■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
PandoraHearts 第25話 
[レインズワース家に滞在していたオズたちをオスカーが訪ねてきて、オズがベザリウス家に戻ることを提案する。だが父親との確執が頭をよぎり、オズはためらう。だがオスカーによってオズの父が10年前のオズ失踪事件から行方不明になっていることを告げられる。屋敷に帰ってきたオズだったが、壁にかけられたあるグリフォンの絵に衝撃を受ける。あの日、アヴィスに落としたグリフォン、それは父・ザイ・ベザリウスのチェインだったのだ。オズは父との再会を求めて、バスカヴィルの民を訪ねる。]

原作未読組、最終回。
前回の怪獣バトルがやや突飛でしたので、ひょっとしたらアニメ・オリジナルなエンディングが用意されてるのかな?・・・とも思ってたんですが、そういうこともなく、「俺達の戦いはまだまだこれからだ」式の終わり方でした。
まだ終わっていない現行作品ですから、こういうしめくくりでよかったと思います。

父との対峙を経て、残された謎に挑む姿でしめ。
ただ、実家に戻ってきたっていうのに、エイダがでてこないのには少し不満でしたが。(笑)

今日で見納めの、シャロンとブレイク。
PandoraHearts25-01.jpg
ブレイクも、最初の頃はすっげーブキミでダアクな雰囲気だったのですが、共闘するようになってから、人間らしくなってきました。
シャロンお嬢さまも、黒いところとか、お茶目なところとかが随所にでてくるようになってよろしゅうございました。
ノワールなお嬢さまって好きですよん。(^_^)

一見単細胞なんですが、それは一部の記憶が欠落しているからであって、実はとっても感受性のあったアリス。
今回も、ギルから聞いたオズの父親のことをペラペラしゃべってオズを落ち込ます原因のひとつを作ってみたり、ベザリウス家から肉がでると聞いて大喜びしてみたり。
PandoraHearts25-02.jpg
オズの父に対する気持ち「的外れな片思いにすぎなかった」ということばに対して、アリス、
「おまえは他人に認めてもらえないと存在できないのか!」
うん、やっぱりアリスは最初から最後まで良かったです。(^_^)
オズのことを下僕、下僕、と言ってるわりには、時に盟友だったり、行動を見ていますとアリスの方が従者っぽくなってる時があるのも、可愛いところ。

そしてその独特の攻撃的、肉食的な性格もさることながら、美しい下半身も魅力的でした。
PandoraHearts25-03.jpg
PandoraHearts25-04.jpg
PandoraHearts25-05.jpg

ああ、 この腿の魅力も今回で見納めかぁ・・・、まだ衛星とDVDでしばらく楽しめますが。(^_^;

まだオズとの道行きは途中でしたけど、オズがギルの手をかりることなく、単身でアリスの封印を解けるようになった、というあたりが、成長というか、変化の足跡を見せてくれることになりましたので、関係性という点では、一段落。
しかしそうなると、刻印の針がいっそう進む、ってことなんですかね?
刻印の問題に関しては、まだ明確にされてませんから、今後は原作で楽しませていただくといたしますか。

サブリエにあったバスカヴィルの本拠、そこに乗り込んでいって、ロッティたちとの再会、そしてザイ・ベザリウスとそのチェイン、グリフォンとの対決。
オズ、絶叫にも近い呼び声「ビーラビット!」
PandoraHearts25-06.jpg
ここのたたみかけはすごかったですな、それまでの、静の対立があっただけに、劇的でした。
アリスちゃん、無敵です。(^_^)

作画に関しては、前回がベストで、今回、食事の場面から、サブリエに出かけるまでの間、やや統一のとれない粗いカットが目に付いたのが、残念でした。

ラスト2回がやや駆け足だった感は残りますが、それでも今年を代表するダアク・ファンタジーの傑作、堪能させていただきました。
一応テレビ版の最後まで見させていただきましたので、今後、原作を楽しませていただく予定。
平行して、DVDですね。
オリジナルのミニアニメがついているのも、良いポイントになってます。(^_^)

「オレは前進をやめない」
「作者はオレたちなんだから」という力強いオズのことばでしめ。
EDのアリスの絵を回顧して終えておきます。
PandoraHearts25-07.jpg
ダアク・ファンタジーはかなり好きなジャンルで、それをこれだけうまく処理してくれましたので、言うことはありません。
作画・デザインも、モロ、好みの領域でしたし、ある意味、自分の鉱脈にたどりついたような感慨がありました。

キャラ的には、皆個性があってステキでしたけど、あえて順番をつければ、
アリス>エイダ>シャロン>ギルバート少年時代>オズ>エコー>チェシャ・・・て感じかなぁ。
それ以外にも花売り娘とか、ブレイクとか、良い素材はたくさんありましたし、キャラ造形に関しても、たいへん満足しているところです。
2クールと長かったことで、ややバラツキは感じましたが、画面も味のあるスタイルでしたし。
放映が始まった頃、ほとんど情報を持ってなかったので、不安もなければ期待もない、でも、山岡さんと小林千鶴さんがメインに入られるみたいでしたので、作画的にはかなり良い線いくんじゃないか、という程度でしたので、ここまでの当たり作品だとは思いませんでした。
その意味では今年始めの『RideBack』に近かったかなぁ、というのもあります。
山岡さん、千鶴さんの、次の仕事も楽しみにしておきます。
スポンサーサイト


テーマ:PandoraHearts - ジャンル:アニメ・コミック

PandoraHearts | 21:48:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。