■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うみものがたり 第12話 島の心 人の心
[ウリンのからだを闇に染め上げるセドナ。そのウリンは、悲しみから解放されるために、闇の中へと沈んでいく。そして最愛のマリンをも闇に染め、自分を嫌いになるようにしようとする。だがマリンは、ウリンの中にわずかに残る光の心に呼びかける。]

くわんどーしました。
すげーな、この最終回。

今期、ラストでこけたり、変なことやって逆効果になってる作品が多い中、しっかりと「作品」としてまとめてくれました。
さすがはサトジュン作品・・・もうほとんどこれに尽きるかなぁ。

心の中に眠る、光と闇。
最後にマリンさえも闇に染めようとするセドナ。
闇の心、悲しみの正体を知ってしまった夏音とマリン。
ウリンの心の中に残っていた光の心。
どこを切り出しても、すばらしいの一語。
しかも最初からあったテーマとしっかり融合してますし、海人が海に帰っていき、空人は陸で、それぞれの人生を再び歩みだす。
一応ハッピーエンドではありますが、別れのせつなさやら、過ぎゆく時の哀切やらをもしっかりと内包してて、ひと夏のファンタジーが余韻深く心に残ります。

テーマについてはいろいろありましたけど、悲しみの心、闇の心を持っているがゆえに強くなれる、純粋になれる夏音の心。
闇に染まってしまえばもう悲しみはない、それゆえに、自分を嫌いになるようにする、というウリンのレトリック。
このあたりが今回グッときたところで、最後までピュアであることを、光の心であることを疑わなかったマリンちゃんの優しい輝きなんかもキュンとくるところ。
いやぁ、いいもん見せていただきました。
最終回まで見た作品の中では、今のところ、本作が今年の最高傑作だと思います。

Umimonogatari12-01.jpg
Umimonogatari12-02.jpg

ウリン「おねえちゃんはどうなるの」
セドナ「おまえのせいではない」
ウリン「消えちゃうの?」
ウリン「どうして悲しくないの」
闇の心にとらわれる→悲しむことはなくなるけれど、悲しむ気持ちそのものがなくなってしまうこと。
そしてマリンを闇に染めようとする、セドナのウリン。
このあたりから、徐々に高まってきました。

「出会わなければよかった、最初から好きにならなければよかった」
マリンを染めよう手するセドナの意思に抗うマリン。
「ウリンの笑顔が大好きだよ」
マリンの呼びかけに、わずかに残っていたウリンの光の心が反応し、そしてセドナが苦しむさまを理解したウリン。
自らをうたかたと変えて、光を取り戻そうとする心。
Umimonogatari12-03.jpg
Umimonogatari12-04.jpg

ウリンの涙、マリンの涙、夏音の涙。
悲しむこと、悲しみを知ること、悲しさにたえること。
出会うことの喜びと悲しみ。でも、出会わなければ愛せない、好きになれない。
マリンの「愛してる」ということばが、キラキラ輝いて、ウリンを浄化していくかのようでした。

すごかったです・・・鳥肌が立った、といいますか、こんなすごいエンディングを見せてくれるとは。
ただただ感服いたしました。(^_^)

3人そろっての、復帰。
Umimonogatari12-05.jpg
あとは余韻、かと思ってたら、ここでも詩情あふれる別れのシーン。
たぶんもう2度とは会えなくなる、海の人々。
ウリンの、ウリンらしい和解の仕方。
Umimonogatari12-06.jpg
Umimonogatari12-07.jpg

「いろいろ、あんがと」
リングを返して、こういうのが、ウリンなりの精一杯の感謝、お詫び、だったんでしょう。

もう逢えない・・・感覚的にわかってはいても、そこであふれる感情がどうしようもなくなって、抱きしめる2人の巫女。
Umimonogatari12-08.jpg
Umimonogatari12-09.jpg

そして初めて、夏音からマリンへと出されることば。
「あいしてる」
なんかもうね、見ていてこっちまでウルッときてしまったでございますよ。

あとは陸の後始末。
進路を海洋学にする、と決めた夏音。
海洋学っていうと、パッと思いつくのが、愛媛大学と東海大学なんですが・・・。(^_^;

小島に告白してしまう夏音と、それをひやかす級友たち。
Umimonogatari12-10.jpg
Umimonogatari12-11.jpg

小島くん、あまりに嬉しくて「聞こえなかった」と言って、もう一度言わそうとしてました。このスケベ。(笑)

大島の宣戦布告、鈴木の友情の瞳。
Umimonogatari12-12.jpg
Umimonogatari12-13.jpg

光る海を見つめながら「ずっと、あいしてる」のことばでしめ。

最近、キャラだけ造形して、全然物語をやらない作品が増えてまして、そういうものの方がセールスがいいみたいなんですが、本作は、しっかりと物語で酔わせてくれたように思います。
当初、スポンサーというか、元ネタのところでやや抵抗があったんですが、アニメ作品としては、実に秀逸なデキでした。
2009年を代表する物語の傑作だったと、個人的には思います。

佐藤監督以下、お疲れさまでした。
そして、心震わせてくれた、すばらしい物語、美麗な作画をありがとうございました。
スポンサーサイト


テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:00:51 | Trackback(2) | Comments(5)
コメント
 闇と光の融合を「好きや嫌い」「悲しみ」の気持ちへと流れ、
それを代表するようにマリンとウリンのドラマへと行った
のは素晴らしすぎでした♪
 
 
 闇が「好きにならなければよかった、こんなに苦しくならなかった」
という負の感情でバッドエンドすれすれからウリンがマリンを好きな
気持ちから復活という流れも素晴らしいですねv-238

 
 マリンとウリンが仲直りするお話…いいじゃないですか!!
それで!!それ以上何を望むっていうんですか!!
(^_^;)
 
 
 発端を作った夏音と、その贖罪、ピュアなマリンと比較で邪悪だから
こそ夏音は耐性がある、という展開も良かったですv-238
 夏音のマリンとの2人はユリキュアv-23な関係でしたが
まさに陰と陽でしたねv-238
 
 ラスト夏音にデレるウリンも可愛かったですね~v-238v-238
2009-11-08 日 21:30:50 | URL | 犬塚志乃 [編集]
物語のすばらしさはもちろんですが、しっかりとテーマを掘り下げてくれていたのもまたすばらしかったと思います。
アニメにおけるテーマ性、なんて、別にことさら見える形で描かれる必要性は薄いと感じている方ですが、本作に関しては、有機的、かつ効果的に掘り込まれていたので、感動もまたいっそう深まりました。
闇の心と光の心、ということなんですが、同時に、マリンたちのように妖精めいたキャラクターではなく、夏音ちゃんたちのような普通の人間であれば、どちらも持っている、でもその闇の心、暗い部分をしっかり見つめて、克服していく、そういったところに、本作の深い味わいを感じるわけです。

むろん、マリンたちの中にも、人間と同じような重層性はありましたけど、こちらはもっと純粋で、シンプル。
ただそのピュアな心が、必ずしも長所にならない、問題解決には直結しない、といったあたりのひねりとも相俟って、心の問題として描けていたんじゃないかなぁ、と全編を見終わって思っているところです。

そういう意味では、キャラとしては、深い陰影を見せてくれた夏音、そして大島の方が、伝わってくるものが色濃かったですね。
キャラ萌え云々であれば、1にウリン、2にマリン、なんですが。(笑)
2009-11-09 月 21:00:51 | URL | 白石みかげ [編集]
 白石様が喜びそうな書き方をしたいと思います♪

 やはり飯塚さん、の絵も魅力ですよね♪
細い感じ、や胸も変身したり技を出す時、柔らかく
胸が「むにっ☆」としたりv-238
 
 ちょいとエッチなアングルも♪

 おへそ、のキレイなラインやマリン、ウリンを始とする
デザインv-238
 はい!
 私もマリンやウリンのデザインは素晴らしいと思いますv-238
 
 夏音の性格を反映したような少し影のあるデザイン♪
大島さん、のおへそをだしたりして女の子らしさを出したデザイン♪


 素敵ィv-10
2009-11-11 水 22:08:45 | URL | 犬塚志乃 [編集]
 白石様が忙しくなると私、コメントの数が増えるみたいです(^_^;)
お忙しいのに申し訳ありません(^_^;)
2009-11-11 水 22:22:47 | URL | 犬塚志乃 [編集]
もちろんデザインだけ、じゃないんですけどね、仕上げまで含めた全体的なセンス。
色彩の選択、塗り、そういったあたりを見ても、デザインがうまくいかされてますし。
作画のセンス、ってこういうことを言うんだと思います。

たとえば、マリンなんか、そうとう巨乳設定なのに、脂ギッシュな感じがほとんどしなくて、無性別な妖精の雰囲気、中性性はかなりそのラインに出てて、しかもバランスを崩していない、これなんかも、描画にかなりの意思統一があったからかなぁ、と思わせてくれます。
・・・単に描き手の力量の問題かもしれませんが。(^_^;
2009-11-11 水 22:24:02 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

◎うみものがたりあなたがいてくれたコト第12話「島の心人の心」
マリンちゃんたちは、闇に飲み込まれる。ウリンはセドナにマリンちゃんが死ぬと聞かされるが、涙が出ない。マリンはウリンに抱きつく。そして、お姉ちゃんも闇の心にしてあげるからねといとマリンは拒否。ウリンをスキだという気持ちがなくなるから。ウリンがマリンをどこ... 2009-11-22 Sun 03:17:59 | ぺろぺろキャンディー
うみものがたり(2月17日更新)
[画像] ◆うみものがたり ~あなたがいてくれたコト~ (2月17日更新) あいしてる ◆提供は…松竹 [画像] マリン「夏音ちゃん」 夏音「マリン」 この番組はご覧のスポンサーの提供で お送りします [画像] 夏音「字幕うざっ!!」 マリン「夏音ちゃん!邪悪... 2010-03-02 Tue 18:16:43 | オレンヂ城

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。