■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 
[やみくもに町を流していた美咲は、ジュライと蘇芳を見つけ、保護。美咲の母、麻子の元へ向かい、オリジナル蘇芳が死んだときのことを聞く。一方、捕らえた耀子から銀の情報を聞き出そうとしていた黒だったが、情報はえられず、耀子を放置していくと、耀子は何者かに惨殺されていた。美咲から蘇芳を奪い返した黒。そんな黒に、蘇芳は自分の心の中にわだかまっていた感情を吐き出す。]

最後に、恋を知る蘇芳の描写があって、今回も良かったですな。
しかし、恋を恋と知らず、胸の気持ちを吐き出す蘇芳・・・というのは、DTBの世界とはちょっと相容れないのかも、とも少し思ったところではあります。
個人的には、今までハードで冷たい展開で魅了してくれてましたので、そのギャップという意味で、今回ラストのウェットな描写が効果的でしたし、個人的にもこういう見せ方、展開は大好きです。

加えて、かなりの情報と、展開がつめこまれていたのですが、本作に限っては情報過多、あるいはつめこみすぎてアラスジ展開になる、ということもなく、じっくりと見せてくれました。
今回の気に入った点をまず列挙しておきますと、
・蘇芳の真相。
・麻子の折り紙。
・マオの足首フェチ。
・蘇芳が死んだときの様子。
・紫苑の能力。
・耀子の悦痴い拷問。
・耀子を殺されて、葉月さんの決意。
・美咲の栄養ドリンク。
・美咲の肉まん。
・美咲の「リーくん!」
・美咲とジュライ。
・双子がしゃべった!ジュライもしゃべった!
・銀、覚醒。
まだまだいろいろあった感じですが、とりあえず気に入ったのはこのあたりなんで、少しだけ回顧しておきます。

今回のキーパーソン、蘇芳、紫苑の母、パブリチェンコの妻、牧宮麻子。
DTB2_10-01.jpg
「蘇芳が死んだ」と言って、拒絶したシーンから。
前回の段階では、蘇芳が蘇生した死者なのか、クローンなのか、コピーなのか、判明しませんでしたけど、水族館の記憶が擬似記憶である、ということが、麻子との会話で判明しますので、この段階でコピーであることがほぼ判明。ラストでしっかりとコピーとして扱われてしまってました。

マオが取り残されて、麻子のそばにいるとよみがえる記憶。
足首を見て思い出してました。(笑)
DTB2_10-02.jpg
DTB2_10-03.jpg
DTB2_10-04.jpg

麻子の妊婦時代、けっこう萌え。(笑)
このボテ腹がたいそう良かった、といいますか、趣味にあいましたので、ちょっと軽視しがちになってしまいましたが、この後も執拗に、マオが足首フェチだった描写がでてきました。

それとたぶん重要であろうこと。
麻子がゲートの存在を予見するようなことを言っていた、ということで、美咲に語ったことはまだすべて、というわけではないようです。
今後麻子が登場するかどうかわかりませんが、仮に登場しなくても、蘇芳脂死亡前後の物語は隠されている感じですね。そこまで語られるかどうか、というのはありますが。

ただ、この辺、なぜ今までマオが語らなかったのか、とか、美咲が簡単に蘇芳とジュライを回収したりとか、かなり筋立てとしては強引な印象もあったところ。
尺の関係だろうと思うので、仕方ないとは思いますが・・・。

さて、その2人を回収する美咲さん、栄養ドリンクを飲んで、ぷはー、頬をぺしぺしして「よし!」
おっさんくさくてステキです。(笑)
DTB2_10-05.jpg
その後、ジュライと蘇芳を回収するんですが、美咲さん、ジュライは知っていましたけど、あんなに親しげに会話するほどだったかなぁ・・・。
懐かしくて、といったところもあった、ということなんでしょう、たぶん。

2人に肉まんを食べさせてましたけど、これが後々命を救ってくれることになるとは。(笑)
DTB2_10-06.jpg
ともかく、麻子のマンションへむかった美咲は、いろいろと情報を聞き出してましたけど、ここで、マオの記憶も交えながら、蘇芳の死んだときのことなんかも語られます。
DTB2_10-07.jpg
DTB2_10-09.jpg

たぶんここでの描写のため、だったと思います。マオの記憶のエピソードは。
いかにもとってつけたような記憶の復活でしたけど、これも尺の関係かも、ですね。
もう少し予定時間があれば、ことさらマオの記憶をはさまなくても、蘇芳の過去については描写できそうでしたし。
ただまぁ、マオの足首フェチ、という面白い特性が追加されてたので、そこはそれ、転んでもただでは起きないというか、別のギミックを用意してくれてたので、不備、というほどには感じませんでしたが。

先のマオとの会話もそうでしたけど、蘇芳に折り紙を教えていたときの麻子の表情とかしぐさとか、かなり暗示的です加えて、
DTB2_10-10.jpg
DTB2_10-11.jpg
DTB2_10-12.jpg

この紫苑の表情。
蘇芳に比べて対照的なんですが、この時点ではまだ契約者ではなかったはずなんですが・・・。
謎の親子ですね、紫苑、麻子、パブリチェンコ博士。

紫苑の死の真相。
DTB2_10-18.jpg
DTB2_10-13.jpg
DTB2_10-14.jpg

パブリチェンコ博士が天馬博士みたいなことしてたんですが、この後、遺体は火葬にした、といってたので、死んだのは確実。
よって、死者の再生ではなく、コピー。
人体練成とどっちがすごいんでしょ・・・とかフト思ったんですが、擬似記憶も埋めこめる、という段階で、こっちの方がすごそうですな。
それにしても、この窓辺でバイバイする紫苑の姿・・・。
DTB2_10-15.jpg
折り紙のときのつまらなさそうな表情ともども、一種異様な対比感です。

蘇芳がコピーであることを語るときの現在の表情にも、なんか鬼気迫るものがあったんですが、中の人は、「演ずると死ぬ」ということで有名な桑島さんですから、死ぬのかなぁ、やっぱ。(^_^;
DTB2_10-20.jpg
もうラスボスにしか見えないんですが。(^_^;

さて、主人公黒くん。さらってきた耀子に自白剤を注射して、なんかエロい自白強要をしてました。
DTB2_10-16.jpg
DTB2_10-17.jpg

結局耀子は契約者ではなく、単に三号機関によって、情報の管理記録をさせられていただけ、といったところでしょうかね。
殺したのは黒ではない誰か、なんですが、葉月さん以下、三号機関の面々にはBK201、と映ったようで、葉月さん、復讐を決意。
死体に接吻してましたから・・・葉月さん、素でそっちの人だったんですね。(^_^;
耀子も「葉月さま」って言ってましたが、こっちは従者属性、被虐属性も入ってました。

愛しのBK201と再開したのもつかの間、蘇芳を誘拐しようとされている、と思われて、殺されそうになる美咲さん。
リーくん!
DTB2_10-19.jpg
まじで殺しかけた黒さんもすごかったけど、「この人、肉まんくれた!」と言ってとめる蘇芳も、なにげにすごかったですな。(笑)
ギャグ・・・と言ってしまうにはちょっと、ですが、かなりウェットな要素にはなってたと思います。

この流れから、蘇芳の告白タイムへ。
DTB2_10-21.jpg
DTB2_10-22.jpg
DTB2_10-23.jpg

暴力をふるったり独善的だったりするのに、なぜか嫌いきれない。
自分を鍛えるのも、他の女のためだとわかって、胸にモヤモヤするものがどうにもできない。
名前で呼んでもらったときにとても嬉しかったのに・・・。
明確に恋の表情なのに、気づかない、憧れから始まる初恋の徴・・・、いろんなものが、直りきっていない風邪の頭にグルグル駆け回る、良い場面でした。
ただ、ちょっとDTBのクールな世界観とは違うかなぁも、と思ったことも確かでしたが。
かなり優しく接していたりして、黒さんも、まんざらでもないんでしょうけど、あくまで本命は銀なんで、優しさがアダになる展開をいってる感じですな。
実際、美咲さんはすっかりアダになってるわけですし。
それにしても、恋をしてしまうのは、コピーだから、というのも面白い見解です。

さて、紫苑のいう「弓張り月のオレンジ」が中空にかかり、驚く市民、来るべき時がきた、というマダムと双子。
DTB2_10-25.jpg
今期もかなり謎の部分は解決せずにそのまま、に終わりそうですが、このマダムと双子に関しては、なんらかの答えはあるような気がします。

そしてCパートではもう一つ、銀の復活が語られて、シメ。
DTB2_10-08.jpg
DTB2_10-24.jpg

この映像が持つ意味はまだ不完全ですが・・・。

情報量が多いので、見落としているところもまだけっこうありそうですが、冬コミ準備で多忙につき、何回も見ていられないので、この辺で。
作画、シナリオともに、本作としてはかなり穴があった感じはしますが、それでもそこそこ面白かったです。
設定エンドは、人間時代のマオ。
DTB2_10-26.jpg
足首フェチは属性の一つのようです。(^_^;
スポンサーサイト


テーマ:DARKER THAN BLACK 流星の双子 - ジャンル:アニメ・コミック

Darker Than BLACK | 22:00:00 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
 …この作品どうも受け入れられない部分があるんですよね。
その大部分が黒ですが…。
 
 
 まぁ、それは置いといて…
 
 
 耀子さん、と葉月さん、はもうこういう形でも愛を貫いている
のに、ただただ感動いたしました。
 葉月さんが残って耀子さんを自室の冷凍庫(!!)に入れて
暮らし続けても、また、あの世で再開しても、2人は離れませんよね♪

 …食材にして別の形でひとつになる…なんて考えてませんよ
(^_^;)
2009-12-16 水 19:47:42 | URL | 犬塚志乃 [編集]
黒に関しては、個人の人格、というより、集合の人格みたいに見えるときが少しあって、その辺、描写をかなり急いでいる感じかなぁ、と思ったりしています。

葉月と耀子に関しては、もうこれ以上あまり描かれることはなさそうですけど、「葉月さま」と末期に言っていたことなんかも、三号機関以前から、葉月が家を出るきっかけ、もしくはそれ以前からの主従関係だったんじゃないか、という連想もさせてくれますし、いろいろ深いところを垣間見せてくれますね。。

心を持たない葉月が、自然に耀子と唇を重ねてしまう。
契約者のありようの枠近くにまで踏みこんでますし、描写量の割りに、実に深いものを見せてくれてました。
2009-12-17 木 02:32:41 | URL | 白石みかげ [編集]
>「演ずると死ぬ」ということで有名な桑島さんですから
 
 って、そんなに死んでるキャラばかり演じている…訳ではない
し亡くなった割合は、むしろ少ないのに、そういうイメージが
あるのはSEEDやイサラ等インパクトが強いからでしょうか(^_^;)


 あとマーガレットや霧香、ハリィのように、どこか薄幸そうな
イメージもあるからでしょうね(^_^;)


 ユリカやヒヲウ、まろん、フィリアもいるのにね♪
けっこう明るい子も演じているのにね♪
 
 なんででしょう?
2009-12-18 金 23:59:22 | URL | 犬塚志乃 [編集]
あ、いや、もちろん、統計的にはそうなんですけどね。

ただワタクシ的には、今年、某ヴァルキュリアで、けっこう衝撃的な「桑島キャラ」を見てしまっただけに、ふと、脳裏をかすめたのですよ。(^_^;
2009-12-19 土 18:55:23 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話
DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック(2009/12/23)TVサントラ商品詳細を見る 黒ちゃんが料理してるぅぅぅぅぅぅっ!! とっても... 2009-12-12 Sat 14:54:59 | こじこ脳内

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。