■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
亡念のザムド 第26話 最終話
[涙の雨を降らせて、人々を結晶化するヒルケン皇帝を鎮めようと、アキユキは彼に名前を与える。するとヒルケン皇帝の仮面がはずれるが、アキユキ自身も再び仮面に封じられてしまう。結晶に閉じ込められた人々は復活。ザンパニ号では一命をとりとめた伊舟を囲んであらたな船出となっていた。そして9年後、ハルは教師になっていた。]

公式設定を見たら、アキユキがヒルケン皇帝に名前を与えることが、「悲しみを静めるため自らの犠牲を厭わず」・・・とあるんですが、そういう風には見えなかったんですけどね、なんか難解でしたね、あそこの場面。
ヒルケン皇帝の悲しみが、具体性をもって語られてなかった、ということにあるんだろうとは思いますが、アキユキが記憶をなくしていたときの道行きでも、どうも目的が見えませんでしたし。
たぶん、1回しか見てないからかも知れませんが、娯楽作品に「精読」を要求されるのは、ちょっとつらいものがあったりします。
そんなわけで、自分でも理解不足、もしくは理解しようとする努力が欠落しているのは認めますが、どうもこの絵柄ということもあって、そこまで努力したくないんですよね。(^_^;
つうことで、ラスト2話の、盛り上がりが、作劇術としては盛り上がっているけど、どうも共感しづらいものがあった、と記録しておきます。

開始してしばらくの頃に聞いた、最後がガタガタだから、前半がよくても期待するな、ということば。
こうして全話見終わってみると、そういう感想がでてくるのもなんとなくわかるなぁ、とは思います。
ただ、作品の一貫性とか、表現しようとしていたもの、なんかは、かなりの密度で、しかも高い水準になっていたと思います。
少なくとも、『ヴァルキュリア』や『バスカッシュ』みたいな低空飛行になったわけではない、ということは書いておきたいのですが、どうもフィーリングがあわなかった、というのもあったりします。
ここらへん、難しいですね。
「面白い作品を見たい」「感動できる作品を見たい」「高い水準の作品を見たい」という欲求は、良作であればだいたいどちらも満たされるんですが、ときにそうでないこともある、といったところでしょうか。

見終わっての感想は、前半のハルの可憐さ、中盤でのフルイチの変貌、といったあたりが面白く、また魅力的でした。
後半は、それに匹敵するものが、ワタクシとしては感じられなかった、といったところです。
技術水準の高さは十分伝わりましたけど。

最終回で、それぞれのその後が語られる、という余韻のもたせかたで、けっこう良かったのが、まずハルが教師になって、自分たちが学生だった頃をバスの中で回顧するところ、その教師もまだ非常勤で、それほど安定はしていないこと、といったところ。
そして、ザンパニ号では、こどもだったヒノキマルとコバコが成長して、まるで雷魚とナキアミのようになっていたこと。
また、リュウゾウ医師の下で目を覚ましたナズナが、養女のようになって美しく生活していること。
あるいは、そこに入院している男性、たぶん垣巣と、それを見舞うスカッキ。
このあたりが、味わい深い生活の描写になってました。
そして最後に、淡々と語る、アキユキとハル。
アキユキが「ありがと、愛してる」と、てらいもなく軽く言い、ハルもまた
「私も・・・愛してる」
こういってしまえるほど、2人の中ではいろんなものが成熟していたんでしょう。
このサラッといった感じで、そういったものがよくできていたと思います。
自分の足で歩くミドリと、泣く父親、ジンイチロウ、なんかもさりげなく良い味でした。

ということで、テレビ用の作品というわけではありませんでしたが、密度の高い作品水準を見せたいただきました。
スポンサーサイト


テーマ:亡念のザムド - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(下期) | 21:48:31 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

亡念のザムド 第26話
なんだぁぁぁぁぁぁぁっ!! この最終回っ!!! 結局雷魚だけ? どういうことなのよぉ~っ!! しかもラストは9年後ってあん... 2009-10-10 Sat 23:50:51 | こじこ脳内

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。