fc2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
青い花 第10話 
[杉本和佐と各務先生の結婚式。あきらや京子ら教え子たちと、杉本家の者たちの祝福の中、姉の結婚式を見守る恭己。式が終わり、式のことを知らなかったふみからの電話をもらったあきらは、江ノ島にいるという、ふみに同行しにいく。だがそこにあきらの兄と、恭己もついてきてしまう。]

衛星組。
今回も良いドラマでした。

ふみ「私は会いたくありませんでした」
ふみ「好きな人がいたら、そっちに集中してください」
恭己「相手にされない場合は?」
ふみ「いさぎよくあきらめてください」
ふみ「私はあきらめました。、あきらめます」
自分をふった先輩を前にしてのこのことば・・・、ふみちゃん、強くなりましたなぁ。。。

ふみ「もっと大人になってください」
・・・・
恭己「はい・・・」

ほれっぽくて、ひ弱に見えるふみと、ボーイッシュで芯がしっかりしているように見える恭己。
ところがふみの方は心の痛みを乗り越えて、しっかりと成長していき、恭己の方はいろんな想いをひきずっている。

今回はここですね、というか、恭己とふみの恋心、この岩屋でのシーンのためにあった、とさえ思えるほどのすばらしさ。
この恋に関しては、外見的な視点がふみの側から発せられることが多くて、逆にふみの内心の変化が繊細すぎて、見落としてしまいがちになるんですが、今回のこの劇的な変化で、ふみの中にあった痛み、悲しみ、成長、変化、そういったものが一気に噴出して見えるシーンでもありました。
強く前に出たように見えて、ふみの心も泣いていたんですよね、良い場面でした。
対して恭己の方も、いまさらながらに、自分がしてしまったこと、相手に与えてしまった傷、そしてなにより気づかなかった自分の弱さ、なんかを自覚させられて、衝撃を受けてました。
良いドラマです。

ここ数回、学園生活を通じて、あきらの方が可愛いくてキラキラ輝いてたんですが、ここにきてふみの、女の情、恋の深さを、存分に見せてくれたようでした。

まぁ、今回も、兄がついてきて、うざったくて、イライラしているところとか、可愛いかったんですが、それ以上に、ふみの心もわかってるだけに、この無責任にフェロモンを巻き散らかす先輩に、言いたいことがあるのにいえない、みたいなところなんか、良かったです。
ふみ「私は先輩と歩きたくないです。あーちゃんを困らせないで」
上の岩屋でのシーンに先立つここでのふみの決意に近いことばも、良かったなぁ・・・。
こう言われても、まだ恭己は自分が風上にいる、と勘違いしてたんですよね・・・。
自分がさけられているのは、自分がふったからだ、と、あきら兄には言ってましたけど、そこには、自分の意思だけが優先していて、ふみの気持ちまでをもっと深く理解で起点なかった浅さ、みたいなものもあったのかもなぁ、と思わせてくれます。

後半のこの江ノ島のシーンがあまりに強烈でしたけど、前半の杉本姉妹のやり取りなんかもおもしろかったですね。
何かにつけ、恭己にちょっかいを出す公理・・・ところが、公理自身も各務先生が好きでした、という展開。
しかもこの時点では、まだちゃんと告白していた恭己の方が立場としては上でした、というのがありました。
それがあったればこそ、後半に年下のふみに諭されてしまうシーンが生きてくるんですよね。

さりげないところでは、式当日の杉本父が、ぼんやり空を見て、腰が重かったりするところとか、実に描写が細かかったです。
セリフに出してくれなくても、娘が嫁いでいってしまう感慨が、しびれるほどに伝わってくるところでした。

繊細な心理ドラマです。
しかもその中に流れている、優しさと切なさの入り混じった、どうしようもない心の奔流。
劇的な事件をそれほど解してはいないだけに、その細やかさが伝わってきますね、こういうドラマ、大好きです。

次回、最終回。
どんな風にまとめてくれるのかなぁ、と楽しみです。
スポンサーサイト





テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 22:35:13 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>「ごめん、ごめんなさい・・・」

 やっちゃんの、このセリフいろいろな解釈ができそうですが、
ふみちゃんが「お姉ちゃん」でやっちゃんが「妹」みたいな
感じ、と今は思っています。

 
 ふみちゃん、成長したねぇ、とあーちゃんみたいに
感じてしまいます。


 それと、やっちゃん、の側から、ふみちゃんとあーちゃんが
一緒になって離れていくシーンも印象的でした…。


 『青い花』はコマの隅にあるセリフにも意味があって
見落としていることがあります。
 アニメを見て、「このセリフあった?再読んでみたらあった!!」
と意味がわかったこともしばしばです(笑)
2010-03-27 土 19:47:58 | URL | 犬塚志乃 [編集]
作品づくりにおいて、包括的な構成って、手馴れてくるとそれほど難しくはありません。
むしろその枠内で、個々の個性に基づいた言動、というが、難しい、というか作者のセンスが問われるところです。
恭己がふみに対して感じていた感情の部分だけでなく、その立ち位置の部分までしっかりと追求し、ほころびを見せてくれているところとかが、秀逸でした。

それとふみの成長。
小説とかならともかく、映像で物語を進める漫画やアニメで、成長を意図的に示す、というのはかなりの難易度です。
連載が長期間になって、作者自身の成長、変化で作品が成長していく、というのはけっこう見ますけど、本作の場合、意図的に構成されていますから、伝わってくるものも大きいです。

花嫁の父、なんかも実に良い描写で、ああいう見せ方をされると、そのドラマ性にかなりクラクラきてしまいます。
2010-03-28 日 15:41:14 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する