤面させるとか、もっと正しいいたぶり方があったように思うのですが。

そもそも、特殊な血族を利用する、ということであれば、その女性に子供を産ませて利用する、というのが、権力構造の上の方にいる人間の常道だと思うのですが、マクシミリアン、そういった気配は微塵もなかったですからなぁ、セルベリアのときも。
流れを見ていますと、なんとなく「ヴァルキュリア人の能力」が、親から子へと普通に伝わっていくわけでもなさそう、というのもありましたけど。
原作でそのあたりの説明はたぶんしてるんだろうとは思うのですが、原作は知らないので、このアニメ版だけの感覚で言うと、「アリシアに子供を産ませたらいいのに」と思っちゃいますよね。(^_^;

結局、自由になったアリシアは、能力を解放しウェルキンを救い、マクシミリアンとの対決。
ValkyriaChronicles26-13.jpg
ValkyriaChronicles26-14.jpg
ValkyriaChronicles26-05.jpg
ValkyriaChronicles26-06.jpg

臀部からとびこんでいったり、ウェルキンにフライングハグをかましたりと、もうステキすぎです。(^_^)

そして、人造ヴァルキュリアシステムの欠陥に気づいて、マクシミリアンの足に飛びついて、自滅させました。
しかし、アリシアの太腿もたいへんおいしそうで、よろしゅうびざいましたな。(^_^)
ValkyriaChronicles26-07.jpg
ValkyriaChronicles26-08.jpg

後半のマクシミリアンは、失調症かなんかだったんですかね。(^_^;

ところがアリシアの方も力が暴走して、セルベリアと同じ末路をとりかけるところ、だったんですが、解決したのは、抱擁と接吻でした。(^_^)
ValkyriaChronicles26-09.jpg
ValkyriaChronicles26-10.jpg
ValkyriaChronicles26-11.jpg

SF設定になってなければ、こういうあたり、盛りがったんだろうなぁ、とは思うのですが。
絵面としては、盛り上がりました。
性的な充足感によって、沈静化する力の暴走。
アリシアのこのすっきりした表情が感動をさそいます。(笑)
ValkyriaChronicles26-12.jpg
いや、スカーフを渡して似合ってるとか、そういう進行だったんですが、視聴者サイドとしましては、性的充足がえられなかったセルベリアは暴発して終わり、それがあったアリシアは沈静化できて終わり、といったところだったんかなぁ、と。(^_^;
そう考えると、悦痴な娘やね、アリシア。(笑)

銃後の日々が描かれて、しめ。
まず、イーディなんですが、結局当番回エピソードはなくて、残念至極。
この辺は原作ゲームの量と、アニメ版との尺の関係なんだろうなも、とは思いますが。
兵士としての姿と、
ValkyriaChronicles26-15.jpg
ツンデレお嬢様に戻ってからの姿を回顧しておきます。
ValkyriaChronicles26-16.jpg
ValkyriaChronicles26-17.jpg

モブキャラの中では一番好きでした。(^_^;

スージー、ロージー、無口さんとかも描かれてたんですが、これまた当番回のなかったアイシャの私服が可愛いかったので、そっちを回顧。
ValkyriaChronicles26-18.jpg
しかし、親、いたんですね。
こんな幼い娘を義勇軍に出す親って、いったい・・・(^_^;
実は途中で、収容施設のセルベリアなんかが描かれていたとき、ひょっとしたらこの少女もそこの出身なのかなぁ、と少し期待してたんですが、普通の市民の娘だったもよう。
・・・普通だったら、この年齢の少女を義勇軍に出したりはしませんか。(^_^;

主人公カップルでしめ。
ところで、ゲームでは2人の間に娘ができて「イサラ」と名づけるエンドがある、って聞いたんですが、もし本当なら、そっちの方のエンディングの方が良かったです。
イサラの魂がそこによみがえってくるような感慨にもなりますし・・・。
ValkyriaChronicles26-19.jpg
ValkyriaChronicles26-20.jpg

アリシアにはたくさん子供を産んでほしいですね。

ということで、後半に相当の不満はありますが、トータルとしてみれば、前半、中盤がものすごく良かったので、まあまあ佳作のうちには入るかな、と思っています。
絵に関しては、テクスチャをうまく見せていたこととかと含めて、たいへん良かったです。
作画の皆様、ご苦労様でした。
スポンサーサイト


テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 01:28:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。