■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Angel Beats! 第13話 Graduation
[ゆりが目覚めたとき、既に黒い影は退治されていた。そして音無、奏、日向、直井だけが残り、あとはすべて成仏していた。ゆりは音無たちとともに、生前奏ができなかった「卒業式」を行うことにする。]

最終回。
最後まできれいなキャラ絵で、作画面では大いに満足させられる作りで、第1話のときにあった期待はずれ感はかなり払拭された印象。
なんか一部で、売れる売れない論争みたいなのも起こってるみたいですが、この作画と、キャラ絵なら売れるでしょう。
というか、ここまでして売れないとしたらあまりに惨めですし、売れてほしいと思います。

一方お話の方は、最後まで「・・・」な印象。
序盤に岩沢を退場させた演出は面白かったですが、それくらいかなぁ。。。
元演劇屋としては、作中で人物が自分のプロットに感動してしまってワアワア泣く、という、朝○人か○那人みたいな演出は、正直かなりさめるので、ラスト3話の虚脱感は半端じゃなかったですが。(^_^;
前にも書きましたけど、脚本の人は、叙事的演劇とか、異化効果とか、勉強した方が良いと思います。
(もっとも、ブレヒトは大嫌いですけど)
現代演劇は、すでに叙事的演劇を消化して、さらに前へ進んでいますが、なんかそれ以前、て感じでしたし。
作中人物が泣く、という行為自体は別に良いんですけどね。。。

あと、いくつか、雑感。
・卒業式。
ワタクシも高校の卒業式には出てないので、もし出てたらどんなだったかなぁ、と少し脳裏をかすめたり。
受験終了後、戻らずに東北旅行にでかけて、さらに北海道まで足を伸ばそうかと思って、高校に電話を入れたら、証書を渡すから早くもどってこい、バカモン・・・と言われたなつかしい思い出が。(笑)
一期校受かってるのに、二期校受けにいくとは、おまえは鬼か、とも言われたなぁ。。。
そういや、中学の卒業式も、入院してて出てなかったような記憶が。(^_^;

・心臓。
実は心臓がありませんでした、その心臓は奏に臓器移植されてました、記憶が戻ったのは奏の心音を聞いたからでした、というラスト。
一応、心臓移植は普通に成功する世界から来た、ということですね。
いや、失敗したから奏はあの若さでここにいたのかな。
ドナー提供はかなり唐突でしたけど、ここへの含みだった、ということでしょう。

・線歌、斉唱。
W杯見てた直後でしたので、なんで国歌を歌わないかなぁ、と。
最近は、歌うところの方がまれだとは言え。

・一人ずつ消えていくEDと、奏エンド。
最初から徹頭徹尾、ゲーム画面を延々と見せられているかのような演出でしたけど、ラストも、いくつかあるエンディングのうちの「奏エンド」を見せられた、という感じでした。
物語が、ゆりの傍らにいるところから始まりましたので、ゆりではなく奏と、というあたりに、少し凝ったところは感じたものの、マルチエンドのうちの一つ、みたいな感覚も同時にあったところ、かな。

・ゆりっぺ、可愛い。
AngelBeats13-01.jpg
AngelBeats13-02.jpg
AngelBeats13-03.jpg

男ヲタは自己主張する少女キャラが総じて嫌いだし、無口系の方がいろいろと妄想を付加できるので、奏の方が人気がある、というのは十分わかりますが、個人的にはゆりっぺの方が好みでした。
しかし、最初の設定、あんまり生きてないですね。(^_^;

・輪廻転生。
Cパート、といっていいかどうかの、ラスト数コマ。
輪廻の問題は、あるにせよないにせよ、その記憶がない、ということが問題なんですけどね。

こんなとこですかね。
次回からMBSのこの枠、消えてるのが、かなり気になります。
スポンサーサイト


テーマ:Angel Beats! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 05:43:25 | Trackback(2) | Comments(3)
コメント
>作中で人物が自分のプロットに感動してしまってワアワア泣く、
という、朝○人か○那人みたいな演出

 だから種もワアワア、よく泣いたんですね。

 倉等が肌に合わない演出だったので、この作品も
合わなそうです…。
2010-07-11 日 01:38:12 | URL | 犬塚志乃 [編集]
 しかし、白石様どうも↑の演出がトラウマに
なっているようで心中お察しいたします(^_^;)
 ファイトです。
2010-07-11 日 01:47:39 | URL | 犬塚志乃 [編集]
トラウマってことはないですよ。

叙事的演劇っていうのは、共産主義演劇の手法、みたいにとらえられてたりしますけど、技術論として見た場合、決してそうじゃないんですね、現代演劇の基礎教養になりつつありますし。
それに叙事的演劇の出発点は、能や謡曲とも密接に関係してて、日本的情緒、感性もかなり背景にあったりします。
演技する自分と、演技者を見つめる自分、という感覚などは、現代ドラマを作る人ならば、一度は通ってほしい道だと思います。
2010-07-11 日 20:58:03 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(アニメ感想) Angel Beats! 第13話 「Graduation」
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! ... 2010-07-01 Thu 22:12:43 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (最終回)
Angel Beats! デスクマット(2010/08/25)キャラアニ商品詳細を見る 音無・ゆり・奏・日向・直井の5人で小さな卒業式。他のSSSメンバーはいつの間... 2010-07-06 Tue 13:10:54 | 破滅の闇日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。