■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モノクロアニメの思い出
番組改編期のエアポケットで、見る作品がなくなってしまいましたので、10月期までのつなぎとして、少し昔の思い出話などを。
7月開始期の作品の、総括みたいなことをしても良かったのですが、年末が近づいてきますと、年間ベスト、みたいな感じでまとめますので、1年後半はいいかな、ということで。

いつもの定時感想とは違いますし、興味のない人の方が圧倒的大多数だと思いますので「続きを読む」の方に格納しておきます。



モノクロテレビアニメの開始時期をどのあたりにとるか、というのは、厳密にやるとけっこうめんどくさいのですが、一般的には『鉄腕アトム』第1話としていいかと思います。(1963年1月1日)
難しいのは終わりの時期なんですが、だいたい『どろろ』の1969年くらい、としておきます。
ただし、モノクロアニメの後半時期は、以前、モノクロ『サイボーグ009』について少し書いたときにふれましたが、既にカラーアニメの時期と重なっています。
国産カラーテレビアニメのに第1作『ジャングル大帝』が1965年ですので、実はモノクロアニメの約2/3の時期は、カラーアニメと重なっていたんですね。
そんなわけで、モノクロアニメの思い出、としましたが、時代としては、1960年代後半の、わりとアバウトな時期から、ワタクシの好きだった作品だけ、簡単に回顧しておきます。
ただ、画像はすぐに取り出せないので、いっさい使用しません。

・SFアニメと冒険アニメ。
モノクロ時代を彩っていたのは、この2つの分野ではなかったか、と思います。
ただワタクシは、かっこいいロボットとか、手に汗握る冒険モノ、などというより、どれだけ可愛い女の子がでてきてくれるか、ということに血眼になっていたダメニンゲンでした。
そんなわけで、世間一般の人気作品より、嗜好がかなり偏っていたかもなぁ、というのが、今となってはいろいろと思い出してしまうところです。

☆初期3大傑作。

まず、一番最初の3大長編シリーズ、『アトム』『鉄人』『エイトマン』
この中では、まず『鉄腕アトム』
しかしウランちゃんにはさすがに萌えませんでした。この頃、まだ「萌え」なんてことばは当然ありませんが。
一番印象的なキャラは、今にして思うと「地球最後の日」のベム。
「白い惑星号」の光子とか、「ロビオとロビエッタ」のロビエッタ、なんかも好きでしたが、やっぱりベムですね。

『鉄人28号』に関しては、ロビーのファンだったんですが、今川版鉄人では、助川に連れ出された最初のところしかやってくれなかったのが、大いに不満で、やはりロビーのロボット帝国をやってくれないと、という感覚でした。
それと、最強ロボット論争。
後年、『鉄人』登場の最強ロボットが、ブラックオックスみたいに扱われるのがかなり不思議で、当時の印象としては、断然ギルバートでした。
たしかにブラックオックスはギルバートや鉄人に勝ってるんですが、あれって電磁波技なんで、あんまり強い感じがしなかったんですよ。デザインは好きでしたけどね。
作品の描写の仕方とかで見ると、VL2号や恐竜ロボの方が強かったのかもしれませんが、派手に負けてますからね。
ロビーの次に好きだったのが、後半に出てきたフォイヤ博士のロボット、フォイヤ2世と3世。
特に漫画版の方でしたけど、3世が外装をつけないまま出撃していくところとか、けっこうメカニカルな感じがしたもんでした、当時としては、ですけど。

『エイトマン』は魔女のヤツと、シャーク団くらいしか印象に残ってません。(^_^;

☆ジェッター、ソラン、オスパー。
初期3大傑作の頃は、それほどかわいいおにゃのこは出てこなかったんですが、ソラン君以降、主人公のパートナー、生活部分でのガールフレンド、みたいなのがチラホラ出てきます。

・『スーパージェッター』
このあたりから、SFらしいテレビアニメの登場、かな、当時は科学冒険マンガ、みたいな呼称でしたが。
久松原作絵作品としては、『風のフジ丸』の方が先だったんですが、フジ丸は白土原作のイメージの方が強いですね、今となっては。
ジェッターでは、ヒロイン格のかおるさんより、数回出てきただけのジェッターの未来のお姉さんの方にときめいた記憶が。(笑)
ジェッター役が、後年コンVのガルーダで大人気を拍する市川治さん、かおるさんが当時の花形、松島みのりさんでした。

・『宇宙少年ソラン』
元祖ショタアニメ。(笑)
ショタコン、というのが「金田正太郎」由来、というのにはちょっと首をかしげるんですよね、ワタクシ的には。
少なくとも正太郎君には微塵もときめきませんでしたけど、ソラン君にはかなりときめきました。
これはたぶんに、ソラン君の声をあてていた朝井ゆかりさんの、ソラン君がピンチになったときに発する
「ううう・・・」という声がたいへん色っぽかったから、というのも、けっこうあったように思います。
ソラン君って、当時のSFアニメの主人公の中では、ピンチのとき、一番色っぽかったんじゃないかなぁなどと思っていたり。(^_^;
そして、おにゃのこのグレードの高さ。あくまで当時としては、ですけど。
ヒロイン役としては、ミカちゃんがいまして、この娘も相当可愛いかったんですが、なんといっても
「ミュウ一族編」で登場する、一族の族長の孫娘、シーラ姫、これがたいへん良かったです。
ワタクシ的には、モノクロ時代の3大美少女といってもいいくらいです。あとの2人は003とトマトちゃんですが。

・『戦え!オスパー』
超能力ものとして、画期的だった作品。
これ以前に超能力を扱ったものはありましたけど、シリーズの中心に据えたのはこれが最初じゃないかと思います。ホッパーパトロールはちょっと違うし。
超能力が限定的、というのも、面白かったところで、確か主人公がテレポート、ドロメが念力に特化したエスパーだったかな、記憶で書いてるので、ちょっとあやふやですが。(^_^;

☆W3、遊星仮面、ロビン。
オスパーと時期的にはほぼ同じ頃ですが、この3作、SFとして、モノクロではけっこういきつくところまでいった感のあったSFでした。ただし、『W3』はマンガ原作ほどものすごいSFにはなっていませんでしたが。

・『W3』
上に上げた『ソラン』に登場する宇宙リス・チャッピーとの版権のいざこざの方が今では有名になってしまいましたけど、むしろボッコ隊長がウサギになってくれて良かった印象でした。
変身前のボッコ隊長が、実に色っぽいというか、女の子チックな体型だったんですよね。
この作品ですごいと思ったのが、1話、丸々田園交響曲だけで作ってしまったエピソードがあって、かなり驚かされました。
今だとあんなことやると、非難囂々かもしれませんね。

・『遊星仮面』
SFとしては、こちらの方がハードだった印象です。
宇宙ステーションでの攻防戦とか、今の目で見ると、穴がありまくりですけど、当時としては、かなりハードな宇宙戦争を見せてくれた思いでした。
それと、宇宙忍者サップス。
1号ステッキィ、2号スピーデル、3、4、5号のサップストリオ、そして7号サイボーグマン・ギルドン。
このあたりまでは、次々と出てくる超人的な敵との戦いにけっこうハラハラしたもんでした。

・『レインボー戦隊ロビン』
女性人気、という点では、群を抜いていたように思います。
少なくとも『海のトリトン』が登場するまで、各地で行われていた、復活上映委員会なんかで、劇場版『ホルスの大冒険』、モノクロ009とともに、人気を3分していたように思います。
ただ、前半はすごくシリアスだったんですが、後半は・・・。(^_^;

全部書いてるとキリがないので、初期SFにしぼってこの辺で。
またエアポケットのような時期があれば、思い出かたがた、ポツポツ残していこうと思います。

最後に、ワタクシの好きだった、モノクロのヒロイン達でしめておきます。

1.トマトちゃん。(冒険ガボテン島)・・・杉山佳寿子さんだったんたよなぁ。
2.シーラ姫。(宇宙少年ソラン)・・・ミュウ一族編。
3.003(サイボーグ009)・・・これは昨年少し書きました。
4.ボッコ隊長・人間ヴァージョン(W3)・・・白石冬美さん。
5.リリ(レインボー戦隊ロビン)
番外 ヘケート(リボンの騎士)・・・カラー作品ですが、同時代、ということで。(^_^;

たまにはこんなヨタゴト記事を書くのも、良い息抜きです。(^_^)
スポンサーサイト
昔のアニメ | 23:56:09 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
遊星仮面
>SFとしては、こちらの方がハードだった印象です。
なにせ、設定が「人種差別(主人公が異星人のハーフでしたっけ)&誤解が原因の侵略」でしたものね。よくこんなきつい話を子供向け作品として放映できたものだ、と今にして思います。

>宇宙忍者サップス。
>1号ステッキィ
遊星仮面と列車内で対峙していた時、自分の食べていたあんぱんを分けようとした子供(パンそのものは子供が去った後踏みにじった)が後ろの車両にいる事に気付いて、無言で連結器を(ステッキで)壊そうとするが、車両が離れたときに巻き込まれて死亡、でしたか....

この話はずっと記憶に残っていました。内面描写とか一切無しで(通星仮面と)にらみ合いの状態からいきなり外に飛び出して連結器をステッキで殴りつける場面が強烈な印象を受けましたね。

モノクロアニメで「今でも語れる」作品は技術的な制約を色々受けた分、脚本の完成度が尋常でなかったような気がします。

個人的には、原作エイトマンの「超人類編」をOAVで「そのまま」リメイクしてくれないか、と今でも夢想してたり^^;

『味方になると最高に頼もしい悪役』として

「鉄人」と「ブラックオックス」
「谷博士」と「デーモン博士」

この組合せはアニメ黎明期の傑作だと思います。
(余談ですが、 単行本「超人類編」+チューハイ+チーズかまぼこ の三点セットがあれば、私は徹夜で語り明かす自信があります(大汗))
2010-10-03 日 00:46:53 | URL | K&K [編集]
遊星仮面とエイトマン
>遊星仮面

宇宙混血児というと、同時期の『レンイボー戦隊ロビン』もそうだったんですが、『ロビン』にはまだいくぶん牧歌的な雰囲気もあったのに、『遊星仮面』の方は重かったですね。
ピネロン星人は、混血であってもこめかみのところに星形のピネロンマークが出る、というのは、当時少しショッキングでした。
加えてキャラも濃かったですしね、遊星仮面は。
ピネロン星側が、ホイヘンス長官→イモシ博士の命令系統腕で、作戦が失敗すると博士が長官に置物をぶつけられたりして、博士は中間管理職みたいだったのに、ラストに来て、実は黒幕がイモシ博士でした、みたいなネタになってましたし。
サップス隊は、結果からみると2号、7号が最強だったようでしたけど、1号の人間くささ、みたいなものの印象はかなり強かったですね。
2号の名前、間違ってたので、修正しておきました。(^_^;

「ロケットの謎の爆発事故から地球対ピネロンの宇宙戦争が始まった」で始まるナレーションは、けっこう好きでした。
たしか同一軌道の反対側にある惑星、という設定で、文明が10年ほどだったかな、ピネロン星の方がそれだけ進んでたんですよね。
このちょっとだけピネロンが優位、というのも、心にくい設定でした。

>エイトマン

「魔女エスパー」から「超人類編」は強烈でした。
桑田先生の絵って、あの頃としてはかなりシャープで、人物がすごく怜悧な印象だったんですよね。
ですから、あの悪魔的な少年少女、かなり怖かったもんです。
ただ、その辺、原作の方の印象なんですよね、どうもテレビの方はあんまり記憶が残ってなくて。(^_^;

デーモン博士と谷博士。そういやときどき共演してましたね。
2010-10-03 日 07:44:47 | URL | 白石みかげ [編集]
エイトマン
>「魔女エスパー」から「超人類編」は強烈でした。
私も「ドツボ」です(//▽//)
原作の平井和正氏が自身の著作で「物凄く苦しい。編集部から『臨場感』を強調されるので、SFにならないのだ」と言われてましたが、かえってそれが作品世界を物凄く奥深いものにしていたと感じました。 「魔女エスパー」ですと、なんとかナミを助けようとする東探偵(エイトマン)と田中課長(超人類編だと、エイトマンを強化改造できると喜ぶデーモン博士の隣で「かわいそうになぁ」と嘆く姿が何気に絶妙な味をだしてましたね^^)らの優しさと(もちろんナミの清楚な人格も)魔女と化したナミの邪悪さが強烈な対比をなして、読んだ時の衝撃は半端でなかったです。

初読のあと、15年以上経って大学生の時に(まだ完全復刻版は出ていませんでしたが)単行本で読み直して「なんて面白いんだ」と呆然とした想い出があります。

そういえば遊星仮面のキャラクターデザインはエイトマンの最終回を代筆した(桑田次郎氏の元アシスタント)楠高治氏ですね。
この作品の設定の秀逸さは全く同感です。なんだか平井和正氏に関わる人々って、(本人も含め)逆境もしくはトラブルに巻き込まれているときほど秀作を残しているような気がします(大汗)。
2010-10-03 日 11:11:36 | URL | K&K [編集]
平井和正全盛時代
平井氏が、編集部との要請と、SFらしくありたい、という意識との狭間で苦悩していた、というのは、ワタクシもどこかで読んだ記憶があります。
でも読者としては、その苦しみのおかげで、というのがかなり大きかったようにも感じてしまいますね。

それはともかく、魔女エスパー、そして超人類編のソフィア博士。
あの硬質な、それでいて冷たい美しさは、人の思惑とは違うところで進行する、何か別の原則がはたらいているかのような恐怖、それにもかかわらずひきつけられる魅力が充溢しておりました。
魔女となった後の姿の壮絶さは、ご指摘の通り。
あのあたりは、ワタクシもゾクゾクしたもんでした。

科学や人間の暗黒面、そういったものをちゃんて描いてくれる時代だった、とも言えるかもしれません。
ただ、『エイトマン』って、マンガから入ったか、テレビから入ったか、で、だいぶ感覚が違うんですよね。
私は原作マンガの方が断然好きでした。

後年、桑田氏が『怪奇大作戦』をコミカライズしていたとき、美女、美少女の怪物化を取り扱ったものが何編かありまして、共通点は強く感じたものの、やはりSFということを強く意識した魔女エスパー、超人類編の方が深みがありましたしね。

アシスタントだった、楠さん、小畑さんも、SF畑ですよね。
後年チャンピオンに掲載された小畑さんの『ネオマスク』で、超人1号、2号、3号、というのを見たとき、当時のテイストを少し思い出してしまったものでした。
楠さんの未来戦争ものなんか、もう記憶の中にしか残ってませんが、かなうモノならもう一度読みたいものです。(^_^;
2010-10-04 月 00:22:52 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。