■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
とある科学の超電磁砲 第15話  スキルアウト
[レベル0の不良たちで構成された組織スキルアウトによる能力者狩りを調査していたジャッジメントは、彼らがビッグスパイダーという組織を作り、2年前から活発に活動し始めていたことを知る。黒子達はそのリーダーが黒妻綿流という男らしい、ということを突き止めるが、その名を聞いた固法が動揺する。固法に変わり、黒子とともにビッグ・スパイダーの根城と目されている第10学区へと出向いた美琴は、そこで以前ビッグスパイターに襲われた婚后光子を助けた「クモ」の刺青をした男と出会う。]

チンピラ男が増量されて、物語としてはふくらみを感じるものの、キャラの魅力としては、やや減退。
バトル主体で組むのなら、少女ばっかり、というわけにもいかないでしょうからそれはわかるんですが、ヤンキーものってあんまり好きじゃないからなぁ・・・。
ことバトル、という点に関しては、サイキックバトルが実に鮮やかに決まってた『禁書目録』の方が格段に良かったですね。

ただし、今回、そして次回のエピソードは、女子高生・固法美偉に焦点があってきそうですので、その辺を主体に見ていきます。
まず最初の犠牲者、というか関係者というか、婚后光子。
ToaruKagakuno15-01.jpg
「クモの刺青をした人に助けられた」とのこと。
クモの刺青・・・たぶんほとんどの人が「幻影旅団」を思い出したのではないか、と。(^_^;

クモの刺青と聞いて、ビクン、と反応する固法さん。
ToaruKagakuno15-02.jpg
この後、黒妻綿流、という名前にも反応してまして、今回の主役に近い位置にいることが予告されてました。
しかし今回放送分に関しては、出番こそ普段より多かったものの、まだバストショットだけで、それほどの画面露出ではありませんでした。
第13話の、巨乳をブイブイ言わせてくれてた方が観賞価値がまだ高いですね。(笑)

ただ、本物の黒妻綿流が美琴たちに胸の話題をふってたところをみますと、固法さんも中学生時分はまだ美琴なみだったのが、女子高生になってから発育しだした、ということなのかしらん。
でも黒子の小学生時分には、既にもう相当感がありましたけどね。
とりあえず、黒妻綿流を通じてムサシノ牛乳の恩恵があったかも知れない、という暗示にとどめておきますか。
牛乳で巨乳になる、というのは都市伝説もいいとこなんですが、個人的には夢とロマンを感じますので、って、何のロマンや。(^_^;

一方、喫茶店で、またもや佐天さんをいぢめる美琴さん。(・・・違イマス)
ToaruKagakuno15-03.jpg
ToaruKagakuno15-04.jpg

しかしビリビリって、ほんとに無思慮な発言が多いですよね。
まぁ、そういう直情なところが魅力の一つだったりもしますが。
むしろ健気に耐えてる感じの佐天さんが、可愛い、ということでしょう。

ところで、佐天さんと初春のデザートなんですが、
ToaruKagakuno15-05.jpg
なんか2人の個性というか、嗜好性を表しててほほえましいですな。

ビッグスパイダーのかつてのヘッドが黒妻綿流で、現在のヘッド・蛇田にが薗名を継承して、てことでいいのかしらん。
で、その蛇谷が今回の能力者狩りの主犯っぽかったわけですが、2年前、というのがどう符丁するのか。
死んだはず、とか、固法さんとの関係とか、次回がその謎解き回というか、説明回でしょうね。

固法さんと、おそらくその同室の人らしい人との会話。
ToaruKagakuno15-06.jpg
ToaruKagakuno15-07.jpg

こちらは固法と黒妻との関係は知ってるんでしょうか。
どっちともとれる反応でしたが・・・。
それにしても制服でも目立つ固法さんの発育胸・・・。(^_^;

黒妻綿流が美琴たちのピンチをすくって、蛇谷を撲滅、そして美琴といろいろ語っているところに固法が来て次回。
ううむなんか前振りだけの回、みたいな印象でしたけど、次回、きっといろいろと見せていただけることを期待しています。
作画自体はいつも通りだったんですが、ヤンキーとかリーゼントが映ってると、テンションだだ下がりなもんで。(^_^;
せめて固法の胸をもう少しクローズアップしててくれたらなぁ、と。

新OPEDなんですが、EDの方の止め絵で可愛いのがいくつかありましたので、簡単に回顧。
ToaruKagakuno15-08.jpg
ToaruKagakuno15-09.jpg
ToaruKagakuno15-10.jpg
ToaruKagakuno15-11.jpg

なんかあまりに幼げなカットなんで、ひょっとして少し前の絵?・・・とか思ってしまいました。
美琴なんかほとんど妹の中の誰か、みたいな感じですよね。

次回、固法さん、もちっとサーヴィスしてほしいです。
ToaruKagakuno15-12.jpg
スポンサーサイト


テーマ:とある科学の超電磁砲 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | 22:29:25 | Trackback(2) | Comments(4)
コメント
 女の子だけでいいのに…。

 男なんて飾りです、偉い人には
それがわからんのです。

 これからは女の子がサイキックバトルの
トップに立つべきです!!
2010-01-21 木 00:20:54 | URL | 犬塚志乃 [編集]
サイキックバトルの意義
世界観のために、そして成り行きでそうなったのではなくて、自らの意思で同性の女の子の方を選ぶというシチュが好きな方なんで、まったく男がいらん、とまでは思いませんが、サイキックバトルに関しては、女の子主体でやってほしい、この点は激しく同意。

だいたいサイキックバトルというのは、腕力や体力で劣る者が、剛の大人を倒していく、そこに醍醐味があったわけで、かなり初期のSFから、そういった趣はありました。現代のような物理的バトルではなかったにせよ。
だから、腕力や体力において劣る女子がメインの戦いになる、というのは、筋が通るんですよね。
初期のSFでは、この腕力の劣る層、というのを少年(まれに少女)、老人、不具者、なんかがになってましたけど、これを十代少女に特化する、というのもまた正しいSFのあり方ではなかったかッ!・・・と愚考するわけです。(笑)

サイキッカー同士の戦いではなかったですけど、『ストライクウィッチーズ』で、ある一定の年齢の少女にだけ宿る力、という設定は、その意味でとってもステキでした。

男の子でも、ショタキャラなら十分許容範囲なんですが、今回みたいに、醜い容貌の男が出てくると、思わず「それチェンジ」といいたくなってしまいます。
『禁書目録』での男の描き方にはそれほどの不愉快さはありませんでしたけど、『禁書目録』で描けなかった女の子達同士の「きゃっきゃっうふふ」が描かれるはずでしたのに、こんなことされると、見ていてかなりつらかったです。
作画品質がかなり良かっただけに・・・。
2010-01-21 木 02:35:27 | URL | 白石みかげ [編集]
>サイキックバトル

 不具者、や力の弱いもの(女、子供)
 白石様の言われていることをふまえると・・・だいたい009や
カムイ外伝、横山光輝、山風に行きついてしまう気がいたします
(^_^;)
 
 否定するのではなく先人は偉大だったのと、白石様の言われる
ことはもっともです。
 なんか私、同じことしか書けない気がするので(^_^;)
 

>自らの意思で同性の女の子の方を選ぶというシチュが好きな方

 ・・・はい。
 でも男はパセリみたいに飾り物程度で影や存在感が薄いレベル
でいいです、百合にからまないで(^_^;)

 
 バトルは、なんかレディースとかを出すことで
キャラは女性オンリーになんとかならなかったのでしょうか?


>女の子達同士の「きゃっきゃっうふふ」

 ちゅっ☆ちゅ☆うふふ♪も♪
黒子や美琴や佐天や初春のどういうシチュが
見たいですか?
 
 グチるよりも希望を言い続けた方がかなう気がしますので♪
2010-01-22 金 00:38:53 | URL | 犬塚志乃 [編集]
サイキックバトル、漫画についてはだいたいそんなところですけど、上の米で書いたのは、『トワイライトゾーン』の中の一挿話で子供が超能力を持つ恐怖や、『盗まれた町』なんかが頭にありました。
バトルとは違いますけどね。

>グチるよりも希望を言い続けた方がかなう気がしますので♪

まさにその通り、というか、元来感想系というのはそういう妄想成分があってしかるべき、だったと思います。

私は、4人が、それぞれの立場の違いとかから、思い込みの落差とかが、少しずつ露見していくようなのが見たいです。
たとえば(あくまで、たとえば、ですが)積極的な黒子に対して、憎からず思ってはいてもかなりまだノーマルな領域にいる美琴が、実は固法先輩が、自分の知らない黒子の部分を理解していて、言うに言われぬ感情がわきおこってくるとか、
いつものように初春のスカートをめくっていた佐天さんが、普段とは違うささいな反応を見せて(たとえば少し女の子っぽい反応になるとか)、あれこれ邪推してしまって悶々とするとか、
まぁ、そういった、微妙なすれ違い、勘違い、なんかでドキドキしちゃうのとかが見たいですわ。
・・・ちょっとレールガンの世界からは、はずれすぎですが。(^_^;
2010-01-22 金 13:32:11 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

とある科学の超電磁砲 第十五話
※ネタバレ注意 「武装無能力集団(スキルアウト)」による能力者狩りが頻発。通報を受けて駆け付けた黒子たちは彼らを逮捕するが、襲わ... 2010-01-23 Sat 18:15:26 | 逝く鳥 放浪難民ブログ
◎とある科学の超電磁砲第15話「スキルアウト」
ミツコさん、不良にからまれる。なにかの能力で頭がいたくなる。そこに、誰かが助けに来る。クロコは、レベル4のミツコに勝てるわけがないというが、誰かに助けてもらってた。そして、革ジャンにクモの刺青の男と話す。コノリ先輩はなにか思い出す。ビッグスパイダーとい... 2010-03-27 Sat 17:38:54 | ぺろぺろキャンディー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。