■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デュラララ!! 第24話 則天去私
[廃工場で法螺田と向き合う紀田正臣を助けるべく突っ込んでいった杏里、帝人、セルティ。だが多勢に無勢、あっという間に黄巾賊にとりかこまれてしまう。そのとき黄巾賊にもぐりこんでいた門田ら一派の裏切りの声とともに、状況は一変、法螺田は逃走、それをセルティが追う。帝人と杏里は正臣を沙樹のいる病院へと運ぶ。その夜。臨也の前に妖刀となった杏里が現れる。]

最終回。
物語の発端と言ってもいいセルティの首の問題とか、粟楠会とか、門田一派の出自とか、積み残したものや生煮えに終わったものもいくつかあるようですが、概ね満足のいく物語の〆方でした。
ただ、あまりにもうまくまとめたので、前半に見せていた、グランドホテル形式の面白さが影を潜めてしまったのは、少し皮肉な結果かもしれません。
もっとも、原作未読組なので、原作でこの辺がどうなっているのか知らないため、あくまでアニメ版を見た感想ですが、帰結点を見つけて着陸してしまうより、問題を抱えつつも最後まで輪舞を繰り返してくれていた方が、当初の面白さを貫けていたかなぁ、という気もしています。
結果論ですけどね。

とはいえ、前半と趣向が変わったとしても、物語の面白さ、という点では、今年随一、と言っていいかもしれません。
あとは鑑賞者が、この作品テイストの趣味にあうかどうか、といったレベルでしょう。

その今回の着陸点、正臣が2人の前から姿を消し、杏里と帝人が一歩前へ進んだ、という点。
一応ハッピーエンド、と言っていい〆方でしたかね、バッドエンドでも良かったとは思いますが、この作品世界でバッドエンドだと、多くの人に相当後味の悪いものになるでしょうから。

今回分、最後の杏里ちゃん成分の補給をしておきますと・・・。
Durarara24-01.jpg
Durarara24-02.jpg
Durarara24-03.jpg

妖刀・杏里ちゃん。
最後だったからなのかどうかわかりませんが、描線が柔らかくて、ふっくらしてたのが、たいへん好みでした。(^_^)
太腿も、思わずこすりつけたくなるむっちんぷりんっぷりで、おいしそうでした。よきかなよきかな。

背後で自ら手を下さず、情報で人を操り、にやにやにと他人の不幸を喜んでいた臨也。
その臨也の前に現れたのが、セルティでも紀田くんでもなく、妖刀・杏里。
Durarara24-04.jpg
Durarara24-05.jpg
Durarara24-06.jpg

さりげない状況、バトルの中でも、丸くてデカい杏里の、制服を押し上げる青春の暴走が、ひときわ光り輝いておりました。(^_^)
杏里ちゃん・・・開始前の設定画の段階では、ずいぶん地味なヒロインじゃのう、と思ってましたが、その自己主張する肉体の魅力というか魔力というかが強烈でしたので、すばらしいヒロイン像になってました。
肉体的魅力だけでなく、押し殺したような内面の激しさ、深さなんかも、終わってみれば良いキャラクターに仕上げてくれてましたしね。
もっとも、原作ではセルティさんの方がヒロインらしいですが。

臨也が今まで言っていた行動原理、その言い訳。「人間が大好きなんだよ」
しかしサイモンにボコられて戻ってきた姿を見た、波江さんの一言。
「人間はあなたのことが大嫌いなのにね」
Durarara24-07.jpg
これ、けっこうな心理的カタルシス効果になってましたね。
臨也の精神的よりどころに近かった、衝動に対する言い訳、それを論破するでもなく、更なる高所から鼻で笑うような、波江の言。
臨也自身の滅亡よりも、こういう達観がむしろ敗北感を与えてくれるのでしょう。
その意味で、サイモンが言ってた
「単に静雄に負けるのがイヤだっただけ」という看破より意味があったんじゃないかな、と思ってしまったところ。
まぁ、波江さんも、情報操作でけっこう暗躍はしてたみたいでしたけどね。

それと波江さんの肢体もけっこうエロかったので、後半もっと活躍してほしかったです。(^_^;

紀田くんたって望みで、沙樹と同じ病院へ、そして沙樹との再会、和解。
Durarara24-08.jpg
Durarara24-09.jpg
Durarara24-10.jpg

病院で悦痴なことをする、若い患者2人。ちょびっと萌へ。(笑)

でも紀田くんの家族ってどうなってんですかね、描写とかあったかな。
第1話でそれっぽいことはでてきたような気はするんですが、帝人や杏里ほどには家庭環境が語られてなかったですな。
最後が逃避行だったので、少し気になったところ。

セルティが、なんか強引なサーヴィスショットを出してくれてたんですが・・・。
Durarara24-11.jpg
このあとの、足を組んだ絵がデッサン崩れで、ちょっと残念なことになってました。ほえほえ。
セルティに関しては、脱がなくても、ボディラインぴったりのピチピチ・スーツで十分堪能できますけどね。

その後を少し描いて、ネット世界ではつながっていることを確認して、幕。
都会がいつまでも生き続けている、というのは、輪舞形式の切り口、グランドホテル形式のテーマとしては有効でたいそう面白いんですが、日本の場合、都会の栄枯盛衰が激しいので、「これからもずっと」という言い回しには、ちょっと、みたいな感はあったりしました。
かつて東京、大阪をはるかにしのぐ文化発信地だった神戸、広島、福岡が、いまやただの地方都市になってる現状を見ますとね。
とはいえ、結果的に、池袋にその存在を知らしめた、「来良の制服を着た胸のでっかい」女子高生・杏里の存在が、今後語り継がれていくのかと思うと、なにやら熱いものを感じてしまったりはしますが。(笑)

2組のカップルを回顧してしめておきます。
Durarara24-12.jpg
Durarara24-13.jpg
Durarara24-14.jpg
スポンサーサイト


テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:13:49 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) デュラララ!! 第24話 「則天去私」
デュラララ!!5 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と出会った。ついに相対した正臣、帝人、杏里。お互いに言えぬ想いを抱えたまま、三人が見つけた答えとは。そして、池袋の住人の多くを... 2010-07-01 Thu 16:40:15 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。