■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第7話 
[北海道から本州へわたろうとする蘇芳たちだったが、途中には何重もの検閲が待っていた。そこで黒のツテで、便利屋を雇うことになる。同時に、ロシアFSBも日本に上陸、その尖兵として、仲間からも嫌われる恐ろしい契約者、イリヤ・ソコロフが、蘇芳たちの下へとむかう。青森へ上陸した蘇芳たちだったが、雇った便利屋の目的はドールの強奪にあった。ジュライが拉致されるが、蘇芳はその観測霊を追って、ジュライの元へとたどり着く。]

前回予告で見せてくれた蘇芳のミニスカは、単なる変装でした。
それでも十分可愛いかったから、まぁ、どういう理由づけでもいいかな。(^_^)

そしてそれにもまして可愛いジュライの肢体。たまらんわ。(笑)
つくづく本作のヒロインて、ジュライだよなぁ、と思ってしまいます。
DTB2_07-04.jpg
DTB2_07-05.jpg
DTB2_07-06.jpg

銀が出てくると、たぶんまた変わってくるので、おそらくヒロインは、ジュライ、銀をひっくるめて「ドール」ということになるのかもしれません。

つうことで、絵としては、ジュライの受難と、蘇芳のミニスカアクション、ということになるでしょう。
蘇芳・・・ちうがくせいだというのに、ステキな太腿でした。(^_^)
DTB2_07-01.jpg
DTB2_07-02.jpg
DTB2_07-03.jpg

話としては、いろんなモティーフが投げかけられてて、それらが筋の上で重要になってくるもの、今回のエピソードとして面白かったものと、しっかり全体を考えた上で配置させられているっぽいのが、骨太のドラマを感じさせてくれるところでもありました。

ということで、気に入った点なんかを羅列的に残しておきます。

・パブリチェンコ博士と、紫苑。
冒頭、FSBがなかなか面白いことを言ってまして、DNAレベルでパブリチェンコ博士の死を確認しているのに、実は息子ともども生きているらしいこと、1日分の記憶だけ引き出すことができる、ということの意味。
このあたりも、どういう仕掛けなのか、それとも、契約者の不可解さの中で説明とかはされずに進行するのか、わかりませんが、契約者が生まれてくる経緯の不可解さとも含めて、作品の背景にある、暗闇のようなものを暗示してくれていて、ちょっとゾクッとしたところ。

・FSBの契約者認識。
上と関連しますが、彼らの認識と、三号期間、CIA、そしてMI6の認識と、ズレが生じているのが面白いですね。
これはたぶん、契約者に対する実験・研究の速度の差、ぽいのですが、そのわりに、ターニャといい、今回のソロコフといい、かなり特異な、見ようによっては気持ちの悪い能力を伴って登場してきているので、研究と、実際とはそれほどリンクしていない感じですね。
そんな中にあっての、パブリチェンコ博士の存在、目的。
この辺は、おいおい見せていただけると思うのですが、どうも蘇芳にとっては、あまりハッピーな展開にはならなそうです。
つまり、父が紫苑を選んで蘇芳を捨てるとか、眼中にないとか、そういった点で。

・ジュライ「痛い」
DTB2_07-07.jpg
蘇芳が、ドールとしてではなく、人間としての反応をジュライに期待するシーンがあったんですが、あそこの描写が、契約者のありように迫っていると同時に、蘇芳の「子供らしさ」みたいなものとしても描写されていたのが、なかなか面白かったです。
喜怒哀楽のうすい契約者、というのは理屈でわかっていても、それでも、「寒くはないのだろうか」「痛くはないのだろうか」という疑問に動かされてしまう姿、同情。
そしてついにその蘇芳の気持ちにこたえるような形で、痛覚をもらしてしまう、ジュライ。
観測霊をとばす、ということが、どういう感情なのか、蘇芳の言うように助けを求めていたのか。
これ、今回だけのエピソードなんでしょうか、なんかシリーズ全体の鍵になってきそうでもありますね。
ジュライが蘇芳と行動をともにするようになったこととも、関係していそうですし。

・銀のことを言われてキレかかる黒。
ジュライに関係してですが、同じドールなのに、銀には執着して、ジュライはモノ扱いの黒に対して蘇芳が放った疑問、というより、むしろ詰問かな。
それに思わずキレかかる黒さんでしたけど、あの辺、単に黒の気持ち、というだけでなく、ドールの存在が契約者にとってどういう影響を及ぼすのか、もっというと、ドールこそが見かけと逆に、契約者を動かすだけの価値を秘めているのか、といったことを暗示してくれるのですが、はてさて。
このあたりは、銀がどういう状況で、物語の上に復帰してくるのか、ということと関係してきそうですな。

・FSBの契約者、イリヤ・ソコロフ。
仲間からも嫌われる、元・快楽殺人者。
死に至らしめる手法が具体的だったわりにわかりづらかったんですが、脳内麻薬をいじって、神経系統を麻痺させて、窒息死、というところですかね。
やられてるおっさんとか、生天目な便利屋さんとかの、末期の顔がかなりえぐかったですが、瞬間技じゃなかったためか、黒に不意をつかれて倒されてしまいました。
この男の対価が、スケッチを描く事・・・だったんですが、ただのスケッチじゃなくて、カラダに切り刻みの線を入れる、という、なかなかキてる対価でしたのが、面白かったですな。

・便利屋・生天目さん。
DTB2_07-08.jpg
美人だったのに、もったいない。(^_^;

・ターニャ上陸。
DTB2_07-09.jpg
これは次回のポイントでしょう。
ただ、今までの人物展開を見てますと、ターニャも、退場それ自体は、けっこうあっさりと退場してしまいそうではありますな。

・未咲と鎮目弦馬。
下っ端なんで、全体像を教えてもらっていない、ということでしたので、まだ本当かどうかわからないので、もう少し見てから、ですが、ちょっと重要になってきつつあるようですな、この三号機関の面々。
あのおっぱいメガネなんかは、鎮目言うところの上の方にあたるのかしらん。

・三号機関の面々。
ゴルゴが、9課課長みたいなのと、苦い茶を飲んでる光景は面白かったです。
あそこはギャグに近かったと思うのですが、その後、課長みたいなのが、葉月にプライベートっぽいことを聞いてたのが印象的で、それぞれに出自、目的がズレているかも、と思わせるには十分でした。
この連中、ただの戦うコマではないみたいですので、今後が楽しみ。

次回はターニャと対決するみたいですけど、あのプールにプカプカ浮いてた女はいったい誰なのかしらん。気になりますわん。

エンドイラストは、双子の金髪ロールでした。
DTB2_07-10.jpg
ジュライも一緒に映ってたところを見ると、この双子もやはりドールなんかなぁ・・・。
スポンサーサイト


テーマ:DARKER THAN BLACK 流星の双子 - ジャンル:アニメ・コミック

Darker Than BLACK | 23:31:53 | Trackback(4) | Comments(4)
コメント
 レプニーンのモデルが某プーチ●大統領?とか
余計なことを考えいます(^_^;)
 
 
 ターニャたちのFSBは昔KGBと
呼ばれていましたがプー●ン大統領は
一応KGBにいたことはありますが(^_^;)

 
 ボンズやサンライズは余計なことを考えてしまう事が
多いいです(^_^;)
2009-11-22 日 13:24:23 | URL | 犬塚志乃 [編集]
合間合間のネタはかなり狙ってやってるところも多いのですが、本編とリンクしてないときは、煩雑なんで割愛しています。
それでも気に入ったものは、書いてますけどね。

この第2シリーズでも、北海道上陸後のジュライが、頬の両側に指をあてて、笑顔を物理的に作ろうとしているシーンがありまして、第1シリーズで銀がやってたので、「銀の真似」と書いてしまいましたけど、あれなんかも正確には、20世紀初頭の名画『散りゆく花』(1919)で、リリアン・ギッシュがやってた、サイレント映画史に残る名シーンからだろうと思います。
あれなんか、リリアン・ギッシュのおかれていた、父から虐待を受け、笑顔を作れなくなった少女、という設定と、ドールとして笑顔をなくしてしまった銀、ジュライなんかが対応していて、ちょっと面白かったところでした。
これなんかは、本作とリンクしていたので、書いといた方が良かったかな、とは少し思っていたりします。
2009-11-22 日 17:09:17 | URL | 白石みかげ [編集]
 ああ、時事ネタを書くよりも銀ちゃん達を書いた方が良かった
ですね(^_^;)
 
 リリアン・ギッシュ、『散り行く花』さすがに未見ですが、
よく見ておりますね白石様(^_^;)
 監督、グリフィスなんですね。
『國民の創生』や『イントレランス』の。

 表情のない子が笑顔を作る、ってのは、かなり
そそられる素材ですが、源流はこの映画なんですか。

 
 
 銀、蘇芳、ジュライとお子ちゃま達が増えておりますが、
思いついたネタ。


八百屋のおばちゃん「あら、可愛い子たちね~」

未咲「は?はぁ~?」

おばちゃん「この子目元がお母さんそっくりねぇ~」

未咲「だから、ちがいますって!!」

銀「ママ」 蘇芳「ママ」 ジュライ「ママ」

おばあちゃん「おまけしといたよ、そろそろ四人目かい?」

未咲「だから、ちがいます!!」

おばちゃん「アンタ紅白に出るんだって?」

未咲「ちがいます!!」

 こういうギャグをやったり…ありそうだけどたぶんないでしょうねぇ~
(^_^;)

 とりあえず水樹奈々さん、紅白出場おめでとうございます♪
2009-11-23 月 20:39:42 | URL | 犬塚志乃 [編集]
>そそられる素材ですが、源流はこの映画なんですか。

劇だとまた違ってくるでしょうけど、映画だと私が知る限り、『散りゆく花』が最初だと思います。
リリアン・ギッシュは、メアリー・ピックフォード、アラ・ナジモヴァとともに、日本の映像文化に及ぼした影響も大きい人でしたので、昔、いろいろ探して、見たり、を繰り返してたことがありました。
明朗快活ピックフォード嬢、純情可憐ギッシュ嬢、妖艶ナジモヴァ夫人、なんていわれて日本でも親しまれていたそうな。
ネグリやスワンソンなんかより、少し前の人ですね。

未咲さんに関しては、そういわれても全然違和感がない、と言いますか、ジュライとか人種が違うのに、信じられてしまいそうな、というか。
未咲、苦労してそうだからなぁ。。。

紅白については、ほんとに水樹さんしか見たいとは思わないのが、なんともかんとも。
アンジェラ・アキなんかより、angelaを出してほしいです。(笑)
2009-11-24 火 01:18:48 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第7話
ツキアカリのミチシルベ(アニメ盤)(期間生産限定盤)(2009/11/04)ステレオポニー商品詳細を見る 黒ちゃんがゴルゴのように…(笑) 北海道からの... 2009-11-22 Sun 09:43:05 | こじこ脳内
(アニメ感想) DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第7話 「風花に人形は唄う・・・」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見る 北海道から本州に渡るあらゆる交通機関に公安の手が伸びていた。便利屋に接触し手引きさせるが、便利屋はさらに裏の稼業があり…。そしてスオウの前に、また新たな契約者が襲い掛かる。 ☆<11/20更新>... 2009-11-23 Mon 00:27:59 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第7話「風花に人形は唄う…」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)(2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る 黒一向は北海道から脱出しようとするものの、日本警察やロシ... 2009-11-23 Mon 21:29:01 | 破滅の闇日記
[アニメ感想] DARKER THAN BLACK 流星の双子 第7話 「風花に人形は唄う・・・」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)(2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る 北海道から本州に渡るあらゆる交通機関に公安の手が伸びてい... 2009-11-24 Tue 00:30:07 | 混沌-chaos-という名のクロニクル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。