■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
薄桜鬼 第12話 剣戟の彼方
[銃創を負った近藤と病身の沖田が大坂城に護送されてまもなく、旧幕府軍と新政府軍との間で鳥羽伏見の戦いとなり、新選組の待機する伏見奉行所も砲撃される。重傷の近藤に代わり新選組を指揮していた土方は、彼らの刀では新政府軍が扱う射程の長い銃には対抗できないことを悟り、伏見奉行所からの撤退を決断。六番組組長の井上源三郎と千鶴が淀城まで援軍要請に赴くことになる。だが、既に淀城は薩長側に寝返った後だった。]

第2期決定、嬉しいな、と。(^_^)

企画を聞いたとき、ここまで好きになる作品だとは予想だにしてませんでした。
もともと極端なBL系に走りさえしなければ、少女モノ原作のアニメ化はかなり好きな部類ではありましたけど、ちょっと危険な香織も感じてたんですよね。(^_^;

もちろん、千鶴の描写にメロメロになってしまいました、というのもあるんですが、伝奇的なストーリィを歴史の一こまの中に重ねていくスタイル、そして素材の扱いが実に丁寧であること、なんかもありまして、4月期、個人的には大当たりの作品。
久しぶりに、ディーン+中島敦子コンビの「本気」を見せられた想いです。

さて、話はトントンと進んでいきまして、幕末から明治への大転換、戊辰戦争へ。
淀藩の寝返りとか、将軍・慶喜が大阪から船で江戸に脱出したとか、なんかやたら細かいところを忠実にやってますね。(^_^;

イケメンではなかったので、史実通り死ぬんだろうなぁ、と思ってた井上源三郎。
その通りだったんですが、この手のデザインのキャラとしては、例外的といっていいほどの良い見せ場でした。
ひょっとして「おっさん萌え」の方々への配慮だったのでしょうか、よくわかりませんが。(^_^;
ヲタ男子の熟女萌えと、ヲタ女子のおっさん萌え・・・どっちの方が業が深いのかなぁ、とつまらんところへ、連想がいってしまいました。

第2期に入ったときに忘れるといけないので、重要そうなところを簡単にメモだけしておきます。
・山崎、死す。
井上源三郎が、壮絶な死に様だったのに対して、こちらはひっそりと、千鶴に見守られるように息を引き取りました。
「忍ぶ者」としてまの最後、とも見えましたね。

・羅刹隊、この時点で戦力の大半を失う。
でも平助くんと山南さんは無事でしたので、第2期でも出番あるのかな。

・土方さん、おちみずを飲む。
これ、かなり驚きました。
土方も羅刹化する可能性は感じてましたけど、もっと後だろう、と思ってましたので。

・土方さん、五稜郭ファッション。
函館の戦いまで進むみたいですね、第2期。

最後に、本作の華、千鶴ちゃんを鑑賞してしめておきたいと思います。
・渋いおっさん、井上源三郎と、その別れ。
Hakuouki12-01.jpg
Hakuouki12-02.jpg

『Angel Beats』の軽い涙と違い、本作のような悲痛な涙は心をうちますね。
ところで、この井上源三郎、このとき享年40歳。
本作の人物群像としては、かなりの年長で、当時の感覚だと、もう年寄りの部類かな?
ちなみに土方さんは、この時点で33歳くらい。

・風間が本性を出して迫り、土方がおちみずを飲んで羅刹化して死闘、という中で、呆然と見つめる千鶴。
Hakuouki12-03.jpg
「まがいものでも貫けば誠になる」
「このオレが隊士を犠牲にして生き延びるなんて」
うーん、やっぱり、千鶴ちゃんは土方とくっついちゃうのかなぁ。。。。

・夕闇の慟哭。
Hakuouki12-04.jpg
千鶴ちゃんは、感情が豊かで、生きている、という実感がありますね。
山崎が船上で亡くなった、というのは異説も多く、はっきりしないそうなんですが、それにしても、細かなところまでやってくれてました。

さてさて、第2期も確定したとのことですので、楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト


テーマ:薄桜鬼 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:40:02 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 監督のヤマサキオサムは山崎理だったんですね!
南町奉行所の!
 『妖刀伝』などの!
歴史モノがどうりで上手いハズ!!
2010-06-28 月 01:47:13 | URL | 犬塚志乃 [編集]
『妖刀伝』は歴史モノとしてはそれほど良かった印象ではないですけどね。
キャラ絵、特に太腿は良かったですが。(笑)
どちらかというと、大貫さんの作品、というとらえ方だったかなぁ。
2010-06-28 月 02:44:14 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。