■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青い花 第11話 冬の花火
[季節は巡り、秋、衣替えの季節。文芸部員として図書室の整理にかり出されたふみは、「嵐が丘」の書名を見て、まだふっきれないでいた。井汲京子は杉本恭己が英国留学を決めたことを知り、あきらは康から京子へのプレゼント選びを頼まれる。だが街中でそれを見てしまったふみは咄嗟にかくれてしまう。千津から絵葉書が来て、それを見て「初恋を覚えている?」という恭己のことばを思い出すふみ。だが、奥平家でむかえた友人達とのクリスマスパーティの夜、あきらと2人だけで小学校を見に行ったとき、ふみはそこで本当の気持ちに気づく。]

衛星組。良い最終回でした。
最終回単体で取り出してみると、今期のベストじゃないでしょうか、それくらい、良い余韻と、心地よい感情でしめくくってくれたと思います。

ふみと恭己の間で終わってしまった恋。
恭己の方は前回のふみのことばを受けて、自分の気持ちを払拭すべく、留学を決意。
悲しい想いで自分の気持ちと決別したはずのふみは、わかってはいても、未だ揺れてしまう自分の心のことを考えてしまいます。
そんなときに目撃してしまった、あきらと康がショッピングセンターで買い物をしている姿。
ラストの劇的な回想にいたる伏線だったんですね。

「もしつきあっているのなら、あーちゃんは私に言ってくれるはず」
その通りで、理屈としては通っているし、たぶん正しいんだろう、と考えながらも、心は違うことを思ってしまい、小さな波を感じてしまう。

そして千津の絵葉書。
思い出す恭己のことば。「初恋の人」のこと。

このあたりが、最後の回想へとつながっていくわけで、実に心憎い演出でした。
いったんは、この「初恋の人」というタームから、千津のことを思い悲しみにふけるんですが、ラストにいたる直前、あきらの家で行われたクリスマスパーティでもさらに伏線がまかれるわけですね。
昔のアルバム。
昔はあきらの方が身長が高かったこと。
アルバムにあった昔の押し花。
そして思い出すことば。「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」
いつもそばにいてくれて、自分を励ましてくれたあきら。
思い出の中には、いつもあきらがいてくれたこと。

あきらのこのことばは、本作が始まった一番最初からでてきていたものでした。
それがここでリフレインのように回顧される。

そして、取り壊される小学校の校舎に行って、昔のあきらを思い出し、どんなに自分があきらを頼っていたか、見ていたか、心を寄せていたか、を、ごく自然に、あたりまえのように思い出すわけです。
いやぁ、良いドラマをみせていただきました、感動しました。

このはじまりをもって最終回とする、演出センスもステキで、しびれるところですね。

作品名『青い花』
文芸的素材がちりばめられていますから、当然ノヴァーリスの『青い花』(原題は主人公の名前、ハインリッヒ・フォン・オフターディンゲン)を誰しも連想するところなんですが、作者さん、意図的にこの題名にしたようですね。
ならば、具体的に「青い花」がキーになるわけではなく、浪漫的精神の象徴としての「青い花」、憧れと夢幻への気持ち、というところでしょうから、第9話での、白い百合の花も、なんら矛盾はないわけです。
もっとも、今回、それっぽい「青色の花」が映ってはいましたけどね。(^_^;

今回のサブタイにしても、「冬の花火」、たぶん、太宰なんでしょう。
こういう文芸的な仕掛けが多いので、底の方までしっかり感じとろうとすると、ある程度の教養が要求されるわけで、そういう意味では難しい作品だった、ともいえなくはないですね。
別に、そういったモティーフを知らなくても、ふみの心の深さ、感じ方を負っていけば、十分にわかるつくりにはなってはいますが。

素材、という点で、少し興味をひいたのは、演劇部の次期上演候補の中に『ひばり』の名前があったこと。
ジャン・アヌイでしょうね、たぶん。
ジャンヌ・ダルク火刑裁判のできごとを静かに淡々と、しかし内的には劇的な緊張をはらみつつ描かれたこの作品の名前があがってくる、というあたりに、演劇に対する本格らしさを感じてしまうところです。
アクションはほとんどない分、内面を演じなければいけない、という点で、高校生としてはかなり難しい部類に入る、とは思うものの、そういった名前があがっている、という点にも関心させられたところです。

軽い方では、ポンちゃんたち。
図書室で声色を使ってふみを驚かすポンちゃん。
奥平家で、帰り際に、あきらの兄・忍にプレゼントをわたす茂木。
脇役で、描写量もきわめて少ないのに、個性が見事に浮き上がっています。
こういうリアリティのある高校生活、女生徒しか登場させない偏った空間ではなく、ちゃんと先輩も、男もおとなもいる世界で繰り広げられる、同性への思慕。
特定成分が抽出された世界ではなく、あたりまえにある世界でわきおこる得意な感情。
それゆえに、その思慕に深みを感じてしまうのです。

ということで、正統派百合ものとして、おそらく望みうる最高のできばえではなかったか、というのが、見終わってみての感想です。
百合とレズビアンを区別できない人にははなはだ物足りないかもしれませんが、そういった人たちには、この萌えたぎる同性思慕、というのが理解できないでしょうから、無視していいかと思います。

とにかく良作でした。
こんな佳作に出会えたことに、感謝したいと思っています。
スポンサーサイト


TVアニメ2009(下期) | 22:57:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。