FC2ブログ
 
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
デュラララ!! 第16回 相思相愛
[セルティは門田京平や平和島静雄たちとともに、斬り裂き魔に襲われる杏里を助け、斬り裂き魔を倒す。その正体が判明した、と安堵したのもつかの間、新羅の元に帰ってきたセルティは、罪歌がまだつかまっていないことを知る。一方帰宅した杏里の下にも消息を絶っていた贄川の娘・春奈が訪問してきて、罪歌としての正体を現し、杏里に迫る。]

第1クールのミステリアスな雰囲気から、罪歌、切り裂き魔を中心としたオカルト的展開になってきて、罪歌に囚われた者の赤目の描写とか、けっこうゾッとする描き方になってて、ひきこまれますな。
ただ少しストーリィを急ぎすぎてるようなところもあって、5年前の罪歌と杏里の件、なんかいきなりでてきたようで、もう少し含みをもたせてくれた方が、という感覚も少し。
杏里側の情報としては既に出てはいましたが・・・。

ともかく、杏里のマンションにやってきた春奈の鬼気迫る双眸の輝きが、独特の異質感をたぎらせてくれていて、すばらしかったですな。
Durarara16-01.jpg
Durarara16-02.jpg
Durarara16-03.jpg

何かえたいのしれないものにとりつかれている、というより、本人が狂気にとらわれている、みたいなところがひきつけられます。
愛について滔々と語る、その理屈の整然としたところ、立脚点の異常さが、別の場所で罪歌を想像しながら組み立てていくセルティのセリフとともに、かなり不気味にうきあがってくる、といのも効果的。
ここで、刃物を出し狂気の目をした女を前にして、あまり動じたように見えなかった杏里も、なにか異質さがあったんですが、それがラストに結実してまして、そっちの方でも良い展開になってました。
うん、こういう憑依狂気譚、けっこう好きなんで、見ていてかなりのワクワク度。

メトロン星人のように向かい合う2人。
Durarara16-10.jpg
那須島先生が、いかに巨乳女子高生が好きか、よくわかる人選ですな。(笑)
それにしても、深夜、その巨乳女子高生の元を訪問するって・・・セクハラ教師というより、もう完全に性犯罪教師ですな。

場所を外に移しての第2戦、押し寄せてきた赤目の集団からどうやって逃げてきたのか、といぶかしがる春奈の前で、杏里がその本性を出し始めたんですが・・・。
Durarara16-05.jpg
Durarara16-06.jpg

血液中にある鉄の元素から剣を精製して、とかっていうクェイサーなことではないですね、たぶん。(^_^;
オリジナルの罪歌があって、そこから吸血鬼のように派生していく、という母子関係があるらしいのですが、オリジナルかと思われていた春奈に憑依した罪歌にとって、さらにその真祖にあたる罪歌が杏里の中にいた、ってことなんですかね、ここで切れたので、次回を見てみないとちょっとわかりませんが。
Durarara16-07.jpg
発現!・・・といった感じの杏里。
他人に寄生していきてきた弱い存在に見えたのが、実はとんでもないものを中に飼っていた、ということで、これに関しては、今まで単なる内向的少女というのではなく、どこか違う「影」のようなものを漂わせていましたので、うまい具合につながってまいりました。

さらにあのいろんな人格の中に派生していくという罪歌の能力プロセスは、吸血鬼とかゾンビとかを連想させてくれて、夜の都会の中で集結していくさまともども、なかなか見ごたえがありました。

回想の中で出てきた杏里が、なかなか可愛いかったんですが、5年前の惨事と罪歌の関係も次回以降でしょうね。
Durarara16-04.jpg
ただ、かーちゃんらしき人も憑依されていたので、惨事の実相については、もう少しちゃんと語ってもらわないと、細部が不明です。

それ以外ですと、冒頭、平和島と臨也にBL妄想をたぎらせる絵理華が、ちょっと可愛いかったです。(^_^)
Durarara16-09.jpg
「それはない」って皆につっこまれてましたが。

次回は杏里よりも平和島視点っぽいのですが、杏里の過去らしきものも映っていたので、5年前の惨事の実際がどうなったのか、見せてほしいところです。
Durarara16-08.jpg
いかにも「事後」みたいな幼・杏里のこの場面、激しく気になります。
スポンサーサイト





テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:13:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する