■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バトルスピリッツ少年激覇ダン 第44話  緑の暴風がやむとき
[見えざる政府と呼ばれる、影の実力者達との対面を果たし、異界王は全世界にその影響力を浸透させていく。事態を憂慮したトールマン大統領からの協力を受けるダン達。だが、一瞬の油断から、百瀬兄妹と切り離されてしまう。勇貴を守るべく華実が異界王の姿を借りた人形の一人と戦うが、マザーコアを切り離されて、敗れてしまう。]

華実、退場。
残念ではありますが、実に劇的な退場で、ドラマとしての効果、という点では、たいへんすばらしいエピソードになっていました。
作画もえらくリキが入ってましたしね。

数多くの戦い、そしてマザーコアの負荷ゆえに衰弱のきわみにあった華実。
それを見て、なんとかマザーコアを華実から切り離してやりたいと思う勇貴。
だがそれは、華実の存在そのものを消してしまうことを意味し、矛盾に苦悶する兄の姿。
これが冒頭で語られ、戦いのさ中、兄をかばって自ら傷身の中立ち上がって戦い、そしてマザーコアを切り離されてしまいます。

勇貴が願ってはいたが、同時に願ってもいなかったこと、マザーコアの分離。
「次の時代でも(わたしを)見つけて下さい」と言い残して、勇貴の腕の中で消えていく、虫めづる姫君。
悲劇です。
でもこの悲劇にもしっかりと意味があって、マギサがマザーコアを乗っ取ることができることをも同時に承継してしまった、という展開。

いやもう、しびれっぱなしです。
4クールという長丁場なればこそできる味とコクのある展開で、魂をもっていかれそうになりました。
前回までの華実の衰弱、そして予告の感じから、華実の退場自体はかなり予想はしていましたけれど、これほど劇的にやっていただけるとは思ってもみなかったので、とっても嬉しい仕上がりになってました。
いやぁ、商材宣伝アニメでも、しっかりと練られて作られていると、深夜のヲタ向け作品なんかでは味わえない、深いものをいろいろと見せてくれるように感じます。

今回のエピソードは、個人的に今期の全作品中トップランクに挙げてもいいくらいのすばらしさでした。

ではストーリィと同様、作画面でもたいへん満足させていただいた、名場面を回顧しておきます。

異界王、影の実力者の前に登場!
BS_ShonenGekihaDan44-01.jpg
既に何度かダン達と戦った顔ぶれですが、こうやっていっせいに、しかも異界王とともに登場すると、実力以上のカッコよさですな。
悪役というのは、四天王とか六人衆とか、こうしていっせいひな壇的に登場して、組織的な威圧を示す、という場面が必須だと思います。
最近こういう演出、ひところに比べますと減ってましたからね。

そして、度重なるマザーコアの力により、衰弱の華実。
BS_ShonenGekihaDan44-02.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-03.jpg

ダン達を呼び込んできた過程なんかも少し回顧されてましたし、ズングリが
「最初はすごく嫌いだった」
というのも今回のラストのクライマックスに、実に効果的につながってきましたし、良い展開でした。

バラの庭園を歩く兄妹。
BS_ShonenGekihaDan44-04.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-05.jpg

今回、唯一の笑顔。
バトルコスチュームになったときの、肩の丸出し感が、清楚な中にも高貴な少女の色香を感じさせてくれます。
つうか、かがんだら、裸みたいですしね、そういう美しさも見せてくれました。(^_^)

しかし、突如ダン達から切り離され、異界王の襲来。
BS_ShonenGekihaDan44-06.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-07.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-08.jpg

勇貴がしめあげられてしまったため、やむなく華実の戦い。
兄さま、しっかりしろよ。。。

ただここでの華実のバトルフォームは、数こそ少なかったですが、美しい中にカッコよさもあって、実にきれいな画面に仕上がってました。

マザーコアの発動、それが敵の狙いとも知らず・・・。
「今まで兄さまに守られてばかりでした」
「わたしも兄さまを守れるように、強くありたい!」
BS_ShonenGekihaDan44-09.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-10.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-11.jpg

この辺で、結末がかなり悲劇的な方向へ、というのが予想されましただけに、美しい華実の戦いは、胸に迫るものがありました。

悲しくも冷たい戦い。結末。
BS_ShonenGekihaDan44-12.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-13.jpg

切り離されたマザーコア。
愛する兄の腕の中に倒れる華実。
華実の苦しみはこれで終わります。
でもそれは回復を意味するのではなく、消滅による苦しみの終わり・・・。

ようやく封印を突破してきたダン達の前で展開する悲劇。
呆然とする魔ゐたち。
BS_ShonenGekihaDan44-15.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-16.jpg
BS_ShonenGekihaDan44-17.jpg

魔ゐたちの心に去来する、それぞれの華実との思い出。
冒頭のダンとの関係も含めて、今まで、合流してからの、それぞれ個々のキャラとのエピソードが、フラッシュバックして回顧されてました。
良い演出でした。
特に、硯やクラッキーとのエピソードは、やっていた当時はそれほどの必然性を感じなかったので、ひょっとしたら硯のひきこもりは華実によって解決するのかな、とか、かなり見当違いな方向で見てましたけど、今回のこの場面への収束だったんですね。
いや、おみごと、という他ないです。

華実「離れたくない」
勇貴「オレたちは一緒にいる」
華実「勇貴さま、次の時代でも見つけて下さい・・・」
BS_ShonenGekihaDan44-14.jpg
「兄さま」と読んでいたのが「勇貴さま」になってるんですね、最後に来ての、華実なりの愛の告白。
いや、胸をうたれました。

慰めようとするダンに向かって、勇貴、
「キミはまだ生涯に一つの愛に出会っていないだろう」
・・・と、諭すわけでも、ひねくれるわけでも、感情を爆発させるわけでもなく、淡々と返していたのも、印象的。
そしてその返答に、ことばをつまらせてしまうダンも・・・。

日曜の早朝にこんなすごいものを見せていただき、感謝感謝です。
正直なところ、佳作だし、大好きな部類ではあるけど、前作『バシン』に比べるとちょっと落ちるよなぁ、と思ってたんですが、前回から今回にかけてのこの華実エピソードで、少なくともストーリィという面では十分『バシン』に伍するできばえになったと思います。

この悲劇を受けて、マギサの側からも同じことができる、と判明して、異界王との決戦へ。
第2シリーズ、BSものとしては、第3シリーズの発表がなされましたので、いよいよ最終決戦ですね。

次の時代へととんでいった悲しい華実を回想してしめておきます。
BS_ShonenGekihaDan44-18.jpg
さようなら、哀しくも美しい「虫めづる姫君」
スポンサーサイト


テーマ:バトルスピリッツ 少年激覇ダン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 02:00:48 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

◎バトルスピリッツ少年激覇ダン第44話「緑...
地球世界を密かに支配するボス達と対面し、支配下に納める異界王。不穏な世界の動きを察知した大統領から、ダン達の元に警告が届く。そんな中、異界王に強襲されたダン達は、強力な... 2010-11-29 Mon 21:47:05 | ぺろぺろキャンディー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。