■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジュエルペット てぃんくる☆ 第26話 ほほえみの呪文にドッキ☆ドキ!
[アルマが手に入れようとするバッデストの呪文。かけつけたレオンが阻止しようとするが、強大なアルマの魔力に歯が立たない。アルマによって、ジュエルランドとレアレア界とのはざまに飛ばされてしまったあかりは、オパールから記憶を読む魔法を教わり、オパールの記憶の中にあった、幼い日々のアルマの姿を見る。そしてフェアリーナがアルマに伝えた「ほほえみの呪文」も。]

バッデストの本体は、さらに別のところに隠されていて、魔法の鏡が映していたのは鍵の所在でした、ということで、一応最悪の事態は回避できましたが、アルマの心はとざされたまま、いったん小休止、という流れだったんですが・・・。

サブタイになってる「ほほえみの呪文」の扱いが、かなりきゅんきゅん来ます。

・幼アルマが、フェアリーナに花を摘んで渡す祐馬を見て、私も! と摘んでくるものの、花はすぐにしおれる。
JP_Tinkle26-01.jpg
JP_Tinkle26-02.jpg
JP_Tinkle26-03.jpg

・泣き出す幼アルマにフェアリーナが教えた呪文。ラムールラムールラムリアース
JP_Tinkle26-04.jpg
JP_Tinkle26-05.jpg
JP_Tinkle26-06.jpg

・ほほえみを取り戻す幼アルマ。
JP_Tinkle26-07.jpg

・レアレア界に戻り、無性に祐馬君に会いたくなって会いに行くあかり。
・でも祐馬君の姿を見るや、祐馬とアルマ2人の運命を思って、涙がとまらなくなる。
・それを見て祐馬君、ラムールラムールラムリアース
・「母さん(フェアリーナ)のことはほとんど覚えていないのにこの呪文だけは覚えている」という祐馬。
・いろんな感情がいっぺんにあふれてきて、さらに涙がとまらなくなるあかり。
・「あ、あれ?おかしいな」の祐馬君。
JP_Tinkle26-08.jpg
JP_Tinkle26-09.jpg

・いつか祐馬とアルマが2人、ほほえみあえる日を夢見るあかり。
JP_Tinkle26-10.jpg

もうたまりませんわ。
あかりちゃんの想い、アルマの想い、そしていったんは圏外に出たと思っていた祐馬君の思い。
それぞれがこの「ほほえみの呪文」で一つの円環につながってくるすばらしさ。
ほほえみが生まれる魔法。
幼い日の事はかなり忘れてしまっているのに、しっかりと呪文は覚えていた祐馬。
でもあかりにとっては、ほほえみ以上の感情が生まれてしまい、逆に涙がとまらなくなる。
このあたりのプロットというか、シナリオのすばらしさというか、学齢児童むけにしておくにはもったいない展開です。

頑なに、誰も信じられなくなってしまったアルマの心。
それに一生懸命語りかけようとするあかり。
その間で犠牲になってしまうオパール。

他にもいろんなモティーフがつまってて、実にすばらしいエピソードになっていたと思います。
脚本・・・さすがは島田満さん、こういうのをやらされと、実にうまいですね。

幼い頃の、気が強くて、屈託なく笑う頃のアルマと、現在の闇に閉ざされてしまったアルマ。
JP_Tinkle26-11.jpg
JP_Tinkle26-12.jpg

まさに、ほほえみを知っていた頃と、忘れてしまった現在、という対比のようです。

この展開、どうなるのか、と思ったら、次回はレアレア界。
背景を見てますと、クラスメイトを合宿と称してジュエルランドへ連れて行く話ですか?
今回が感動的でしたので、ついうっかり忘れてましたけど、現実世界編になると、ときどきおかしなセンスになるんですよね、本作。(笑)
次回、そのワンダー・センスが充溢する展開なのかなぁ、今回とはまったく違い意味、方向性で期待しておきます。(^_^)
スポンサーサイト


テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 00:24:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。