■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
閃光のナイトレイド 最終話 せめて希望のかけらを
[高千穂勲の野望を食い止めるべく国務院へ向かう葵たちは、ついに勲の元へたどり着く。だがそこに銃声が響き、勲は倒れる。勲が死んでなお、上海に新型爆弾を投下しようという市之瀬の狂気を止めるべく、葵と葛は爆撃機に潜入するが・・・。]

最終話・・・なんですが、なんかとんでもなく後味の悪い終わり方をしましたね。
後味が悪い、というのは、ドラマとしての面白さとか、そういったことではなく、作劇術として。
あの結末だと、葵や葛がしたことって、結局は何も変わらなかった、ということに帰着してしまう、そういう後味の悪さです。

ワタクシは別にハッピーエンド信者ではないので、悲劇的結末で終わってもそこに一貫した作品性というかテーマ性があれば、別に不快とは思わない方なんですが(というか、むしろ悲劇の方が好きです)、本作のように作意が有効に働いていない作品を見てますと、どうにもしようがない後味の悪さがを感じてしまうのです。

結局のところ、なにか隠れて陰謀があったけど、とどのつまりは歴史は変わりませんでした。
最初からここに向かっている、たとえば主人公達が同時代人ではなく、歴史改変者を追ってきたタイムパトロールとか(この設定自体は陳腐ですが)、そういう別視点での意思があれば、「歴史が変わらなかった」という帰結でも別に不満はなかったでしょう。一応SF仕立てでしたしね。
ところが、未来を語る預言者がいて、歴史を変えようとして、多くの人が死んで、でも結局歴史は変わらなくて、しかも首謀者が画策した歴史的大惨事の回避も「歴史を変えなかったがゆえに」回避できなかった・・・という結末。
これだと、このプロットのために動いた多くのキャラクター、とりわけ勲とかは無駄死にだった印象になります。
この辺に後味の悪さがあるんですよね。
その後の正史、第2次大戦が、とんでもない惨事だったわけですから。

・もっと勲サイドを徹底した悪に描いて、
「原爆はその後投下されてしまうけど、勲が計画していたもっと悲惨な未来は回避された」
・・・といったような結末にするとか、
あるいは、
・勲の計画に共感した葛たちによって、市街地大虐殺のような手段を回避して、歴史は書き換えられた、
・・・みたいな結末とか、とにかく、作中人物の行動がなんらかの形で、後で結実するスタイルで〆てほしかったです。

永井豪に『ズバ蛮』という名作があります。
戦国を生きる野生児ズバ蛮が、世界から集まった仲間達とともに、吸血鬼百鬼一族を操る織田信長を殺してしまう作品です。
実はズバ蛮は未来から、ジャンヌ・ダルクによってさらわれてきた特殊な力を持つ少年でしたが、そのことを知ってなおズバ蛮はジャンヌを助けて戦国を統一してしまう、という歴史の書き換えをもって終わります。
かなり打ち切りのための方便のような結末でしたけど、作中人物の意思は、歴史改変によって十分に生かされた結末でした。
末尾は1972年(この作品が発表された年、つまり現代)の歴史の授業で、少年が
「1573年、群雄割拠した戦国時代に戦国孤児ズバ蛮が、フランス人ジャンヌ・ダルクをしたがえて、天下を統一し、その後四百年にわたっての平和国家のいしづえを作りました」という教科書の朗読で終わっています。
「四百年」ですから、以来現代まで平和国家が続いている、ということですね。
超能力者、未来を覗くもの、といった設定を出してくるのですから、こういう風な「奇妙な味付け」で終わっても良かったのじゃないかな、という気もします。

ということで、前回の第12話までは、地味だけど面白かったのですが、今回の幕のおろし方には、やや不満のある最終話でした。

作画というか、キャラ絵に関しては、雪菜と風蘭のその後をちゃんと描いてくれてたのは、まあまあ良かったです。
・兄の死に涙する雪菜。
NightRaid13-01.jpg
NightRaid13-02.jpg

自分をかばって、桜井の凶弾に倒れた、兄・勲。
とっさの行動ゆえに、兄妹の愛を感じさせてくれる場面でした。

そしいてラスト、風蘭の店で、おそらく葵が届けたであろう合成写真を見入る、雪菜と風蘭。
NightRaid13-03.jpg
NightRaid13-04.jpg

この2人の結末については、物語の方の後味とは違い、けっこうな涼風でございました。

さて、次回、世紀末オカルト学院のスタートなんですが・・・『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』よりも『ナイトレイド』の方にテイストが近い印象なんですが、大丈夫かなぁ・・・。(^_^;
スポンサーサイト


テーマ:閃光のナイトレイド - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(下期) | 00:44:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。