■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
とある科学の超電磁砲 第24話  Dear My Friends
[テレスティーナに連れ去られた子供たちを奪還すべき追撃をする木山先生と美琴たち。なんとかパワードスーツを撃退し、運び込まれた施設についてみると、そこには春上だけでなく、枝先たち木山の教え子たちも眠っていた。だがそこへ追いついたテレスティーナの「キャパシティダウン」によって、美琴たちは能力を封じられ、窮地に陥る。]

最終回。
『禁書目録』原作の方を細かくチェックしてないので、ピンとこなかったんですが、どうやら『禁書目録』との時間軸がズレる寸前までいってのエンディング、だったもよう。
もっとも、テレビアニメをメインに視聴している側から言いますと、いろいろデコボコしたところはありましたけど、本作としてはきれいに着地できたかな、という気はします。
最後に来て、婚后さんのものすごい超能力「エアロハンド」とか、レベル0の佐天さんの良い見せ場とかもありましたしね。
本作の結末としての不満、というか、趣味に合わなかったのは、テレスティーナのあまりの下品さ、くらいですかね。
キャラとしてはすごく立ってたので、作品としてはあれで正解なんかでしょうけど、ちょっとああいう顔芸の激しい悪役は苦手です。(^_^;

そのテレスティーナ、幼女時代。
ToaruKagakuno24-01.jpg
こんなに可愛いかったのに、どこで間違ったんでしょ。
レベル6って、美少女を顔面芸人にしてしまう機能かなぁ、と一瞬思ってしまったり。(笑)

前半の追撃戦、後半の佐天さんオンステージ、そしてラストの全員集合が個人的見所でしたので、その辺を中心に回顧しておきます。

まず、前半、木山先生に追いつく、固法、初春、佐天さん。
ToaruKagakuno24-02.jpg
佐天さんの金属バットかかえた姿がいろんなものを連想させてくれて嬉しかったです。

強引に木山の車に乗り込むんですが、初春さんと、彼女を膝の上に抱えた格好になった佐天さんが胸ドキです。
ToaruKagakuno24-03.jpg
ToaruKagakuno24-04.jpg
ToaruKagakuno24-05.jpg

背面座位みたいで、ときめきますな。
木山は囮を追撃されていたことを知らされ、初春のナビで追撃しなおし。前半はこちらが追撃のメイン。

雑魚キャラ、というのでもないのですが、木原以外のパワードスーツは、黒子と婚后で食い止めることになりますが・・・。
ToaruKagakuno24-06.jpg
ToaruKagakuno24-07.jpg

強引に参加してきた婚后さんの超能力、エアロハンド。
触れたものを吹き飛ばせるみたいで、接触テレパスならぬ、接触PKみたいな感じかな。
それにしても、簡単に重量車とかロボットみたいなパワードスーツを吹き飛ばせるのですから、すごいもんですな。
あの扇は「空気」との関連というか、暗示アイテムだったんですかね。

一方、途中テレスティーナのパワードスーツに追いつかれかかった木山達を背後から援護する、美琴、固法のバイク組。
美琴が車にとりつき、テレスティーナとの追撃戦になるんですが、車内をのぞいているところ・・・。
ToaruKagakuno24-08.jpg
ToaruKagakuno24-09.jpg

何いいことやってんの!かわりなさい・・・とか言ってんのかと思ってしまいました。
ワタクシも、この非常時であっても、佐天さんの太腿の上の方と、初春さんのお尻の感触が気になって仕方ありませんでした。(^_^;

レールガン対策はしている、ということで苦戦でしたけど、テレポートしてきた黒子との連携で、なんとかこの場は排除。
ToaruKagakuno24-10.jpg
宙に舞う黒子、というのは、スレンダーな分、カッコよさが引き立ちますね。

後半は、佐天さんがステキすぎ。
なんとか子供たちを見つけ、ウィルスプログラムを完成し、まず春上さんが意識を取り戻しかけたのもつかの間、追いかけてきたテレスティーナのキャパシティダウンに、一同、悶絶転倒。
ToaruKagakuno24-11.jpg
ToaruKagakuno24-12.jpg
ToaruKagakuno24-13.jpg

しかしここで、ようやくレベル0の威力が発揮。佐天さんが無傷、というか、キャパシティダウンの影響を受けないのをとっさに判断した初春、テレスティーナとの長口舌で、佐天さんに、キャパシティダウンの制御部分を教えるんですが・・・初春、こんなに機転がきくんだ。すげー意外。
しかしこれ、影のアシストですよね、苦しみながらもこれだけのことをとっさにできる初春もなかなかに良かったです。

テレスティーナが顔面芸を炸裂させながら、美琴をいたぶり、規約をけり倒し、とやりたい放題。
ToaruKagakuno24-14.jpg
ToaruKagakuno24-15.jpg

美琴のいぢめ方がちょっと手ぬるいように感じましたけど、まぁ、それはいいかな。(^_^;
個人的には、髪か足首をつかんでほしかったです。

さて、佐天さんのステージ。
制御室に飛び込んで、「おらの友達に、なにするだー」
ToaruKagakuno24-16.jpg
ToaruKagakuno24-17.jpg
ToaruKagakuno24-18.jpg

さすがに大正時代からバットを振ってるだけあって、すばらしい破壊力。(笑)
しっかり腰も入った、見事なスイングでした。そのお尻をご褒美になでてあげたい!
個人的には、このシーンが、今回の最終回で一番好き、というか、すっきりしたところ。

キャパシティダウンが壊れて、美琴の反撃、そして顔面芸人女、アボーン。
春上を抱える初春、ありがとう、と言われてデレデレの美琴。
ToaruKagakuno24-19.jpg
ToaruKagakuno24-20.jpg

枝先たちが覚醒し、規約先生の肩の荷が下りたところで、後半終了。

そして、ラスト、全員集合!
婚后さんの自慢話を聞き入る水泳部と、覚醒した枝先、ムサシノ牛乳が育てたホルスタイン娘。
ToaruKagakuno24-21.jpg
ToaruKagakuno24-22.jpg
ToaruKagakuno24-23.jpg

最後の最後までええ乳やないかい!

負傷して入院していた木山先生に、飛行船を利用した元生徒達からのバースディ・メッセージ。
ToaruKagakuno24-24.jpg
ToaruKagakuno24-25.jpg
ToaruKagakuno24-26.jpg

良いしめくくりでした。
こうしてみると、このレールガン、表の主人公は美琴でしたけど、後半の裏・主人公はこの木山春生でしたね。主人公というと言いすぎですが、中心人物、もしくは最大のキーパーソンかな。
レベルアッパー編に始まって、このポルターガイスト編までの流れ、木山の存在が、作品構成に大きな力になっていたのは間違いないでしょう。

キャラでいうと、終わってみれば一番好きだったのは佐天さんかなぁ・・・。
開始段階では、美琴・・・だったんですが、これは『禁書目録』での美琴をかなりひきずっていたのもありましたし。
ただ佐天さんは『禁書目録』のキャラではないので、『禁書目録』第2期があるとしても、モブ程度でしか描かれないでしょうから、この『超電磁砲』のキャラとして、しっかり味わっておくのも悪くはなかろう、といったところ。

さて、ラストでは、ゲストキャラも含めて、全員集合。
全員は回顧できませんので、気になったとろこだけ、いろいろと。
ToaruKagakuno24-27.jpg
ToaruKagakuno24-30.jpg
ToaruKagakuno24-28.jpg

飛行船を見上げている、豆粒みたいながよくわからなかったのですが、録画したのを見直してみると、あれ、姉御さんなんですね。(^_^;
佐天さんのクラスメート3人、重福さん、寮監、保育園の皆様、いろいろワンカットずつ映っておりました。
『禁書目録』からは姫神さんとか、インデックスとか。まぁ、本シリーズでも出てはきましたが。
ToaruKagakuno24-29.jpg
ToaruKagakuno24-31.jpg

良い作品でした。
とにかく作画がきれいで、センスが良かった、これにつきますね。
お話という点ではややギクシャクしてところもありましたけど、全体としてみれば、十分合格点というか、大好きな部類の作品でした。
脇役も個性たっぷりで光ってましたけど、メイン4人の個性が輝いていたのがまずありましたから、この4人の魅力でひっぱっていってくれた、というところかな。
ともかく、力作をありがとうございました。

たぶん今後、本格的な出番はないと思われますので、佐天さんを回顧してしめておきます。
ToaruKagakuno24-32.jpg
スポンサーサイト


テーマ:とある科学の超電磁砲 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | 22:48:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。