■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ささめきこと 第13話 CALLING You
[家族とともに2泊の予定で父方の実家である田舎の墓参りに戻ることにっなた純夏。汐に着いたら連絡する、との約束を交わしていたものの、あまりの田舎のため、携帯電話は圏外だった。汐に連絡をとれずにやきもきする中、親戚の子が沢遊びで川に落ちたときにとっさに飛び込んでしまったため、携帯端末までも水びたしに。一方汐も純夏からの連絡が途絶えてしまい、不安を募らせていく。]

最終回、つうか、年末年始をはさんだ関係で、激しく遅れてますな、うちの地方。(^_^;

少しずつ芽生えてきた、汐からの純夏への想いを描いて、しめ。
もっとも、日常のスナップのような終わり方ですので、続きをやろうと思えばいつでもできる式の終わり方でしたので、あんまり最終回、という雰囲気ではありませんでしたが。

まず、しばらくお別れの汐ちゃん。
Sasamekikoto13-01.jpg
Sasamekikoto13-02.jpg
Sasamekikoto13-03.jpg

あまりのド田舎で、携帯が圏外になってしまいました。
『White Album』とはまた違う描写方法で、小道具としての電話をうまく使ってました・・・けど、それほどすごい田舎って、日本でどのくらい残ってるんでしょ。
お祭りの風景とか見ている限り、それほどの僻地とも思えなかったんですが・・・。
PHSならありえるのかな。(笑)

汐ちゃんが、兄とやってた会話、その後の顛末なんかも面白かったところで、
「私からは電話しない、むこうからかけてくるべきだ」と、優位発言をしていたのに、最後には折れてしまいました。
この辺の、汐ちゃんの心情なんか面白かったですね。
純夏が自分をどういう目で見ているか、というのは、かなり知ってるし、意識もしている、それだけに自分は想われている、という優位意識が少しばかりあったものの、実は自分も相当にひかれているんだ、というのが、じわじわとわかってくる展開で、見ててニヤニヤしまくりでした。

さて、こっちはもっとストレートにイライラしていた純夏だっんですが、田舎では親戚の子供たち、たぶん従兄弟たちかな、それに大人気。
中でも、いかにも小学生のガキ大将っぽいテルと、たぶんその姉で、純夏に憧れを抱いている少女、清香。
その清香ちゃんなんですが・・・。
Sasamekikoto13-06.jpg
Sasamekikoto13-04.jpg
Sasamekikoto13-05.jpg

中の人が長谷川静香さんと知って、驚きました。
ブログでの勘違いバカ投稿事件以降、最近はほとんど聞かなくなってたんですが、またアニメ声優として活躍してくれることを期待してやみません。
世間的には『らきすた』のゆたかの知名度の方が高いかも知れませんが、ワタクシ的には『朝霧の巫女』の末妹と、『藍蘭島』のゆきのが好きでした。

そんな清香ちゃんの、田舎にしては派手な水着で、純夏のストレートな意見がとびこんできてしまい、しょげさせてしまう結果に。
「無理にほめなくて良いよ・・・」
ここ、すげー可愛いかったっす。

画面的には、末の妹と思しき幼女もなかなかでしたけど、。(笑)
Sasamekikoto13-07.jpg

自分を助けるために、川に携帯端末を落としてしまってしょげる純夏を見て、後悔の念いっぱいのテル君。
諦念に満ちた表情で、責めない純夏。青春のヒトコマやねぇ。

がまんしきれなくなった汐からの電話、圏外が解消した端末、そしてそれに気づいたテルが、大急ぎで純夏のところにもっていく姿、いろいろとウェットで、それぞれの心情がうかがえるつくりになってました。
最終回に来て、ようやく女の子の心情っぽいのがいろいろとでてきて、楽しかったです。

浴衣の純夏のうかない表情。
Sasamekikoto13-08.jpg

そし帰ってきて、いつもの日常。
Sasamekikoto13-09.jpg
うん、良いしめくくりでした。

総括、というほどではないですけど、筋に関しては、正直ちょっと描写不足の感はありました。
なにより、男視点の百合みたいなところがけっこう鼻についたんですが、後半はいい具合にほぐれてきて、といたあたりでの終幕。
処理の仕方としては、ややもったいない素材かな、といったところです。

それに対して、キャラ絵、作画は好みのデザインでしたので、ほとんど無問題。
やっぱり菅沼さんのキャラ芝居は好みにあいますね。
好きな順番としては、前半が、きより>汐>図書委員長>純夏・・・といったところでしたけれど、後半は
汐>朋絵>きより>純夏>朱宮の妹・・・かなぁ、ゲストこみなら、今回の末妹もなかなかでしたが。(笑)

ということで、菅沼さんの次回作に期待しています。
できたら監督ではなく、デザインの方でも見てみたいです。
スポンサーサイト


TVアニメ2010(上期) | 08:04:59 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
 原作はここら辺から面白くなってきたのですが・・・
(いや、その前も好きなんですが・・・)
 心情は、確かにこの辺りから醸しでてきた
感はあります♪
 
続編があるといいな、です♪
2010-01-14 木 23:55:32 | URL | 犬塚志乃 [編集]
こういう描写なら、青い花とも通じるところがあるので良かったんですが、最初の頃があまりに「男視点」でしたからねぇ・・・。
後半はかなり好きです。(^_^)
2010-01-15 金 00:05:28 | URL | 白石みかげ [編集]
 白石様、信じていました♪この作品を好きだと信じてもよろしい
でしょうか?

 百合姫のインタビューで作者さん「青い花」を読んで
「女性が描く百合には敵わない」と仰ってました。

 どこかで誰かが書いているかもしれないので白石様は
ご存知かもしれませんが。

 けっこう四苦八苦して2巻の描写になられたと思います。

 「青い花」、はい好きです♪
 なんといいますか「マリみて」や「丘ミキ」と同じ衝撃を受けました♪
2010-01-15 金 22:00:12 | URL | 犬塚志乃 [編集]
あくまで原則論ですが、作品それ自体に確かな描写があれば、作者の性別、年齢、出自等は関係ない、と考えています。
ただ実際問題として、視聴前後にそういう情報が入ってくると「ああやっぱり」みたいな感覚になるんですよね。
男だから少女視点の百合が描けない、女だから熱いハートの少年漫画が描けない・・・そういうことはないと思いますが、しかしそれでも平均値以上のものがそういうこと(描けないこと)を示しているという事実もまたあったりします。
そこいらへん難しいですね。
感想を言っている分には、「男視点」「女視点」というのは簡単なんでどうしてもそういう表現を使ってしまいますが。
したがって、作者の性別とは関係なく、前半部は「男視点」と感じてしまったわけです。

もちろん本作は好きですよ。デザインがモロ好みでした、というのも大きいですけど。
2009年のベストにはいれてませんけど、後半に限定すれば、かなり好きな部類でした。
遅れましたけど、去年の好きな作品ベストはこの辺です。
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-5387.html
そのうちキャラベスト、エピソードベストなんかも・・・書けたらいいなぁ。(^_^;
2010-01-16 土 02:57:50 | URL | 白石みかげ [編集]
 また、書きますがもう1つ。

 男性視点の部分は95%は倉田さん、の演出のせいです
v-406
と言いたいです。

 倉田さんはアニメ化した功績や演出は良いと書きますが
、こうとも書きたいのです・・・。
2010-02-21 日 21:19:09 | URL | 犬塚志乃 [編集]
 白石様の意見はわかりました、感想を書く時は
簡単な表現になってしまいますよね・・・(^_^;)
 
 それに前情報というのも、それが先入観として
入ってしまいますよね(^_^;)

 白石様から『ささめきことは好きですよ、デザインも含めて♪』
とわざわざ作品への愛もいただいたというのに。

 ああ、それなのに白石様から、こんなに丁寧に返事を
頂いたというのに!!

 私はなんて対応をしてしまったのでしょうか
申し訳ありません、また何回も書いてすいません(^_^;)

 それと白石様、愛をありがとうございましたv-238



 でも、白石様以外の人が「ささめきこと」を
「男視点」とか言うと、
そやつは百合が好きではない、と思いますね。
 百合が好きなら、そんなことは言えない。
2010-02-26 金 03:29:35 | URL | 犬塚志乃 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。