■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そらのおとしものf 第3話 煩悩ある戦い
[再起動中に守形にシナプスの機密情報をもらしてしまったアストレアだったが、居合わせた五月田根美香子は、智樹抹殺を手伝おう、と言い出した。秋祭り、美香子主催による大相撲大会が開催され、高額賞金と芸者さんの罠につられて、智樹も参加することに。アストレアはそこで謎のモンゴル出身スモウ・レスラー、デルタ山として智樹と対戦することになる。]

おバカエピソード・・・こういうのになると、暴走する美香子と、殺人チョップのそはらが実に良い味を出してきて、なかなかよろしいですな。
バカでエロくて、秀逸なラブコメバトルに仕上がってたんですが、それと同時にニンフの恋心、そしてその分析、なんかがきれいにはめこめれてまして、相変わらず演出というか、物語の構成がうまいです。

ともかく、今回も名場面が山のようにありましたので、そのあたりの回顧から。

・馬鹿巨乳、アストレア、機密をもらしてしまう。
SoranoWotoshimono03-01.jpg
SoranoWotoshimono03-02.jpg

守形の状況判断力とか機転とかもありましたけど、誘導尋問以前の対話で情報を漏洩するアストレア。
うん、エロくてアホで実に可愛い。
まだ兵器としての恐ろしさが、ちゃんと描かれていない、というのもありますが、ここまでの流れでは、実に良いエロカワゆさでございますな。

そしてドジをこいてつかまってしまいますが、そこで提案された美香子の恐るべき野望。(笑)
SoranoWotoshimono03-03.jpg
守形「新しいおもちゃを見つけたとき」のようだそうです。(^_^;

・ニンフの心。
秋祭り、ここでニンフが去年のリンゴ飴の一件を思い出したり、大会になってからの智樹のやりかたに嫉妬したり、いろんな感情を見せてくれてました。
SoranoWotoshimono03-04.jpg
過去に虐げられた、という経験が関連しているのかもしれませんが、登場している3体のエンジェロイドの中では、一番感情が豊かで細やかですね。

・五月田根場所開催!
SoranoWotoshimono03-05.jpg
SoranoWotoshimono03-06.jpg

優勝賞金1000万円、プラス五月田根家選りすぐりの芸者さんと悦痴なお遊び。
当然智樹は、後者の賞品目当てです。

・文具屋の娘マキコ。
智樹の1回戦の相手、文具屋の娘マキコ。
SoranoWotoshimono03-07.jpg
SoranoWotoshimono03-08.jpg

文具屋の娘なのに、学生アマレス出身。(笑)
中の人は、小菅真美さんでした。
データが提示されてましたので、転記しておきます。
H:162cm、W:52kg、B:90cm、W:58cm、H:82cm・・・ものすごいダイナマイトバディです。
劣勢に立たされる智樹でしたが、マキコが寝技に持ち込む、という戦法の選択を誤り、一転、智樹のセクハラ攻撃!
SoranoWotoshimono03-09.jpg
SoranoWotoshimono03-10.jpg

マキコ選手、女性の恥部を責められ、思わずギブアップ。
女性の敵・智樹には、会場からブーイング。(笑)

女性観客のブーイングを阻止するため、智樹はニンフに「モテ男ジャミング」を要求。
SoranoWotoshimono03-11.jpg
SoranoWotoshimono03-12.jpg

しかしニンフの嫉妬で、あえなく解消。
智樹の諸星あたる化を堪能する今回でしたが、ストーリィの肝は、恋を意識し始めるニンフでしたね。

智樹以外の試合もちゃくちゃくと進行中。
・笑わない珍獣イカロス。
SoranoWotoshimono03-13.jpg
なんちゅうリングネーム。(^_^;
そしてなんちゅう破壊力。

・守形にも容赦しない美香子のアイアンクロー。
SoranoWotoshimono03-14.jpg
SoranoWotoshimono03-15.jpg
SoranoWotoshimono03-16.jpg

ニンフの解析によると、握力200kgだったそうです。(^_^;
それにしても会長、マスクとお乳だけでなく、下腹部、太腿と、下半身も実に魅力的ですな。

・デルタ山、登場。
いよいよ登場、のアストレア。
美香子の策略で、タッグマッチ戦。アストレアと戦うのは、智樹+イカロス組。
モンゴル出身のスモウ・レスラー。(笑)
SoranoWotoshimono03-17.jpg
このアストレアと組ませるために、会長、ニンフを土俵に上げるんですが、そのときの紹介ビデオ。
ニンフさん、思わずポテチを落としてしまいます。
SoranoWotoshimono03-18.jpg
SoranoWotoshimono03-19.jpg

しっかりと、身体データまで公表されてました。

・アストレアvs智樹(ますく・ど・ぱんつ)。
卑劣な智樹の女体責め、怒るレフェリー、殺人チョップの美月そはら。
SoranoWotoshimono03-20.jpg
SoranoWotoshimono03-21.jpg

殺人チョップのそはら、ルール違反ではないので、黙認、ということで歯がみしてましたが、レフリーで元プロレスラーというと、あのユセフ・トルコを思い出してしまいます。(笑)
ちなみに、相撲だったはずが、すっかりプロレスになっていたのは、美香子の
「アメリカン・スモウ」宣言で、なんでもありな状態になってました。

イカロス、アストレアが超兵器攻撃に出たため、退場。続いて、智樹-ニンフ戦。
SoranoWotoshimono03-22.jpg
こんなのとやる気するか・・・と、智樹の鬼畜宣言。
結局ニンフもセクハラ攻撃で逃げてしまったんですが、試合終了後、
「ニンフ、さっきはごめんな」とさわやかに返してきたものですから、ニンフ、もう胸きゅんきゅん。
「また動力炉が変」
「わたし、エンジェロイドなのに、恋しちゃってる」
かなりストレートな発言でしたので、少し驚きました。
もう少し含みをもたせるかな、とか思ってましたので。
でもこれで、今回のエピソードの主役がニンフだと確定してしまったようでした。

・五月田根美香子と、覆面レスラー。
そして決勝、智樹は美香子と対決。
SoranoWotoshimono03-23.jpg
SoranoWotoshimono03-24.jpg

ぱんつの中にごま脂のビンを隠し持っていた、というのも、往年のプロレスのパロディになってるんでしょうなぁ。
プロレスはそんなに見てた方ではないので詳しくはわかりませんが。

そはら扮する覆面レスラーの乱入とかいろいろあって、優勝が智樹、しかしその後、総合王座決定戦。(笑)
バレてるそはらの表情、可愛いかったですね。
SoranoWotoshimono03-25.jpg

さて、エンディングなんですが、ビューティ・ペアの「かけめぐる青春」
かなり予想通りで、途中、『タイガーマスク』のOPはベタすぎるから逆にたぶんないだろう、『ああ播磨灘』OP「絶対負けない」か「かけめぐる青春」だろう、と思ってたら、案の定、ビューティペアでした。
エンドタイトルの背後で、それ以外の試合を流してたのも印象的。
中でも、セレブ令嬢と動物園のお姉さんの戦いは、かなり見たかったような。(^_^)
SoranoWotoshimono03-26.jpg

智樹がりんごアメのことを覚えていて、少し表情が和らぐニンフ、それに気づくイカロス、というところまで。
SoranoWotoshimono03-27.jpg
SoranoWotoshimono03-28.jpg

メインは、えっちっちーなセクハラ・プロレスでしたけど、さりげなくニンフのこういった気持ちをはさみこんで、というのはなかなか良かったです。
ただ、これ、悲劇の芽の可能性もするんですが、今後、どういう発展をしていってくれるのでしょうね。
スポンサーサイト


テーマ:そらのおとしものフォルテ - ジャンル:アニメ・コミック

そらのおとしもの | 22:04:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
秀逸なエピソードゆえ....
今回しみじみ思ったのですが、プロレスとアニメ(漫画)は相性が悪いですね
(プロレス漫画を載せた雑誌は潰れる、なんてジンクスもありましたっけ)。

そらおと本編の描写が見事であればあるほど、モブ(群集)シーンや格闘描写が
しょぼく見えてしまいます(実は元プロレスファンで、90年代は月一で後楽
園ホールに出かけてました^^;)。

考えてみればプロレスもアニメも対象をデフォルメ(誇張)する事で成り立
っている世界ですから、アニメの描写だとプロレスの「表現(実物だけに)」
が勝ってしまうんですよね。そこらへんの微妙なバランスを保ち得て大ヒット
した「キン肉マン」は凄い作品だったと今にして思います。

>ビューティ・ペアの「かけめぐる青春」
>『タイガーマスク』のOP
タイガーマスクのED...は多分無理ですね(あの歌詞では)。

原作の流れに沿って説明しますと、第二部のストーリーのクライマックスは、
実はオープニングに全部伏線として入ってます。みかげさんのように初見で
楽しむ見方と並行して、原作ファンにも
「クライマックスのアツさと感動を」オープニングで予感させつつ、徐々に
アニメならではの面白さを体感させていく、とても贅沢なつくりになってい
ます。一話毎に期待感が増していきますね(^^)

2010-10-23 土 23:16:51 | URL | K&K [編集]
当方、それほどプロレスには詳しくないので、格闘場面、モブでのショボさ、ということになると、少し感覚としてわからなかったりするところもあったりします。(^_^;

EDについては、途中から「播磨灘」か「ビューティペア」の二択だろう、という意識がけっこう強くありましたので、久しぶりに視聴途中での予測があたりました。
だいたいはずすことの方が多いんですけどね。(^_^;

『タイガーマスク』は、上にも書きましたように、逆にベタすぎるのと、有名アニメ・特撮の主題歌はやってなかったので(ワイルドセブンが微妙でしたが)たたぶんあれはこないだろう、と思ってました。
EDだと替え歌にでもしないと無理でしょうね。(笑)

OPの伏線っぽい演出はなんとなく仕込みなんだろうなぁ、と思っていましたので、楽しみです。
たぶん今期も1クールでしょうから、そのあたりの仕掛け、循環なんかは、当初からしっかりと計画があって、きっちりと見せていただけることと思っています。
2010-10-25 月 02:06:09 | URL | 白石みかげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。