■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
迷い猫オーバーラン! 第7話 迷い猫、乗った
[勇者超人グランブレイバー・第26話 ―覚醒の光―
機械帝国にさらわれたさやか、しのぶ、ちづるの三人を助けるため、飛びだしていったブレイブカイザー、ブレイブマッハ、ブレイブドリルの三体。しかし、そんな彼らの前に、はづきの乗るビッグバトラーが立ちはだかる。グランブレイバーとビッグバトラーが激突しようとしたそのとき、上空から地球侵略軍司令の機械公爵が姿を現した。さやかたち三人を体内に取り込んだ機械公爵は強大で、カイザーたちは絶体絶命のピンチに陥る。 ]

おバカ大作でした。こういうの、大好き!(笑)

サブタイのパネルボードが『ガガガ』だったり、3体のロボの中にしっかりとドリル担当がたいたり、早乙女博士とななみ助手の司令室というかコクピットだかにしっかりと段差があって、いちいちにななみ助手が振り向いていたり、わざわざ内海御大が機械公爵の役で出てきていたり、で、ネタ多すぎ。
なによりヒロイン4人の名前が、さやか、しのぶ、ちづる、はづきでした、というあたりが、もうね、なんかこみあげてくるものがあるというか、思わず「れっつ!こんばいん!」と言ってしまいそうになるというか、たまりまへんわ。
全部は拾いきれないので、気に入った箇所、好きだった箇所を重点的に回顧しておきます。

まず、メインヒロインの3人。
Mayoineko07-01.jpg
今回、特に作画が良くて、第4話以降のややグダグダ感が一気に払拭できました。
太腿むき出しのバトルコスチュームが実に嬉しいことになってたんですが、中でもさやか(文乃)の、付け根当たりから臀部にかけての脂肪の美しさ、むっちり感が股間を刺激します。

そんなメインヒロイン、3人のチーム。
Mayoineko07-02.jpg
Mayoineko07-03.jpg
Mayoineko07-04.jpg

実に嬉しい太腿と、臀部のくいこみな、さやか=芹沢文乃=伊藤かな恵。ロボはカイザー。
ロリなくせに、これまた美しい太腿な、ちづる=梅ノ森千世=井口裕香。ロボはマッハ。
全身に本編よりもふっくら感が強かった、しのぶ=霧谷希=竹達彩奈。ロボはドリル。
3人とも嬉しいピッチリ・スーツで、解放された後半の合体バトルでは、すっぽんぽんフュージョン。(たぶん)
こういう太腿むきだしで、レオタードっぽいくいこみぴっちりスーツでの戦い、元祖として『OVAダンガイオー』あたりが思いおこされるんですが、美少女ロボバトルとしては、良い伝統になりつつありますね!(笑)

第4の戦士、はづき=竹馬園夏帆=田村ゆかり。
Mayoineko07-05.jpg
どうやら最初敵方だったのが、父の仇を求めるうちに裏切って、という流れになったようです。
3人より、ちょっと年齢が高め設定、かな。
前半がこのはづき、後半がさやかでメインになるのですが、中の人、2人とも、こういうのに実にあってますね。
ゆかりんは既に場数も多いですし、むしろバトルもので魅了してくれてましたので当然としても、かな恵さんがけっこうこういうロボバトルにあうことが判明した、というのも大きかったです。単にワタクシの趣味・主観ですが。(笑)

バックアップの2人。
Mayoineko07-06.jpg
Mayoineko07-07.jpg
Mayoineko07-08.jpg

作画が良いといっそう「三浦あずさ」テイストになる早乙女博士=都築乙女=佐藤聡美。
そして振り返るしぐさが可愛い、ななみ助手=鳴子叶絵=堀江由衣。
鳴子叶絵はまだ本編でそれほど活躍してませんので、ちょっとわかりにくかったですが、あんまり関係ないですね、そういうのは。
しかししゅが美ちゃん、なんでもうまくこなしますね。リムと律で既にその片鱗は十分見せてくれてましたけど。

物語は、3人が囚われるところから。
Mayoineko07-09.jpg
このあたりで、悦痴い責め苦があればもっと良かったんですが、尺の関係で、さすがにそれは無理ですね。
ただ、コクピットに乗ると、フュージョンの関係からか、すっぽんぽんフェイズになる、というのが、実に嬉しいです。
ロボット+美少女として、こういうスタイルこそ継承してほしいところです。
ロボットアニメで、男子が乗り込むパターンは、もう前世紀の遺物なんですよ!(笑)

前半は、敵方から裏切ってきたはづきが、葛藤の末、ブレイブ星人側について、機械帝国と戦うまで。
ただし、あっさりやられます。(笑)
Mayoineko07-10.jpg
Mayoineko07-11.jpg

やられたときの、転倒が実にエロかったので、ここはしっかりと網膜の裏にやきつけておきたいところです。
脚もエロいが、乳もデカいぞ! 尻もエロいぞ!
Mayoineko07-12.jpg
Mayoineko07-13.jpg
Mayoineko07-14.jpg

タイトスカート、というのも、3人は最初違うチームでした、というのがうまく出てて、たいへんよろしい。
くいこみレオタードで表現される太腿の魅力と、タイトスカートがこぼれる太腿の魅力、どちらもすてがたい、魅惑のアイテムです。
さやかだけでなく、はづきもつかまってエロい目にあってほしいキャラですね!

さやか、復活、脱出して、2人の仲間と合体です。
Mayoineko07-15.jpg
Mayoineko07-16.jpg

背中が見えているのが、これまたすばらしいです。
もうどこを切り出しても、前かがみ級ですね。
後半は、このさやかをメインとした、グランブレイバー側の戦い。
あとの2人もしっかり復活です。
Mayoineko07-17.jpg
Mayoineko07-18.jpg
Mayoineko07-19.jpg

分割画面も、この手の作品の常道となって参りました。
『ガンダム』や『ザブングル』で多用されていた頃は、サンライズ・カット、なんていわれてたんですけどね、なんかもう最近は普通にありますな。

さらにはづきも合体して、すっぽんぽんフェーズに移行!よくわかってます。
Mayoineko07-20.jpg
Mayoineko07-21.jpg

今回に限っては、『いちばんうしろの大魔王』に匹敵するほどのエロース炸裂で、たいへん満足させていただきました。
2クール目で機械公爵を倒して、黒幕の3人、実は巧たち、というなかなかすごい凝った見せ方で終了してました。
ところで、公式サイトでは「機械侯爵」、エンドテロップでは「機械公爵」になってるんですけど、どっちが正しいんですか?
一応、テロップ優先しておきますが・・・。
Mayoineko07-23.jpg
このカット、『ダンガイオー』だよね。(^_^)

つうことで、この作画グレードが維持できるのなら、普通にこういうシリーズものでも見たくなりますな。
ただこのグレードの維持が、たぶんかなり無理っぽいでしょうけどね。
勇者シリーズでもそれができたのって、ほとんど『ガガガ』だけでしたし、石田敦子原画、デザインがけっこうきゅんきゅん来る『ダ・ガーン』『マイトガイン』『ジェイデッガー』なんかでも、かなりデコボコしてましたし。
それにしても、こうしてキャスティングロール並べて見ると、すごいネーミングですな。

ということで、結論。たいへん面白かったです。

個人的には、さやかの太腿がけっうキたので、アイキャッチの太腿さやかを回顧してしめておきます。
Mayoineko07-22.jpg
きめゼリフが「2回しねー」というのも、いい感じでした。
スポンサーサイト


テーマ:迷い猫オーバーラン! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:48:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。