■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
帰宅 方針、その他いろいろ
冬コミより帰宅。
今年は大晦日の31日参加だったこともあって、例年以上にバタバタして、けっこう消耗しました。
おまけに帰るときになって、東海から近畿東部にかけてものすごい風が吹く、という予報があって(早朝でがけの段階で、風速7メートル予想)、こりゃヘタすると電車がとまるかもしれん、ということで、かなりビクビクしながらの帰宅、まぁ、なんとか帰れましたが。

ゼロ年代最後のカキコ、ということで、アニメについて考えていることとか、このブログでの方針とかを書いておこうと思います。
だいたいこういうのは、やるのなら始めたときにやる、やらないのなら最後までやらない、とすべきなのですが、現時点での気持ち、として残しておくのも悪くなかろう、と思い、何年後かにはまた変わっているかもしれませんが、残しておこう、と思った次第。

このブログは今までにもときどき書いてますが、別のレンタル日記から移ってきたものでしたので、場所としては新規だけど、書いてる内容はほぼ同じで新鮮味がなかったこと、そして、私自身がけっこう方針を変える性格だったりもするので、あんまり偉そうなことを書いても、たぶんそこから逸脱することも多いだろうなぁ、と思ったからです。
しかし、今後もそこから逸脱する可能性があったとしても、現時点での方針、というのも残しておいても悪いものではないかな、と思い、他の人には何の関心もないでしょうけど、とりあえず残しておきます。

ということで、いつものアニメ感想とは全然違うので、(続きを読む)に格納しておきます。


・アニメ・感想に関しての、方針、というか、今、考えていることなど。

まず、評論ではなく、感想系だ、と考えていますが、これは批判封じ、という側面なんかではなく、評論と感想の間には明確な一線を引くべきだ、と考えているからです。

私はアニメ以外の趣味として、演劇、音楽鑑賞なんかがありますので、そういったジャンルでは、批評、評論の存在はたいへん重要であることを知っています。
従って、どんなジャンルであれ、批評、評論の類はあった方が良い、と考えていますが、ことアニメの場合はたいへんそれが難しい、そのことを少し詳しく書いてみます。

まず、創り手側の情報がなかなか見えない、という側面があります。
批評、評論と称するからには、ジャンル内を均一に、かつ客観的に見ていく必要がありますが、アニメの場合、それはどういう形になるでしょうか。
具体的には、絵を描く人、中割を振る人、コンテを切る人、音楽や声を入れる人などなど、ということになりますが、現場以外の人にはこれがまず最初のハードルだと思います。
私自身は、昔この現場にいたことがあるので、多少なりとも情報なり感覚なりを持ってますが、普通のアマチュアで、流されてくるものを、情報誌だけでカバーするのはまず不可能だと思います。現場にいてさえ、本人がよほど努力しなければそういうのは入ってきませんから。

たとえば『グレンラガン』の第4話が放送されたときに、原画について語る人が、これはアニメーターの個性であって、破綻ではない、と言ってるブログをよく見ましたけど、そういった人たちのほとんどが、その原画家が過去にどういう絵を描き、作品の中でどれを担当し、修正し、動かし、あるいは他のエピソードで担当していた人、設定の人がどの箇所を描いて、どのコンテで芝居を試みて、といったことには言及できていませんでした。
批評、評論を目指すのなら、そこいらへんのことは基本だと思いますし、そういったものを正確に把握した上で、なおかつ、その動きやアングルが現在の主流との間にどんな個性が、どんな革新性が、そして設定との整合性があるのか、を見ていかなければ、それは評論ではなく、単なる上から目線の、客観ぶりっこな感想にしかすぎません。
評論というのは、実はかように厳しいものです。
ちょっと真面目に見ています、といったくらいでカバーできるようなものではありません。

誤解のないように書いておきますが、すべての人がこういう記録を残すことを目標にすべきだ、と言っているのではありません。
評論になっていないものを、批評、評論、分析、などと言ってほしくない、ということです。

まとめますと、評論、批評というものの存在意義は認めますし、またあるべきだ、とは思いますが、それは素人が簡単にできるものではなく、相当にしんどい作業部分を多く含むものだ、従って、評論を目標にして感想を書く必要はまったくない、ということです。

・では感想ということついて。
感想は、感想ですし、思ったこと、感じたことを素直に書けばいい、というのが基本で、特定の悪意ある攻撃にさえならなければ、根拠のない主観(好き嫌い、と言い換えてもいいかも知れません)でダメだしをしても、それはそれでいいと思います。
ただ、ネガティブなことを書くのって楽しくないですし、つまらなければ見なければいい、書かなければいい、というのが私の基本スタンスなので、極力悪口になるようなことは書かないでおこう、と思ってます。
とはいっても、毎回楽しみで見ているもので、期待が裏切られたときに、辛らつな書き方にっなてしまうことがありますが、それは愛情の範囲内だ、ということにおちつくように、というのは心がけてます。
もっとも、検索なんかでとんでくる人には、そういうのが伝わらないことも多いですが。

それに感想、というスタンスは、娯楽作品であるアニメが、どう見られているのか、ということを示す、ささやかではあっても、受け取り側の声になりうる、という効果もありますから、決して無意味なことでもない、とも思っています。

では感想という名目なら、なんでもいいか、というと、一応心がけているのは、上に書いたように、あからさまな悪意ある攻撃、否定的感想だけは残さないでおこう、ということ。
そしてもう一つが、アラスジだけをダラダラ書いておしまい、ということにならないようにしよう、ということです。
この辺が、現在の基本方針です。

・作品性について。
上に書いた、評論、ということと関係してきますが、真面目に作品を見よう、という意識の中では、安易なお色気や、萌え作品をバカにする、下に見ようとすることがあります。
ひどいのになると、「萌えしかないからおすすめできない」と、上から目線で決め付けている人もいますが、たいていそういう人たちは評論ぶってはいても、評論になっていないことが普通ですので、やはり心理としして、萌え作品は下等である、という差別意識に近い感覚があるんだろう、と思います。
しかしそんな見方をして、楽しいんですかね?
楽しい、っていうのなら別にいいですし、所詮感想系なんてのは、規模の大小はあれど、自己満足の一種にすぎませんから、他人がとやかく言うほどのものでもないんですが、こういう、萌えを下に見て満足している心理、というものについては、少し首をかしげざるをえない、というのもまた私の気持ちの中にあります。

萌え作品、というのはたいていキャラクター作品ですから、それを否定する、ということは、結局のところ、作品性、テーマ性を先細らせてしまうものだ、ということくらいは弁護しておいてもいいかな、と常日頃思っていました。
いや、否定しているのは「萌え作品」ではなくて「萌えしかない作品」だ、と言う人もいるかもしれませんが、それは比重の問題ですから、やはり結論としては同じになります。
「萌え作品」が嫌いだ、と主観で書く分にはいっこうにかまいませんし、私みたいに「萌え」が作品の重要な艶になる、と思っている人間は、もうそういうところに近づかないようにしますから、何の問題もないんですが、それを評論のふりをして否定されると、ちょっとこちらも反論したくなってしまうことがあったりもします。
・・・と、こんなことを書くと、ある特定のブログを指しているようにも見えますが、そんなことはありません。
けっこう複数のブログで目に付いたものを取り上げているつもりですので。

まぁ、そんなわけですので、私としては、極力、自分の好みが現れるように書いていこう、と考えています。
嫌いなものは書かない、というスタンスですので、仮に否定的なことが書いてあっても、それは好きなればこそだ、という風に、善意に解釈していだたけると嬉しいです。
嫌いだったら見ていても書こう、という気にはなりませんから。

最後に、モノクロ時代からテレビアニメを見てきました。
個人的には、やはりアニメもキャラの魅力が大切だ、と感じていましたし、今でもそうです。
感動させられるアニメ、心うたれるアニメ、人生のよすがとなったアニメも時代ごとにありましたけど、キャラクターの心が、映像が輝いていたればこそ、そのテーマ、作品性もまたいっそう深いものになっていきました。
作品のすばらしさは、そのキャラとともにありました。そしてこれからも変わらないだろうと思います。
スポンサーサイト
雑録 | 22:48:28 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
 こんばんわ、です。
これにカキコはよろしいでしょうか?


>まず、創り手側の情報がなかなか見えない、という側面があります~
>普通のアマチュアで、流されてくるものを、情報誌だけでカバーするのはまず不可能だと思います
 
 
 納得です。
 
 白石様の言うことの逆になりますが、
 つねづね宮崎駿、押井守、細田守はどうして批評が書きやすい
のか?と思っていましたが雑誌、TVなどの媒体で創り手の
考えが伝わりやすい&補完できるからなんでしょうね。


 創り手側の情報が見えやすい、ということですね。


 うん、なんかなるほどって感じですよ。
白石様の記事で、私のもやもやした形のない考えが
まとまった感じです。

 上の3氏は他の創り手よりも情報を多く発信していますから
わかりやすいんですね。


 
 ただ押井守だと「繰り返す日常」とかすぐにテーマが出てきますが
最近の細田守の『サマーウォーズ』で

『くりかえし』
『子供は2つの事が同時にできない』
『人にはそれぞれ人生がある』

などの細田守のテーマについてふれた雑誌やブログとかは
見ませんでした(^_^;)

 細田守くらいメジャーになっても、まだまだ浸透していない&見る気が
ないんですから・・・つまり・・・

>普通のアマチュアで、流されてくるものを、情報誌だけでカバーするのはまず不可能だと思います

 と、そうですね・・・(^_^;)


>具体的には~現場以外の人にはこれがまず最初のハードルだと
思います。


 押井守をまた例に出しますが、この人みたいに周りにいる
スタッフが超有名だと、担当分野が・・・わかりやすいんですよね、
どういうことをしたのか紹介されるからです。
 そういう仕事があったのか!!みたいな(^_^;)


 榊原良子さんたち声優を決めていたのは押井守ではなく、
どうも『音響監督』の若林和弘さん、らしい?とわかったりとか。


 『ビジュアルエフェクツ』と聞いても今までは「???」だったでしょうが
担当が江面久氏(!)と聞いて「!!」となったり!
 
 
 
 ムックとかを見ても、
 監督やシリーズ構成だとインタビューはありますが、他は
なかなかありませんからね、何をしたかはわかりません。
 情報に限りがありますよね(^_^;)

 なかなか均一に客観的に見るのは難しいですね(^_^;)


 作品によって情報の発信具合もちがいますしね。


 例えば『リリカルなのは』は都築さん、が出まくっています(笑)
 そうとう細かいところまで決めているそうですね(^_^;)


 少し毛色はちがいますが鈴木敏夫みたいにプロデューサーが
力を持ちすぎてるケースもありますしね(^_^;)



>ネガティブなことを書くのって楽しくないですし
>あからさまな悪意ある攻撃、否定的感想だけは残さないでおこう
>そしてもう一つが、アラスジだけをダラダラ書いておしまい、ということにならないようにしよう

 だから、白石様のブログによく来ている訳なのですv-238v-238
 白石様好きぃv-238

 自称評論家で嫌なのって↑の>以下が全部あてはまるんですよね~
(^_^;)
 しかもな~んもわかっていない。


>評論になっていないものを、批評、評論、分析、などと言ってほしくない、ということです

 私は、

『自称評論家は信用しない』

『作品の見方がわからない批評家も信用しない』

『スタッフが伝えたいことがわからない批評家も信用しない』

です。
2010-02-14 日 01:08:16 | URL | 犬塚志乃 [編集]
現時点での基本方針
あー、こう書かれると、ちょっと気恥ずかしいですね。
あくまで、現時点での、自分に対するコメント、みたいな意識で書きましたので。

>つねづね宮崎駿、押井守、細田守は

これは、作家性の部分ですね。
もちろん、上に書いた情報の問題にはこういう側面も含んでますが、アニメの場合、物語の部分だけではなく、絵の部分、動きの部分の比重がかなり大きい、そこに携わった人たちの情報まで摂取していくのはたいへん難しい、というニュアンスもこめていました。

パヤオの名が挙がってるので、有名な例として、彼がまだ駆け出しの頃に担当した『ガリバーの宇宙旅行』の名をあげておこうと思います。
この作品では、彼はまだ東映動画入社直後だったため、ほとんど動画担当だったのですが、ラストの、無機質なロボットの顔が壊れて、そこからお姫様の顔がでてくる、そのシーンを担当してました。
ふわっと、風になびく髪が実に印象的なシーンだったのですが、ここは本来コンテにはなかった部分で、動画の宮崎が独断で描いてしまった。
それを見たスタッフ一同は舌を巻いた、というエピソードがありますが、これなんか、原画や動画を誰が担当して、どういうメリット、意義があったのか、ということをしっかり把握しておかなくちゃいけない、という良い例だと思います。

あるいは、テレビ版『うる星』で、西島氏や森山氏、いのまた氏らが参加したカットをコマ単位で分析していったサークル『究極』のこととか、ともかく、アニメを精緻に見ていくなら、こういう努力は必須なんですが、この作業をしていないのに、評論ぶった論調をしているサイト、人には、ちょっと首をかしげてしまうんですよね。

30分エピソードが1本作られるのに、1ヶ月から3ヶ月かかります。
中には外注だらけで、数週で仕上げているものもなくはないですが、ともかく、30分作品が数日でできているわけでもないのに、評論に1日もかけていない、というのは、はたしてどうなんか、と思ってしまったりしてたんですよね。まぁ、時間かければいい、ってもんでもないですけど。

あと、ジャンルについても、ロボットアニメしか見ていない人、SFアニメしか見ていない人に、果たして全体像が語られるのか、というのがあります。
どうも批評をしたがる人っていうのは、夕方のジャンプアニメや、土日朝のキッズアニメを見ていない人が多く感じるんですけどねぇ。(^_^;
全作品を見ろ、とまでは思わないし、たぶん物理的にも不可能でしょうけど、せめて全ジャンルは見ておくべき、というのも、私の考えの一つではあります。
感想だと割り切っている場合は、範囲が限られていても良いと思いますけどね。

観点を変えてみる、細かなところを考察してみる、というのも、感想の醍醐味のひとつだと思います。
ただそれを批評、評論と勘違いしてほしくない、というのもあったりします。

モノローグみたいな感覚で書いたので、ちょっとまとまりがつきませんが、この辺で。(^_^;
2010-02-15 月 01:27:54 | URL | 白石みかげ [編集]
 宮崎駿が描いた絵コンテ、いのまたさん、西島氏、森山氏など
どんな絵を描いて、それがどんな動きをしたかですか♪
 
 誰が、どのシーンを担当したか?
そうですよね。

 それにアニメ一本には時間がかかる、と思っていましたが、
1ヶ月から3ヶ月かかりますか。
 …でも企画から考えると2年以上かかるかも・・・と思ってしまいます
(^_^;)

 手間を考えると、アニメを見て、泣かなければいけないと
思ってしまいますよね。

 
 喰霊も4話のダーツシーン、後に黄泉が覚えていて言いますが
4話の時点では全然伏線として意識していなかった、とか。
 アニメも人が創りますから、そういう話も拾いたいですよね。
 アニメ1つに米百俵の思い(?)ですよね♪

 
 ジャンルもね、ついつい偏ってしまいますね、しかも
年齢を重ねるごとにジャンルが狭くなるような?
 うん、気をつけませんと(^_^;)
 

 
 絵コンテでいうと、
 
 例えば…庵野秀明がメガゾーン23の地下室の絵コンテをして、
それがエヴァの地下都市に生かされている(?)とか。
 『ナウシカ』の戦車の並び方がエヴァとか映画・ローレライの戦艦
など庵野秀明にそっくりだから、あれは庵野秀明のカットだ♪


と研究すればいいでしょうか?



 森山ゆうじさんの絵も大好きなんですが・・・この人偽名が多い
んですよね(^_^;)
 
 『天使のしっぽ』『りぜるまいん』の武蔵関太郎、って森山ゆうじさん
じゃあ?と今でも思っています
 けっこうマジです(笑)
東京アンダーグラウンドと天使のしっぽ、は似ている?
と思う時がありますし。


 すいません、まだ絵コンテの『動き』については勉強不足です。
聖剣の刀鍛冶のサイトで絵コンテをのせるのはいい、と
白石様はおっしゃる訳ですよね。

 今、作画監督のようつべ、とかもありますから、それで動き
「あの人はこういう動きが得意なんだ」と見ております。

 湯山邦彦は水の動きが上手い、とか川崎逸朗は縦や横の構図、
そしてよく滑るなぁ、と思います。


 『空の境界 5章矛盾螺旋』ですが…渋谷のシーン、私通学して
いたのでわかりますが、98年当時あんな風景ではありません
でした(笑)
 
 絵コンテを担当して取材した人たちは熱心に取材をしたと
思います。
 ただ98年の風景を完全に再現するのは無理だと思います(^_^;)

 
 
 ところでOAVのTHE八犬伝の「浜路再臨」はご存知ですか?
中澤一登氏が「神回」と言ったとか、『空の境界』の絵コンテでも
参考にした1つに上げていましたが…これ読者にはかなり評判
悪かったですよ(^_^;)

 気持ち悪い、とか誰が誰だかわからない、とか。

 作画監督が本橋秀之氏(ふしぎ遊戯、ヒカルの碁)の
回と押井守組の人が作画監督の回は全然絵がちがいますし!!

 実際、T『HE八犬伝』は磯光雄や神山健治のように後の押井組が
多いですし。


 いや、けっこうマジな話です!!「浜路再臨」は私も気持ち悪いと
思いましたし、白石様も合わないと思います。
 でも『空の境界』で参考の1つにしたり、中澤一登氏が「神回」と
言ったのです、あんまりあの絵の方向には行ってほしくないんですけど
ね。



 なんか、私も長々と書いてしまいました(^_^;)
2010-03-13 土 00:29:09 | URL | 犬塚志乃 [編集]
上にも書きましたように、モノローグのつもりでした。
ここを論争の場にしたくないので、簡単に。

受け取り手側の姿勢、というものを書いたつもりです。
2010-03-13 土 13:15:56 | URL | 白石みかげ [編集]
>受け取り手側の姿勢

 そうでしたか。わかりました。

 ですが論争とか難しいことを書いた、つもりはなかった
んですけどね(^_^;)

 まぁ、長すぎですしね(苦笑)

 私の文てクドイですか?

 一応、管理人の意図とか読んで書いてるつもり、ですが
暗に「…んなに長い文を書いても返答に困る」に近い返事を
されることはあります(苦笑)

 了解いたしました。
2010-03-14 日 14:05:16 | URL | 犬塚志乃 [編集]
程度問題ではありますが、固有名詞がでてくると、ネットの場合、いろいろと検索でひっかかって、部分だけで反応してくる人もいますので。
固有名詞を出すな、という意味ではありませんが、固有名詞を出すときには、やはりある程度注意するか、論調を落として欲しい、と思うわけです。
2010-03-15 月 15:06:56 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。