■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デュラララ!! 第18話 蒼天已死
[斬り裂き魔の正体をめぐり、互いが犯人だと疑うダラーズと黄巾賊の間で剣呑な雰囲気になり、衝突が起こり始める。事態を収束させようとする帝人の思いとはうらはらに、両者の対立は深まる。一方、最近、正臣のようすがおかしいと感じた杏里は、その原因を確かめようとする。そして正臣こそが黄巾賊のリーダーであり、今夜その集会が行われている場所を知り、確認に向かうのだが・・・。]

外周をぐるぐるまわって、ついに中心にたどり着きました。
その中心にいたのは、お互いを大切に想う3人の少年少女でした。
その少年達に、情報屋が、悪意の情報を流し、そして対立を煽っていきます・・・、と、だいたいこんな流れ。

グランドホテル形式で始まった人物模様が、ロンド形式を経て、ついに中心人物のところへ戻ってきたわけなんですが、この進め方はふくらみとして実にうまい、と感ずる反面、帰結した先が少年達でした、というのに、やや物足りなさを感じます。
当初、物語の主導動機の役割をはたしていたセルティさえも、そのひとこまにしてしまう語りの美味さ、構成のすばらしさは、しっかりと認識できるんですけどね。

もちろん、最初、帝人くんの転居、入学から始まったお話ですから、事件が大きくなってそこへ戻ってきた、というのは、テーマ、核心、という意味で、すばらしい作劇術だ、というのもよくわかるんですけどね。
やはり、劇中で紀田君も言っていたように「ガキだったから」というのに、ふくらみすぎた町の絵図として、深さはしっかりとあるものの、スケールの狭さを感じてしまっているのかもしれません。
ただ、物語の中にいる、紀田くん、杏里は、自身の限界に気づいていますし、自分の力を超えて収拾させようとする帝人くんの行動もありますので、まだまだいくつか波乱はありそうですが。

とはいえ、3人の中に帰結していく展開は実に面白いです。
まず、お互いがお互いを知らなかった、ということ。
外から操っている臨也は熟知していとして、杏里は、その半分だけ知るようになってきました。
そしてたぶん、セルティも。

遠からず帝人くんも知ることになるでしょうけど、帝人くんの処理能力を超えてるように感じますし、どうなりますか。

まぁでも今回は、杏里の大活躍かな。
ということで、とりあえず、病衣の上からでもわかる、でっかい十代のふくらみから。
Durarara19-01.jpg
ミドルティーンてことを考えたら、これだけのデカさでもハリがあって、たれてないんでしょうなぁ。

杏里がチャットで、セルティから「内緒モード」というのにさそわれてましたけど、なんかむちゃくちゃなつかしい感じのするツールですね。
デザインこそ「フキダシ」があって、そこにチャット内容が記されるスタイルですけど、不特定多数の会議形式といい、ツーショットモードが用意されていたり、ICQが登場するまで、そして登場してもしばらくの間は、ああいうスタイルのチャット板が、ごく普通にありました。
隆盛だったのは、90年代後半から、ゼロ年代最初の数年くらい、でしたかね。
その後、ICQからskype、という個人間のツールの時代、流れになってきて、不特定多数とのコミュニケーションも、大型掲示板の隆盛、twitterの登場になり、最近はあまり流行ってないように見えますが、たぶんなくなったわけではないでしょう。
ただ、かつてほどの広範囲はカバーしていない、と思いますが。

そんなわけで、妙になつかしかった、あのチャット場面(もっと古い言い方だと、会議室かな)でございました。

しかしあの内緒モード・・・臨也には見られてたんでしょうなぁ、たぶん。(^_^;

杏里が妖刀モードで、ダラーズ、黄巾賊双方にいる自分の分身から情報を聞き出していく当たり、既に解決した能力の使い方としては、うまくできてました。
しかし、解決のつもりでやってきたのに、返って混乱させることになるとは、ね。
Durarara19-02.jpg

あと、学生達の時間、学校が終わってからの放課後がメインになるので、夕闇、都会の夜、という描写が必然的に多くなるんですが、美術、毎回良い仕事してますね。
都会の闇の深さ、怖さ、乾いた冷たさ、なんかが実にうまく漂ってきています。情景そのものは熱い場面が多いのに。
そんな夜の闇の中に浮かびあがる、デュラハンと妖刀。
Durarara19-03.jpg
後ろに剣士が乗っている、という構図が、夜の闇の中で、不気味さ、カッコよさをうまく出してくれてました。

しかし逆にこれが、黄巾賊の誤解を決定づけることになるわけですから、カオスの度合いが深まってきまますな。
予告とか見てますと、鍵を握るのは、もと「青色」で現在「ダラーズ」よりの門田たち、ということになりそう。
つうことで、次回は門田以下にスポットがあたるのかも。
予告の絵理華が可愛いかったので、ちょびっと期待。
Durarara19-04.jpg
たぶん、メインになることはないと思われますが。

ヒロイン杏里は十分合格点だし、セルティのかわいらしさは十分伝わってくるんですが、どうもこのシリーズの沙樹が、きつね目すぎてイマイチ可愛いくないので、絵理華と、最近OPでしかお目にかかっていない矢霧波江とかをもってうまく生かしてほしいです。
つうか、折原の妹って、メインまだ?(^_^;
聖辺ルリでもいいけど。
スポンサーサイト


テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:19:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。